スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ホイットニー、安らかに…

グラミー賞6度、ホイットニー・ヒューストンさん急死 授賞式前日に悲報


ホイットニー・ヒューストンの急死。信じられない訃報でした。
しかもグラミー賞の前日にだなんて、あまりにも悲しすぎる。

ちょうど先週だったかな、グラミーの特集番組の中で、90年代=divaの時代到来ということで、ホイットニーやマライアの歌や映像を流していたのを感動しながら見たばかりでした。
やっぱり、特にこの二人は歌姫と言われる人たちの中でも別格で、なんて圧倒的な歌唱力、存在感なんだろうと鳥肌が立つ思いで見ていたのに。
残念、悔しいとしか言いようがない。


ホイットニーは、グラミー賞を通算6度も受賞、2作目のシングル「セービング・オール・マイ・ラヴ・フォー・ユー」から7曲連続で全米シングルチャート1位の記録を打ち立てた人。
特に有名な、映画「ボディガード」の主題歌、「オールウェイズ・ラヴ・ユー」は全米シングルチャートで14週連続No.1を記録する彼女の最大のヒット曲になったのでした。

ボディガード [DVD]ボディガード [DVD]
(2003/12/06)
ケビン・コスナー、ホイットニー・ヒューストン 他

商品詳細を見る

THE BODYGUARDTHE BODYGUARD
(1992/12/05)
ホイットニー・ヒューストン、カーティス・スタイガース 他

商品詳細を見る


この頃が、哀しいことに彼女の絶頂期だったんだろうな。
その後は、ボビー・ブラウンとの波乱万丈の結婚生活、離婚、薬物問題などスキャンダルまみれで、いったいどうしちゃったんだろう?とずっと心配しながら見ていた。


2010年に久しぶりに行われたワールドツアー。世界中のファンが待ち望んでいたこのコンサートだったけど、途中で息がきれたとか声量が全然だったとか、良い話はあまり聞かなくてとても残念な気持ちになったものだ。

でも最近、自らすすんでアルコール・薬物依存からの復帰プログラムを再開して頑張っているというニュースも聞いていたので、いつか必ず復活してくれることを願っていた。いや、絶対にホイットニーはこのままで終わる人じゃないと信じていた。それがまさかこんなことになるなんて。


もったいない。本当にもったいない。
あんなに素晴らしい歌を歌える華やかなスター。そう簡単に生まれるものではないのに。
もっと自分を大切にしてほしかったな・・・。


私は、1986年10月、日本武道館での初来日公演を観に行きました。
あの頃、ホイットニーのデビューアルバム「Whitney Houston」を、繰り返し繰り返し何度も聴いて、その声量と歌唱テクニックの素晴らしさに魅了されていました。
「歌が上手い」というレベルが違う。本物の歌手というのはこういう人のことを言うんだろうなと思いましたよね。まだ20歳を少し超えたばかりの若い女性の表現力とはとても思えなかった。

武道館ではわりと良い席で、1階のステージのすぐ脇。ちょうど彼女の右側から眺められる席だったので、目の前にバービー人形のようなスラリと折れそうなほど細くて長い脚が見えて、あまりの綺麗さに驚いたことをよく覚えています。
言うまでもなく綺麗な声と、軽々と出しているように聴こえるパワフルな歌声。
目の前で、宝物のような彼女の歌を聴くことができたことは本当に幸せでした。


ホイットニ―といえば誰もが最初に思い浮かべるのが、「オールウェイズ・ラヴ・ユー」でしょうかね。
彼女の一番の代表曲にして代名詞的な曲とも言えるんでしょうか。
でも、私にとってホイットニーといえば、デビューアルバム「Whitney Houston」。
「Saving All My Love For You」「All At Once」「Greatest Love Of All」は懐かしい青春の思い出の曲達っていう感じです・・・。

このアルバムには、マイケルの兄ジャーメイン・ジャクソンが関わっているというのも忘れてはいけないポイントです。
ジャーメインのアルバムにも収録されている「Take Good Care Of My Heart」、そして「Nobody Loves Me Like You Do」。
この2曲で二人は素敵なデュエットを聴かせてくれています。

