スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

マイケル&東方神起、1年間ありがとう!

ブログを書くこともテレビを見ることもずっとできなかったけど、待ちに待った紅白歌合戦、東方神起のステージはどうにか見ることができました

最っ高にカッコよかった!!
アジアのスーパースターの貫禄とオーラ!!

1年間、二人は本当によく頑張ったよね。
逆風とバッシングが吹き荒れる中での活動再開。そのプレッシャーは想像を絶するものだったと思う。

それでも、いつも笑顔で泣き言一つ言わず、常に進化した驚くべきパフォーマンスで私たちを楽しませてくれた。
二人の姿に、どれだけの幸せと、勇気と、希望を貰ったことだろう。

1年の締めくくりに、あなた達の力強い歌とダンスを見ることができてよかった。幸せだった。
あなた達の頑張る姿や素晴らしいステージは、きっと多くの日本人に力を与えてくれたと思う。



精一杯真剣に生きている姿って、頑張ってる姿って、美しいよね。

大切なことに、気付かせてくれてありがとう。
何があっても応援しているよ。
あなた達が歩んでいる道は、決して間違っていないから。


出会えたことに感謝しています。
この1年のときめきと感動に、ありがとう!

ユノとチャンミン、アーティストとして、人として、本当に大好き!そして尊敬しています!

*****

1年の終わりにきちんと挨拶をしようと思っていたのにできませんでした(ToT)

また来年、改めてご挨拶をしたいと思いますが、とりあえず、今年もありがとうございました!たくさんの応援があったから、ここまで続けて来れました!
来年もまたマイペースでガンバリマス。
こんなブログですが、今後ともよろしくお願いします!


音楽最高!!
ダンス最高!!

その素晴らしさを教えてくれたマイケル、いつも愛をありがとう☆

GOD BLESS YOU!!



スポンサーサイト
23:31 | 東方神起 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Kindness Boomerang - "One Day"

「心温まるVIDEO」として話題になっている動画を紹介します。
もう知っている人も多いかな。

Life Vest Inside - Kindness Boomerang - "One Day"


モバイル版はこちらから見れると思います。
http://m.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&client=mv-google&v=nwAYpLVyeFU#watch_actions

思いやりや親切は押し付けるものではないけれど、ちょっとした親切で心がポッと温かくなった経験は誰にでもあるんじゃないでしょうか。
そしてその優しさを誰かに返したくなる。思いやりの連鎖。

決して見返りを期待したり、お礼を言ってほしいわけじゃなくても、このVIDEOのように気付かぬうちに自分のところにブーメランのように戻ってきているのかもしれませんね。

親切にされた人はもちろんのこと、してあげた側の人が、より幸せそうな笑顔になっているのが素敵です。
そう考えると、人間て本来は誰かが幸せになることで自分も幸せを感じる生き物なのかな、なんて思います。
なかなかそうは思えないことばかりを繰り返しているのが人間の歴史ですが、誰もがそういう気持ちを持って暮らしていけば、世界は平和で、幸せになれるんだろうな。


この動画はもちろんフィクションでありツッコミどころも多々あるんですが、私は感動しましたね。
自然と笑顔になり、誰かに見てほしくなりました。
こういう小さな思いやりを忘れないで毎日を過ごしたいなという希望と、来年こそ平和な世界をという願いを込めて・・・。


音楽がまた良いですよね!
Matisyahuというレゲエ・ミュージシャンの「One day」という曲。
気になったので調べてしまいました!

こちらがオフィシャルビデオです。


最初、ワイクリフっぽいななんて思ったんですが全然違った。^^;
マイケルの「Hold My Hand」にもどこか似ていると感じる、とても素晴らしい曲です!
lifevestのビデオから飛んできたという人も多いみたいですね。
今度この人の曲を色々聴いてみよう。


Make a better place
for you and for me  ―  by Michael Jackson “Heal The World”





14:16 | その他音楽 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Merry Christmas!

お久しぶりです!
Merry Christmas!

