スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

HAPPY BIRTHDAY,Michael!

月まで続くヒマワリの道があればいいのに ―

moonsun.jpg



マイケル、今日はあなたの52回目のバースディ。

おめでとう。

そう語りかけてみるけれど、あなたがいないバースディはどこか寂しい。


でも、とても大切な日だから。

あなたが生まれてきてくれたことに感謝して。

「ありがとう」を伝えたい。


いつまでも愛してるよ
世界中のみんなも、あなたのこと。


いつも大きな愛を教えてくれて、ありがとう、マイケル。


苦しい時。

辛い時。

どうしたらいいのかわからない時。

あなたならどうしただろうと考える。

そうすると、勇気が自然と湧いてきて、負けちゃいけないって思うんだ。


誰よりも自分自身に負けないこと。

それをあなたは教えてくれた。



マイケルの優しさ、強さ、笑顔が、いつでも力をくれるんだよ。


今日は世界中のあちこちで、大好きだったヒマワリの花があなたを包んでる。


変わらない愛と感謝を込めて。


天から見えていますか?



FOREVER and EVER,our true KING,MICHAEL…





スポンサーサイト
12:23 | MJ&me - 日々のMJ語り | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

MJが願った平和と音楽

久しぶりの更新です!

いやー、毎日ホントに暑いですね~。夏生まれの私でも、こんな暑さは嫌だ;
みなさんは無事に乗り切ってますか?もちろんマイケル聴いてパワー充電ですよね?
最近のヘビロテ曲は、「We are here to change the world」。
なんかあのビートってやたら元気が出ません?昼間はこのキャプテンパワーでチャージしてます!

ところで、現在大阪で開催中の「ネバーランドコレクション」ですが、バースデイイベントが行われるそうですね!

マイケル・ジャクソン・公式バースデーイベント
【開催日程】
2010/08/27 17:00~21:00
2010/08/28 15:00~21:00
2010/08/29 15:00~21:00

【会場】
大阪/梅田スカイビル
(大阪府大阪市北区大淀中1-1-88)/ワンダースクエア

8/29のマイケルの誕生日に向けての3日間、公式献花台をご用意いたします。
また、マイケル・ジャクソン公式展『ネバーランドコレクション』の会場内に
は、記帳スペースも設け、さらにはマイケルの家族に宛てたメッセージも受け
付けいたします。

豪華ゲスト出演決定!
近日、詳細発表致します。

☆『CLUB MJ』9月上旬オープン  ← コレ、気になります!


それから、「MJ46展」が六本木のumuでまたまた昨日から開催されています。
期間は8/24(火)~9/6(月)

今回の目玉は、プリンセス天功がこの前のオークションで落札したばかりの「亡くなる前日の直筆サイン」ですかね。あれ、結構話題になってましたがプリンセス天功さんが落札していたとは!? やるなぁ。

ml_autograph.jpg


その他、10月に漢門で行われるオークションでの遺品も初展示だそうです。
行かれる方はしっかりと目に焼き付けてきてくださいね!
私はたぶん行けないかなあ。



ちょっと話は逸れますが、プリンセス天功さんといえば彼女とマイケルとの話でずっと前から書きたかった話がありまして。

去年の11月のニュース記事ですがなかなか書く機会がなかったんですよね。
ちょうど偶然にも今良いタイミングなので、そのことに触れておきたいと思います。



『天功、マイケルと板門店コンサート計画していた』― 2009/11/9 サンケイスポーツ

― 世界的イリュージョニスト、プリンセス天功が、親交のあった米歌手、故マイケル・ジャクソンさん(享年50)と、朝鮮半島を分断する板門店の軍事境界線上で平和コンサートを計画していたことが8日、分かった。

 都内でサンケイスポーツの取材に応じた天功は『2000年にマイケルと会った時、私は北朝鮮の金正日総書記、マイケルは韓国の金大中大統領(当時)から南北和平を文化交流で発信できないかと相談されていたんです。それがお互いに分かって、計画しました』と告白した。

 台本まで完成していたそうで、『私とマイケルが司会し、両国首脳と両国の歌手を出演させて、再来年にも開催させたい意向でした』」と明かし、『マイケルの遺志を継いでくれる人が現れれば、一緒に実現させたいんですが』とも語った。 ―




