スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

一人足りない…。

マイケルがいない…。

先週のニュースから。
「ハイチ支援のために“We Are The World”を新たなメンバーで再レコーディング」

「豪華アーティストが一堂に会し、世界的な反響を呼んだチャリティー・ソング“We Are The World”。1985年の発売から今年で25周年を迎えた同曲が、ハイチ支援のために新たなメンバーによって再レコーディングされることがあきらかとなった。
今回のプロジェクトは、“We Are The World”の作詞作曲をマイケル・ジャクソンと共に手掛けたライオネル・リッチーと、プロデュースを担当したクインシー・ジョーンズの呼びかけによるもの。グラミー授賞式の翌日にあたる2月1日に、LAのノキア・シアターにてシングルのレコーディングとヴィデオの撮影が行なわれる予定となっており、現時点では、アッシャー、ナタリー・コール、ジョン・レジェンドの参加が決定している。その他の参加アーティストについては、近日中にも発表される見込み。また、楽曲の生みの親のひとりであるマイケルを、何らかの形でフィーチャーすることも検討されているようだ。」


それから、先日アメリカで行われた、ハイチへの支援を訴えるグローバル・チャリティー番組。
HOPE FOR HAITI NOW

どちらも素晴らしい試み。こういう大々的な支援活動によって結果的に大きな募金が集まり、復旧の為の資金となります。
スターや有名人が動く、ということの意味はとても大きいと私は思ってます。何よりも現状を知らせるということが必要だし、募金する側の動機が多少不純であっても、必要なのはとりあえずお金なのです。参加している有名人に対して、偽善、売名、カッコつけてる、そんな陰口を叩く連中も世の中にはいるけれど、それを覚悟の上でおそらく参加してるんだろうし、そんなこと気にしちゃいないよって感じでしょう。

人の評価ばかり気にして、行動できないなんて最低。
そんな人間にならないように、彼らを見習って生きたいと思う。


と…。こんなエラそうなことを言ってますが、実はこれらのニュースを聞いて私が一番最初に感じた思いは、マイケルがいないことへの寂しさと悲しさだった。

“We Are The World”の再レコーディングに、マイケルがいないなんて信じられない。そんなの嫌だ。マイケル抜きのメンバーで再レコーディングするなんて、マイケルが無視されたみたいで悲しい。本当はそんなこと全然ないし、何らかの形でフィーチャーするという話もあるし、ガキみたいなくだらないわがままな感情なんだけど、正直初めて聞いた時はそう感じてしまった。最低;

チャリティー番組の映像で、マドンナが歌い、スティーヴィーが歌い、ブルースが歌い…。なのにどうして、マイケルがいないんだろうと。それを受け入れたくなくて、信じたくなくて、チャリティーの意義とか一瞬忘れて、マイケルのことばかり考えてしまった。
マイケルはこんな時、真っ先に行動する人だった。9.11の時にもすぐに仲間を集めて歌を作った。世界の平和をいつも願い訴えてきた人だった。

でも今、マイケルがいなくたって、当たり前だけど世の中は普通に動いて行く。マイケルがいなくたって、こうやって同じように色々なことが行われていく。本当にそれは当り前だし以前からそうだったのに、そのことがひどく寂しかった。いつも中心にいたマイケルの場所だけが、私にはポッカリと穴が開いているように見えてしまった。


マイケル、私は絶対に忘れない。
押しつけがましくなく、いつも優しい声で愛と平和を訴え続けた姿と声。
みんなの心の中にも、いつまでもマイケルの願いが生き続けていてくれたらと願ってます。


"We Are The World" の再レコーディング、どんな感じになるんだろう?
感傷に浸ってばかりいないで、今はこれも楽しみに待ちたいと思ってます。
大事な目的を忘れたら、マイケルにも叱られちゃうよね~。



にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
14:37 | news | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
マイケルの横に立ちたくない! | top | マダム・タッソーのろう人形