みなさんは、どんなイブの夜を過ごしましたか?
日付が変わり今日はChristmas。
一昨年、昨年と続けて、ドイツの子供達に向けたマイケルのクリスマスメッセージを動画付きで紹介したと思います。
毎年この時期になると、マイケルのこの優しい言葉を思い出してしまうのです。
-Christmas message from Michael Jackson 2002-
MJからのクリスマス・メッセージ (2009.12.16)

『世界中の幸せでない子供達にとって、クリスマスは持っていないものに気付かされてしまう日』―
それは小さなプレゼントだったり、温かな食べ物だったり、家族だったり、ささやかな愛だったり。
だからほんの少しの優しさを、彼らに分けてあげてほしい。手を差しのべてあげてほしい―

Let us reach out to those who are alone ;
LET US ALL TELL THEM : “YOU ARE NOT ALONE”


まだほんの小さな子供だった頃、テレビで餓えた子供達の様子を見たマイケルは大粒の涙を流しながら、大人になったら絶対に僕が助けてあげるんだと言っていたそうです。

そしてその気持ちをずっと抱いたままマイケルは大人になり、言葉通りに行動し、実際に多くの子供達に手を差しのべ続けていました。

たくさんの寄付、プレゼント、施設への慰問、そして夢の国ネバーランドの建設と招待。
マイケルのそんな純粋な優しさと愛は、私達にとっても美しい贈り物でした。



どうか、誰の上にも平等に幸せが訪れますように…

Merry Christmas!


そして―
心の中に
WINTER ROSE…




02:11 | MJ&me - 日々のMJ語り | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ジョン・レノン Love & Peace

もう先週のことになりますが、12/8はジョン・レノンの命日でした。
特に意識していなかったのでコメントを頂いて思い出したんですが、その後、久々にジョンのアルバムを聴いて過ごしました。

ロック史に偉大なる功績を残し、多くのミュージシャン達に今尚影響を与え続けているジョン・レノン。
1980年に40歳という若さで射殺されてから、もう31年という長い月日が流れたんですね。

その後の歴史も変わったかもしれない偉大な人物の死を考える時、どうしても「もしも生きていたら」という虚しいことを思ってしまいますが、ジョン・レノンもまさにその筆頭にあげられる人物だと思います。

12/10付けの朝日新聞に、『もう一度見たい早世したロッカー』という記事があり、アンケートの結果が掲載されていました。その中で、2026人中1127票(1人が7人まで選択)を得て堂々の第1位になったのが、ジョン・レノンでした。
因みに、2位=エルビス・プレスリー、3位=フレディ・マーキュリー。
この結果には納得です。クイーンが大好きだったので、フレディの死も本当にショックでした。

4位のジミ・ヘンドリックス、5位のジャニス・ジョプリンを筆頭に、7位のブライアン・ジョーンズ、10位のジム・モリソンがいずれも27歳で亡くなっており、ロックファンの間では「27クラブ」と称されているという恐ろしい偶然には驚きました。みんな早過ぎますよね;
更に、ニルヴァーナのカート・コバーン(14位)と、つい最近急死したエイミー・ワインハウス(12位)も27歳で亡くなったんですよ。なんででしょう?ちょっと怖いです;

少し横道に逸れましたが、ビートルズ&ジョン・レノンの話に戻します。

私はビートルズ世代ではないので、ロックにハマり彼らの音楽を聴くようになった頃には、ビートルズは既に解散した「伝説のバンド」で、メンバーはそれぞれがソロで活躍していた時代でした。
洋楽やロックに嵌った人間なら、一度は必ず通るのがビートルズではないかと思いますが、私とビートルズとのちゃんとした(CMで聴いたとかいうのを除いた)出会いは、中学時代に学校の先輩から借りて聴いたアルバム「HELP!」でした。この時の衝撃は今でも忘れられません。