ちょっと俄かには信じられないような、スケールの大きい、しかもとても政治色の強い重大な計画だなと読んだ時思いました。
でもマイケルなら、そしてプリンセス天功さんなら、こんな計画も夢ではないのかなと思ってしまいます。
世界の平和と人権問題に対する関心が高かったマイケルだから、平和の為ならと喜んで力を貸しただろうなと思いますよ。

これが実現していたらどうなっていたでしょうね。
マイケルが亡くなってしまった今となっては実現は無理だし、実際政治情勢も変わってきているので、今の状態じゃ韓国と北朝鮮の友好的平和コンサートの開催なんてまず不可能でしょうね。

平和を願い続けたマイケルは、相変わらず何も変わらない世界の争い事に胸を痛めているだろうなあ。

どんなに争いがあっても、敵対関係であっても、芸術は一つですよね。
音楽にもダンスにも絵画にも国境はありません。
マイケルに限らず、音楽が世界を一つにする様を私達は何度も見てきました。
同じものを愛し、同じものに涙を流す。そういう関係は、強い絆になりえるものだと思います。

マイケルには、そうやって人と人を、国と国とを結びつけることができる強烈なパワーと才能がありました。
今更ながら、失ってしまったことが残念でなりません。


でも実は、マイケルは亡くなってしまった後にも、そういうパワーをしっかりと根付かせているんですよね。
マイケルが遺してくれたものが意外なところで結びついて、人や国に絆をもたらし続けているんだということを、私はよく目撃したり感じたりしています。

きっとそういう人、他にもたくさんいるんじゃないかな。
マイケルのおかげだって感じる出会いや素敵な出来事が、みなさんの周りでもきっと起こっていますよ、ね?


例えば、好きになったアーティストがマイケルのファンだったりすると、そのファン達もマイケルに興味を持ち彼の素晴らしさを知る。そんな素敵なことはよくあります。
この夏、私もそういうものを見てきました。
こうやって受け継がれていくんだなあと日々実感しています。


その詳しい話はまた次回に。



11:48 | MJ&me - 日々のMJ語り | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ただ今休暇中

10日ほど前から夏休み旅行中で、あと数日で帰る予定です!

ずっと放置状態でスミマセン。
拍手やコメントなどありがとうございます。後ほどまとめてレス致しますので☆


旅行中にも色々な場所でマイケルを感じることができたので、その話はまたいつか。


相変わらずマイケルは、私も含めてたくさんの人々に勇気や力を与えてくれてますよ(^O^)v



15:34 | MJ&me - 日々のMJ語り | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

「北風と太陽」のように

マイケルファンとしてのブログ記事を書き始めてから1年と少し過ぎ、もうすぐ2度目のマイケルの誕生日です。

多くの人がマイケルを愛している半面、まだまだたくさんの人達が本当のマイケルを知らない、或いは無関心、或いは偏見の目を向けたままです。
今でも時々、嘘ばかりのくだらない報道や番組を見かけますね。ふざけるなよ、マスコミ

それでも、亡くなった後は好意的な報道が少しは増えてきたおかげで、真実を知り彼を無視していたことを後悔する人達が増えたことはとても嬉しいことですが。


その才能や、彼の謙虚で優しい人柄、世界平和に対する真剣な願いや慈愛とはあまりにもかけ離れた巨大な黒い「虚像」に、マイケルは後年ずっと苦しめられ続けて生きてきました。
しかし、決して屈することなく、下を向くこともなく、世界一のスーパースターとしての誇りも才能もそのままに、大切な子供達の「最高」の父親としての役割も立派にこなしていたマイケル。

そして、自身の最愛の子供達が成長したことをキッカケに、長い間できなかったコンサートやオリジナルニューアルバムの発売、それから長年の夢であった映画の製作にいよいよ本格的に取り組んで新しいステージに向かい始めた矢先に、マイケルは天へ帰ってしまったのでした。


マイケルのファンは、ある意味特殊な立場に置かれていると思います。
なぜなら、あれだけ大きな称賛とひどい偏見との落差があったアーティストは他にいないだろうからです。プラスとマイナスの振り幅があまりにも大きいですよね。

