スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

とくダネ!小倉さん、ありがとう。

さっきの記事でワイドショーに文句言ったばかりなんですが。
今、情報もらいました!今朝のとくダネで司会の小倉さんが、東方神起の新曲を紹介して大絶賛してくれたそうですね!

私もチェックしてきました。その部分聞きとってきましたので載せますね。(一部省略)

『1/25、26、SMタウンライブが行われたんですが、そこでトリを取ったのが東方神起でした。とはいえ、5人のメンバーだった東方神起は3人が契約問題で抜けておりまして、今残っているのはユンホとチャンミンの2人だけ。
そして、その中で「WHY」という、今、仲間由紀恵さんの「美しい隣人」というドラマがフジテレビ系列でやってますが、あのドラマの主題歌になったこの曲を踊って歌うパフォーマンスをしたんですが、2人でも東方神起はやっぱり凄いぜっていう。ユンホとチャンミンが2人で。顔が小さく、体は大きく筋肉質、ラップはやる、歌は歌う、ダンスは踊る。本当にこの完成度見てください、このDVDの。ぜひ、ちょっと高くなりますがDVD付きでこのPVを見てください。そうすると、東方神起は2人でもこんなにすごいのかっていうことがよくわかると思います。


『東方神起は二人でもこんなにスゴイ!!』
『CDを買うならぜひDVD付きで、このPVを見てください!!』

もう誉めまくり。
PVの完成度と2人のパフォーマンスの素晴らしさに、かなり感動&コーフンしていたのが伝わってきました!

音楽に詳しい小倉さんだし番組的にも影響力があると思うので、二人の実力を認めて誉めてくださったことはすごく嬉しいですね。

本当におっしゃる通りだと思います。パフォーマンス、ヴィジュアル、全てがハイレベル。
私自身、韓流やK-POPに対するイメージが180度変わったのは、東方神起に出会ったからです。
良いものは良いんだと。偏見や先入観を持つことで、今まで損してたなあとつくづく思ったんです。
興味のある方にはぜひ東方神起を聴いて、そして見てほしいな。
彼らは、視覚と聴覚の両方から楽しんでこそ、その真価が分かると思います!
特にダンス好きの人なら、個性的で力強くタフなダンスの魅力に引き込まれてしまうはず。
いつも全力で手抜きいっさいナシ!!っていう真面目さが好きですね。

誰が見てもスゴイものはスゴイんだけど、二人でもスゴイとハッキリ言ってくれてありがとう、小倉さん!
見直しました!^^ 

マイケルの事では色々と言いたいことはありますが、今はとりあえず、横に置いておきます…(;^_^A


やっぱり、最後は実力とカリスマ性が、余計な雑音を消していくんですね!
彼らにはこのまま信じた道を突き進んでほしいです!




スポンサーサイト
14:18 | 東方神起 | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑

東方神起は2人なんです。

ひとこと言わせてください。

東方神起のSMTライブを放送してくれるのはありがたいけど、ワイドショーやニュースのコメントには、いちいちウンザリです。

・2人もカッコイイですが、5人だともっとカッコイイ。

・やっぱり5人での姿が見たい。

・ファンはみんな5人を望んでいるのだから、早くそうなるといいですよね~。


は?違うんですけど!

5人の東方神起を望んでいるのは、一部のファンです。

今後は、ユノとチャンミン、2人の東方神起を応援していくと決めたファンもたくさんいるんです!!

当たり前のように、5人5人てうるさいです。

それが全員の意見のように喋らないでください。ぜんぜん違うんですから。

テレビでそういうことを言うと、誤解がどんどん広がってしまうじゃないですか。
悪気はないのかもしれないけどそれが怖いんですよ?
それこそ偏向報道です。「2人の方がいい!」っていう多くの声も同じように紹介してくれないと。


ユノとチャンミンは、どんな批判を受けようとも事務所に残る道を選んだ。そして、2人で東方神起を守っていこうと決意したんです!

2人でも文句を言われないように、やっぱり5人じゃなきゃダメだなんて言われないように、血のにじむような努力を続けてこの日を迎えたんです!

それなのに、何も知らずにあんな発言をするなんて、2人に対して失礼過ぎる。あまりにもヒドイ。


もっとしっかり取材してから発言してください。
「5人に戻ってほしい」といえば誰もが喜ぶ無難な言葉だと思っていたのなら、大きな間違いですよ。
2人と、2人を応援する東方神起ファンにとって、これほどバカにされたような傷つく発言はないんですからね。
よーく覚えておいてほしいです。

だいたい2人と5人では必然的にフォーメーションも役割も全てが変わってくるんだから比べること自体がおかしい。
2人のパフォーマンスはあまりにもカッコ良くて、全く違和感なんて感じないし、元々2人だったっけ?って思う位最高だったじゃないですか。

ものすごくパワフルで気迫がある。たぶん、より一層気合が入ってるからだろうね。
2人で東方神起を守る、おれ達が東方神起だ、っていう熱い決意とプライドが伝わってきて、そこから発散されるエネルギーとオーラに圧倒される。
もちろん今までも手を抜くような2人じゃなかったけど、5人の方がよかったなんて言われたくない、って言っていた通り、強い気持ちで限界を超えるほど頑張ったんだろうな。十分過ぎるほどそれを証明していたし達成していた。

元々ユノのパフォーマンスは5人の中でもずば抜けていたけど、それが2人になってから更に目立つようになったことで、よりステージの華やかさとパワーが増したんだと思う。
チャンミンも、5人の時には一番の年下ということで支える方の役割に甘んじていたことが多かったようだけど、それが十分実力を発揮できる立場になって本当によかったと思う。隠れていた才能が一気に花開いた感じ!

とにかく、この二人の才能と実力を知ったつもりになっていたファンでさえ、あらためてこんなにスゴイ2人だったんだって感じているそうなんですよ。
私もハッキリ言って、2人になった東方神起はより男性的なカッコよさと新しい魅力が増した気がして、更に上のレベルに行った気がする。あれを見るとよけいに、5人に戻ってほしいなんてもう全く思わない。逆にもったいないとさえ思う。


批判や偏見を覚悟で、東方神起を2人で守るという道を選んだユノとチャンミン。
この真摯な思いを傷付けるような発言は絶対に許せません。

ほんと、知ったかぶりも思い込みもいいかげんにして。


今夜のMステ、楽しみ!

さすがに音楽番組で失礼なこと言わないよね?



13:13 | 東方神起 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

生き続けるマイケルのダンス

昨日の夜、子供が見ていたテレビ番組でいきなりマイケル映像が出てきて驚いた。
一時期、また?っていう位取り上げていたケント・モリさんのことを紹介していたんですね。

ケントさんも「またこの話題ですか?」なんて思ってないでしょうか?
『マドンナとマイケルが取り合った日本人ダンサー』っていうフレーズはもうあまりにも有名なので、今更そういう紹介は抜きでいいんじゃないって思ったけど、でもやっぱりインパクトはありますよね。何度聞いても夢みたいな話。

ケントさんのダンスには東洋的な「舞」が感じられるから、マイケルもマドンナも惹かれたのではないか?なんて、全く畑違いの先生がおっしゃってましたけど。いわゆる「スリ足」ですね、能で見られるような。
マイケルのムーンウォークは「スリ足」からヒントを得たものではないですが(笑)、2人が禅などの東洋的なものに興味を持っていたことは確かなので、ケントさんにも何かそういうエッセンスを感じたのかな?それはあるかもしれないなとは思いました。

私がなによりも感じるのは、ケントさんのダンスには魂があるということ。
それもものすごーく熱い魂。
特におじい様に捧げたダンスの映像はすごかった。感情をあそこまで体で、ダンスで表現できるなんて。
見ているものがグッと引き込まれてしまうような本当に熱いダンス。
マイケルの前であれを見せたなら、そりゃあマイケルも感動しただろうと思います。
その気迫に涙が出そうになりましたよ。

それから、あの7月のマドンナのロンドン公演でのマイケル追悼ダンス。
前にも書いたけど、やっぱり何度見ても涙が出ます。
マイケルが絶対にあの場所にいるって感じるんですよね…。
ケントさんのマイケルへの愛、感謝、憧れ、そして哀しみ。色々な感情が込められた、最高のダンスでした。


多くの人達の目標であり夢であった「マイケル・ジャクソン」という存在の大きさ。
ケントさんも、それから東方神起のユノもほぼ同世代ですが、ちょうどマイケルがBADを発売した頃には、まだ生まれたばかりの赤ちゃんだったような彼らの世代の若いダンサー達のほとんどが、マイケルに憧れマイケルのようになりたいと言って必死に頑張ってきたんですよね。
そして、実際に彼らは私達に今、夢を届けてくれています。
マイケルのように、ステージの上からパワーをわけてくれています。

もちろん、本当の意味でマイケルの代わりになれる人なんて、もう出てこないかもしれません。
彼らにとってもマイケルというのは、きっと永遠に手の届かないずっと高い所にいる存在なのかもしれません。

だけど、そういう彼らの中にマイケルが生きているのを、私は感じるんです。
マイケルを心からリスペクトして、目標にして頑張ってきた彼らのパフォーマンスの中にマイケルのエッセンスを見つけた時、私はとても嬉しくて幸せな気持ちになるんですよね。

あ、マイケルだっていう感覚。思わず、ニコッとしてしまうような瞬間。


マイケルは、こうやってたくさんのアーティスト達の中にも、そしてそれを見る私達の中にも、ずっと生き続けていくんだろうな。


13:17 | MJ&me - 日々のMJ語り | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

東方神起・SMT&シングル本日発売!