♪Help! という印象的な冒頭で始まるノリの良いサウンド、軽快なリズム、その反面どこか哀愁を感じるボーカルとコーラス。
その瞬間からHELP!は、二度と忘れることのできない大好きな曲の一つになりました。
ビートルズには他にも有名な曲がたくさんありますよね。「ヘイ・ジュード」「イエスタデイ」「レット・イット・ビー」「シー・ラブズ・ユー」「抱きしめたい」「ミッシェル」「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」等々、あげればキリがないほど誰もが知っている名曲ばかり。
でも私にとっての一番はやっぱり「HELP!」かな。音楽に対するドキドキする気持ちや、世界にはスゴイ音楽を作る人達がいるんだという驚き、ワクワク感、そういうものを教えてくれた思い出の曲の一つがHELP!だったんです。

だからと言って、その後ビートルズにものすごくハマって追いかけたかと言えばそうでもなく、いよいよマイケル・ジャクソンもソロとして活躍し始め、MTVの普及によって洋楽の黄金期ともいえる80年代真っ只中に突入した時代、次々に登場するかっこいい音楽やミュージシャン達の方に夢中になっていました。

1980年当時は、ジョン・レノンが撃たれたという衝撃的なニュースを、どこか現実とは思えない気持ちで聞いていたと思います。あの頃、夢中で聴いていた洋楽ヒットチャートのラジオ番組。その中で、ジョンの「(Just Like) Starting Over」が1位を獲り、毎週繰り返し繰り返し流れていました。その時にはもうジョンはこの世にはいないんだという実感が、当時の私にはあまりなかったような気がします。

全く色褪せることのない、ビートルズやジョン・レノンの曲を聴くと、ジョンが亡くなってから31年にもなるなんて今でも信じられない気持ちでいっぱいです。


ところで、マイケルファンである私は、マイケルが愛と平和を叫び、戦争をなくそう、差別は止めよう、子供達に明るい未来を、というメッセージを私達に伝え続けてくれていたことをいつも思うわけですが、でも、マイケルよりもずっと以前から強烈にLOVE & PEACEを訴え続けていたのが、ジョン・レノンですよね。

「イマジン」― この素晴らしい曲を聴く度に思います。なぜ人間の愚かさはいつまでたっても変わらないのだろうと。

そして、愛と平和といえば、ビートルズ時代の名曲「All You Need Is Love(愛こそはすべて)」があります。
マイケルはこの曲について、かつてこう語っていました

『世界の人達を愛と音楽で一つにするというのが、なんとなく子供の頃からの僕の夢だったんです。僕は今でもビートルズの「愛こそはすべて」を聴くと感動で鳥肌が立ってしまいます。僕はいつだって、あの歌が全世界の祝歌となるのを願ってきたのです。』-MOONWALK

― 「愛こそはすべて」
1967年6月25日に世界で初めて実践された、宇宙通信衛星を使って31ヵ国で同時放送された宇宙中継特別番組「アワ・ワールド」(注=日本では「われらの世界」というタイトルでNHK総合テレビにて放送)の為に作られた曲で、レコーディング風景が同番組内で世界中継された。ビートルズは新曲となるこの曲を世界に披露し、愛のメッセージを伝えた。― wikipedia

そんな大々的なことが行われたんですね。ビックリ。
しかし、なんと6月25日に初披露とは…。マイケルファンにとっては忘れられない特別な日にちですね。
ビートルズが愛のメッセージを世界に伝えた日から数えてちょうど42年後の同じ日、愛のメッセージを受け継いで世界を一つにすることを願い続けたKing Of Popが亡くなった。
偶然とはいえ、数字のマジックは不思議で、何かを感じずにはいられない気持ちになります。


もうすぐクリスマス。
この日は世界中が「愛と平和」に思いを馳せる日ですね。
同じ願いを持つ人間同士、いつか本当に分かり合い一つになれる日が来ることを祈りながら、そして、偉大なるジョン・レノンに感謝しながら、この3曲を聴きたいと思います!!
All You Need Is Love、Imagine、Happy Xmas(War Is Over)

R.I.P. John Lennon (and Michael…).




歌詞が心に響きます。



Lennon Legend: The Very Best Of John LennonLennon Legend: The Very Best Of John Lennon
(1998/02/24)
John Lennon

商品詳細を見る


THE BEATLES 1THE BEATLES 1
(2000/11/13)
ザ・ビートルズ

商品詳細を見る


ちょっと早いけど、Merry Christmas !


