スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

マイケルとジャネット

☆1993年のグラミー賞授賞式での、仲良し兄妹の姿が収められているDVD。その他にも見所満載で超大好きなDVDがコレ。

DANGEROUS~ザ・ショート・フィルム・コレクション [DVD]DANGEROUS~ザ・ショート・フィルム・コレクション [DVD]
(2005/07/20)
マイケル・ジャクソン

商品詳細を見る



13日にアメリカで行われたVMAの授賞式。
日本ではMTVで19日に放送されるみたいだけど、私は観れない…
ネットで一部だけだが確認できた中で、マドンナの泣けるスピーチと同様に感動したのは、もちろんジャネットの追悼パフォーマンスだった。

「SCREAM」を、マイケルばりのかっこいいコスチュームに身を包んだダンサー達を従えて歌い踊るジャネット。バックに流れるPVとの演出が泣けた。フィルムの中で動くお兄ちゃんとピッタリ息の合ったダンスを見せてくれた。本当に一緒に並んでダンスしているみたいだったよ。
たぶん涙を堪えて兄に捧げた渾身のダンス。胸を打たれた。
PVの最後に抱き合ってカメラを見つめるシーンがあるが、この日は特別な意味があるように思えた。

このPVの中で、二人でゲームをして遊んでいるシーン。ああやって子供の頃も遊んでいたのかなという目で見ると、歌詞のシリアスな痛みとは裏腹に少しだけ楽しい気持ちになる。
二人で力を合わせて、マスコミのバッシングや世間の悪い噂と戦うんだという決意にも見えて、信頼し合ってるんだなという気がしたものだ。

マイケルとジャネットの2ショットは本当に大好きだった。仲良し兄妹っていう雰囲気が微笑ましくて、なんか癒された。
特に1993年のグラミー賞の授賞式で、ジャネットがプレゼンテーターとして兄に賞を授与するシーンがすごく好きだ。
兄を尊敬し誇りに思っているというジャネット。それに照れながら応えて素敵なスピーチをする美しいマイケル。ステージの上で「素」な感じでやり取りしたり手を繋いだりする二人の姿を見て、妙にホッとして嬉しくなったことを覚えている。幼い日にじゃれ合っている姿そのままに見えた。

二人の年齢は8歳も違うので、けっこう離れている。ジャネットが物心付いた頃には、既にスーパースターになっていた兄達の中でも、ひときわ輝いてカッコよかったマイケルのことを、もしも私だったらすごく自慢に思うだろう。あんなに素敵なお兄さんがいたら嬉しいだろうなあ。ホント羨ましい。
現実はそんなに甘いものだけじゃなかったんだろうけれど。でもやっぱり、カッコイイお兄ちゃんというのは永遠に女の子の憧れなのではないかと思う。あ、ちょっと話が逸れました;

ジャクソン家は特別な家族で、特にマイケルという世界的スーパースターの存在が、一般家庭では理解できないような金銭的、感情的な摩擦を生んだことは確かなんだろう。
しかし、最後までマイケルは家族の絆を大切に思い、心の拠り所としていたことも間違いなかったようだ。結局、何があっても幼い頃から苦楽を共にしてきた家族の存在は、マイケルに
とってかけがえのないものだったんだと思う。
ケンカしたって時が経てば自然と仲直りして許せてしまのが家族で(父親だけは別?)、マイケルも大人になって巨大な孤独感を持つようになってからは、より一層家族の愛を求めていったように思う。

そんな中、ジャネットは中でも一番の理解者だと言っていたことがあった。
マイケルに対する激しいバッシングやゴシップ報道に、まるで自分のことのように心を痛め悲しんでいたと。そんなジャネットにマイケルは、そんなに悲しまなくても僕は大丈夫だよ、と慰めたこともあったと言っていた。

尊敬していた自慢のカッコイイお兄ちゃん。優しくて傷付きやすかったお兄ちゃん。とても苦しんでいたのに結局助けてあげられなかった…。
ジャネットの心の中のそんな声が、あの日のパフォーマンスと苦しげな表情から聞こえた気がした。

一緒に戦っていた兄は亡くなってしまった。これからは私が一人で、兄の分も戦わなければ。
悲しみを堪えて、そんな決意をしていたのだろうか?