日本語版シングル、本日発売です!PVもカッコイイ!!Making & off shot も見応えありますよ♪

Why? (Keep Your Head Down) (DVD付)(ジャケットA)Why? (Keep Your Head Down) (DVD付)(ジャケットA)
(2011/01/26)
東方神起

商品詳細を見る
Why? (Keep Your Head Down) (ジャケットB)Why? (Keep Your Head Down) (ジャケットB)
(2011/01/26)
東方神起

商品詳細を見る


そして昨日は。
『SMTOWN LIVE in TOKYO』
開催日:2011年 1月25日(火)・26日(水)
会場:代々木第1体育館
開場:17:00 開演:18:00

ということで、初日も大盛況だったようですね!
久々に日本のファンの前でステージに立った新生・東方神起は、もちろん超~~最高だったそうです!
キレキレのダンスとエネルギッシュな歌声で東方神起の健在ぶりを証明!
前進あるのみ、という気迫に満ちた2人のステージは、ひたすら圧巻だったそうですよ

やっぱり彼らが一番輝くのはステージの上なんでしょうね!
オーラ全開でのパフォーマンスと幸せそうな笑顔。
待っていたファンにとっても何よりも嬉しかった瞬間だったのではないでしょうか。
これからもずっとずっと、その素敵で眩しい笑顔を見ていられますように…。

日本での活動もどんどん期待できるようなので、次は絶対にライブに参加したいなと思ってます!


ここで、ちょっと私事になりますが。
秘密にしていたわけじゃないんですけど、実はうちの娘も私と同時期に東方神起のファンになり、同じくユノの熱烈なるファンになってしまったんですね。
でまぁ色々ありまして(省略)、なんと昨日、SMTを観に行くことができたんですよ!
本当にラッキーなことに娘にプラチナチケットが回り回って来ちゃったんですよ!!
あきらめていただけに感激もひとしおで、家を出る時も放心状態。
で、帰って来ても放心状態(笑) オイ!大丈夫かっ!?

開演後、待つこと3時間15分、やぁっっっっとTVXQが登場したそうです!!
出かける前に『失神だけはするな』(勿体ないからね;)といった私の言いつけを守り(?)、それはなかったらしいけど、2人の光り輝くオーラに圧倒され、その瞬間から涙が滝のように流れてしまったそうです。
ずっと号泣状態で、でもしっかりと美しくカッコイイ2人を目に焼き付けてきてましたよ!
かなり大声で声援もしたらしく、帰ってきたら声ガラガラでしたけどね^^

Maximum、How can I、Why、TVXQメドレーで、その後何組か挟んで再び登場。
最後に、Somebody to loveを歌ってくれたそうです。

やっぱり「生ユノ」は噂通りすごかった!!!(らしい)
ただひたすら、「カッコよかった…」と魂を抜かれたかのように繰り返し呟いてました。
ラッキーなことに席もなかなか良かったらしく花道のすぐ近くで、特にあの、私達が同時にユノにハートをぶち抜かれた運命の曲「呪文」は、もう目の前で見れたそうです!
ユノラップとダンスを至近距離で見た彼女は、「震えが来た」「マジで死んだ」そうです。

昨日遅くに帰ってきて、そんな感じでかなり放心状態だったし、私は私でサッカーの日韓戦にも神経が行っていたので詳しい話はまだちゃんと聞けてないんです。今日、学校から帰ってきたらまた色々聞きだそうと思ってます!
何かあったらまた書きますねw

そうそう、エンディングでは、ユノとチャンミンは2人で楽しそうにじゃれ合っていたそうですよ。
♪Keep your head down~♪の両手で頭を押し付けるフリがありますよね。あれと同じようにユノがふざけてチャンミン(違う人かも)の頭を上から押さえ付けて軽く踊ってくれて、皆キャーキャー大喜びだったと言ってました♪
本当に最初から最後まで2人とも楽しそうだったと。

日本でのカムバックも大成功で、本当に良かった!
まさに『努力は人を裏切らない』のですね。
彼らにも「愛」がたくさん伝わったんじゃないかな。


彼らの仕事は、歌やダンスで人々に夢や希望を与えること。
つい最近買った雑誌の中でも、ユノは、『マイケル・ジャクソンのようになりたいと夢見ながら頑張ってきました』と言っていましたね☆

マイケルは、機会ある毎によく言っていました。
― 歌で人々に幸せを与えることが僕の使命だ、人々に幸せを与えることで自分も幸せになれるのだ ― と。


たまたまマイケルファンの私が彼らのファンにもなり、最近はこのブログでもマイケルと共に取り上げることが増えてきていますが、偶然にも、ある意味似たような環境にあるアーティストとも言えるんですよね、私の中では。

周囲の環境や溢れる雑多な情報に翻弄されている部分があるというか、本人達が絶対に望んでいない形での扱いや興味本位の視線の中で、実体とは違うイメージで見られてしまっていたり。
だから書いているとどうしても共通の話題として触れてしまうことが多々あります。

彼らの周囲で起きている様々なこと、たくさんのネガティブな報道も時には耳に入ってきてしまいます。
だけど、一ファンに出来ることって本当に限られていますよね。
どこまで知るべきなのか、関わっても許される範囲はどこまでなのか。それを彼ら自身はファンに望んでいるのかどうか。


最近のマイケルを取り巻く現状のことを考えると、いつも心が苦しくて胸が痛くなってしまうんです。
近頃は特に、聞きたくない話や知りたくない話が次から次へと出てきて、正直ブログを書くのがキツイなと感じることがよくあります。

この辺りの話はまた改めて書きますが、間違いなく言えることが一つあります。
それは、ファンが自分のことで悲しんだり憎しみ合ったりすることは絶対に望んでいないということです。
いつも「LOVE」を、「SMILE」を、そして「PEACE」を願っていたマイケル。
ユノとチャンミンも、それは絶対に同じだと思います。

彼らにとって一番の幸せで心の支えになるのは、ファンの笑顔。
その為に彼らは、裏でどんなに苦しいことがあってもそれを微塵も見せずに、最高のものをファンに届けられるように常に努力しているのでしょう。
だから、私達ファンが彼らに返す最高のプレゼントは、笑顔の声援、精一杯の応援なのだと思います。

この前も書きましたが、この人を応援したいという思いを大切にして、自分が信じる人を応援し続けていきたいですよね。
頑張っている人を見ていると、自分も頑張りたくなるものです。そんなポジティブなサイクルが続いてくといいなと思います。


マイケルも東方神起も、言うまでもなく素晴らしいアーティストです。
彼らが天から与えられた才能が、ネガティブなものに押しつぶされないように支えるのが、ファンの役目なのかもしれません。

どうしても避けられない話もあるけれど、なるべくなら彼らが喜ぶような、そして輝くような話題を、みなさんと共にたくさん分かち合えたらと思います!





14:49 | 東方神起 | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

メゼロウ弁護士への嘆願書

コンラッド・マーレーの裁判についてですが、ご存じのように、この裁判についてマイケルは不利だと言えます。
なぜなら、全てを知っているマイケル本人がもういないからです。
そして、当時現場にはマイケルとマーレーしかいなかったからです。

マーレーには、逃げ道がいくつもあると考えられますね。
実際彼は、あれだけ無謀な治療と称する薬の不正投与を行ったにもかかわらず、自分は無罪だとあり得ない主張をしています。
マイケルのファミリーも私達ファンも、彼は過失致死罪でも甘いと考えています。
彼の行為は殺人罪が妥当だと思えるほどの狂気の沙汰であったことが徐々に明らかになってきています。

このマーレーと彼の弁護団と戦うのは、かなり大変なことです。
そこで、2005年の裁判でマイケルを勝利に導いてくださったトム・メゼロウ弁護士に再びお願いしようという嘆願書があることを教えていただきました。

私もこれに賛同し、早速サインをしてきました。
みなさんも、よろしければご協力をお願い致します。
こちらです。

MR MESEREAU, WILL YOU BE THERE?


マーレーはマイケル本人の自殺だとしたいようです。
しかし、そんなことはありえません。メゼロウ弁護士も先日言っていました。
『マイケル・ジャクソンは自殺をするような、あるいは自滅的行動をとるような人ではない。マーレーの弁護がうまくいかないことを望む』と。

メゼロウ氏のように、自分の名声やお金の為ではなく、ただひたすら正義の為に戦ってくださる方の力があれば、とても心強いです。
何よりメゼロウ氏はマイケルのその人柄をよく理解し、愛を持って彼の正義を守ってくださった方ですからね。

例えこのことが叶わなくても、

― この嘆願書にはサインをした方の国名が出ます。日本からのサイン数が多ければ、メゼロウ弁護士にどれだけ日本にマイケルファンが多いか、そして、メゼロウ弁護士に信頼を寄せているかをお伝えすることができます。―

そうですよね。私もそう思いますし、尊敬するメゼロウ弁護士にこういう形で感謝と愛と信頼をお届けすることができれば嬉しいです。


なんとしても、マイケルの正義を守りたい。
一日も早く真実を明らかにし、マイケルと彼の家族に安らかな日々を…。


Justice for Michael !!




16:20 | コンラッド・マーレー裁判関連 | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

もう書きたくなかったんですが…。

※1/21追記
↓<2人の「東方神起」へ、私の思い。
再度大幅修正。やたらにダラダラと長くてヒドイ文章だったので、バシッと大量にカット&修正しました。何度もすみません!




東方神起カムバック後の大活躍で、明るい話題ばかりが続いていて嬉しいですね!