クリスマス前にもう一度位来れるかな?



16:37 | その他音楽 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

FNS歌謡祭2!

さっきは東方神起のことしか書きませんでしたけど、他にも豪華な顔ぶれたくさんで見どころ満載でしたね!

実はリアル視聴できたのはほとんど東方神起だけで、しかも10時からはミタさんメインで見てしまったんですよね。FNSは録画してるから後で見ればいいやと思って。
長時間番組だから後から見るのも大変そうだけど、これからゆっくりと何日か掛けて(?)楽しみたいです!

実力派の歌手がたくさん出てたから、見ごたえがありそう!
個人的には、大好きな久保田利伸のファンキーなコラボとか、大澤誉志幸と吉川晃司(懐かしい~)、布施明と松崎しげる(歌上手すぎっ)、嵐と南こうせつ(意外!)、岩崎宏美と平原綾香(素晴らしいっ!)が特に楽しみです!!
あ、T.M.Revolutionも超楽しみ!西川クン、歌チョー上手いからねー。
なんか血が騒ぐんですよ、この辺の人の歌聴くと!


さっき、西野カナ・BoA・倉木麻衣のコラボをちょっとだけ聴いたけど、すごくよかった~。
3人とも高音が綺麗で素敵!あんな実力派3人ボーカルグループがあってもいいかもね。

あと、忘れちゃいけない大御所ベン・E・キング!!
なぜにこの名前が一緒に並んでいるのか不思議なほど、凄い人を呼んじゃったんですねFNS!!
名曲中の名曲、「Stand by me」ですよ!!AIとJUJUとのコラボ、楽しみだなぁ。
うちの子達は、私が昔からジョン・レノンのカバー・バージョンばかり聴かせていたので、ジョン・レノンの曲だと最近まで思っていたみたい。「この人が本物だよ!」と教えたいです!


あと、昨日たまたま東方神起のウェーの後に嵐が出てきたじゃないですか。嵐は好きなので続けて見てたんですけど、ちょっと気の毒なことになってましたね;

歌とダンスの要、大野君のマイクが入ってなかったんじゃないの?
ニノも出だしでちょっと変な顔してたけど、マイクの調子がかなり悪かったのかな?
大野君は、歌もダンスもかなり上手くて好きなんですよ。だから残念。
2番目に歌が上手いと思うニノの声もあまり聴こえず;やけに相葉クンの声ばかり目立ってて他の人の声はほとんど聴こえなかったな。ていうかハモリが・・・;
生ってああいうのが怖い。リベンジさせてあげたい位!


ん?なんかすっごい強烈なもの忘れてる気がする・・・。

マツケン・マハラジャだよ~~~!!!

時代劇の大スターが、あんな金ぴかキラリンな衣装を着てインド風ダンスをサラリと踊る。
しかもまったく照れるような素振りもなく堂々と。
笑いたいんだけど、あまりにも普通に「これが俺だけど何か?」と言わんばかりに歌い踊るマツケンさんを見ていると、そうか、これがマツケンなんだと妙に納得して何も言えなくなってしまう不思議な説得力がそこにはあった。

笑いたいのに笑えない。面白いのに、何かが違う。
この不完全燃焼感はいったい・・・。

だれかツッコんであげた方がいいんじゃないの~~??? 違う?


それにしても、プロとして名の売れている人達というのは、やっぱり何かが違いますね。みんな何かを持っている。こういう番組を見ると、そう感じずにはいられないです。

私にとって、「紅白歌合戦」というのも、毎回そういう思いを感じる番組なんですね。
普段はまったく聴かない演歌とかを聴いても、すごいなぁ、上手いなぁと感動するんですよ。
一流の人達というのは、それぞれが「光」を持ってますよね。そういう才能を感じることができる瞬間が、たまらなく好きです!


16:06 | その他音楽 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

FNS歌謡祭!

昨日のFNS歌謡祭での東方神起、カッコよかったですね~~~!!
「Why?」の気迫あふれるステージは、いつものことながら圧巻!!
一瞬にして会場全体を掌握して東方神起の世界に引き込んでしまう力はさすがで、ほんと惚れ惚れしました!