私達マイケルファンはある時期から、「好き」「最高」「これが良い」「これは~」など、作品やパフォーマンスに対してただ単純に喜んで楽しんでいればいいという状況ではなくなっていました。
あまりにもひどい陰謀、策略、偏見の中で、マイケルファンはマイケルと共に多かれ少なかれ闘わなければならなかったのです。

そしてそれは悲しいことに亡くなった今も続いています。彼に関する誤解だらけの悪意に満ちた報道は、相変わらず隙を盗んでは顔を出してきます。
もういい加減にしろよとその度に怒りが収まらないのですが、人間て結局は噂話が好きなんですよね。しかも悪い噂の方が。

不幸に亡くなってしまった人に対して、しかもほとんどの人間が別にマイケルから何か嫌な思いをさせられたわけでもないのに、おもしろ可笑しく悪い噂話を取り上げて偏見の目で見る、変人扱いをする。
今も尚、暴露本だとか言って差別意識や偽情報をそのままに出してくる人物や出版社の数々。
何がそんなに楽しいんですかね?もっと目をしっかり開いて大切なものを見たら?
今、そんなことをしている場合じゃないと思うんですが。


最近、こういうものに対して怒りを通り越して、あきらめというか、もうバカは放っておけ、という心境になってきています。いちいち取り上げて、これは違うと反論するのもバカらしいというか、エネルギーの無駄のような気がするんです。

だって何を言ったってそういう人達は止めないんですよね。きっとそれが面白くて生きがいなんでしょ?しかもそれがどんなに嘘やデタラメであっても、マイケルがスーパースターであったばかりに興味を持って食いつく人がいるから「お金」になってしまうんですからね、悔しいことに。

マイケルは、早くにそういうことを悟っていましたよね。それがよかったのか悪かったかは見解が分かれますが、あれだけの嵐のような環境の中、そうすることしかなかったのだと思います。

みんながそういう事のくだらなさに早く気づいて、無視してくれる日が一日も早く来ることを心から願っています。


特に近頃考えるんです。たくさんのマイケルファンは、いまだ彼の死と、それにまつわる様々な陰謀の噂、彼の生い立ちの影の部分を重ね合わせて、底知れない悲しみから這いあがれずにいることを。
自分のブログの更新さえままならないので、他のマイケルブログさんを読む時間などないに等しいのですが、たまに目にする記事やいただくコメントからは、やっぱり哀しみややりきれなさを感じることが多いのです。
もちろん、私自身もそうなのですが。

そういう中で思うのです。マイケルはこんな状況を喜んでいるだろうかと。
自分を愛してくれたファン達が、悲しんだり怒ったり泣いている姿ばかりを見ていたら、きっとマイケルも悲しくなってしまうだろうと。


「北風と太陽」の話のように、必死になって「違う」「止めろ」と抗議するよりも、どれだけマイケルという人がスゴイ人だったか、どれだけ天才で、尚努力家であったか、そして、優しくてお茶目で面白い人であったかを広める方が、より深くマイケルの真実を知ってもらえるに違いないと思うのです。

悲しくて悔しくて泣くのは、もう(なるべく)止めにしたいと思います。
全く、というのは無理なのはわかっていますが、極力マイナスオーラは排除したいと思います。いつまでも暗い気分を引きずるのは私の性に合わないのです。


なぜこんなにもマイケルを好きになったのか。なぜ出会ってよかったと思えるのか。
そもそもの始まりは?
それは、やっぱりマイケルの歌声、最高のダンスがあったからに他ならないのです。
彼が神様からもらった贈り物を、私達に分け与えてくれたことが、幸せの始まりだったのですよね。


あんなスゴイ人、他にいない ― 

その原点に戻って、マイケルの素晴らしさを伝え続けることこそがファンの使命だと思います。
マイケルの桁外れの実力と才能を知り、必然的に彼の生き方を知る。
それを知ってしまった人間は、もう二度とマイケルに対するデタラメでバカげた噂などに耳を貸すことなどなくなるでしょう。


真実は、マイケルの中にあるのです。


※誤解のないようにもう一度言いますが、誤った報道に対する闘いを「あきらめた」ということでは決してありません。
違う方法で、断固闘いぬくぞ!という決意です。これからも嘘や誤解を招くような報道を行うメディアに対しては、キッパリと物を申しますっ!!