Whitney HoustonWhitney Houston
(1991/10/14)
Whitney Houston

商品詳細を見る



そして、今でも鮮烈に覚えているのは、マイケルの30周年記念コンサートでのホイットニー。
アッシャーと一緒に「Startin' Something」を楽しそうに歌い踊っていた姿が忘れられません。



今日のグラミーの授賞式では、急遽、チャカ・カーン、ジェニファー・ハドソンがホイットニーの歌を歌う予定だそうです。
他にもホイットニーをリスペクトしているリアーナなど出演アーティスト達は、どんな気持ちで今日のステージに立つのかな。とてもショックでしょうね。


もう一度、復活して唯一無二の素晴らしい歌声を聴かせてほしかった。
本当に残念で残念でたまりません。




Whitney、素敵な歌声をありがとう。

どうぞ安らかに・・・。


ザ・グレイテスト・ヒッツザ・グレイテスト・ヒッツ
(2000/05/20)
ホイットニー・ヒューストン、ジャーメイン・ジャクソン 他

商品詳細を見る





スポンサーサイト
12:07 | その他音楽 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Kindness Boomerang - "One Day"

「心温まるVIDEO」として話題になっている動画を紹介します。
もう知っている人も多いかな。

Life Vest Inside - Kindness Boomerang - "One Day"


モバイル版はこちらから見れると思います。
http://m.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&client=mv-google&v=nwAYpLVyeFU#watch_actions

思いやりや親切は押し付けるものではないけれど、ちょっとした親切で心がポッと温かくなった経験は誰にでもあるんじゃないでしょうか。
そしてその優しさを誰かに返したくなる。思いやりの連鎖。

決して見返りを期待したり、お礼を言ってほしいわけじゃなくても、このVIDEOのように気付かぬうちに自分のところにブーメランのように戻ってきているのかもしれませんね。

親切にされた人はもちろんのこと、してあげた側の人が、より幸せそうな笑顔になっているのが素敵です。
そう考えると、人間て本来は誰かが幸せになることで自分も幸せを感じる生き物なのかな、なんて思います。
なかなかそうは思えないことばかりを繰り返しているのが人間の歴史ですが、誰もがそういう気持ちを持って暮らしていけば、世界は平和で、幸せになれるんだろうな。


この動画はもちろんフィクションでありツッコミどころも多々あるんですが、私は感動しましたね。
自然と笑顔になり、誰かに見てほしくなりました。
こういう小さな思いやりを忘れないで毎日を過ごしたいなという希望と、来年こそ平和な世界をという願いを込めて・・・。


音楽がまた良いですよね!
Matisyahuというレゲエ・ミュージシャンの「One day」という曲。
気になったので調べてしまいました!

こちらがオフィシャルビデオです。


最初、ワイクリフっぽいななんて思ったんですが全然違った。^^;
マイケルの「Hold My Hand」にもどこか似ていると感じる、とても素晴らしい曲です!
lifevestのビデオから飛んできたという人も多いみたいですね。
今度この人の曲を色々聴いてみよう。


Make a better place
for you and for me  ―  by Michael Jackson “Heal The World”





14:16 | その他音楽 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ジョン・レノン Love & Peace

もう先週のことになりますが、12/8はジョン・レノンの命日でした。
特に意識していなかったのでコメントを頂いて思い出したんですが、その後、久々にジョンのアルバムを聴いて過ごしました。

ロック史に偉大なる功績を残し、多くのミュージシャン達に今尚影響を与え続けているジョン・レノン。
1980年に40歳という若さで射殺されてから、もう31年という長い月日が流れたんですね。

その後の歴史も変わったかもしれない偉大な人物の死を考える時、どうしても「もしも生きていたら」という虚しいことを思ってしまいますが、ジョン・レノンもまさにその筆頭にあげられる人物だと思います。

12/10付けの朝日新聞に、『もう一度見たい早世したロッカー』という記事があり、アンケートの結果が掲載されていました。その中で、2026人中1127票(1人が7人まで選択)を得て堂々の第1位になったのが、ジョン・レノンでした。
因みに、2位=エルビス・プレスリー、3位=フレディ・マーキュリー。
この結果には納得です。クイーンが大好きだったので、フレディの死も本当にショックでした。

