スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

「マイケル・ジャクソン 愛と哀しみの真実」

昨日の日テレ特番、見ました。
いや~、疲れてクタクタです。正直、今日はブログの更新できないかもと思いましたよ。それ位精神的に疲れました。

昨日の朝テレビ欄を見て、7時からの「サプライズ」という番組でもMJ特集があると知ったので、都合3時間録画予約して待機してたんですよ。
で、朝からずっと、なんとなく見たいような見たくないような不安な気持ちでいっぱいで、もうリアルタイムで見ないで後でじっくりと心して見ようかな、と思ってたんですが、結局気になって7時の開始と共にほとんどずっと見てしまいました。

7時からの「サプライズ」はかなりショックでしたね。途中で何度消そうと思ったか。ていうか何度テレビ画面を殴りそうになったことか!ホントですよ。
まさかあの悪名高きバシールのクソドキュメンタリーを再びここで見せられるとは思ってもいなかった。『疑惑のドキュメンタリー番組とその真相』とあったから嫌な予感はしてたんだけど。

確かに超貴重映像はいくつかありますよ。楽しそうにネバーランドでゴーカートで遊んでたり、天から降りてくる音楽とダンスを見せてくれたり。
でも、あの悪魔の取材した悪意に満ちた内容を、いちいちランキング形式で大げさなテロップまで付けて、更に笑いの味付けまでして放送するなんて悪趣味すぎます。笑い声も、え~!とかいう大げさな効果音の演出もひどかった。

あのドキュメンタリーがマイケルに与えた打撃は計り知れないし、バシールの悪意丸出しのインタビューを見ているだけで相当気分が悪くなりました。成り行きを知っているファンにとってはまさに拷問。
次の番組に繋げる演出上、あのドキュメンタリーを紹介しなければならなかったのはわかるけど、それなら違う紹介の仕方があるんじゃないの?
せめて番組の冒頭に、これからお見せするのはMJが罠に嵌められた最悪の番組でインタビュアーは疑惑の人物です、というような紹介が欲しかったな。

最後の最後に、『実は今見たドキュメンタリーには隠された陰謀があり、マイケルの家族はあのバシールにマイケルが殺されたとも思っているんです』と小松成美さんが言った時にはホッとしましたが、もしも途中で見るのをやめてしまった人がいたら?相変わらず「変人マイケル」を印象付けただけじゃないですか?そういう人もけっこういたんじゃないのかなあ?ゾッとします。勘弁してくださいよもう。
せっかく、その後の番組がよかっただけに、そこのところがとてもとても残念です。


2時間の特番の方は、よかったと思います。
1993年の虐待疑惑の詳細と、2003年の逮捕から始まった裁判の様子を、忠実に再現してました。
マイケル役の人が結構似ていて、演技も良かったですよね。
93年の疑惑の方は、昨日紹介した本の著者が出てきて真実を話してくれてたし、裁判の方も「マイケル・ジャクソン裁判」に書いてある事実通りの内容にホッとしました。
メゼロウ弁護士の生のインタビューにも本当に感動しました。
やっと、本当にやっと、真実を伝えてくれる番組に出会えたという気持ちです。

でも、遅すぎましたよね。もっと早く、マイケルが生きている間だったら、状況は全く違っていたのに。
それでも、あの番組で真実を知って、マイケルへの偏見を持っていた人の気持ちが変わってくれることを心から願います。いまだに「疑惑の人」的な扱いは、もうたくさんです。

良い番組でしたけど、とにかく精神的にはとてもヘビーでした。
最悪の地獄の苦しみの中でもがき続けるマイケルを見続けるのは、あまりにも辛かった。考えられない程の欲と悪意が渦巻く地獄を、マイケルの気持ちになって追体験したわけですからね、本当に暗ーい憂鬱な気持ちになりましたよ。

裸になって写真を撮られるシーンなんて、磔にされるキリストを見ているような…。あの時のマイケルの哀しみは、きっと誰にも理解できない程深いものだったに違いありません。
でも、あれはほんの一部なんですよね、ダイジェストですから。マイケル本人は、あの何倍もの地獄をずっとずっと長い期間体験し続けていたんですよね。もう、何と言ったらいいのか…。言葉もありません。

無罪が決定した瞬間、涙が止まりませんでした。あの日のことを思い出して。言葉では言い表せない感情でしたね…。最初からわかっていたことなのに、なんでマイケルはこんな目に逢わなければいけなかったんだろう?