そんな中、話を蒸し返すようで申し訳ないんですが、以前書いた以下の一連の記事にけっこうな追記と修正を加えたので、一応お知らせしておきます。記事のリンク等をしてくださった方もたくさんいらっしゃたので。
どうもスミマセン。気になる方だけチェックしてみてください。

2人の「東方神起」へ、私の思い
2人の「東方神起」へ。追記。
批判コメントについて


これらの記事では、多くの事実をあらかじめ誰もが知っているという前提で書いたので、かなりの部分を割愛し、なるべく遠回しな言い方をしていました。

それがいけなかったのか、勘違いコメントをいくつか貰ったことは前にも書きましたが、ここ最近、東方神起がカムバックしたからでしょうかねぇ?また時々よくわからないコメントが来るようになったので、もっとわかりやすく書かなければと思ったんです。
今回、簡単に事実だけを集めた経緯もまとめて新しく記事としてUPして、それも上記記事にリンクしました。

625集会、化粧品事業等に関する簡単な経緯と説明


それだけです。
前よりはわかりやすくなったと思いますよ。

KARAのこともあったし、それでまた東方神起が巻き込まれて勘違いされても困るなあと思うし。
所属事務所との契約トラブル、金銭問題が根本にあるのは同じかもしれないけど、東方神起の場合はまたかなり複雑で違う側面も含んでますからね。一緒じゃないし。


私がこれら一連の記事を書いたのは、ただ単純に、東方神起として一生懸命頑張っているユノとチャンミンを応援したかったからに過ぎません。
その為に、2人を誤解している人にはわかっている事実を伝えなければと思ったし、なぜか大きな勘違いをして2人の邪魔をする人達に気づいてほしかったからです。

事実を曲解して、原因は事務所側とホミンだけであるかのようにまだ思っている人達がいるようなので、そのままでは問題の本質が見えない、こういう側面もあるということも理解するべきだと言いたかっただけです。


東方神起の問題がここまでこじれてしまったのには、ファンも大きく影響していると思います。
やっぱり、結局のところ625集会が果たした負の役割はとても大きいと思うんですが、ファンサイトやファン個人個人が、あそこまで深く関わってしまったのが混乱の原因ですよね。
盲目的に一方だけを信じ、相手を貶めるような方向に動いてしまったから、更に問題が複雑になってしまった。

ファンは、そこまで深く立ち入って自分達までもが当事者になることを避けるべきでした。
もっと客観的に見守っていれば、事態はまた違う方向へ粛々と進んでいたかもしれないのに。

今はもう、当事者達と、司法の判断に任せるしかないですよね。
そして冷静に彼らの言動を見守っていくしかないと思います。
ユノも言っているように、いずれ真実は明らかになります。
何があっても慌てず騒がず、信じられる人を信じて応援していきましょう。




17:06 | 東方神起 | comments (14) | trackbacks (0) | edit | page top↑

スティングに会いたかった!

一応MJメインのこのブログにはほとんど書いていないんですが、実は昔からスティングが大好きなんです!
ポリス時代からの大ファンで、洋楽アーティストではマイケルの次に必ず名前を挙げる位、といえば、どれだけ好きかわかります?

ポリスも最高。スティングも最高。本当に素晴らしい音楽を聴かせてくれるアーティストで尊敬しています。

だけど、マイケルもそうなんですが、CDは買うけど来日するたびに毎回コンサートに必死になって行っていたわけではない、というか行けなかった。
やっぱり子育て中の主婦には色々と難しい問題も大きいわけですよ。

だからスティングのコンサートに最後に行ったのは、もう遠い昔です。
たぶん'88年の東京ドーム。この年にドームがオープンしたんでしたっけ。って昔すぎるっ!自分でも今考えてビックリ。そんなに経ってたなんてウソでしょ?ウソであってほしい…orz
マイケルのBADツアーに行った翌年ですね。あの頃は自由で楽しかったな。

やっと最近になって、なんとか気にせずに行けるようになってきたかなぁ。
さすがにロンドンは無理だったけどね、Michael...(涙)
日本にも来てくれる予定だったんだよね?あ~ぁ、悔しすぎる…。


今、スティング来日してますよね。
武道館で1月17、18、19日。今日が東京ラスト・デイ。
これに行きたかった!!なんでチケット取らなかったのかってものすごい後悔。
オーケストラとのコラボで、最高に素晴らしいライブだったらしいんですよ。3時間もやってくれたそうで!
そういう話を聞いて本っ当に後悔してます。悩むことなかったんだよね、早めに予定入れておけば、あとはなんとかなったのに~。


マイケルがあんなことになってしまって、最近特に思うんですよね。
行ける時に行く!やれる時にやる!って。
次って思ってたら、もう次はないかもしれないから。

決してネガティブ思考なわけじゃないです。逆にかなりのポジティブ人間なんですが、明日はどうなるかなんて誰にもわからないじゃないですか。
マイケルがあんなことになるなんて夢にも思わなかったし、誰が想像できました?みんなチケット取って、飛行機予約して楽しみにしてたでしょ?
私だって、ロンドンは無理だけど日本に来たら絶対に会えるって信じてたのに。


スティングがどうなっちゃうとかじゃなくて、自分だってどうなるかわからないし、色々な事情で必ず思い通りにいくわけじゃないですよね。それはもしかしたら、社会情勢かもしれないし、個人的な事情になるかもしれないけど、本当にできることはできる時にやらなければって思うんですよ。

最近は、誰誰が来日するって聞くだけでチケットを取るところまではなかなかいかなかったけど、これからは行きたいアーティストが来日した時にはお金が許す限りは行くようにしたいです。

ライブはやっぱりCDとは全然違う良さがありますからね。
そういうクオリティーを持ったアーティストの素晴らしいライブを観た後は、パワーもいっぱいもらえます!


あと重要なのはチケット争奪戦に勝つことね!
抽選で外れた時には、次の機会を祈るしかないと!
できれば行きたい人全員が行けるように考えて欲しいですよね。


STING様!次、絶対に行きます!!

シンフォニシティシンフォニシティ
(2010/08/18)
スティング

商品詳細を見る



ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・スティング&ポリスザ・ヴェリー・ベスト・オブ・スティング&ポリス
(2002/08/07)
スティング&ポリス、ポリス 他

商品詳細を見る




12:53 | その他音楽 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

エミネムとマイケル

昨夜、WOWOWでグラミー賞の特番を見ていた。
こちら

今年の第53回グラミー賞といえば、なんといってもエミネムでしょう。
最多10部門のノミネート。完全復活ですよね。去年も最優秀ラップ・アルバム賞を受賞してたけど、今年はどうなのか?まぁ、彼にはあまり興味はないですが。

アルバム総売り上げが9000万枚以上だそうで、人気と才能は認めます。マ様の7億何千万枚には遠く及びませんが、ものすごい数字ですよね。
一時は本当に社会現象みたいにあちこちでエミネム、エミネムと大騒ぎされてましたが、私は全く興味がなかったんですよね。なんかイメージがね…。曲も特別好きでもないし。っていうかやっぱり人がね…;


決定的に嫌気がさしたのが、2004年のシングル「Just Lose It」のPVの中で、マイケルに扮したエミネムが少年達と共にベッドの上にいる姿や、整形のこと、'84年のペプシのコマーシャルでの火傷事故まで、おもしろおかしく取りあげてマイケルを馬鹿にしたという事件があってから。
そりゃあマイケルファンとしては面白くないですよ。あれはやり過ぎ。笑えなかった。

マイケルもこんなことを言ったという記録が残っています。

「エミネムがPVで表現した僕の描写には非常に怒りを感じている。エミネムのことはアーティストとして尊敬してきたんだ。今回のことにはショックを受けているよ。このPVは僕や僕の子どもたち、家族、そして社会全体にとって不適当で失礼なものだ」

2004年12月、スティーヴィー・ワンダーも、ビルボード誌とのインタビューで「Just Lose It」のPVを非難。

「辛い時期にある者を攻撃するのは良くない事だ。エミネムの作品は高く評価している。2パックほどの素晴らしいアーティストだとは思わないがね。しかし彼があのようなレベルへ自分自身を貶めてしまった事には失望した。エミネムは偽善者だ。彼の成功は、主に低所得層や有色人種からの支持によるもの。だからこそ、彼のあのような態度は馬鹿げている」

スティービーが言っているマイケルの「辛い時期」― そうです。まさにこの時、裁判でマイケルは冤罪と闘っていたんですから。全く…。どういうつもりだったんだろう?明らかにマイケルを疑っていたか嫌っていたか;;


2005年2月、無罪判決が下る4か月前ですね、マイケルはインタビューで、『メディアにおける自分についてのセンセーショナルなレポートは「フィクション」だ』と語った。また、「Just Lose It」のミュージックビデオで自身をバカにしたエミネムを激しく非難する一方で、昨年のスーパー・ボウルでの衣装事件の後、妹のジャネットを励ましていたことを明らかにした。― FOX News

その後、2006年7月、「New York Daily News」によれば、マイケルがエミネムとのコラボレーションを望んでいるという驚くようなニュースがありました。
マイケルがエミネムと連絡を取ろうと試みたがエミネムからは全く応答がなかった、とのことらしいけど、真相はどうなのだろう?


『エミネムのことはアーティストとして尊敬してきたんだ。』
自分をあんな風にバカにした人間、しかもかなりの後輩に対して、そんな風にまずは言えるマイケルの人格を尊敬しますね。たぶんそれは本当だったから正直に言ったんだろうけど。才能ある人は素直に人の才能を認めることができるんだと思うんですよ、私は。
でも、それにしても心が広いですよね。エミネムは、それを受け入れる器はまだ持っていなかったんじゃないかな。

エミネムのことを語れるほど私は彼を知らないけれど、マイケルにもスティービーにも認められるほどの作品を生み出し、多くのファンの心を掴んでいるのだから間違いなく才能あるアーティストなんだと思います。

複雑な家庭環境で複雑な生き方をしてきた人だっていうことは知ってるけど、ここ数年の隠れていた時期に、何かまた変わった部分もあるのかもしれないな。
今回のこの10部門ノミネートで、やっと彼への興味が湧き始めたこの頃です。

それにマイケルはとても心の広い人だったから、もう何も怒ってなんていないんだろうな。

去年の授賞式でも気になったんだけど、マイケルの子供達がスピーチをしたり、アースソングをトリビュートした時、エミネムはどんな気持ちだったんだろう?3Dメガネ、掛けてたっけ?ウィル・アイ・アムとビヨンセにばかり気を取られ過ぎてた。


昨日の番組の中で、エミネムがディスった(dis=バカにした、軽蔑した)相手として、マライヤ、エルトン・ジョン、ブリちゃん、の3人を紹介していたけど、なぜかマイケルのことには触れなかった。
これはもうタブーなんだろうか?