Comments

#
はじめまして
以前から時々おじゃましてます
桃戸千(ももと せん)と言います

記事を読ませていただいて涙がこぼれてしまいました
本当に、マイケル抜きのWe are the worldがレコーディングされる時がくるなんて、誰が想像したでしょう。
HOPE FOR HAITI NOWでも、スティービーやマドンナ出ている映像を見ると胸がつまりました
sayuさんのお気持ちが痛いほどわかりますよ
思わずコメントさせていただきました。
失った悲しみはそう簡単には消えませんもの
大事なのはマイケルの遺志を継ぎの世代にも伝えて行くことだと思いますから、sayuさんのようにこうしてブログを書かれることも大切なお手伝いだと思います

これからも愛のある記事楽しみにしています
ありがとうございました
by: 桃戸千 | 2010/01/26 22:34 | URL [編集] | page top↑
#
初めてコメントします。みぃと申します。よろしく。
再録音の話を聞いたとき、”あ、マイケルの力だな、マイケルが皆を動かしているな”と思いました。
私はそう信じています・・・
by: みぃ | 2010/01/27 12:55 | URL [編集] | page top↑
# >桃戸千さん☆
はじめまして!可愛らしいお名前で♪

マイケルという存在は私にとってとても大きくて、居てくれるのが当たり前で、まさかこんなに突然いなくなってしまうなんて思ってもいませんでした。だから、ああいう映像を見たりすると、どうしていないんだろう?なんてまた思っちゃうんですよね;不思議でたまらないんです、いないということが。We are the world =マイケルみたいなところもあるじゃないですか?だから抜きなんて想像できないというか、したくないような気分になってしまいました;;共感していただいてありがとうございました。スイマセン。

でも、大丈夫です。マイケルが遺してくれた素敵なものがたくさんありますもんね!
お言葉に元気を頂きました!どうもありがとうございます。
なかなか思うように更新できないんですが、マイケルへのウザイ程の愛をこれからも書いていきたいと思いますので、またよろしくお願いします☆

ブログをお持ちなんですね!今度遊びに伺いますね~♪
by: sayu | 2010/01/27 14:36 | URL [編集] | page top↑
# >みぃさん☆
はじめまして!

>『マイケルの力だな、マイケルが皆を動かしているな』

そうですね、きっと、いや絶対そうですよね!
そういう風に考えたら、悲しみも消えていくような気がします。確かにマイケルの力を感じました。私もそう信じます!

素敵なお言葉をありがとうございました☆またよろしくお願いします!

by: sayu | 2010/01/27 14:43 | URL [編集] | page top↑
#
あたしもマイケルいないのさみしいと思いましたよー。
こないだのHOPE FOR HAITI NOWもね。
でもマイケルは天国からこの様子を見て、ぜったいにこにこでピースしてるはず~と思ったらさみしくない…気がした!
25年前からさらに新しいアーティストも加わってくれてるし、マイケルの遺志は若い世代にもちゃんと受け継がれてるんだなーって、うれしいです(*'ー')
by: アシュリー | 2010/01/27 23:41 | URL [編集] | page top↑
# >アシュリーさん☆
そうですよね~。初めはどうしても、寂しさがどーっと押し寄せてくるんですよ;
だけど、アシュリーさんが言うとおり、マイケルだったら絶対に皆が頑張っていることに喜んで応援してくれてるでしょうねvv
そう考えれば寂しくない!(笑)

マイケルの意志が確実に受け継がれてることは実感できますね。新しいバージョンがどんな風になるのか、マイケルがどんな形で関わってるくるのか、とても楽しみになってきました!

みんな前向きでエライなあ☆
あ、それと、パンフ付きTIIも届きました~♪嬉しいvv
ありがとうございました!!

by: sayu | 2010/01/28 11:10 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://brightstarmoon.blog5.fc2.com/tb.php/185-8005938b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。