16:01 | MJ&me - 日々のMJ語り | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ニューアルバム、今秋リリース情報について

MJebony1jpg.jpg


マイケル・ジャクソンのニューアルバム、今秋リリース (8/2-verita) 

「故マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)の未発表曲を収録したアルバムが、11月にリリースされることが分かった。
ニューアルバムのタイトルは未定だが、米R&Bアーティストのエイコン(Akon)、ブラック・アイド・ピーズ(Black Eyed Peas)のウィル・アイ・アム(Will.i.am)、米R&BアーティストのNe-Yo(ニーヨ)らとのコラボ曲を含む、10曲の新曲が収録されることになっている。また、1980年代にレコーディングされた、『バッド』に収録されなかった曲も何曲か含まれるという憶測が流れている。

マイケルの元マネージャーのフランク・ディレオ(Frank DiLeo)氏が、米Rolling Stone誌とのインタビューでニューアルバムについて語った。彼が持ち続けているジャクソンさん専用の金庫には100にも及ぶ完成した曲を保管しているといい、ファンの反応が楽しみだという。
「『バッド』のためにレコーディングはしたが、カットせざるをえなかった素晴らしい曲がいくつかある」と、ディレオ氏は同誌で答えている。

現在、マイケルの2001年のアルバム『インヴィンシブル』をプロデュースしたロドニー・ジャーキンス(Rodney Jerkins)氏が、ニューアルバムに最後の仕上げを加えている。

このアルバムは、マイケルの遺産管理財団がソニーBMG社と3月に交わした、10枚のアルバムをリリースするという契約の一環として発売される。2億5000万ドル(約216億円)という破格の契約で、2017年12月までに、あと9枚のレコードがリリースされることになっている。」

こんなニュースが、先週末頃からいくつかのニュースサイトで流れています。

が、一方、こんな記事もあります。
7/31、ロジャー・フリードマンが、マイケル・ジャクソンの未発表曲アルバムに関してコラムShowbiz411に投稿した記事。

[Rolling Stone Scams Its Readers]
ローリングストーン誌は、読者をぺてんにかけている


この中でロジャー・フリードマンは、上のニュース記事にもあるRS誌が載せたフランク・ディレオの発言というのは、9カ月以上も前のものであるということ。そして別の質問に対する答えだったということ。
フランク・ディレオがRS誌に最後に話をしたのは映画「This Is It」が公開される前の事だったと言っています。別に新しい情報ではないとフランクはロジャーに語ったというんですよね。


そして、こちらも。

マイケル・ジャクソン、ニュー・アルバムのリリース計画が浮上! (7月29日13時3分配信 VIBE)

「― この驚きの計画は、プロデューサーのロドニー・ジャーキンスが明かしたもの。アルバムには未発表の楽曲が収録されるとのことで、まもなく制作が開始されるという。

ロドニーはVladTVに対し、「(アルバムは)間違いなく出るだろう」とコメント。「ただ、時間はかかるけどね。面倒な手続きを山ほど踏まないとならないからさ。だが、これまでリリースされなかったマイケル・ジャクソン(のアルバム)が必ずや世に出ることになるだろう。できれば自分もそれに関わりたいと思っている」と明かした。

こちらも同様のニュースですが。

Dark Child Reveals Releasing A New Michael Jackson Album With Un-Released Tracks
ロドニー“ダーク チャイルド”ジャーキンス、未発表曲でマイケルのニューアルバムをリリース


この記事の最後に、「このジャーキンスの語ったものが11月に向けて進行中と噂される未発表曲集アルバムの一部なのかどうかについては不明である。」

とあります。

これらの記事を見ていくと、エステートが昨年ソニーと破格の契約を結んだことにより、今後ニューアルバムが続々と発売されるのは以前伝えられましたが、それがRS誌が報じた通り11月になるかどうかはまだハッキリしていないということになるんでしょうか。ずいぶん前にフランクが話したことが、最新情報のように伝えられてしまったようです。

だいたい、私はRS誌はあまり好きじゃありません。
去年の追悼本の記事にしても、以前からのマイケルとのエピソードにしても、とても印象が悪かった;

そして、こちらの記事。ソースは、MJFC / AP


現在、マイケルの兄のジャッキーやマーロンが、エステートのジョン・マクレーンと共にニュー・アルバムの制作に関わっているのは確かなようです。このアルバムには、スリラーやバッドのアウトテイクや他アーティスト達とのコラボ曲が含まれる可能性が高いということですが、そのアルバムと、ロドニー・ジャーキンスが言っているMJトリビュートとは別物みたいですよね。
こちらはまだエステートの許可は得ていない?