でも、ジャネット、マイケルはきっと天国から、もうそんなに頑張らなくてもいいよって言ってるんじゃないかな?
悲しませてごめん、素晴らしいパフォーマンスをありがとうって。
優しい声で "I love you" って囁きながら微笑んでいるんじゃないかなって思うんだ。

ジャネットや家族の、特にマイケルの3人の子供達の喪失感や悲しみは私達とはまた比べられないものがあると思うけど、いつの日か癒されて、穏やかな日々を送れる時が早く訪れることを心から願っています。


マイケルの死を無駄にしない為に私達にできることは、彼が遺した神業的な作品の数々を、より多くの人に知ってもらうこと。そして一部の誤った情報を正し、彼の名誉を取り戻すこと。それしかない。

既に人々の大きな後悔は始まっている。
このVMAでの一部だけでも、改めてそれを感じた。

そしてマドンナも語っていたように、マイケルは「KING」として、永遠に生き続けるんだと思う。
マイケルはそれほど偉大なエンターティナーだった。



スポンサーサイト
11:44 | family | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

never can say good bye

ちょっと気分を変えて。
兄貴達の追悼式でのスピーチとインタビューから、心安らぐ一言を。
これを聞いて、私もマイケルの死の意味を少しでも受け入れようと思ったのです。

<マーロン>

マイケル、きっと今は自由になったんだろうね。
人にはそれぞれ生まれてきた目的があります。
時として我々はその目的を見失い、理解できずにいます。
でもこれだけははっきり言えます。マイケルはこの世での使命を終え、神から戻って来るように言われたのです。マイケル、人々を笑顔にしてくれてありがとう。地球上の人々に与えてくれた影響にも。大好きだよマイケル。



◆マーロンは、他にもとても素敵なお話をしてくれました。見てない方は、追悼本やニュースサイトなどでぜひ読んで欲しいです。ここに全部書いちゃうと勿体ないので・・・。つーかマズイかもしれないし。


<ジャーメイン>

マイケルは神からの贈り物。彼は神の元へ戻ったんだ。
この世界はまだマイケル・ジャクソンを受け入れる準備ができていなかった。
マイケルは素晴らしい人間で、素晴らしい父親で、優しくて、人道的で、最後まで人々を幸せにしようとする人物だった。



◆「この世界はまだマイケル・ジャクソンを受け入れる準備ができていなかった。」
うん、そういうことなんだろうな、きっと。ジャーメインさん、良いこと言ったね。
でももしかして、こんな世界だからこそ彼のような人を送り込む必要があったのかもしれない。
それはとても大変な大きな使命だったんだと思います。

ともかく、マイケルが神に愛され、神からある使命を任されてこの世に生まれてきたんだろうということは、ステージ上の彼を一度でも見れば誰でもが納得してしまうような特別な才能がありました、彼には。


<ジャクソン一家の声明文>

マイケルは我々に希望を捨ててほしくはないはずです。
マイケルが心から愛した皆さんに―世界中の誠実な支持者やファンにお礼を述べたいと思います。
どうか決して絶望しないで下さい。これからもマイケルは、皆さん1人1人と共に生き続けるのですから。これからも彼のメッセージを伝え続けて下さい。それこそが、彼が皆さんに望む事だからです。皆さんが生き抜いてくれれば、彼の遺産も永遠に生き続けるでしょう。



◆本当にそう思います。
あんなに子供達を愛し、弱者を愛し、世界の平和を願った人はいなかった。
偽善でもなんでもなく、心からの慈愛の心をもって多くの寄付や支援活動をしていた。その精神は、受け継がなくてはいけないものだと思います。
残念ながら、彼の後を追っていったファンも世界には少なからずいるというニュースもありました。
でも、マイケルはそんなことは全く望んでいないでしょう。
気持ち、わからなくもないですが、絶望しないで、彼のメッセージを伝え続けましょう!



14:57 | family | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。