4位のジミ・ヘンドリックス、5位のジャニス・ジョプリンを筆頭に、7位のブライアン・ジョーンズ、10位のジム・モリソンがいずれも27歳で亡くなっており、ロックファンの間では「27クラブ」と称されているという恐ろしい偶然には驚きました。みんな早過ぎますよね;
更に、ニルヴァーナのカート・コバーン(14位)と、つい最近急死したエイミー・ワインハウス(12位)も27歳で亡くなったんですよ。なんででしょう?ちょっと怖いです;

少し横道に逸れましたが、ビートルズ&ジョン・レノンの話に戻します。

私はビートルズ世代ではないので、ロックにハマり彼らの音楽を聴くようになった頃には、ビートルズは既に解散した「伝説のバンド」で、メンバーはそれぞれがソロで活躍していた時代でした。
洋楽やロックに嵌った人間なら、一度は必ず通るのがビートルズではないかと思いますが、私とビートルズとのちゃんとした(CMで聴いたとかいうのを除いた)出会いは、中学時代に学校の先輩から借りて聴いたアルバム「HELP!」でした。この時の衝撃は今でも忘れられません。

♪Help! という印象的な冒頭で始まるノリの良いサウンド、軽快なリズム、その反面どこか哀愁を感じるボーカルとコーラス。
その瞬間からHELP!は、二度と忘れることのできない大好きな曲の一つになりました。
ビートルズには他にも有名な曲がたくさんありますよね。「ヘイ・ジュード」「イエスタデイ」「レット・イット・ビー」「シー・ラブズ・ユー」「抱きしめたい」「ミッシェル」「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」等々、あげればキリがないほど誰もが知っている名曲ばかり。
でも私にとっての一番はやっぱり「HELP!」かな。音楽に対するドキドキする気持ちや、世界にはスゴイ音楽を作る人達がいるんだという驚き、ワクワク感、そういうものを教えてくれた思い出の曲の一つがHELP!だったんです。

だからと言って、その後ビートルズにものすごくハマって追いかけたかと言えばそうでもなく、いよいよマイケル・ジャクソンもソロとして活躍し始め、MTVの普及によって洋楽の黄金期ともいえる80年代真っ只中に突入した時代、次々に登場するかっこいい音楽やミュージシャン達の方に夢中になっていました。

1980年当時は、ジョン・レノンが撃たれたという衝撃的なニュースを、どこか現実とは思えない気持ちで聞いていたと思います。あの頃、夢中で聴いていた洋楽ヒットチャートのラジオ番組。その中で、ジョンの「(Just Like) Starting Over」が1位を獲り、毎週繰り返し繰り返し流れていました。その時にはもうジョンはこの世にはいないんだという実感が、当時の私にはあまりなかったような気がします。

全く色褪せることのない、ビートルズやジョン・レノンの曲を聴くと、ジョンが亡くなってから31年にもなるなんて今でも信じられない気持ちでいっぱいです。


ところで、マイケルファンである私は、マイケルが愛と平和を叫び、戦争をなくそう、差別は止めよう、子供達に明るい未来を、というメッセージを私達に伝え続けてくれていたことをいつも思うわけですが、でも、マイケルよりもずっと以前から強烈にLOVE & PEACEを訴え続けていたのが、ジョン・レノンですよね。

「イマジン」― この素晴らしい曲を聴く度に思います。なぜ人間の愚かさはいつまでたっても変わらないのだろうと。

そして、愛と平和といえば、ビートルズ時代の名曲「All You Need Is Love(愛こそはすべて)」があります。
マイケルはこの曲について、かつてこう語っていました

『世界の人達を愛と音楽で一つにするというのが、なんとなく子供の頃からの僕の夢だったんです。僕は今でもビートルズの「愛こそはすべて」を聴くと感動で鳥肌が立ってしまいます。僕はいつだって、あの歌が全世界の祝歌となるのを願ってきたのです。』-MOONWALK

― 「愛こそはすべて」
1967年6月25日に世界で初めて実践された、宇宙通信衛星を使って31ヵ国で同時放送された宇宙中継特別番組「アワ・ワールド」(注=日本では「われらの世界」というタイトルでNHK総合テレビにて放送)の為に作られた曲で、レコーディング風景が同番組内で世界中継された。ビートルズは新曲となるこの曲を世界に披露し、愛のメッセージを伝えた。― wikipedia

