スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

朝日新聞にMJ・ネバーランドで。

ちょっと前の話になるが、10月11日(日)の朝日新聞の朝刊・読書欄でマイケルの本が紹介されていた。私は朝からビックリして目が釘付け。慌てて目を通したのだが、なかなか良い内容だったので安心してすぐに記事を切り取った。

紹介されていたのは、この追悼本。
マイケルが亡くなってから次から次へと出版されている追悼本の中で、ファンの間でも人気の高い1冊であり私のお気に入りでもある。もう持っている人も多いんじゃないかな。

LIFE MICHAEL 1958-2009 ライフ誌特別編集 マイケル・ジャクソン追悼LIFE MICHAEL 1958-2009 ライフ誌特別編集 マイケル・ジャクソン追悼
(2009/08/05)
ライフ誌

商品詳細を見る


マイケルが天に召されてしまったことを、今でも完全に受け入れることができないでいる。
せめて少しでも楽しかった思い出や彼の素晴らしさに触れたくて、手当たり次第にそれらの本を買い求めたファンは私も含めてたくさんいたと思う。
しかし、傷口に更に塩を塗られたような気分になるヒドイ本も結構あった。作り上げられたゴシップの正誤を確かめもせず、あたかもそれが真実のように書いている記事、誤解を招くような表現でマイケルを変人に貶めたままの記事が多い中、素顔のままの彼を貴重な写真を通して知ることができる、数少ない良い本だった。

新聞にも載せられていたネバーランドでの1枚は、特別印象に残ったものだった。
64~65ページの見開きに掲載されたその写真は、ネバーランドの緑の芝生の上、笑顔で両手を広げ天を仰いで歩くマイケルの後ろを、たくさんの子供達が1列に並んで楽しそうに行進している様子を撮ったものだ。ハーメルンの笛吹きを演じているところだと本には説明があるが、そんな風にしてマイケルは子供達と遊んでいたのだろう。

他にも何枚か貴重なネバーランドでのショットがある。とても楽しそうなマイケルの笑顔と子供達の姿がそこにはあった。嘘も偽善も欲もない。汚い世間の思惑などは皆無だ。それは見ればわかる。写真はとても正直だ。

私はこの写真を初めて見た時、涙を抑えることができなかった。今でもそうだ。マイケルのこんなに純粋な笑顔を永遠に失ってしまったことが、あまりにも悲し過ぎて耐えられないのだ。

マイケルは、主に末期患者である子供達、貧しさや家庭の事情で遊園地等に行けない子供達をネバーランドに無料で招待していた。自分の子供時代と同じように、そういう場所に自由に行けない子供達に少しでも楽しい時間を過ごしてもらいたいという考えからだったという。

だが、あまりにも「自由」を許し過ぎてしまったことが、後に彼にとって自分の足を引っ張ることになる大きな誤解の引き金にもなってしまったことは、とても残念だった。

世の中には、純粋で無垢な心の存在を信じられない人間がたくさんいる。平気で踏みにじり、お金や名誉を得ようとするくだらない人間がたくさんいる。
普通以上にそういうものに囲まれていたマイケルが唯一安らげる場所であったネバーランドが、結局は欲に汚され荒らされてしまったのだった。

自分の夢を土足で踏みつけられ、めちゃくちゃにされ、心の奥深くまで傷つけられてしまったマイケルは、その後二度とネバーランドには戻っていない。
彼の眩しい位の心からの笑顔をあの場所で見ることは、もう永遠に、ない。


その新聞記事を書いていたミュージシャンのサエキけんぞうさんの言葉がとてもよかった。

『マイケルの音楽を聴けば、その心の美しさはおのずと伝わると思う。しかし、数々の醜聞が邪魔をした。』

『それらを跳ね返すように、元妻リサ・マリーが淡々と「真実」を語る証言にも注目してほしい。』

『いまこそ素顔のマイケル・ジャクソンを、ノイズなしで見てほしい。』

心からそれを願う。




スポンサーサイト
17:52 | media | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
マイケルが生きていたら。 | top | 新曲は共作で既に他の歌手がリリース済み!?

