スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

一日早い Happy Birthday to Michael

アルバム「HISTORY」に収録されている「Tabloid Junkie(タブロイド ジャンキー)」
これはもう痛烈なマスコミ批判の曲です。

「HISTORY」のdisk2には、これ以外にもマイケルの心情を吐露した激しい歌詞の曲が何曲か入っていますが、当時の状況を考えるとそれも当然。彼の気持ちが痛いほど伝わってきます。

何を言っても、どんな反論をしても、面白おかしく書きたてられ、結局は「変人」扱いが加速するだけ。
だからマイケルはある時から、メディアに出て反論することを止めてしまいます。
そして本心を歌詞やメロディーにぶつけるしかなかったんですね。

しかも、実は全てをぶちまけてはいない。一番言いたいことは言っていない。
どうしても言えないことがある・・・。
そのこととマイケルの死が、最終的には結びついてしまったのではないだろうか・・・。

あの、2009年に見せた彼の姿、発した言葉、今思えばたくさんのサインがあったことを考えても、何か大きな力が蠢いていたことは想像に難くありません。

マイケルはただ単純に自分のストレス発散だけの為に、こういう曲を書いたのではない。
もちろん人間だから、クッソーッと思いながら怒りを詩にぶつけたという面はあるだろうけれど、それだけではないと思っています。


マイケルが死の直前に私達に伝えたかったこと。
彼は何を知ってしまったのか。
そのことを、ファンとして、悲しんでいるだけではなく追い続ける必要があるのではないかと、マイケルの誕生日を前にしてあらためて思うのです。


それにしてもなんてカッコイイ曲!
disk1には代表的ヒット曲、そしてdisk2には当時の新曲がずらっと並んでいるのですが、とにかく素晴らしい曲ばかり!!
2にはいわゆる問題作といわれたものや社会的な曲が多いのですが、「タブロイドジャンキー」にしても「They Don't Care About Us」や「Scream」にしても、自分の負の気持ちの乗った歌詞をあんなにもカッコイイ曲に昇華させてしまうところが、やっぱり真の天才マイケルだなと思います。

何があってもマイケルはマイケル。一切の妥協を許さないミュージシャンなんですよね。そこが本当にカッコイイ。


マイケル、明日はBirthdayですね。
それなのに、ちょっと重い曲を紹介してしまって、お祝いムードとは違うよね。
でも、あなたの心からの叫び、どんなに辛く苦しい状況でも、あきらめずに生き続けて、世界の平和と人々の幸せを願った尊い精神、そしてその恐れ多いほどの才能を、もう一度誰かに伝えたくなってしまいました。


Thank you,Michael.

You are forever.



スポンサーサイト
13:51 | MJ&me - 日々のMJ語り | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。