どうもリリース話があちこちから、色々なアーティスト達の名前と共にあがってきて、情報が少し錯綜しているみたいですね。

上記記事によると、BEPのウィル・アイ・アムは、未発表音源の発売というアイデアに強く反対しているそうです。ウィルは随分前から、自分が保有しているマイケルの音源を発表する気はないということを言ってましたから、その気持ちに変わりはないということですね。
それも、ウィルのマイケルに対する強い強い愛と尊敬の気持ちからなので、胸が熱くなります。


誰もが知っているように、マイケルは究極の完璧主義者で、全てにおいて自分がOKじゃないとダメな人でしたから、マイケルが最後にGOサインも出していないのに彼の曲を勝手にリリースするなんておかしいという考えです。

こういう論議はTIIの時にもありました。マイケル本人がいないんだから、リリースを望んだのか望まなかったのかはわかりません。
それに、ウィルが言うとおり、マイケルは絶対に自分の理想の形に仕上げてからじゃないとOKしなかったのは間違いないのです。

でも、マイケルが残したたくさんの名曲(に違いない)が埋もれてしまうのはあまりにも勿体ないし、ものすごーく聴いてみたい!
亡くなってしまって、もうマイケルの作る新曲やニューアルバムが聴けないということが悲しくて寂しかった。
アウトテイクであっても、マイケルや彼の仲間達が心を込めて作ってきた作品は、間違いなく世界の音楽界にとって大切な宝物だと思うんですよ。

とても難しい選択です。ウィルの気持ちもものすごくよくわかるし、そのMJに対する深い敬意には涙が出るほど感動します。
が、私はぜひ聴いてみたいという気持ちの方が強いです。そしておそらく、世界中にそういうファンは多いと思います。マイケルの才能こそが至宝ですからね。

たしかマイケルは、子供達が生活していくには十分なほど曲のストックはある、みたいなことを以前言っていました。
アルバムの発売が、単なるお金儲けの為ではなく、マイケルの子供達やファンの為に使われるのなら、マイケルも納得してくれるんじゃないかなと思うんですよ。

色々と、それはもうたくさんたくさん注文は付けたくなるかもしれないけど、マイケル、そこはどうか笑って許してください!
聴く方も、ちゃんとわかってます、「未完成」だっていうことは。

そしてそれでも私達にとっては、最高の作品に違いないんです。
変わらないままのマイケルの素敵な歌声を、聴きたいのです。

楽しみに待ちたいと思っています。

心配は、ウィルのことだけど・・・。どちらが正しいのか、わからないです。









MJFC/AP 原文

(3-8-2010) Last week MJFC reported that a new Michael Jackson album containing unreleased material can expected by the end of the year. However, Jackson collaborator and Black Eyed Peas frontman will.i.am is strongly opposed to the idea.

I don't think that should ever come out. That's bad," he said. "He was a perfectionist and he wouldn't have wanted it that way. How you gonna release Michael Jackson when Michael Jackson ain't here to bless it?

Will.i.am collaborated with Michael Jackson on the rerelease of "Thriller" in 2008 with remixed versions of some of the album's classic songs. He said Jackson was very particular about all aspects of his musical productions, from his vocals to arrangements to instrumentation.

Now that he is not part of the process, what are they doing? Why would you put a record out like that? Because he was a friend of mine, I just think that's disrespectful," he said. "What's wrong with what he already contributed to the world?"

The Jackson estate did not respond to a request for comment.

When asked about the high demand for any new Jackson music, will.i.am replied: "So what? You don't disrespect someone when they're gone. ... How much can you suck from his energy? ... Freaking parasites!"

Little detail is known about what will be on the album, but Michael's brother Jackie has said he and brother Marlon were working on the record with John McClain, Jackson's former manager and executor of his estate.






15:56 | news | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。