スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

マイケルが待ってる。




なんだか落ち着きません。
そろそろアメリカではワールドプレミア。そして日本でも。

楽しみな反面、とても恐くて複雑な気持ち。
あの日から、なんとか乗り越えようとしているマイケルの死という現実を目の前にバーンと突き付けられた時、自分が平常心でいられる自信はない。
あの悪夢のような日に心が戻ってしまうかもしれないと思うと、気持ちがざわつく。

私は、今回のロンドン公演に行くことは断念していた。子供のことを考えると、100%無理だったから。
『本当に最後だ。』とマイケルは言っていたけれど、あえて聞かないようにしていたのかもしれない。またいつか絶対に日本で会えるに違いないから、その日を信じて待っていようと自分に言い聞かせていた。

だって、いつだってマイケルはツアーの度に「最後だ」なんて言ってたよね?
私が観に行ったBADツアーの時だって、最後の世界ツアーになるかもなんて言ってて、発売されたスリラーのビデオにもそんなこと書いてあったよ?
ステージは大好きだけど、ツアーは大変だから嫌いだなんて言ってたマイケル。
でも、それから何回か世界ツアーに出て。
それなのに今回は言った通りどころかその前に本当に遠くへ行ってしまうなんて…。

ごめんなさい、マイケルが一番悔しいよね。ファンのこと、いつも大切に考えてくれてたあなただから、よくわかってるつもりです。

リハーサル映像を少し見ただけでも、あなたのとても前向きな夢と希望と愛と変わらない才能が伝わってきました。
『僕の音楽で、希望を持って欲しいんだ!』
今は辛いけど、そのメッセージを受け取って元気になる為に、映画をしっかり観てきます。


ところで、ニュースサイトで見たんだけど、マイケルの子供達は当初映画を観たくないと言っていたのに、たまたま映画館で予告編を目にしてからは観ることを望むようになったとか。
その話を聞いて、ああ、やっぱりマイケルのパフォーマンスというのは全ての感情を超越して、人々に「観たい」という気持ちをもたらすことができる神様からのプレゼントなんだなと感じた。
子供達にとっても、その瞬間、パパではなくて世界一のエンターティナー「マイケル・ジャクソン」だったんだろう。
子供達が悲しみを乗り越えて「観たい」と思ったということは、とても素晴らしいことだと思う。

マイケルのパフォーマンスは特別なものだ。彼がステージに立ち、歌い、踊った瞬間、どんなに彼を否定的な目で見ていた人間であっても、そのオーラに圧倒され言葉を失うという伝説は疑い無く事実。
まして、プリンス君もパリスちゃんもブランケット君もパパを愛し愛されていた。子供達にどうしても見せたかったというマイケルの強い想いが伝わらないはずがない。
見てほしかったんだよね、マイケル。可愛い子供達に。

パパの本当のスゴさを知って誇らしく思うんだろうな。寂しさは消えるものではないけれど、きっと誇らしさや感動やマイケルが生み出すワクワク感が、子供達を少しづつ癒していってくれると信じています。

あなたは実行しましたね。そしてこれからも続けていくんですね、「Heal the world」を。
映画を観に行ったら絶対に寂しくなってしまうと思うけど、必ず、その後にマイケルから希望をもらって私もhealされるにちがいありません!

マイケル、本当にありがとう。


スポンサーサイト
09:41 | MJ&me - 日々のMJ語り | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
THIS IS IT ・ワールドプレミア! | top | スマステで、あのマドンナのスピーチを。

Comments

# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2009/10/28 22:33 | URL [編集] | page top↑
# >ありがとうございます!
メッセージ、嬉しいです。マイコーの気持ちを考えると、涙が出てきますよね。よくわかります。
子供達には、パパを誇りにしてしっかりと前を向いて生きていってほしいです。私も心からマイコーの家族の幸せを祈っています。
by: sayu | 2009/10/30 10:12 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://brightstarmoon.blog5.fc2.com/tb.php/126-2dab4638
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。