17:25 | friends & partners | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ユノとチャンミンのインタビューから。

この頃「Why?Keep Your Head Down」のMVを毎日最低1回は見てしまうsayuです。
ほんとクセになる味。

ところで、1/13、東方神起のユノとチャンミンが、初めて公の場で一連の騒動や今の3人に対する気持ちを端的に述べた貴重なインタビューがありました。
2人の東方神起を支持する当ブログとしては、これは紹介しないわけにはいかないと思いましので、遅くなりましたが以下にいくつかの記事をリンクします。

ニュースが出てすぐにいくつかの翻訳記事を読みましたが、翻訳機を使うとどうも日本語としてはわかりづらかったり、翻訳の仕方でかなりニュアンスが違ってしまうものですよね。一つの記事で全てを網羅してはいないようなので、色々読んでみた方がいいと思いました。
最初に紹介するこちらはとても自然に読みやすい日本語に訳された抜粋記事。

◇韓国ポータルサイトDaum
東方神起・インタビュー (日本語訳)
出典:http://10.asiae.co.kr/Articles/new_view.htm?sec=news13&a_id=2011011308410132117

++その他の日本語記事++
◇中央日報
東方神起インタビュー「沈黙する理由、東方神起を守るため」(1)
東方神起インタビュー「沈黙する理由、東方神起を守るため」(2)
◇イノライフ
ユンホ「大きな傷がポジティブなマインドに」
東方神起“JYJ、早く自分の場所に帰って来てくれたら…”
◇ワウコリア
活動再開の東方神起 「2人でグループ守っていく」
◇YONHAAP NEWS
活動再開の東方神起、「2人でグループ守っていく」
◇朝日新聞
「東方神起」と「JYJ」の葛藤が深刻化 解決策はあるのか





この二人の意志は明確です。
大人で(大人なんだけど年齢以上にそう感じる)真面目で冷静で、とにかく1本ピシッと筋が通っている。
最初から最後まで全くブレていないんですね。
自分にとって大切にしなければいけないもの、自分がどうあるべきか、どうするべきかがちゃんと見えている。
たくさんの葛藤も涙も悔しさもあったんだろうけど、乗り越えたんですね。

<Daumより>

『つらかったです。』

素直に認めたユノ。こう言えることが、それをもう過去のものとして消化した証です。

『ですが、誰かに「ちょっと僕の話を聞いて欲しい」というのは大人気ない行動のような気がします。誰かを恨むというよりも、自分自身に腹が立って、とてもつらかったです。でも、恨む時間さえありませんでした。』

自分自身に腹が立つ ― 誰のせいにもしない。全て自分で責任を負う。
負けず嫌いで責任感の強い、努力家の人間がよく口にする言葉です。
こう言える人は必ず自分を更に磨いて一回り大きく成長できる人なんですよね。

そしてチャンミンもそうですね。

『僕が今まで過ごしてきた様子と性格をふりかえってみて、自分自身に対してとても堂々としていられるようになりました。とても大変でしたけど一生忘れられない時間です』

辛い時期に、自分自身を冷静に見つめ直してポジティブに変えていく。チャンミンがどれだけ大変な精神状態にいたかを以前読みましたよ。
そんなチャンミンが心配で心配でたまらず、自分も辛い状況なのに、ずっとチャンミンから目を離さずに見守っていたというユノ。事務所の仲間や友人達にも頼んで、みんなでチャンミンを守ってあげていたそうですよね。
優しい人達に囲まれて、でも結局最後は自分を信じる強さで困難を乗り越えたチャンミン。
ユノも、チャンミンが、そして仲間達がいてくれたからこそ頑張ろうと思えたんだろうし、乗り越えられたんじゃないかと思います。


<中央日報より>

― JYJにしたい話があるか。
「ない」(チャンミン)
「他の言葉はなにも言えないが一言言いたい。元気でね」(ユンホ)

― 5人だけで会おうと提案するならば受け入れる意向があるか。
「メンバーの不和に始まったことでない。会社との立場の違いで始まったことならば、会社側と整理をするのが優先だろう」(チャンミン)

― 5人の東方神起で活動した時の良かった思い出は何か。
「全部が幸せだった思い出だ。私たちが音楽を通じて純粋に愛したその思い出はすべて良かった。いろいろなデマと非難で思い出を汚されるのはこれ以上願わない」(ユンホ)

― 一度も公式な立場表明をしていないが。
「率直に話をすることもできるが今は言葉を慎みたい。真実を話さないのは東方神起が守られなければならないと考えるためだ。ずっと話せば自分の顔につばを吐くことになるだろう。東方神起というブランドの価値を落としたくない。ファンを困惑させたことは本当に申し訳ない。いつか時間が過ぎれば真実が明らかになるだろう」(ユンホ)

「あれから私もやはりたくさん傷ついた。“私たちは何も間違っていない”という意味ではない。ファンに失望を与えたことに対して本当に遺憾であり申し訳ない」(チャンミン)

― 今後またひとつになればどのような話をしたいか。
「そのまま抱きしめるか、ぶん殴るかの2つにひとつだろう。もし上手く解決されるなら…」(ユンホ)→(どっちにしても素敵でございます、お兄様)


<イノライフより>

ユンホは「すでに私たちが引き止められる線を越えたよう。遠くにいる状態で3人が会社を控訴することになって、ただ今の姿がファンを混乱させてることが残念。いつかはどうかして解かれること。本来の姿を見せてくれたらいい」と語った。

また彼らは「きっかけができて和解をすることができたら再び組めるか」という質問にも「その可能性は開いておいてある」と肯定的な返答をした。「しかし会社との話し合いの時間が先行しなければならない」と立場を明確にさせた。


<ワウコリアより>

2人は、グループを去った3人に対する今の思いも率直に打ち明けてくれた。

僕たちは彼らを待っていました。でも、『東方神起』が忘れられてはならないので、5年、10年と待つことはできなかった。彼らと事務所の対立が深まり、あまりに遠くに行ってしまい、僕たちとも連絡を取らなくなって久しいです。問題が解決されるまで、誰かが東方神起を守らなければならなかったんです」(ユンホ)。

 再び5人組として活動する余地があるかとの質問には、慎重な姿勢を見せた。ユンホは「問題は3人と事務所の対立と訴訟」だと指摘する。自分の口からすべての事情を語ることはできないとしながらも、SMエンタの中で東方神起というグループが作られたのだから、3人が事務所と和解し戻ってくるべきだとの考えを示した。事務所と和解できてこそ、2人との話もスムーズに進む。「今の状況がもどかしい」と吐露した。

 「JYJ」は先のインタビューで、「過去にもこれからも東方神起」だと語っている。それに対する考えを尋ねると、チャンミンが口を開いた。

 「『東方神起』は最初からSMエンタの企画で作られたチームです。5人はたくさんのファンに愛され、楽しく活動していました。僕たち2人は東方神起の枠から外れることなく、その場所を守ってきました。群れを離れた鳥たちが『僕たちはまだ群れのなかにいる』と話すのは矛盾ではないでしょうか」


**********

― 全部が幸せだった思い出だ。私たちが音楽を通じて純粋に愛したその思い出はすべて良かった。メンバーの不和から起こった問題ではない。問題は3人と事務所の対立と訴訟。和解が出来なければ何も進まない。もう自分達がどうにかできる範囲を越えてしまった。東方神起は守らなければならない。―


不安と苦しみ、悲しみを乗り越え、冷静に自分達の問題を見つめた時、答えが出たんですね。そして一つの区切りを付け、2人共着実に、ポジティブに未来を見つめて努力を続けていた。だからこそ、今こうして東方神起第二幕が、華々しくスタートを切れたんでしょう。
インタビューからは、2人の聡明さと強さを感じますね。そして絆の強さも。

何が正しいのか、正しくないのか。
悩んで苦しんで、言葉にできないほどの葛藤を乗り越えて出した結論なんでしょう。
様々なバッシングを覚悟で彼らが出した結論は、東方神起を作り育ててくれたSMに残り、「東方神起を守り続ける」ということ。
この悲壮なまでの決意に対して、彼らを責めたり、更にバッシングを続けたりする権利が誰にあるのでしょうか?
私はこの二人の努力する姿と、悲しみや苦しみを笑顔で包んでいる様子を見ると胸が熱くなります。
2人の決意を応援したい。心からそう思うのです。


homin3.jpg

↓こんな2人も最高!

CH:『ヒョン(ユノ)が家で水を飲むときにペットボトルに口をつけて飲むとか、たまに靴を履いて家に入るとか…。僕の価値観と思想ではとても理解できませんね(笑)』
YH:『急いでいると、たまに靴を履いて忘れ物をとりに家に入ることがあるんです。』(なんとっ!?)

それで奥さんみたいなチャンミンから怒られるユノ。
片付けないとか部屋を散らかしっぱなしとか、前からよく怒られてたみたいですねー^^;
そういうところが母性本能をくすぐるんだね。
あんっなにめちゃくちゃカッコイイのに、ダメダメなところがある可愛さ!


でも実際自分のダンナが片付けなかったら超キレるけどね(爆)
チャンミンの気持ちわかるよ~~。
そんなユノをどうぞよろしくお願いします!!




なんだ、この終わり方…


14:31 | 東方神起 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

TVXQ、アルバム売上世界チャート4位!

今携帯からなんだけど、このニュース見てビックリしたので!(1/16 PCから追記)

『TVXQ、アルバム売上世界チャート4位!』

United World Chart -the official global hitlist
Album Chart
week 3 / 2011 - January 22
the top-selling albums according to global
sales figures and national album charts
issue date: January 13, 2011

********

1.Rihanna - Loud (week8)
2.Black Eyed Peas - The Beginning (week6)
3.Michael Jackson - Michael (week4)
4.TVXQ (Tohoshinki) - Keep Your Head Down (new)
5.Pink - Greatest Hits So Far (week8)
6.Katy Perry - Teenage Dream (week20)
7.Taylor Swift - Speak Now (week 11)
8.Mumford & Sons - Sigh No More (week43)
9.Bon Jovi - Greatest Hits (week 10)
10. Kanye West - My Beautiful Dark Twisted Fantasy (week7)

tvxq_rank.jpg


これはこの1週間での「世界の」アルバム売上ランキングだそうです!