そんな大々的なことが行われたんですね。ビックリ。
しかし、なんと6月25日に初披露とは…。マイケルファンにとっては忘れられない特別な日にちですね。
ビートルズが愛のメッセージを世界に伝えた日から数えてちょうど42年後の同じ日、愛のメッセージを受け継いで世界を一つにすることを願い続けたKing Of Popが亡くなった。
偶然とはいえ、数字のマジックは不思議で、何かを感じずにはいられない気持ちになります。


もうすぐクリスマス。
この日は世界中が「愛と平和」に思いを馳せる日ですね。
同じ願いを持つ人間同士、いつか本当に分かり合い一つになれる日が来ることを祈りながら、そして、偉大なるジョン・レノンに感謝しながら、この3曲を聴きたいと思います!!
All You Need Is Love、Imagine、Happy Xmas(War Is Over)

R.I.P. John Lennon (and Michael…).




歌詞が心に響きます。



Lennon Legend: The Very Best Of John LennonLennon Legend: The Very Best Of John Lennon
(1998/02/24)
John Lennon

商品詳細を見る


THE BEATLES 1THE BEATLES 1
(2000/11/13)
ザ・ビートルズ

商品詳細を見る


ちょっと早いけど、Merry Christmas !


クリスマス前にもう一度位来れるかな?



16:37 | その他音楽 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

FNS歌謡祭2!

さっきは東方神起のことしか書きませんでしたけど、他にも豪華な顔ぶれたくさんで見どころ満載でしたね!

実はリアル視聴できたのはほとんど東方神起だけで、しかも10時からはミタさんメインで見てしまったんですよね。FNSは録画してるから後で見ればいいやと思って。
長時間番組だから後から見るのも大変そうだけど、これからゆっくりと何日か掛けて(?)楽しみたいです!

実力派の歌手がたくさん出てたから、見ごたえがありそう!
個人的には、大好きな久保田利伸のファンキーなコラボとか、大澤誉志幸と吉川晃司(懐かしい~)、布施明と松崎しげる(歌上手すぎっ)、嵐と南こうせつ(意外!)、岩崎宏美と平原綾香(素晴らしいっ!)が特に楽しみです!!
あ、T.M.Revolutionも超楽しみ!西川クン、歌チョー上手いからねー。
なんか血が騒ぐんですよ、この辺の人の歌聴くと!


さっき、西野カナ・BoA・倉木麻衣のコラボをちょっとだけ聴いたけど、すごくよかった~。
3人とも高音が綺麗で素敵!あんな実力派3人ボーカルグループがあってもいいかもね。

あと、忘れちゃいけない大御所ベン・E・キング!!
なぜにこの名前が一緒に並んでいるのか不思議なほど、凄い人を呼んじゃったんですねFNS!!
名曲中の名曲、「Stand by me」ですよ!!AIとJUJUとのコラボ、楽しみだなぁ。
うちの子達は、私が昔からジョン・レノンのカバー・バージョンばかり聴かせていたので、ジョン・レノンの曲だと最近まで思っていたみたい。「この人が本物だよ!」と教えたいです!


あと、昨日たまたま東方神起のウェーの後に嵐が出てきたじゃないですか。嵐は好きなので続けて見てたんですけど、ちょっと気の毒なことになってましたね;

歌とダンスの要、大野君のマイクが入ってなかったんじゃないの?
ニノも出だしでちょっと変な顔してたけど、マイクの調子がかなり悪かったのかな?
大野君は、歌もダンスもかなり上手くて好きなんですよ。だから残念。
2番目に歌が上手いと思うニノの声もあまり聴こえず;やけに相葉クンの声ばかり目立ってて他の人の声はほとんど聴こえなかったな。ていうかハモリが・・・;
生ってああいうのが怖い。リベンジさせてあげたい位!


ん?なんかすっごい強烈なもの忘れてる気がする・・・。

マツケン・マハラジャだよ~~~!!!

時代劇の大スターが、あんな金ぴかキラリンな衣装を着てインド風ダンスをサラリと踊る。
しかもまったく照れるような素振りもなく堂々と。
笑いたいんだけど、あまりにも普通に「これが俺だけど何か?」と言わんばかりに歌い踊るマツケンさんを見ていると、そうか、これがマツケンなんだと妙に納得して何も言えなくなってしまう不思議な説得力がそこにはあった。

笑いたいのに笑えない。面白いのに、何かが違う。
この不完全燃焼感はいったい・・・。

だれかツッコんであげた方がいいんじゃないの~~??? 違う?


