スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

MJ騒動に思うこと。

あの日以来、マイコーの周辺はとても賑やか。「騒動」って言ってもいい位、盛り上がってる。
人はよく、失くして初めてその大切さや存在の大きさに気付くというけれど、今がまさにそういう状態なんだろうな。本当に偉大で貴重で大事にしなきゃいけない才能だったんだって、みんなが気付いたんだよね。

何年もの間マイコーに無関心だったり、その凄さを知らなかった人達が、無くした時間を埋め合わせるかのように、そして時間を戻してキラキラ輝いていた類い稀なる才能に触れたくて、必死に彼を求めているんだろう。

数え切れないほどの出版物、CD、DVD、映画のチケットの記録的な売り上げ、再上映、追いかけるだけでも疲れるくらい次々と流れるマイコー関連のニュース。
彼の名前を好意的に扱ってくれるメディアが増えてくれたことはすごく良いことだし、新しいファンがどんどん増えていることはとても嬉しい。

たとえマイコーがもうこの世にいなくても、彼の才能と体中から発散されるエネルギーを受け取って、夢のような感動体験を分かち合える仲間が世界中に増えていくなんて素敵なことだ。

でも、時々ふと、今の異常な盛り上がりに複雑な気持ちになることがある。
亡くなった日から突然大騒ぎし始めたマスコミ。それは彼の死が、忘れていた大切なものを思い出すきっかけになってしまったのだから仕方ないのかもしれないけど、ちょっと変わり過ぎだ。
私達はマイコーが生きているうちに、もっともっと彼の素敵な笑顔が見たかったし、穏やかに元気に前向きに頑張っている様子を少しでも知りたかったのに、全く取り上げてくれなかった。
勝手に作り上げた「奇行」や外見のこと以外はね。

あんなにたくさんの感動と幸せをくれた人で、日本という遠い国を愛してくれた人だったのに、言われのない誤解による地獄の拷問のような日々から脱け出そうともがき苦しんでいる時期のマイコーの事は、見て見ぬふりだった。

全てマスコミのせいにするわけじゃないけど、特に遠く離れた国のスーパースターの情報は一般人にはとても限られてしまう。特別なファンじゃない人たちにとっては特にそうだ。だから、本当の彼の優しさや噂の真実を知る人は、とても少なかった。
亡くならなければ、多くの誤解も解けず、一方的な面だけの報道姿勢は変わらず、彼の平和への願いも知られることはなく、真の実力を知る人も少ないままだったのか?と考えるととても悔しいし、どうしてこういうことになってしまったのか悲しい気持ちになる。

言ってもしかたないことだけど、時々無性に願ってしまう。
時間を戻せたらいいのに。
せめて、ロンドン公演が実現していたら、元気な姿のマイコーが再び世界から称賛を受けて皆が過ちに気付くことができ、謝罪と感謝を直接本人に伝えることができたのに。


…なんかね、せっかく盛り上がってる時なんだけど、たまーにそんな風に思ってしまうんです。
自分だって亡くなった後にも色々な追悼本や新しいDVD買ってるし、マイコーが騒がれることは喜んでるし、映画やその他いろいろ楽しんでるし、それはマスコミのお陰という部分もあるから矛盾してるのはわかってるんだけど。

ねぇ、マイコー、あなたは本当に複雑で大変な世界にいたんですね。


とにかく、この騒動によって彼への誤解や偏見が解け、世界の平和や平等への熱い想い、地球や子供達への愛が広がったなら、それは素晴らしいことなのでマイコーも喜ぶだろうな。
どうか、「お金になるから」とかいう、亡くなっても尚マイコーを傷付けるような打算的な心からではなく、純粋な愛と敬意を全ての人が持ってくれていますように。

私はただ、天国のマイコーが安心して照れくさそうな笑顔を浮かべながら、今の地上の大騒ぎを満足げに眺めていてくれたら嬉しいと思う。








スポンサーサイト
11:20 | MJ&me - 日々のMJ語り | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
今夜のHEY!に! | top | 「THIS IS IT」マイコー先生!

Comments

# 再び
sayuさん、この間はコメントにお返事ありがとうございました。温かい気持ちになれました。


マイケルに対するメディアの態度、怒りを感じてしまいますよね。
自分が知っていたマイケルと、調べて知ったマイケルとは差がありすぎます。
やっぱり、メディアの力は大きいし、鵜呑みにしてしまうことの方が多いと思うんです。現に、わたしもそうでした。
もっと早く真実を知りたかった。環境問題や、世界を大切にしようと伝えていたこと。ファンやスタッフへの愛。
こんなに精力的に歌でパフォーマンスで表現していたことを知りたかったです。


そして、誤解していたことがすごく悔しくて悲しくてたまりません。


メディアを通して情報を得るしかないのですが、だからこそ後悔のしない真実を知りたい。そう思います。

by: ふぐ | 2009/11/09 13:04 | URL [編集] | page top↑
# >ふぐさん。
こんにちは!コメントありがとうございます!

ふぐさんの気持ち、とてもよくわかります。もしも自分が亡くなるまでマイケルのことを誤解していて、後から間違いに気づいて、マイケルのことを大好きになってしまったとしたら、ものすごく悔しくて悲しくてたまらないと思います。

でももう過ぎてしまったことはどうしようもないですよね。寂しくてポッカリ穴があいてしまったような気持ち、マイケルの為に結局は何もできなかったという後悔は、ずっとファンだった私も同じです。
ファン歴なんて関係なく人の心を強く掴んでしまうマイケルの魅力はすごいです。

誤解されたままじゃ、絶対にいけないと思います。マスコミの間違った情報を修正して、まだ誤解したままの人達にちゃんと本当のマイケルを知ってもらうように、どんなことでもいいからできたらいいんじゃないかなって思います。

ふぐさんの真剣な思いに感動しました。マイケルって幸せ者ですよ、こんなにたくさんの人に愛されてるんだから。
ホントに、これからも私達は真実を見極める目を持たなきゃいけませんね。

マイケルに癒されながら、前向きにいきましょう!
彼は永遠です!!

それではまた☆


by: sayu | 2009/11/10 08:15 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://brightstarmoon.blog5.fc2.com/tb.php/135-e408227a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。