スゴイ!TVXQ!
こんな豪華な顔ぶれの中、堂々の第4位!
売れてるねー(^O^)v

東方神起以外は全員グラミー賞の常連さんばかりですよ!
下にはテイラー・スウィフトやボン・ジョヴィ、10位以下にはレディー・ガガ、エミネム、と売れっ子スターだらけ!
それより上ってスゴイ!一時的だったとしてもスゴイ!
いや一時的ではなく、このまま世界のスーパースーパーへの道を突っ走れ!!

しかも、なんとマイケル様のすぐ下だよ!
マイケルの次って!マイケルと並んでるんだよ~!
これって絶対にスゴイ!よかったね、ユノ~♪
憧れのマイケルと同じチャートに名前が並ぶなんて、東方神起って本当にスゴイんだ。


ただ、TVXQは初登場で、他のアーティストは何週目とか何十週目とか。
6位のKaty Perryなんて20週目でまだ6位っていうことですからね、さすが。
このままTVXQも、何週も何十週も上位にランキングされてたら嬉しいな。

しかしスゴイ!!
おめでとう♪TVXQ!
世界の東方神起!!!
まだまだこれから売れるしね!
世界での知名度もUPかなp(^-^)q

なんだか嬉しくてコーフンしてます☆


※サイトに飛んでみたら東方神起の下の一行、所属会社が間違ってる!
Sony Music Entertainment South Korea - 90.000 - Hot Shot Debut

SMエンターテインメントを、Sony Music Entertainmentと間違えたんですかね?^^;



すいません、コメントの返信などはまた後で☆



19:13 | 東方神起 | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

「救済」一般書店発売。マイケルの死。

いよいよ一般書店でも本日発売です。

救済 マイケル・ジャクソン 児童性的虐待疑惑(1993年)の真相救済 マイケル・ジャクソン 児童性的虐待疑惑(1993年)の真相
(2011/01/13)
ジェラルディン・ヒューズ

商品詳細を見る



93年のこの疑惑、この詐欺事件が起こらなければ、そして当時マスコミが正しく真実を報道してくれていたなら、2005年のくだらない裁判も起こらなかった。
マイケルが薬に頼らなければ眠れなくなるほどの、激しいストレスに悩まされることもなかった。
そしてマイケルが、2009年6月25日、何もわからないまま突然天国へ旅立ってしまうこともなかった…。
私は、マイケルを死へと導いた根本原因がここにあると思っています。

この本には、マイケルが巧みな罠に陥れられていく現場の様子が、まさにその場にいた著者の言葉でリアルに語られています。

マスコミの偏向報道により、いまだに彼を疑惑の目で見ている人達がたくさんいます。
たとえ遅くても、この本が出版されたことの意味はとても大きいと考えます。
「真実」を知ってください。もう、マイケルを偏見から解放してあげてください。
マイケルが教えてくれたたくさんの愛を、感謝を込めて彼に返す為にも。


昨日も書いたように、死の直接的原因についての裁判も始まります。
この本にも、検視報告書の重要点の一部や、以前簡単に紹介した2005年裁判に関するFBI捜査ファイル(結局何もなかったという)についての記事やコメント、メゼロウ弁護士の言葉など、アメリカで原書が発売されて以降の重要な項目も「訳者追記」として巻末に記載されいます。
そういう部分も含めて、マイケルの死の意味を深く見つめることができる本だと思います。


何度も書きますが、情報操作、偏向報道に自分が惑わされてはいないか?その恐ろしさを知るべきですよね。
この本にしても、アフロダイテ・ジョーンズの「マイケルジャクソン裁判」にしても、マイケルの真実を伝えようとする本の出版は歓迎されなかったのです。

それはなぜか。
「マイケルは変人」「マイケルは変態」だと書けば、新聞も雑誌もバカ売れだったからです。大儲けができたからです。
本人がどれだけの涙を流し、苦しくて眠れぬ夜を過ごしていたかも知らずに…。
いや、知っていても見て見ぬふり。関係なかったんですよね、彼らには。


嘘を書くマスコミもバカなら、それを喜ぶ連中もバカ。
そういうことです。

二度とこんなことがあってはいけないんです。マイケルの死を無駄にしてはいけない。
私達は、自分自身も含めた人間の愚かさというものを、もっと深く自覚するべきですよね。


まだ書きたいことがあるので、それはまた今度、感想と共に。


Rest in Peace... Michael.







13:22 | struggle-誤解・冤罪・裁判 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

マーレー予備審問終わる。正式起訴へ。

とりあえず予備審問が終わりました。
みなさん、お疲れ様です。


『判事がコンラッド・マーレー医師に対し、スーパースター、マイケル・ジャクソンの死に対する過失致死罪で裁判を受けることを命じた。
検察当局は、マーレーがジャクソンに強力な麻酔薬プロポフォールを致死量投与し、適切な処置を怠った、と主張することになる。

検察側は予備審問を、マーレーは標準的医療措置を逸脱した行動をとったと証言する医師二人の証言で締めくくった。
両証人は、ジャクソンがたとえ同麻酔薬を自ら投与したとしても、マーレーの行為を考えれば、ジャクソンの死は殺人によるものとなると語った。

マーレー医師は無罪を主張しており、弁護団は、マーレー医師はジャクソンを死に至らしめるようなものは何も投与していないと語っていた。
もし有罪であれば、マーレー医師は懲役4年の刑を科せられる可能性がある。

マイケル・パスター判事は、マーレーの医師免許の即時停止も併せて命じた。

罪状認否の手続きは1月25日の午前8:30に行われることが決定された。』

MICHAEL JACKSON/マイケル・ジャクソン様より一部抜粋。いつもありがとうございます。



1/5から行われていたマーレーの予備審問が終わり、予想通り正式起訴が確定。
そして医師免許の即時停止。あたりまえ。

なぜ「無罪」なんて主張してるの?
この短い(長く感じた)何日間かの予備審問の中でさえ、耳を覆いたくなるような証言が続々と出てきていた。
医師としてやらなければいけないことを全て間違いなく遂行していたと、正々堂々と宣言できるんですか?

この人、何の為に医者やってたんだろう?

あとは裁判。やっとここまで来た。

マイケルとジャクソン・ファミリーに、一日も早く平和が訪れますように。


※予備審問については、後ほどまとめてupします。



15:08 | コンラッド・マーレー裁判関連 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

TVXQ 第5集、「Why?:Keep Your Head Down」感想

東方神起の所属事務所SMエンターテイメント主催のコンサート「SMタウン東京公演」の抽選結果が、昨日発表されました。
聞くところによると応募総数70万とも80万とも言われてたようですが、その中の2万数千人しか行けないわけですよ。超プレミア!私ももちろん申し込みましたよ。ライブ大好きだし、生東方神起をぜひ見てみたくて。

しかし残念ながら見事落選(ToT)
仕方ないわ、あの倍率じゃ。
今後、東方神起オンリーのツアーなんかも当然あるでしょうから、そっちに期待します!

本当に残念でショックでしたけど、よく考えると、私なんかが行くよりももっと行くべき人達がいるんだろうと思い直しましたよ。
この1年半以上の間、ユノ&チャンミンと共に泣いたり笑ったりしながら苦しみに耐え、二人を支え続けながら乗り越えてきたファンのみなさん。そういう方々にこそ、この記念すべきカムバックステージでやっと思いっきり歌って踊れる2人と共に、喜びを分かち合って欲しいなと思いますね。同志であり仲間のようなものですもんね。
頑張ったね!と二人に心からの拍手と祝福を伝えてほしいです。

でも、そういう方達の中でも行けるのはほんの一握りなんですよね。
当選した方は、そのラッキーを思いっきり堪能して、ファン全員の愛を彼らに届けて頂きたいです!
でもいいなぁ、見たかったなぁ。(実は未練タラタラ)


ところで、先日届いた東方神起ニューアルバム、「Why?:Keep Your Head Down」聴きました。
すごく良いです!予想以上に好みでした。

私は韓国から直接買ったんですが、アマゾンでも予約受け付けてますね。
Why:Keep Your Head Down (Special Limited Edition) (韓国盤)Why:Keep Your Head Down (Special Limited Edition) (韓国盤)
(2011/01/13)
東方神起

商品詳細を見る


こっちが通常盤
Why:Keep Your Head Down(韓国盤)Why:Keep Your Head Down(韓国盤)
(2011/01/20)
東方神起

商品詳細を見る


この前も書きましたが、まずこの「特別限定盤」の豪華さにはほんとビックリ。
まさにDeluxe Edition。100ページ写真集が一応曲紹介と歌詞カードを兼ねてるんですよね。ページの所々にタイトルと歌詞がオサレ☆な感じに配置されてます。
今までかなり色々なアルバムを買ってきましたが、何枚組かのベスト盤でもないのにここまで豪華なのは初めてです。

で、この写真集が超好みです!
初めてこの写真が世に流れてきた時には驚きの方が大きかったけど、まぁ元が良いから何やってもカッコイイよね、とは思っていたものの。まさかここまで超絶カッコイイ写真集だったとはっ!!!

もう言葉では上手く説明できないのでとにかく見てほしいです。
この不思議な世界観。本当に素敵。芸術です。
特に私はユノのヴィジュアルが超好みなので誉めまくりますが、何をやっても美しいですね、彼は。
あの独特なメイクが神秘性を醸し出していて、とにかく美しい。まるで二次元異世界の美しい生き物のよう。
ガラスのような繊細さや儚さ、孤独、冷たさを感じさせる視線にはドキっとします。妖艶なんですよ、全てが。
写真の中のあの表現力は本当にスゴイと思います。モデルとしても超一流の才能を持ってるんですね。

もちろんチャンミンも美しいですよ。ファンの方は満足すると思います!
ただ、ユノのメイクの方が私は好みなんですよね。
この写真集のことだけでもかなり語れるので、とりあえずこの辺でやめておきます^^

肝心の音楽の話を少し。

こちらが限定盤
<収録曲>

01. なぜ (Keep Your Head Down)
02. 信じたくない話
03. MAXIMUM
04. CRAZY (Feat. ジェイ from Trax)
05. Honey Funny Bunny (ユンホ)
06. RUMOR
07. 告白 (チャンミン)
08. Our Game
09. SHE
10. アテナ (ドラマ「アテナ:戦争の女神」OST)

<通常盤>には、11曲目に次の1曲が含まれます。

11. Journey (Feat. ソヒョン of 少女時代) (ドラマ「パラダイス牧場」OST)

**********

1、3、10は、既に聴いたことがあったので特に他の曲を楽しみに聴きました。
以下順不同の簡単な感想。

1は前にも書いた通り、サビの重厚な盛り上がりとリフが非常に男っぽくてカッコよく、ラップ部分も色々な声と表情が楽しめますね。歌にもハイレベルなダンスにももはや貫禄さえ漂う、まさに「王の帰還」にピッタリな曲。
東方神起、ここにあり!っていう感じ。文句なしに最高!!

