スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

『スリラー』が生まれた日。

1982年12月1日。
今から27年前の今日、後に史上最高の売り上げを記録し、永遠に歴史にその名を刻むことになるアルバムが発売された。
- 『THRILLER』 by MICHAEL JACKSON

スリラースリラー
(2009/03/25)
マイケル・ジャクソンクインシー・ジョーンズ

商品詳細を見る

そうなんですよ。もう日付は変わってしまいそうだけど、まさに今日だったんですよね、27年前の。
12月1日。1年の最後の月が始まる日。そろそろ今年も終わりだと人々はその年を振り返り、締めくくりの準備の為にどこか慌ただしさが漂い始める頃。クリスマスのプレゼントや街のイルミネーションにワクワク胸をときめかせたり、大人たちは余計に忙しく働いたりするこの時期。

24歳のマイケルが、クインシーと共にギリギリまで追い込まれた状態で最後のミックスを必死で終え、最高に満足できる状態にまで仕上げたアルバム『スリラー』。

― 完成した時の気分は最高だった。僕はもうすっかり興奮して、発表されるのが待ち切れなかった。―

直前まであまりに追い立てられ急がされていた為に満足に仕上げることができず、その安っぽさを感じさせる出来にマイケルは涙が溢れてきたと言っていた。そして腹を立て、このアルバムは発表しないと宣言し、レコード会社を説得して一からミックスをやり直す時間を貰ったのだという。

このプロ根性!完璧主義に徹する妥協しない姿勢。理想を形にすることができる才能。そういう努力と才能の集結があったからこそ、時が経っても決して色褪せない作品を生み出すことができたんだろう。
そしてそれは、マイコーから私達への素敵なクリスマスプレゼントになった。


27年前の今日、マイコーはあのキュートな笑顔を見せてホッとしてたんだろうな。
それともお疲れ気味でグッタリ眠ってたんだろうか? これから始まる自分の「KING OF POP」としての記録づくめの未来も知らずに。

もしも魔法が使えたなら、その時のマイコーに会いに行きたい。
そして、素敵な贈り物をありがとうと何度も何度も伝えたい。みんなあなたのことが大好きでとても尊敬していますと感謝を込めて伝えたい。


そう。時間を戻せたら、と思うことは何度もある。
きっと、ファンの誰もが思うだろう。マイコーが元気に明るい未来を信じて生きている時に、時計の針をもう一度戻せたらと。

間違いなく、スリラーが発売されたその日のマイコーは、幸せの絶頂に向かって歩いていた。
類稀なる才能と努力と理想に向かっていく強さとエネルギーをしっかりとその手に持って。

その日から続く未来、あなたを取り巻く環境はどんどん変化していくけど、あなたは決して間違っていない。あなたは最後まで絶対に自分の夢をあきらめない人のままなんです。そう伝えておきたい。


追悼式でアル・シャープトン師が3人の子供たちに向かって言っていた。
『君たちのお父さんは決して変わった人ではありませんでした。あなた方のお父さんが闘わなければいけなかったものごと、それこそが奇妙なことだったんです。』

できるなら、彼が闘わなければならなかったあまりにもひどい奇妙な社会、差別や偏見やお金目当てだけの為に彼を利用し群がる人々に出会わないように、それが無理なら、そういうものにもっと上手く対処する方法を学んでおいた方がいいですよと伝えたい。気をつけてくださいと…。そうすれば…。

…ああ、なんか話が哀しい方向に行ってしまいました、すみません;
今日は、マイコーの才能と作品に感謝しようと思って書き始めたのに。

とにかく、記念すべき日です。
今日は、ずっとスリラーを聴いて過ごしました。本当に捨て曲が1曲もない素晴らしいアルバム。このギネス記録を塗り替えることは誰にも不可能です。


心からありがとう、マイコー。
We love you,forever.


スポンサーサイト
23:24 | genius & works | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
レジェンド! | top | ブルーレイに悩まされる

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://brightstarmoon.blog5.fc2.com/tb.php/145-35d09fa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。