それにしても、プロとして名の売れている人達というのは、やっぱり何かが違いますね。みんな何かを持っている。こういう番組を見ると、そう感じずにはいられないです。

私にとって、「紅白歌合戦」というのも、毎回そういう思いを感じる番組なんですね。
普段はまったく聴かない演歌とかを聴いても、すごいなぁ、上手いなぁと感動するんですよ。
一流の人達というのは、それぞれが「光」を持ってますよね。そういう才能を感じることができる瞬間が、たまらなく好きです!


16:06 | その他音楽 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

スティングに会いたかった!

一応MJメインのこのブログにはほとんど書いていないんですが、実は昔からスティングが大好きなんです!
ポリス時代からの大ファンで、洋楽アーティストではマイケルの次に必ず名前を挙げる位、といえば、どれだけ好きかわかります?

ポリスも最高。スティングも最高。本当に素晴らしい音楽を聴かせてくれるアーティストで尊敬しています。

だけど、マイケルもそうなんですが、CDは買うけど来日するたびに毎回コンサートに必死になって行っていたわけではない、というか行けなかった。
やっぱり子育て中の主婦には色々と難しい問題も大きいわけですよ。

だからスティングのコンサートに最後に行ったのは、もう遠い昔です。
たぶん'88年の東京ドーム。この年にドームがオープンしたんでしたっけ。って昔すぎるっ!自分でも今考えてビックリ。そんなに経ってたなんてウソでしょ?ウソであってほしい…orz
マイケルのBADツアーに行った翌年ですね。あの頃は自由で楽しかったな。

やっと最近になって、なんとか気にせずに行けるようになってきたかなぁ。
さすがにロンドンは無理だったけどね、Michael...(涙)
日本にも来てくれる予定だったんだよね?あ~ぁ、悔しすぎる…。


今、スティング来日してますよね。
武道館で1月17、18、19日。今日が東京ラスト・デイ。
これに行きたかった!!なんでチケット取らなかったのかってものすごい後悔。
オーケストラとのコラボで、最高に素晴らしいライブだったらしいんですよ。3時間もやってくれたそうで!
そういう話を聞いて本っ当に後悔してます。悩むことなかったんだよね、早めに予定入れておけば、あとはなんとかなったのに~。


マイケルがあんなことになってしまって、最近特に思うんですよね。
行ける時に行く!やれる時にやる!って。
次って思ってたら、もう次はないかもしれないから。

決してネガティブ思考なわけじゃないです。逆にかなりのポジティブ人間なんですが、明日はどうなるかなんて誰にもわからないじゃないですか。
マイケルがあんなことになるなんて夢にも思わなかったし、誰が想像できました?みんなチケット取って、飛行機予約して楽しみにしてたでしょ?
私だって、ロンドンは無理だけど日本に来たら絶対に会えるって信じてたのに。


スティングがどうなっちゃうとかじゃなくて、自分だってどうなるかわからないし、色々な事情で必ず思い通りにいくわけじゃないですよね。それはもしかしたら、社会情勢かもしれないし、個人的な事情になるかもしれないけど、本当にできることはできる時にやらなければって思うんですよ。

最近は、誰誰が来日するって聞くだけでチケットを取るところまではなかなかいかなかったけど、これからは行きたいアーティストが来日した時にはお金が許す限りは行くようにしたいです。

ライブはやっぱりCDとは全然違う良さがありますからね。
そういうクオリティーを持ったアーティストの素晴らしいライブを観た後は、パワーもいっぱいもらえます!


あと重要なのはチケット争奪戦に勝つことね!
抽選で外れた時には、次の機会を祈るしかないと!
できれば行きたい人全員が行けるように考えて欲しいですよね。


STING様!次、絶対に行きます!!

シンフォニシティシンフォニシティ
(2010/08/18)
スティング

商品詳細を見る



ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・スティング&ポリスザ・ヴェリー・ベスト・オブ・スティング&ポリス
(2002/08/07)
スティング&ポリス、ポリス 他

商品詳細を見る




12:53 | その他音楽 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。