3、これも大好きです。民族舞踊の音楽みたい。早いリズムもメロディーも面白いし、東洋的な独特な楽器の音も掛け声も個性的。どこかEgyptianなような、インド舞踊の様な雰囲気もしますね。もちろんこちらもハイレベルなダンスが圧巻!
1も3も、東方神起にしか歌えない東方神起あってこその曲っていう気がする。

1、3のダンスを見て、ユノのダンスが更に進化しレベルアップしていて本当に驚きました。美しくてキレが素晴らしく、より男性的なフェロモンがムンムン! 女はみんなノックダウンじゃないですか?^^
チャンミンの方も、本当に上手くなっていて努力したんだなって感動しましたね。ユノと並んで踊るのってかなりのプレッシャーだと思うよ。でも君なら大丈夫!素敵です!

2と7はとても美しいバラードですね。グッときます。バラードの美しさと切なさも東方神起の魅力の一つですから、絶対に外せないでしょう。
2はテレビでも歌っているのを聴き、情感のこもった歌に感動しました。この二人のハーモニーは穏やかな優しさがあって癒されます。心の優しさが溢れ出てる感じ。

7はチャンミンのソロ。切なく歌いあげていて涙ものじゃないですか?美しいピアノとヴァイオリンの音色が歌声と重なる時、感動が胸に押し寄せてきます。とても良い曲です。

そして、実はこのアルバム中の特に私のお気に入りは…
04. CRAZY (Feat. ジェイ from Trax)
05. Honey Funny Bunny (ユンホ)
08. Our Game
09. SHE

いいですねー。すごく好みです。やっぱり私ってこういう系統の音楽、好きだわ。
洋楽っぽいというと大雑把過ぎますが、R&B要素がたっぷりな曲や、hip hop系のリズムも心地良い曲たち。

4、so crazy♪ Excuse me ♪ の部分、すごく良い~!思わず一緒に口ずさんでしまいます!

5、初めて聴いた時、ちょっ、何この曲超イイ!誰誰!?ってなった。
そしたらユノのソロ曲だった!^^ いきなりのヤバい位色っぽい声に始まり、全体的な曲調といいユノの歌い方のテクニックといい、ドツボです。かなり高い声も綺麗でセクシー。囁きもため息も素敵にヤバすぎます。1番好みかも。とにかく最高。

8、これもまさに大好きなラップメインの曲ですね、超カッコイイ!

9、これ、かなりの名曲じゃないですか?ええ、すごい名曲ですよ!
SHEィィィ♪の切ない繰り返しがいいですねー。2人の声も美しい。

6もすごく好みの曲。まあこの手の曲は理屈抜きで好きなんです。歌が上手いですね、2人とも。

10は、ドラマの主題歌というだけあってタイトル通り疾走感のあるドラマティックな曲。はじめはそれほど好みじゃなかったんですが、聴いているうちに、なかなかコレもかっけぇぞと。ロック調歌謡曲っていう感じですかね。普通に盛り上がれる曲。いかにもヒーロー物の主題歌っていう雰囲気があります。
冒頭部分のメロディーとあいまって、時々韓国語がフランス語に聞こえる私です^^;
私的には、どうもこの曲だけは浮いて聴こえてしまうんですが、どうですかね?好みの問題か。


私の音楽歴の中で、韓国語のアルバムを買うなんて初めての経験。しかも予約してまで!
韓国の最新の音楽をCDでリアルタイムに聴く日が来るとは、少し前まで夢にも思っていなかったです。

もちろん東方神起というグループのレベルの高さを知り、アーティストとしての魅力も知った上で買ったので、先入観ゼロというわけにはいかないんですが、できるだけ冷静に音楽の良さだけを取り出そうと思いながら聴きました。
とても質の高い良いアルバムだと思います。音楽自体が凝っていたり、色々なジャンルの要素を取り入れたり、力を入れているんだなという本気が伝わってきます。

彼らの声や歌い方も好きです。ユノの声は本当に穏やかで癒されるし、耳に馴染むのでとても聴きやすいですし、チャンミンの声もメリハリがあっていいですよね。静かな歌い方はユノの声に似ていてとても素敵です。

今回特に、2人の歌の上手さに驚きました。今まであまりメインの曲ってなかったから埋もれていたんでしょうか?
特にユノは、ラップとハーモニーの低音担当みたいだったので、思う存分歌えなかったんじゃないのかな?
こんなに音域も広くて色々な声も出せ、テクニックも持っている人だったとは。ファルセットも綺麗ですよね。素晴らしいと思いました。
チャンミンの高音と力強い歌い方も、カッコイイですよね~。
2人ともブランクがあってもずっとレッスンを続けていたんですよね。だからこその結果。さすがプロだな。


最近、主にアメリカでそこそこ人気のアルバムを聴くことが多いんですが、アルバムの中の曲が似たり寄ったりで聴いていて飽きるということが時々あります。
更に、あまり曲数が多すぎたり時間が長すぎても途中で飽きてしまったりしますよね。

その点、全く違うタイプの曲がうまくミックスされているところがいいと思うし、10曲で35分ちょっとというのは通常のアルバムよりも短いですよね、だから気軽に聴きやすい。飽きるということはないし、しつこさのない感じもいいですね。大人っぽさの漂う中にもメリハリのある、とても良いアルバムだと思いました。

かつて私がそうだったように、一アーティストとして考えた場合、「東方神起」という名前がかえって邪魔になる場合があるかもしれません。どうしても「韓流」「アイドル」というフィルター越しに見てしまう人もいるから。
先入観を抜きにして、純粋に彼らの歌やダンスの素晴らしさがたくさんの人に伝わることを願います。
パフォーマンスのレベルの高さはもう全く心配なしですから、自信を持ってぜひ世界を目指してほしいです!


それにしても、韓国語がわかればいいのになあとつくづく思いましたね。
残念ながら歌詞が全く読めないし、意味もわからない。せめて世界を視野にということで英訳でも付記してほしかったな。
日本語訳などは探せばあるようなので、時間のある時に探してみます。


ということで、今の時点での私の個人的感想でした!
また聴きこむうちに良さを感じたり、イメージが変わることもあると思うので、その都度追記していく予定。
そして、彼らはマイケルと同じようにパフォーマンスが大きな魅力なので、次はダンスまみれのMV集に期待します!

あっ!!それと、今夜からいよいよ始まるフジの火10ドラマ「美しい隣人」
主題歌に「Why?」が流れますね!楽しみです☆




14:07 | 東方神起 | comments (14) | trackbacks (0) | edit | page top↑

TVXQ アルバム届きました~

予約したアルバムの初回限定版が、さっき韓国から届きました!

これ! まだ手にしていなくて楽しみにしている人は見ない方がいいかも^^

↓ 











t_keep1.jpg

大きくてビックリした!
A4サイズで折りたたみ式で左右に開くようになっていて、左側にCD、真中に100ページ写真集が入ってます!
パッケージは、マイケルの「アルティメット・コレクション」を大きくしたような感じでしっかりとした作りです。なんか想像よりもかなり大きくて立派でビックリ。


写真集もザッと見たけど、本当にスゴイ!芸術!!美しいです、この二人は。
アルバムの感想は、また後ほど。とりあえずのご報告。

これから音楽番組の放送が始まりますね。
PCから見れるらしい。ファンのみなさん、今みんなスタンバってますね、きっと^^

私もちょっと見てみます!




17:58 | 東方神起 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

連日行われているマーレーの予備審問の記事を読み、マイケルのことを思う。
辛すぎて胸が張り裂けそうだ。
死亡直後から世界中でニュースになっていた、マーレー医師の疑惑。
当時の様子を間近で見聞きした人達の詳細な証言が次々と明らかになってきている。


マイケルは、音楽を、ダンスを愛していた。
自分の子供達を、世界の子供達を愛し守りたいと願っていた。
ファンを、応援してくれる仲間たちを愛していた。
世界中の恵まれない人々、自然、動物、全ての生き物を救いたいと願っていた。
その為に自分ができることは、歌とダンスで世界を繋ぎ、癒すことだと信じていた。

ただそれだけなのに。
皆の為に歌いたい。皆の笑顔が見たい。
ただそれを願っていただけのに。

なぜ、彼はあれほどまでに苦しまなければならなかったのだろう?
あんなにひどい最期を迎えなければならなかったのだろう?

あの細すぎる体に、たくさんの人の夢と期待を、子供の頃からずっと背負い続けてきたマイケル。
最後の最後まで自分を犠牲にして、誰かの為になろうとして、誰かを守ろうとして、無理をしてたんだね。

ごめんね。本当にごめんなさい、マイケル。



お願いです。
正直に真実を話してください。
なぜ、あんなことが起きてしまったのか。
なぜ、弱っていた彼を救えなかったのか。
なぜ、悪魔のように、吸血鬼のように、最後まで彼に群がる奴らを止められなかったのか。

マーレーには医師であるというプライドを取り戻してほしい。
お金の為なら何でもやるつもりでした、私は医師失格ですと正直に認めたら?
本物の医師であるなら、誰かの利益の為に言いなりになるのではなく、患者をどうすれば本当に救えるのか必死になって考えるべきなのに。
例えば、マイケル自身があまりの辛さから望んだことだったとしても、それをどうにかして違う方法で救うのが医師の仕事であるはず。
言いわけなんて聞きたくない。嘘でごまかして自分達だけを守り、私達の大切なマイケルの尊厳を踏みにじったまま、しゃあしゃあと生きていこうなんて許されるはずがない。

マーレーがまともな医師だったら。
もっとまともな人達がマイケルの側に居たら…。


もう時は戻せない。どうあっても、マイケルは二度と帰ってきてはくれない。
せめて、マーレーもその背後に居る人物達も、今、全てを認めてマイケルに謝罪してほしい。そして祈ってほしい。
偉大なる心優しきスーパースターを、利用することしか考えていなかったことを、心から懺悔してほしい。



私達みんなが、どこかで何かを間違っていたのかもしれない。
一番大切にしなければならないものを、見失ってしまったのかもしれない。


マイケル、どうか今は安らかに眠っていてください。
あなたが遺してくれたものは、永遠に誰にも汚すことはできません。

感謝しています。Michael…

Gone Too Soon


(Thanks to ChaldoPrincess97)

Rest in Peace...





