スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

MJからのクリスマス・メッセージ

「Secrets In The Closet」2Birdsさんに賛同し、マイケルのこの美しい動画を紹介します。



下の広告を消してご覧下さい。字幕があります。「Ad」のxをクリック。
コメントを消すと字幕が消えてしまうのでコメあり推奨

アルバム「Invincible」の中の「The Lost Children」のあと、マイケルからドイツの子供達へのクリスマスメッセージがあります。

『この動画を、決して子供の心を失わなかったひとりの美しい男性に捧げます。その人の名はMichael Joseph Jackson。至上最も偉大なエンターテイナーであると同時に、人を愛し愛されたいと望んだ、私たちと同じひとりの人間です。子供時代、彼にはクリスマスも誕生日もありませんでした。輝かしいその栄光の代償に子供としての幸せを犠牲にした彼は、だからこそ生涯に渡り世界中で子供達を救うための活動を休むことなく続けました。実行の人です。不断の愛で、全てを行動に移した人です。そんな彼のメッセージを大事に受け取り、私達みんなで彼が夢見た世界に少しでも近づける努力をしませんか?どんなに小さな事でもいいんです。まずは、そばにいる人を愛する事から始めよう。
Michael Jackson Forever』- 動画説明分より。


-----------------------------------------------

クリスマスのイルミネーションと厳かなクリスマスソング。
美しいそんな光景を見ていると、なぜか涙がこぼれてくるのです。
楽しいはずなのになぜだろう?
人はなぜ、美しい光景を見ると涙が流れてくるのだろう?

マイケルのメッセージの中に、その答えが見つかったような気がします。
子供達にもわかるように優しく語りかける言葉の中には、私達が失いかけているもの、決して失ってはいけないものに対するマイケルの強い想いが込められています。

私達は、美しすぎるものを目の前にした時、自分が失ったものに気付くのです。
いつのまにか失くしてしまった大切なものが、自分を置き去りにして遠くへいってしまった気がして、涙が出てしまうのではないでしょうか。

取り戻すのに、遅いということはないのかもしれません。
マイケルのように、誰もがたくさんの愛を他の人々に分け与えることができたら、きっと世界中の子供達が心からクリスマスを楽しみにして笑える日が来るにちがいありません。

全ての子供達に愛を。世界に平和を。Merry Christmas!!
Thank you MJ,with LOVE.


以下が、マイケルのメッセージのOriginal textと和訳です。
優しい人ですね、マイケル。いつもたくさんの愛とメッセージを贈り続けてくれた人です。
決して忘れません。
マイケルの愛と優しさが、多くの人に届きますように。
そして、本当のマイケルを知ってほしいと、心から願っています。

2Birdsさんもおっしゃっているように、この動画をできるだけたくさんの人達に知ってほしいので私もブログに貼りました。ブログをお持ちの方は、どんどん紹介して欲しいとのことです!
マイケルのメッセージと彼の愛を、多くの人に広めましょう!素敵なクリスマスは、一人一人の愛が作るものですよね。

-----------------------------------------------



☆-Christmas message from Michael Jackson 2002-☆


Good evening children and Merry Christmas.

When I create music I always hope that my music will give joy
to many people.
If that happens I am very happy. Giving joy makes one happy.
Unfortunately there are many children that are not happy.
In Germany and in other countries.

During Christmas this is especially hard for those children because
it is on Christmas when they see what they miss. for some it maybe
just a small present,for some it maybe a warm meal,
for some it maybe a family, for some it may be just a little bit of love.


That is why I need your help. Let us work together and help
those children. Let us reach out to those who are alone ;
LET US ALL TELL THEM : “YOU ARE NOT ALONE”


This year it is only me speaking to you children in Germany and sending
you a few little gifts. If you help me, then next year, we will do the
same but in many more countries. We will speak together – maybe we sing
together – and we will give gifts together. Let us think big.
Let us find more people to join our effort.

Here, all over Europe – and then – all over the world. We can do it!

To all the grown ups I like to say this: To us, so many things
seem important. Sometimes, we think we are important.
But we are not: Nothingis more important then our children!
They are the future. They can healthe world.

It is our obligation to be there for them. To advise them.
To motivate them. To help them. And to love them.
Let us encourage them to go for their dreams.
And let us as parents, friends and relatives help them to have good dreams.


I look forward to the new year, to working with you children and to
create an organization that will help other children.

I promise you,
if you come along, it will make you feel good and it will be fun.

Merry Christmas. I LOVE YOU from the bottom of my heart.



**************


子供達のみなさん、こんばんは、そしてメリークリスマス。

音楽を創るとき、僕がいつも祈っていることがあります。
それは僕の音楽が沢山の人々に喜びを与えられるといいな、ということです。

もしそうだったとしたら、僕はとても幸せです。
誰かに喜びを与える事で、人は幸せになれるのです。
でも残念なことに、世界には幸せでない子供達が大勢います。
ここ、ドイツでも、他の国々でも。

クリスマスは、そのような子供達にとって、特別に辛いものです。
なぜなら、クリスマスこそ自分が持てないものに気づく時だからです。
ある子供達にとってはささやかなプレゼントだったり、温かい食事だったり、
家族だったりするでしょう。
そして、またある子供達にとってはほんの少しの愛かもしれません。

だからこそ、君たちの助けが必要なのです。
僕らと一緒に、どうかそんな子供達を助けてほしいのです。
ひとりぼっちで寂しい思いをしている子供達のもとへ行き、
彼らに「君は一人じゃないよ」と言ってください

今年は僕だけが、君たちドイツの子供達にお話をして、ほんの少しばかりの贈り物をしていますが、
もし君たちが僕を助けてくれるなら、来年は、僕らみんなでもっと多くの国の子供達のために
同じことができるようになります。
僕たちは一緒に話をしたり、歌をうたったり、贈り物をしたり出来るようになります。
どうかこの事を大きく考えてください。
僕らと一緒に頑張れる人を、たくさん見つけよう。
ここ、ヨーロッパ全域で、また世界中の全ての場所で。僕らならできる。

そして大人の皆さんに言いたいことがあります。
私たち大人にとっては大切なことがたくさんあって、
時々、大切なのは自分たちだと考えてしまいますが、それは違います。
私たちの子供よりも大事なものはありません。
彼らは未来であり、世界を癒すことが出来るのは彼らなのです。

子供達を支えるのは、私たち大人の責務なのです。
彼らにいい助言をし、励まし、助け、そして愛してください。
彼らが夢に向かって進めるように勇気付けてください。
そして親として、友人として、親しいものとして、彼らが素敵な夢を持てるよう手助けをしてください。


新しい年を、僕はとても楽しみにしています。
君たち子供達と一緒に、他の子供達も助けられる運動ができることを。
僕は君たちに約束します。君たちが一緒にここに来てくれたら、
いい気持ちになって、とっても楽しい時間を過ごせることを。


メリー・クリスマス、心から君たちの事を愛しています。




-----------------------------------------------


本当に大切な人を、私達は失ってしまったんですね…。
これからは、マイケルが天国で、子供達と楽しいクリスマスを過ごすと信じています。





スポンサーサイト
12:38 | love & peace | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
「マイケル・ジャクソン 愛と哀しみの真実」 | top | 93年の冤罪-是非、翻訳本を!!

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://brightstarmoon.blog5.fc2.com/tb.php/158-f176eec6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。