最後に、父親のジョーが言ってました。マイケルは強かったと。
そうです、マイケルは強かった。本当に強い人です。どんなひどい状況でも耐え抜き、決して夢を失わなかった人。

それはやっぱり、マイケルは愛を知ってたからなんだろうなと私は思ったんです。
親子の愛、兄弟の愛、子供達への愛、友人への愛、そしてファンへの愛。
これらがマイケルを支え続けたんだと思います。

そして何より、彼は本当に心から世界中の子供達を愛した人でした。
子供達の気持ちが誰よりもよくわかる大人。子供の純粋さを愛し、寂しさを癒すことができる人でした。
そういう大きな愛が、マイケルを強くし、最期まで気高く生きていく力になったんじゃないかと思うんです。


マイケル、お疲れ様でした。
もう大丈夫です。何も心配しないで、ゆっくりと休んでくださいね。
世界中があなたのことを愛してます。


Forever Michael.




にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
14:02 | media | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑
今年最も観客が満足した映画に『THIS IS IT』 | top | MJからのクリスマス・メッセージ

Comments

#
サプライズはクソでしたが愛と哀しみの~はよかったですよね。
>マイケル役の人が結構似ていて、
カルロ・ライリーさんと言って、有名なマイケルのそっくりさんですよー。
マイケルの大ファンでもあるそうで、40万イベントでマイケルと一緒に写真写ってたりしますよ。
ttp://www.myspace.com/carloriley
↑カルロさんのマイスペですが、ほんとにマイケルのこと好きで好きでしょうがないんだなっていうのが伝わってきますよ(*'ー')
by: アシュリー | 2009/12/17 22:01 | URL [編集] | page top↑
# 私も・・・
sayuさんと同じ感想です。
そしてジョーさん、疑ってごめんなさいi-201
番組を見てから悔しさ、やりきれなさ、マイケルの辛さ悲しみ、、、
今日一日落ち込みっぱなしです。
スクリーンでし逢えませんけれど、マイケルに逢いたいです。。。
by: あっき | 2009/12/17 22:06 | URL [編集] | page top↑
# こんばんは
お久しぶりです。
昨日の放送について、あたしも録画もしたのに3時間ガッチリ見ました。
サプライズには…がっかりですよね。ランキング方式って?吹き替えもバカにしている感じで(主観かもしれませんが)マイケルの素敵な声が聞こえなかったし…。あと、途中のコメントもどうなの?と思いましたよね。
大体サプライズってバラエティーのイメージがあったので、取り上げること自体違うような気がしてしましました。
8時~は、今まで誤解をしていた人が、それが悪意と偏見に満ちた報道であったことを知るきっかけになったのでは、と思いました。
見ていてすごく胸が苦しくなりましたが、見て良かったと思います。sayuさんの感想に同感です。
ただ、エンディングはちょっと違うような気がしました…。
また次回は、マイケルの素晴らしい人間性にスポットを当てた放送もしてほしいなぁ、とも思いました。


長々と感想を述べてしまいました…。いつものことながらまとまらなくてすみません。
マイケルのための時間はなかなか削れないです。また来ます!
by: ふぐ | 2009/12/17 22:32 | URL [編集] | page top↑
#
こんにちは!
私も今自分の記事をupしてコメント返事して・・sayuさんのブログにきたら、昨日の特番への感想がとても似ていたのでビックリしました(^^;)
あのサプライズはひどいですよね・・。バシールの(クソ)ドキュメンタリーをリアルタイムで知らない私も怒り心頭でした。
「はぁ?」とか「別にいいじゃん!」とか文句のシャワーでした。
サプライズから流れてきた人たち全員あの2時間番組を見ていたらいいんですけど・・。(;_;)
by: 2birds | 2009/12/17 23:25 | URL [編集] | page top↑
# >アシュリーさん☆
こんにちは!

アシュリーさん!!いつも素敵な情報をありがとうございますvv
カルロさんていうんですか!知らなかったですよ、私。モグリですね;;
「マイコーりょう」と「まいける井上」くらいしか知らない(笑)

マイケルのインパーソネーターって世界中に有名な人がたくさんいるらしいですよね。そういう方達には全然詳しくないけど、カルロさんを見てとても興味が湧きました。

教えていただいたマイスペ見てきましたー!!カッコイイッ!!愛が伝わってきますね。マイケル本人を見ることは叶わなくなってしまったけど、せめてそういう方達のパフォーマンスでもいいからライブで見たいなあなんて思っちゃいました☆

どうもありがとうございました!!


by: sayu | 2009/12/18 09:11 | URL [編集] | page top↑
# >あっきさん☆
おぉ…、あっきさん、大丈夫ですか?元気を出してくださいね。

たしかに、本当に辛い内容だったし、マイケルのことを考えると悔しくて哀しくてどうしようもないですよね。
でも、あの番組もそうだったけど、少しづつマイケルを理解してくれる人が増えていく流れは確実に大きくなっていくように思います。
きっといつか、みんながわかってくれる日が来るでしょう!遅すぎますけどね。
本当にもっと生きていてほしかったなあ。

もう苦しみから解放されて、マイケルは笑いながら楽しく過ごしていると思いますよ!
マイケルの為にも、がんばっていきましょうね!!
Smile!!