12:38 | コンラッド・マーレー裁判関連 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

東方の神、ついに帰還!!

このブログでは、今年も引き続き「東方神起=ユノ&チャンミン」を応援していきます!

さて、まずは素晴らしいこのMVを!
TVXQ!(東方神起)の新曲 「Why?-(Keep Your Head Down)」

今日1/5、韓国で発売されたニューアルバムからの1st single。
日本では1/26にリリース予定。
この曲はフジテレビ系「美しい隣人」のドラマ主題歌として起用されることも決まっていますね。
日本語ver.はまた違うMVが制作されたりするんですかねぇ?それも楽しみですw



続けて何度も観てしまいましたが、破壊力のある、エネルギーとパワーに満ち溢れた素晴らしいMVです!
彼ら2人が美しく逞しく躍動する姿に思わず引き込まれてしまいました。ユノの前髪、可愛いしw
ワイルドなのに気品がある。それがまさにユノとチャンミンが生まれ持って兼ね備えている誰にも真似できない個性なのでしょうか。

今まで抑えることを余儀なくされていた表現者としての欲望、蓄えてきた前へ進むパワー。どんな過酷な状況においても絶え間なく続けてきた努力の証。
答えは全てこの中にありました。
言葉よりも行動で、歌やダンスという表現を通して、彼らの目指すもの、強い意志を感じ取ることができます。

世間では『王の帰還』などと言われているようですが、まさにその言葉がピッタリです。
若いけれど既にキャリアも長く、アジアのスーパースターとして実績も十分過ぎるほど残してきた東方神起。貫録も十分という感じですよね。

これから先ずっと、2人で新たな東方神起の歴史を作っていくんですね!本当におめでとう~!
人気・実力・ルックスを完璧なまでに兼ね備えている2人には、更に人一倍の努力家という尊敬すべき面もあり、人間性も◎!!
泣き言も愚痴も悪口も、いっさい言わないところも実に男らしくて素敵です。
なんか誉めすぎっていう位誉めてますが、事実だからしかたないです^^


音楽も個性的ですよね。耳に残る音とフレーズが印象的。
太鼓の音がすごく効果的で魂を揺さぶります。
♪Keep Your Head Down~♪と、♪ウェー♪の部分のリフがめっちゃカッコイイ。

俺様的なダンスも最高!!と言わせていただきます!ははぁー、おそれ多いです~、とひれ伏してしまいそう^^
あの独特な振り付けはなんでしょう?アジアンテイスト満載ですよね。古武術を彷彿とさせるような感じ。
テコンドーとかテッキョンとかの動きを取り入れたりしてるんでしょうか。

そう言えば以前ユノの素晴らしいテコンドー技を動画で見たことがありました。かなりの腕前だとか。
そういう動きもダンスの素養になってるのかな。動きの一つ一つ、表情まで計算しつくした相変わらず美しくて完璧なダンスですよね。チャンミンもものすごくダンスが上達して、キレキレな動きを見せてくれてますね!素晴らしい!


最近は洋楽でも似たような音楽が増えてきていて、それはなぜかというと、どんなジャンルにおいてもリズムが全てHip hop系を基本にしているからだ、というようなことを先日、わが師(勝手に)=小林克也氏がおっしゃってましたが、なるほどーと思ったんですよ。

ところが去年、「呪文」で東方神起に墜ちた時、個性的でカッコイイ音楽だなととても新鮮に感じたんです。
おまけにあの超絶カッコいいダンスですからね(特にユノ)。クセになるというか、中毒性があるというか、そういう魅力がありますよね。

この新曲にも、同様のものを感じます。どこか伝統的な雰囲気の中に決してありきたりではない新しさもある。
そして彼ら2人のボーカルも素晴らしい!声が意外と似てる。相性がいいですね。
ユノは色々な声が出せるんですねー。ビックリ!男らしい低い声も女の子みたいな可愛い声も、ソフトだったりハードだったり。すごいテクニックだと思います。ユノの穏やかな歌声はあまりにもセクシーです。
ラップも本当に上手いから、安心して聴いていられますよね。ユノのラップ、大好きだわ☆

そしてチャンミンの高音の素晴らしさ。以前から思ってたんですが、彼はハードロックも行けますね。私、結構ハードロック系も好きなんですが、チャンミンの雄叫びを聴く度に、そういう系統の歌を歌ってほしいなと思ってしまいます!
何かで読んだんですけど、クイーンの『ボヘミアンラプソディ』が好きで歌うとかなんとか。歌ってくれ~~っ!!と思いましたね。絶対聴きたい。あれを歌いこなせたらぜひ「師匠」と呼ばせてください。フレディ様の神的ボーカルテクニックを、ぜひ盗んでくださいね。ますます楽しみが増えます!


米国の有名な芸能ブログでもこのMVを絶賛して紹介していて、話題になっているそうで。
http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=125731
これは世界にも通用するクォリティだという証明ですよね。

とにかく歌もダンスも相変わらずカッコイイ!!(何回も言ってます)
エンターテインメントとは、人々を楽しませることですからね。
彼らのパフォーマンスは観ていて楽しいし、今後更に進化する可能性を大きく秘めています。
彼らに出会えて一つ楽しみが増えたこと、幸せです。神様に感謝。

やっと帰ってきてくれたと、最近ファンになったばかりの私でさえ思うんですから、待ち続けたファンのみなさんの感動はどれだけだろうかと。

やっぱり彼らは歌わなきゃ。そして踊らなきゃ。
そういう才能を持って生れて来たんですから。

誰にも邪魔する権利なんてない!!

全力で応援します。頑張れ、東方神起!!!



急いで書いたので、また後で修正・追記予定。(まだ?)


Why? (Keep Your Head Down) (DVD付)(ジャケットA)Why? (Keep Your Head Down) (DVD付)(ジャケットA)
(2011/01/26)
東方神起

商品詳細を見る
Why? (Keep Your Head Down) (ジャケットB)Why? (Keep Your Head Down) (ジャケットB)
(2011/01/26)
東方神起

商品詳細を見る



18:53 | 東方神起 | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑

マーレイ、予備審問始まる

マーレーの予備審理が始まりました。
はぁ…。なんとも気が重いです。プリンス君が証言台に立つという話もあったり、今回はオルテガさんが検察側の証人として立ったんですね。元従業員も立つ予定だとか。たくさんの証人がこれからも召喚されるんでしょうか。

・「MICHAEL JACKSON/マイケル・ジャクソン」様の記事をお借りします。

ケニー・オルテガが検察側証人に

『オルテガは、2009年6月19日・・・ジャクソンが亡くなるちょうど一週間前・・・に、ジャクソンが冷え切っていて悪寒を感じており、パフォーマンスができないということを訴えていた。それはその日のリハーサルがキャンセルされたということを意味していた。

翌日の6月20日、ジャクソン家では緊急ミーティングが開かれ、オルテガ、AEGの重役たち、コンラッド・マーレー医師、そしてジャクソン自身が出席していた。そのミーティングは「激しく、騒々しく、そして議論となった」とされている。オルテガは、ツアーが差し迫っているので体をいたわるよう懇願しつつ、ジャクソンに注意を与えた。

オルテガは、ミーティング中にマーレー医師がある「とんでもないこと」を言ったと証言し、マーレー医師はマイケルに対する配慮と敬意を欠いていたということを示すと考えられている。その「とんでもないこと」はマーレーにとってダメージとなるだろう。』


++こちらは日本の記事++

■<マイケルさん急死>予備審理が始まる ― 毎日新聞 1月5日(水)11時36分配信

歌手マイケル・ジャクソンさんの急死を巡り、過失致死容疑で訴追された心臓内科医のコンラッド・マーレー容疑者(57)に対する予備審理が4日、米ロサンゼルス郡地裁で始まった。検察側は冒頭陳述で、マーレー医師が異変を9~21分間放置し、マイケルさんは救急車到着前に死亡していたと主張した。予備審理は起訴するに足る十分な証拠があるかどうかを裁判所が判断するための手続き。

■マイケル「救急車呼んだ時点で既に死亡」と検察 ―読売新聞 1月5日(水)10時52分配信

米歌手マイケル・ジャクソンさんが急死した問題で、過失致死容疑で訴追された元専属医のコンラッド・マーレイ容疑者(57)に対する予備審問が4日、カリフォルニア州ロサンゼルス地裁で始まった。この日は証人として振付師らが出廷、2009年6月にマイケルさんが死亡した当時の模様を証言した。

地元メディアによると、検察側は冒頭、マーレイ容疑者が救急車を呼んだ時点で、すでにマイケルさんは死亡しており、同容疑者は強力な麻酔薬を投与した事実を隠蔽しようとした、などと主張した。

続いて行われた証人の審問では、振付師のケニー・オルテガ氏が、マイケルさんの死の数日前、その健康状態を巡ってマーレイ容疑者と対立したと述べた。さらに、「医師は、(マイケルさんは)心身ともに良好だと言っていたが、実際はコンサートのリハーサルをこなせるような状態ではなかった」などと証言した。 (最終更新:1月5日(水)10時52分)