見るたびに同じことを思うけど、「本物の力」ってすごい。
陳腐な誉め言葉なんて必要ない。いいから黙って見てろ!って感じ。
もう彼らはそういう次元の人達だよね。
私の目に狂いはなかったって、ファンであることを自慢に思えるようなアーティスト=東方神起!!

ゴスペラーズとのコラボは、あると思ってなかったから感激!
素晴らしい歌とハーモニー。ユノもチャンミンも「Why?」とは全然違う表情を見せてくれて、歌うことが本当に楽しそうで幸せそうだった。歌も上手いよねー。素敵な歌声にもウットリ。

ユノのあの可愛くて素敵な笑顔はなんとかならないのか?
もう犯罪級でしょ。逮捕しちゃうぞ☆(痛)

昔からの東方神起ファンのみなさんの感想を見て知ったんだけど、以前も同じ曲でゴスペラーズとのコラボがあったみたいですね?
これでまた一つ過去を乗り越えて、笑顔に変えることができたんだね。よかったよかった!


ユノがよく口にする、『言葉よりも行動で』という生き方。
ステージの上で、全ての不安も悲しみも払拭していき、新しい力を見せつけてくれるユノを見ていると、まさに不言実行の人だなと思う。
ステージに立つことで、人に幸せを与えることができる人。生まれながらのパフォーマー。間違いなくそういう星の下に選ばれて生まれてきた人なんだろうな。
またしてもマイケルを思ってしまうワタクシ^^

こういう「宝物」のような人には、そう出会えるものじゃないですよ。
大切に育てて行ってほしいなぁと、しみじみ思いますね。


こりゃあ、レコ大も紅白もますます楽しみになってきましたよ!!



11:36 | 東方神起 | comments (9) | trackbacks (0) | edit | page top↑

祝!東方神起と紅白歌合戦

祝!東方神起、紅白歌合戦出場決定!

素敵な動画をお借りしました。
ユノ、チャンミン、本当におめでとう!そして、ありがとう!


kachikajyabewithyunho 様 ありがとうございます。


2009年12月31日。
『スケジュールを見たら最後に書かれてあったのが紅白だったんですが、その後のスケジュールがありませんでした。紅白という素晴らしい舞台に立つのに、これが5人で最後の舞台になるかもしれないんだなあという寂しい気持ちがありました。
韓国でずっとやらず敢えて日本で新人に戻って一緒に苦労して、収穫の時期という時だったので・・・。
嬉しい舞台のはずが、最後の舞台になるかもしれないという悲しい気持ちはありました。』 ― チャンミン

『正直僕も、あの場は歌いづらかったです。
一番の思い出の場所でしたし、一つの夢を持って皆で走ってきたのに、そんな舞台が最後になるかもしれないと考えることが怖かったんです。
もしもあの場で歌いながら悲しい表情をしてしまうと、僕が認めてしまうことになるので、それが嫌でいつもより一生懸命歌いました。』 ― ユノ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

先月30日、東方神起の第62回紅白歌合戦出場が正式に発表されました!
3度目の出場、2人になってからは当然ながら「初」ですよ!!

いやー、嬉しいです!快挙です!!
新しくスタートした2人の東方神起の大活躍が認めらたということですからね。
この1年間、日本での活動にも力を入れて頑張ってきた2人への、大きなご褒美になったんじゃないでしょうか。

なんだかんだ言っても、「紅白歌合戦」というのは相変わらず年末を締めくくる日本の一大イベントには違いないです。
昔に比べれば視聴率も落ちているといわれてますが、それは時代の流れでしかたのないこと。
テレビしか楽しみがなかった頃の視聴率と比べることに意味があるのか?
若~い10代の歌手達でさえも、出場が決まると「夢みたいだ」と嬉し涙を流したりする。そんな映像を見る度に、へぇ~と驚きながらも、天下の紅白歌合戦の威力というものを毎年再確認していました。