ありがとうございました☆

by: sayu | 2009/12/18 09:22 | URL [編集] | page top↑
# >ふぐさん☆
こんにちは!お久しぶりです。

そうですよ、吹き替えもアホみたいだったし、いちいち笑い声が入ったりして本当に馬鹿にされてる気がして、腹は立つし悲しくなるし、最低でした。

その後の方は、再放送してほしい位よかったと思いますね。誤解が解けるといいなあと思います。元気の出る内容の、マイケルの素晴らしさを前面に出した番組もぜひぜひ作ってもらいたいですねーvv

エンディング、たしかに私も、えっ、そこでっ!!みたいな気がしましたよ。カッコイイからいいんですけど、なんか合っていないというかイマイチでしたよね。ヒール・ザ・ワールドのままでよかったのになぁ。

お忙しい中コメントありがとうございました!
是非またマイケル語りに来てくださいね☆

by: sayu | 2009/12/18 09:31 | URL [編集] | page top↑
# >2birdsさん☆
>こんにちは!ようこそです☆

感想は、ほとんどのマイケルファンは同じじゃないですかね。バシールの方は最低のクソドキュメンタリーです!(怒)マイケルの無邪気な姿も、騙されていると知らないであんなに楽しそうにしていたのかと思うと、絶対に許せないですよ。私も暴れまくってました。(脳内で)

2時間の特番の方は、また再放送してもらいたいです!要望をたくさん出せば可能なんじゃないかなあ?たくさんの人に見てもらって、マイケルの素晴らしさを知ってほしいですよね。

コメントありがとうございました!
また私もお邪魔させていただきますね☆


by: sayu | 2009/12/18 09:38 | URL [編集] | page top↑
# 腹立たしかったです
はじめまして。
いつもブログを拝見しています。

sayuさんや皆さんの感想に同感です
いつもはバラエティ番組もほとんど見ませんし、民放の番組もほとんど見ないのですが、今回はマイケル特集だったので録画して見ました。
7時からの番組は、はっきり言って死者を冒涜していますし、視聴者をバカにしている感じがしました。制作者の人間性や知性が感じられないです。出演していた芸能人のコメントも酷い。番組の作りが雑で抗議したいくらいです。

その後の裁判の方は、真実を伝えてくれて良かったと思ったのですが、やはり編集の仕方にセンスがないですよね。最後になぜ「スリラー」の映像なのでしょうか? 本当にマイケルの素晴らしさを伝えたいなら、あんな終わり方はないような気がします。

民放じゃなくて、国営放送でマイケルの人間性に触れた番組を制作してほしいと思っています。
by: snow | 2009/12/19 14:05 | URL [編集] | page top↑
# >snowさん☆
はじめまして!コメントありがとうございます!

本当にあの3時間は疲れましたよね。サプライズは最悪!もう目を背けたくなるほどでした。
ゲスト芸能人達を見ていて思いましたよ。ああいう反応が、マイケルの本当の姿を何も知らない人達の一般的な反応なんだろうなって。だからとても哀しかったです。

あのゲスト達の罪というよりも、そういう風に思わせるような作りであったバシールのドキュメンタリーと、更にくだらない編集をした番組製作者が悪いんです!(怒)
後半の特番を見て、最初に笑ったことをみんなが後悔してくれていたらいいんですけど。

エンディングの「スリラー」は、私もえっ?と思いました。ヒール・ザ・ワールドのままでよかったのになあと。でも、マイケルの中で誰もが知っている一番メジャーな曲だし、大人気の映像だったから使ったのかなとあまり深くは考えませんでしたけどね!

そうですね~。マイケルの人間性の素晴らしさを今度は多くの人に伝えたいですよね。
いつか作ってもらいたいですねーvv

それでは、ありがとうございました!
またお待ちしていまーす☆


by: sayu | 2009/12/21 10:19 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://brightstarmoon.blog5.fc2.com/tb.php/159-da290928
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。