スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

マイケル、会いに行くよ!

危ない危ない;
ローチケの前売り予約の引き換え期限は今日までだった!
予約で安心して、交換に行きそびれてしまったけどさっき引き換えてきた!
みなさん、忘れてない?って、そんなのアタシだけか。

this1.jpg


で、これにもう1枚オマケが付いてて、2枚1組みたいな感じになってる。
『ローソン前売券購入者へデジタル特典!
オンラインチケットをご購入頂くとクロック付きオリジナル待受画像をプレゼント』 だそうで。
待受画像ダウンロード期間:11/2(月)12:00~11/15(日)23:59
まだまだ先だね。

まさか、紙ジャケシリーズの特典と同じ待受画像、ってことはないでしょうね?
ここんとこずっと、あのマイコー様が私の待受けになってますし。


そんなこんなで、10月に入りMJの映画公開もいよいよ近付いてきたって感じです。
昨日のブログにも書いたように、世界中の多くの人達がマイケルに会いたくて、ワクワクドキドキしたり、中にはしんみりと複雑な思いを抱えながら、その日を待ってるんですよね。

3日前から並んだとか、あっという間にプレミアチケットは売り切れとか、そういうマイケル人気を思い知らされるようなニュースを聞く度に、嬉しそうな笑顔が浮かんでくる。
きっと手を叩いてスタッフとハグして、ニコニコ笑顔で喜ぶんだろうな。
とてもファンを大切にしてくれる人だったから、きっとメッセージもくれたよね。私達の "I love you" に応えて、"I love you,too!" って、素敵な声で。

そんな想像をした後にズドーンと現実に引き戻されて、一気に寂しくなってしまう。
ああ、もういないんだなって。
こんなにあなたは皆に愛されていて、必要とされてるんだよって、大声で叫びたい。

聞こえる?マイケル。


あ…、ジメっとしてしまってスイマセン。
昨日、録画したマイケル関連のテレビ番組の整理をしていて、そしたら追悼式や埋葬式の映像が出てきちゃって、マイケルの笑顔の映像と共に流れる「You are not alone」を聴いてから、もう、ちょっとダメなんです…。

辛いなあ。
辛すぎるよ。
マイケルのいない世界って、私にとって、太陽が消えてしまったような。
目標としていた光を失ったような。
とにかく、大きく包み込んでくれる何かあったかーいものがなくなってしまったような、そんな大きな喪失感なんだ。

いや、やっぱり私だけじゃなくて、大きかったよねマイケルの存在って。
特に音楽界にとっては。
生きていた頃には居て当たり前だったし、誰が何と言おうと絶対的なKINGだったから、こんな日が来るなんて思いもしなかった。マイケルがいない日が来るなんて。

バカだったな、私。
もっと大切にするべきだった。
あなたという「神様からの贈り物」と一緒に生きていた時間を。(まるで一緒に住んでいたみたいな言い方ですが;)


話は戻るけど、実際のロンドン公演チケットのものすごい売れ行きを知ったマイケルは、本当に嬉しそうだったと以前聞いた。
復活に賭けていた彼にとって、そんなにも多くのファンが自分を待っていてくれたということがハッキリとわかったことは何よりも嬉しかったと思う。

それを知ってからでよかった。
自分は変わらず世界から求められているんだと、マイケルに教えてあげることができた後でよかった。

そのことが大きな救いです。
きっと、満足した笑顔のまま、天国へ召されて行ったんだろうなって信じてる。

プレッシャーはあったと思うよ、完璧主義な人だったからね。
きっと最後まで仕事のこと考えてたんだろうな。それで眠れなくなっちゃって。
この仕事人間!!(笑)
きっと映画では、そんな仕事人間全開の、最高にカッコ良いマイコーに会えるんだろう。
楽しみです!全力で(?)会いに行きます!!


スポンサーサイト
17:42 | MJ&me - 日々のMJ語り | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
冤罪―陥れられたマイケル・ジャクソン(1) | top | MJ映画前売り券騒動

Comments

# わかります。。(T_T)
バラードを聴くのはまだまだ辛いですよねi-241
私はHeal The WorldとI'll Be Thereを聴くと胸が締めつけられてたまらなくなります。。
by: あっき | 2009/10/01 21:50 | URL [編集] | page top↑
# >あっきさん☆
ホントにねぇ・・・e-263

Heal The World、I'll Be There、Will You Be There、Gone Too Soon、She's Out Of My Life、Smile、Ben、そして、You Are Not Alone・・・。
これらの曲は、私も涙なくしては聴けません。

マイケルを失った自分の想いと重なったり、あまりにも優しい癒しに胸の奥が痛んできます。
ここまで人の心を揺さぶることができる人って、他にはいない。
大きな大きな、愛に満ちた存在ですね、彼は。永遠に。
by: sayu | 2009/10/02 14:54 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://brightstarmoon.blog5.fc2.com/tb.php/108-4f4685e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。