++私が尊敬するメゼロウ氏の言葉も++

「MICHAEL JACKSON/マイケル・ジャクソン」様 より
マーレー弁護団に対するメゼロウの厳しい言葉

『(要旨)2005年の児童虐待容疑に対してマイケル・ジャクソンを成功裏に弁護したトーマス・メゼロウ弁護士が、コンラッド・マーレー医師の弁護団に対して厳しい言葉を投げかけている。メゼロウはMSNBCに今朝登場し、他の事に交えてこう述べている。「残念ながらマーレー弁護団は、有罪である彼らのクライアントへの注目をそらそうとしてマイケル・ジャクソンを激しく非難しなければならなくなるでしょう」。

加えてメゼロウは、ジャクソンが自殺をするような、あるいは自滅的行動をとるような人ではないとし、マーレーの弁護がうまくいかないことを望むと語った。』


**********

マイケルの死に直接関係した、コンラッド・マーレー医師に対して、私は今までほとんど書いてきませんでした。

二つの理由があります。
一つは、リアルな「死」に向かい合いたくないから。
一つは、よくわからないから。
私は今の時点では、マイケルがいわゆる「薬物中毒」といわれる状態になってしまったことを、死の原因としてより重視しています。だからこそ、二つの大きな少年虐待疑惑とその騒動の原因になった人物達の方を、多く取り上げ批判してきました。
特にこの二つの事件がマイケルに多大な精神的ストレスを与え、あのような状態にまで彼を陥れてしまったことは多くの証言から証明されています。

しかし、あの悪夢の日、実際に部屋では何が行われていたのか。直接的にマイケルを死に至らしめてしまった原因はなんだったのか。そのことが重要でないはずはない。マーレーに過失があったのかなかったのか。当然、医師としての義務を怠ったのならその責任を逃れることはできないですし、償わなければならない。自分の身を守る為に偽証を企んでいるとしたら絶対に許してはならないことです。

メゼロウ氏が危惧しているように、マーレーの弁護団がマーレーを守ろうとするがゆえにマイケルを激しく非難するようなことがあるとしたら…。言語道断!亡くなっているのをいいことに、都合よく事を運ぶなんて許せるはずがない。マイケルを冒涜するようなことは絶対にあってはならないことです!

それにしても、『実際はコンサートのリハーサルをこなせるような状態ではなかった』なんて…。
6月23日と24日(亡くなる前日)、体調がすっかり回復し、若いバックダンサーたちや、彼の歌やダンスに居合わせた者達を感動させたんですよね?TIIでもその元気な姿を見ることができるのに…。

いったい誰が悪いんだろう?

未だに決着していないこの問題。いつになったら真相が明らかになるのでしょうか。マイケルと家族の安らかな日が一日も早く訪れることを願ってやみません。


続報は追記します。





14:05 | コンラッド・マーレー裁判関連 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ファンの団結が実を結ぶ!

この事は、もっと早くブログ上で詳細に知らせるべきだったと後悔していますが、良い結果が出たので、とりあえずホッとしています。

今月、イギリスのディスカバリー・チャンネルがマイケルの解剖再現という、人権もプライバシーも無視したとんでもない番組を放送する予定になっていました。
「テレビスペシャル ― マイケル・ジャクソンの解剖:マイケル・ジャクソンを本当に殺したのは何か」で、1月13日に放映されることになっていたのです。

これに対してファン達が声をあげ、中止を訴える署名活動を昨年から展開していました。
私もこれを知りすぐに署名しなければと焦っていたのですが、年末の家のドタバタ騒ぎと仕事に忙殺され、ついつい機会を逃してしまい;気がつけばあっというまに年が明けていたというダメダメさ…;

12月末、MJエステートのブランカとマクレーンも抗議の手紙を送り付けたと聞いた時、これで大丈夫じゃないかと少し安心したのですが、遂に12月31日、ディスカバリーチャンネルはこの番組の放送を無期限延期とすることを発表!
これでやっと一安心です。これについては世界中のファンの署名が大きな力になったことは間違いありません。

こういう許されない行為に対して、ファンが団結して抗議をするということがいかに大事で意味のあることかという事が、また一つ証明されましたね。


以前、これも必ずブログで紹介しようとずっと思いながら書きそびれていた記事なんですが、こんな出来事もありました。
マイケルが子供の頃少しの間通っていたロサンゼルスのガードナー小学校。
1989年、この学校のホールがマイケルに捧げられ『Michael Jackson Auditorium(マイケル・ジャクソン・ホール)』として輝かしく存在していました。
ところが、あの冤罪だった裁判をきっかけに、マイケルの名前はベニヤ板で覆われてしまったのです。なんてヒドイ…。

亡くなった後、彼の名前を復活するよう求めるキャンペーンが行われたくさんの署名が集まりました。このようなファン達の声も力となり、再びマイケルの名前を小学校に堂々と掲げられる日が来たのです。

本来なら、隠す必要なんてなかった。マイケルがいったい何をしたというのか。マイケルはこのようなヒドイ出来事の一つ一つを知ってしまっていたのでしょうか?

亡くなった後、彼の名誉は急速に回復し、ファンの声もこうしてスムーズに受け入れられるようになったんですよね。なぜ生きている間に…。あぁ、ダメだ。これを考え始めると何もかもが不満になってしまう。


昨日書いた本のこともそうですが、亡くなった後であっても、彼の名誉は守らなければならない。誤解は解かなければならない。そして、マイケル・ジャクソンの人としての権利は尊重し続けなければならないはずです。
例え遅くなってしまったとしても、取り戻さなければならないものはあります。

これからも、まだまだたくさんあるこのような活動には、どんどん協力していくつもりです。
どんな小さなことでも無駄にはならないはずですよね。
忙しさを理由にはしたくないです。


ファンとして出来ること。ファンだからこそ、出来ること。
感謝と敬意、そして信念を持って。
そうすることで、誰かを、なによりも自分自身を救うことになると思います。


以前ここでも紹介し、ご協力いただいたドイツのバシールの番組の件ですが、その後のことは調べてまた報告します。




12:22 | news | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

新年に届いたメッセージ

あけましておめでとうございます!
2011年、新しい1年のスタートです!皆さん、気合いは入ってますね?OK!!
今年もどうぞよろしくお願いします


穏やかな元旦の朝、年賀状の束と共に1冊の本が私の元に届きました。

救済 マイケル・ジャクソン 児童性的虐待疑惑(1993年)の真相救済 マイケル・ジャクソン 児童性的虐待疑惑(1993年)の真相
(2011/01/13)
ジェラルディン・ヒューズ

商品詳細を見る


マイケルの疑惑を完全に払拭する為に、ずっと邦訳本の出版を願っていた本。
昨年、ようやくその願いが叶うという知らせを出版社の方から頂き、何度かここでも紹介した待ちに待った本が、今年の幕開けと同時に届けられたのです。
新しい年と、マイケルの真実の証明。深い意味を感じずにはいられませんでした。
マイケルにとって、きっと新しい何かが始まるに違いないという希望の予感。
そしてマイケルはきっとこのことを喜んでくれている。そう確信しました。

マイケル、これはあなたの潔白の証。
やがて遠くない未来に、あなたを苦しめた誤解も、あなたを悲しませた偏見も全て消えてなくなる。
長い間あなたが信じてほしいと訴え続けてきた「真実」が、ようやく邦訳本として活字になり多くの人の目に触れる機会を得たのです。

たった1冊の本の重み。しかしそれは、マイケルと、彼を信じ続けた者にとってはとてつもなく重い意味を持ったもの。その重さを両手に深く受け止めながら、私はマイケルの苦しみを思い、尊いその存在に、あらためて深く感謝しました。


真実は必ず明らかになる。時が全てを証明してくれる。
確かに遅すぎたかもしれないけれど、永遠の存在であるあなたの名誉はこれからもずっと守られなければならないし、そうなるに違いありません。

人間は愚かでエゴイスト。欲の為なら、人を陥れることをも厭わない。
マイケルの周囲にいた、そして今でもいる、そんな欲深い人間達の犯した最悪の過ちを是非知ってほしいと思います。


純粋な人間ほど、騙されやすい。陥れられやすい。そう言いますよね。
私は純粋じゃないので大丈夫だと思うけど、純粋なみなさん、騙されないように気をつけてください!
信じられない程悪魔のような人間て、哀しいことに実はたくさんいるんですよね。
人を初めから疑ってかからなければならないなんて、寂しいことです。子供達にもそう教えなければならないなんて、本当に嫌な世の中です。

今の世の中は、マイケルが望んでいた理想の世界とはあまりにもかけ離れ過ぎていますね。
以前ジャーメインが言っていた言葉、『この世界はまだマイケル・ジャクソンを受け入れる準備ができていなかった。』― 納得です。


2011年、せめて少しでも「愛」のある世界になりますように…。
見ているだけではダメ。今年も何か一つでもいいから行動に移したいと考えています!

新年早々、重めの話から入ってしまいましたが、これがマイケルから私に届けられたメッセージだったと受け止めています。

今年もマイケルを通して感じたたくさんのメッセージと共に、彼の素晴らしい才能を堪能していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!



◆出版社=Medical Perspectives社様のご尽力とご厚意に、心から感謝しています。
まさかMichael関連の本にこのブログ名がほんの片隅にでも一緒に載る日がくるなんて夢みたいで…^^ゞ
いや、もしかして夢か!?ほんとスイマセン;

ほんの少しでもマイケルの役に立てたかもしれないこと、畏れ多くもこの拙ブログが、この本を通してマイケルと繋がりを持たせて頂いたことに、とてもとても感動しています!
マイケルからのプレゼントとしてありがたーく受け止めさせて頂きます。

Thank you Michael.
本当にありがとうございます…

本の感想などはまた後ほど☆


++++++++++

<ちょっとしたお知らせ>

今年から、「拍手コメント」への返信をまた再開します!(大げさな告知;)
しばらくの間、頂くだけの一方通行仕様にしていたのですが、以前のようにひとこと位はお礼をと^^;
「非公開」については今まで通りそのままにさせていただきます!


ではまた。


12:26 | MJ&me - 日々のMJ語り | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。