Comments

# 嬉しい話題ですね
 んにちは。いつも読ませていただいています。私もLIFE特別編集もってます。
 本当に、自分が安心して読める本と出会うのが難しい数か月でした。個人的には、「ポップレジェンドに捧ぐ」がほっとできる本でよかったです。講談社の追悼本には絶句しました。別の涙があふれました。誤解を招くような記事が悲しいというか残念というか。ローリングストーン誌にいたっては、もう、呆れてしまって涙も出ませんでしたが。。。何より残念なのは、ファンでない人が興味をもって、MJはどんな人だろうと思って手にとった本が、誤解を招くような内容だと、その内容を信じてしまう人がいることですね。。。出版物や報道には嫌な思いをさせられることが多いので、つい、書き込んでしまいました。
 ワールドプレミアを取材する中居さんには、是非とも、今までの誹謗中傷の羅列のような報道をすべて払拭してくれるようなレポートをしてほしいと思います。テレビ番組はスポンサーやプロデューサーの意向で作られ編集されるでしょうから、いくらレポーターががんばっても限界があるとは思いますが、期待してしまいます。
 プレミアは見たいので、中居さんの取材番組は録画してしまうかも。BETアワーズやMTV2009は見たのですが、日本のテレビ番組はNHKのBSとベストヒットUSA位で、ほかはあまり見ないのです。ですから、こちらの感想が大変参考になります。これからも楽しみにしていますね。
すみません。周りにMJのこと語る相手がいないので、長くなってしまいました。もうひとことだけ。Number Ones が2009AMAに5部門ノミネートだそうですね。嬉しいです。ですが、受賞しても、もう本人のコメントは聞けないのですよね。それが残念です。ロンドン公演に向けて、ニューアルバム作成中との噂でしたから、これがそのアルバムだったらよかったですよね。寂しいです。でも、嬉しい話題でした。(だらだら書いてしまったので、不快な内容がありましたら削除してくださいね。)
by: mami | 2009/10/14 21:48 | URL [編集] | page top↑
# >mamiさん。
こんにちは!コメントありがとうございます☆レスが遅くなってごめんなさい;

「ポップレジェンドに捧ぐ」も良かったですよね。厚めで読みごたえもあったし。ホントに心から買ってよかったと思えるものが少なくて。おっしゃる通り、一番怖くて心配なのは、あまりマイケルのことを知らない人達が、間違った情報を信じてしまうことです。だからこそ、私はブログなどを通して「真実」を少しでも伝えて行けたらなあと思ってるんですよね。微力だけど、一人でも二人でもいいから、本当のマイケルの素晴らしさを知ってもらえて、それが伝わっていったら嬉しいなと思ってます!

テレビ番組は、お笑い番組以外は私もあまり見ないんですが(笑)、最近マイケルが出てきそうなものはなんとなくチェックしてます!面白そうな話題があったら、できるだけ書きますのでお楽しみにvv
なーんて、あまり期待しないでくださいね;見逃すことも多いし、更新が遅れてとんでもない時に書くかもしれません。なるべく、良かった番組や情報はお知らせしたいと思ってます!

スマスマは大期待!すごく楽しみです!あんまり期待するのも危険ですけどね;

2009AMAノミネートの情報ありがとうございました!私、コメント頂いた時まだ知らなかったので、ビックリ!そしてすぐにニュースサイトを見てきました。すごく嬉しかったです!!
本当に、ニューアルバムだったら最高だったのに・・・。
でも、5部門へのノミネートは素晴らしいですよね。マイケル、天国で喜んでるかなあv-352

私もMJの話をできる友達がほとんどいないので、ブログに発散してるんです!
暇なと時はいつでもお話しに来てくださいね!長くても大歓迎で~すv-290
それではまた!
by: sayu | 2009/10/16 10:02 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://brightstarmoon.blog5.fc2.com/tb.php/120-c10921a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。