別にNHKの回し者じゃないし、私自身最近ではそれほど気合いを入れてこの番組を見ることはなかったわけですが。それでも不思議なもので、毎年誰が出るとか出ないとかは多少気にはなっていたし、全く見なかったことは一度もなく最低でも好きな歌手の部分だけでも見ていたし、特に番組のオーラスに全員で歌う「蛍の光」を聴かないことには一年が終わらない!とまで感じてしまうほど、こう見えてNHKにとってはなかなかに良い視聴者なのではないかと思ってます^^

そしてもう一つ。紅白歌合戦に関して忘れてはならない重要なポイントがありますね。
それは、出場することで一気に知名度と人気が高まり、歌った曲が再び売れ始めることが多い、という点です。
なかなか興味のない歌手の歌を聴く機会というのはないものですけど、この番組で見たり聴いたりして興味を持った、ファンになったという例も多いようですね。これは出場歌手にとっては非常に大きな収穫です。

そんな、伝統と侮れない価値のある紅白歌合戦の舞台に、今年ユノとチャンミンで再始動した東方神起が立つのです!世間の人に2人の東方神起の素晴らしさを見せつけるまたとないチャンス!
今から楽しみで楽しみでしかたないです!



そしてまた、今回の出場は東方神起本人達とファンにとって、ものすごく深い意味があるんですよね。
東方神起は過去2回(第59回と60回)、2008年と2009年の2年連続で出場を果たしています。もちろん5人で。
ところが、ちょうどその頃から事務所とメンバー3人が揉め始め、2009年の年末を最後に、5人での活動は休止、事実上の分裂状態に陥ってしまったわけです。

つまり、2009年の5人での紅白歌合戦の舞台というのは、決して華々しく晴れやかな思い出ではなく、暗く悲しい記憶として多くのファンの心にも刻まれてしまっていたんですね。
特に、既に新しい仕事を着々と進め、希望を持っていたJYJの3人とは裏腹に、事務所に残ったユノとチャンミンにとっては、翌日からのスケジュールも空白。何もわからず先も見えないという、不安と悲しみと苦悩を抱えたままの辛いステージになってしまったようです。

だからこそ、今回2年ぶりに2人で東方神起として立つこのステージには、深い深い思い入れと意味があるんですね。
あの日の辛く悲しかった記憶を、幸せな記憶に塗り替えること。名誉ある晴れの舞台の記憶が哀しいままだなんて、絶対に嫌ですもんね。
きっと2人にとってそれは大きな一つの目標だっただろうし、モチベーションにもなっていたのではないでしょうか。2人を応援してきたファンにとっても同じですよね。


多くの2人のファンが言っていました。あの日の2人の表情が忘れられない、あの日の映像は辛すぎて見ることが出来ないと。
でも、今年2人が同じステージの上で素晴らしい歌とダンスを見せてくれた時、辛かったあの日の記憶が、誇らしく幸せな記憶で上書きされていくことでしょう。

2人が、たくさんの苦しみや困難を努力で乗り越えて掴んだ栄光です。本当によく頑張りましたよね。
ただの韓流ブームや事務所のゴリ押しなどでは絶対にない。その奥には、誰もが持つことを許される夢や希望、そして持たなければいけない責任感や他者への愛と思いやりがあるんです。2人の胸だけに閉じ込めた、誰にも言えない深い思いがあるはずです。

そうやって手にしたものに対して、誰にも文句をいう権利はありません。
心から、2人に祝福を贈りたいです。


長くなりますが、2009年の紅白歌合戦についての個人的な話を少ししたいと思います。
上にも書いたように、見たい部分だけ見る、という見方を長年していたのですが、この2009年の紅白歌合戦には特別な思い出が私にもあります。
それは敬愛するマイケル・ジャクソンが亡くなった年。番組内でマイケルの追悼特別企画があるということで、わざわざ録画までして待っていたんです。

その時の感想は当時ブログにも簡単に書きましたが、スマップがマイケルの歌とダンスを披露してくれて、最後には出場歌手全員がステージに立って「Heal the World」を合唱するというもので、マイケルの為にそのようなコーナーを作ってくれたことは嬉しかったし、マイケルの偉大さを痛感したひとときでもありました。

今思えばあの時、ユノもマイケルの歌を他の出演者と一緒に歌ってくれていたんでしょうか?
どんな気持だったんだろう?自分の置かれた状況があまりにも苦しくて、マイケルを思う余裕はなかったかもしれませんね。それとも、憧れのマイケルを思い、挫けない意志を強くしたか。
いずれにしても、マイケルファンの彼にとっては二重の悲しみがあったのだと思います。


そんなわけで、この年の紅白歌合戦の思い出はマイケルばかりなのですが、実は東方神起のステージだけは記憶に残っているんです。それほど印象的なシーンでした。
これは初めて書くことなのですが、気分を害す人がいたらごめんなさい。
当時の私は、東方神起に全く興味がなかった人間なので、そういうごく普通の一般人の感想として聞いてください。

まず、ずいぶん前から東方神起というグループが活動休止?解散?というニュースをなんとなく耳にしていたので、紅白歌合戦で歌っている姿を見て、「あれ?解散したんじゃなかったの?」と思ってしまったんですよね。で、家族の誰かが「これで最後なんじゃない?」みたいなことを言ったので、そうか、かわいそうに、なんて思って。

当時は歌のタイトルも知らなかったけど、良い歌だし歌も上手いのに勿体ないなあ、と思いながら聴いていたんですけど、全く事情は知らないながらも、見るからに二つに分かれていましたね、5人が。
左の3人と右の2人。表情が全然違うなと。右の2人、元気がないなって思いました。3人は張り切っているように見えたけど、右の2人の方は笑顔もなくて…。

その数日後、当時から東方神起の熱烈なファンだった妹とその話になって、「なんか右の2人が元気なかったねー」と言ったら、「あの2人はかわいそうなんだよ。それなのにやる気ないとか言われたり、エイベの社長がツイッターで・・・・」等とちょっとした裏事情を聞いて、そりゃあ気の毒だわ、と思いました。
その時に、表情が違うなあと思っていた3人と2人の二組で分かれてしまうということも知ったのだと思います。

でも、そういう問題がここまで根深く尾を引くとは、そして自分がこんなにまでユノに夢中になるとは全く思ってもいず、再びユノと運命の出会い(?)を果たすまでのその後の約8カ月間、東方神起のことを真剣に考えることはなかったのでした。(信じられない;)

その前の年は彼らを(たぶん)見てないですし。あぁ~~、もったいないことをしたものです;;
なんで見えてなかったんだろう?あんなに素敵なユノなのに、不思議でたまらない。
目が腐ってた?
あ、確かにあの頃から目が霞み始めてたかも…(何故)
でも今は完全復活、絶好調です!!


ま、長くなりましたがそういうこともあって、私にとっては今年の年末の2人のステージが、紅白東方神起・初観戦!のような気分なんですね!だから本当に楽しみで待ち遠しいです!!


気になるのは、どの曲をどんな衣装で歌うのか、ですよね!
私の希望としては、やっぱり「Why?」が一番かな~。ド肝を抜かれた東方神起の圧巻のパフォーマンス!スゴ過ぎる~~~!!!と震えましたよ、あまりにもカッコ良くて、歌もダンスも素晴らしくて!!
あの王者の風格を見せつけたパフォーマンスを、お茶の間の皆さんに見せつけてほしいですね!それで元気を与えて頂きたいっ!!

『信じる明日~♪』というフレーズと力強い復活!!いいんじゃないですか?コレ。
絶対にカッコ良いダンスが見たい!!

でも、歌詞の良さと今年のテーマでいったら、「Duet」とかですかねぇ。それも悪くはないけど。
人気のある曲だし、名曲ですもんね。
それだったらTONEの中にはピッタリな曲が他にもたくさんあるし~。「Winter Rose」も良い曲だしな~。

ほんと、何を歌ってくれるんだろう?
これは31日まで楽しめそうな話題ですね!

ん?本番前に発表されるんでしたっけ?その日まで色々妄想して楽しみましょう^^



過去記事へもコメントありがとうございます!返信は来週以降にさせていただきますね!!




15:44 | 東方神起 | comments (18) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。