スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

グラミー特別功労賞、MJトリビュート

昨日の夜に、もう一度グラミーを見ました。
といってもやっぱり全部は見れなかったんですが、MJトリビュートは特にしっかりと!

動画がUPされていたので貼っておきます!削除されないうちに見ていない方はお早めに!




出来上がったこの3D映像を見て、マイケルが目に涙を浮かべていたという話がありましたよね。
地球の美しさや生命の大切さ、地球は人間だけのものじゃないんだという強いメッセージを発しているこの映像は、マイケルが望んだように実際のコンサートの場で流すことは叶いませんでした。

でも、違う形ではあっても、多くの人が関心を持って見るグラミー賞授賞式という大舞台で披露され、結果的には世界中の、コンサートに行くことができるファン以外の人達の目にも触れることができたんです。
このことはとても皮肉ではあっても、マイケルの、地球や子供達の未来を深く憂い思っていた気持ち、早くなんとかしなければという心情を中心にして考えてみると、決してマイナスに捉える要素ばかりではないと言えます。
マイケルは、自分のメッセージが多くの人に伝わることを望んでいたんですから。きっと「よかった」って安心してるんじゃないかな。

そればかりじゃなく、後年、「ワッコ・ジャッコ(変人マイケル)」なんていうくだらないあだ名を付けられ、ことある毎に、その才能や功績や本来の彼の純粋な優しさを全く無視して笑い者にされ、中傷の対象にされてしまったマイケルの真の願い、人間としての深さや優しさを、映画「THIS IS IT」と同じように、誤解していた人達に知ってもらえる場になったんじゃないかと思います。

マスコミがマイケルを貶め嘲笑っている最中の彼の苦しみは、想像を絶するものだったに違いありません。
『耐えられないよ…』と泣きごとを漏らしたことももちろんあったといいます。世界中の、ファン以外のたくさんの人間が彼を、「ワッコ・ジャッコ」と笑っていたのですから。

でも、マイケルはそれを乗り越え、憎しみではなく「愛」に変えた人です。
彼の伝えたい思いは、最後は全て「愛」でした。
そんな彼が一番気にしていた環境破壊。
「アース・ソング」での彼の叫びと映像。
多くの人の胸に届き、広がることを願ってます。マイケルが求めた愛と共に。


2010年のグラミーの見どころは、3人の歌姫(ビヨンセ、レディ・ガガ、テイラー・スウィフト」の決戦も楽しかったですが、このMJの豪華アーティストによるトリビュートも最高に印象に残る良いシーンでした。
リッチーさんも、ウィル・アイ・アムも、感動がこみ上げてくるのを抑えられないという表情。
トリビュートしてくれた5人全員がホントに歌の上手い素晴らしいシンガー達ばかりで、安心して聴き惚れていたんですが、うちの息子がマイケルの声が聴こえてきた途端、『レベルが違う。上手すぎる。』と呟いたので、『イイヤツだな、お前。』と褒めてやりました。でもやっぱり、マイケルのレベルってスゴイ。


そして、昨日も書きましたが、プリンス君とパリスちゃんの立派なスピーチには、感動の涙が止まりませんでした。
もう何も言えません。ただただ、ダディの優しく愛情あふれる人柄が子供達を通して見えてきて、本当に立派なお父さんしてたんだね、マイケル、と思って…(涙)。
最後は、「絶対に幸せになるんだよっ!」なんて涙を拭きながら彼らに向かって叫んでましたよ、私ナニモノ;



ビヨンセも、涙を浮かべながら見てましたよね。
思いはスターも同じなんですね。


子供達もダディMJと同じように、輝いていました。
立派だったな~。プリンス君の堂々とした姿に父譲りのカリスマ性を見た!
幸せに成長して行ってほしいなと心から願います。
マイケル、ずっと見守っていてあげてくださいね。(すっかり母心)

それにしても、マイケルの圧倒的な存在感と輝きは永遠です。
数々の輝かしい功績を遺した彼に相応しいステージでした。




にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
12:53 | news | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑
3Dメガネ | top | グラミー視聴中!

Comments

# 愛
貴女様のMJにたいする真心に感動しなが、拝読させて頂いております。たくさんお聞きしたい事などありますが、今は、ただ、感謝の気持ちを、あなた様にお伝えしたい一心で不慣れな携帯に挑戦しています。愛と勇気をありがとうございました。MJとあなた様に。
by: mimi | 2010/02/02 13:55 | URL [編集] | page top↑
# >mimiさん☆
はじめまして。こんにちは!
ご丁寧で大変嬉しいコメントを頂き、とてもありがたく読ませていただきました。
感謝だなんて、とんでもない…(照)
私は、マイケルが本当に大好きで、そして心から尊敬して感謝しているんです。
そして、そのマイケルへの感謝の気持ちを、亡くなってしまった後ではありますが、自己満足な恩返しの一つとして、ブログに綴っています。
マイケルへの偏見や誤解を失くすことが、自分にも少しでもできれば、と思っています。
マイケルの素晴らしさが、一人でも多くの方達に伝われば幸せです!

mimiさんの温かいお言葉に、私も愛と勇気を頂きました!
マイケルは、本当にたくさんの人に愛を与え、彼自身も愛されていたんですね。

どうもありがとうございました!ぜひまた遊びに来てくださいね!

by: sayu | 2010/02/02 18:34 | URL [編集] | page top↑
# こんばんわ
youtube見させていただきました

子供達のスピーチは泣けて泣けて・・・・・

お父さんを亡くしてから しっかりしなくちゃ・・・って思ったのかしら 半年で急に大人びた感じがします

彼らだけにでも マイケルをかえして欲しいと神様に言いたい気持ちです
今は 彼らが ひどいマスコミのネタにならず 健康に平穏に大人に成長できることを願うばかりです
by: 涼(りょう) | 2010/02/02 20:24 | URL [編集] | page top↑
#
あーあーあーーーあーあーあーーああーーーあーーーー!
うーうーうーーーうーうーうーーううーーーうーーーー!
アースソング良かったですねー。
しかし上に映るマイケルの写真ばっかり見てしまったのはないしょなんだぜ。
マイケルの子供たちは、礼儀正しくてしっかりしてて、もう存在そのものが、マイケルがどんなにいいパパだったかを証明してくれてますよね。
あの子たちを見ていれば、いかに素晴らしい父親に育てられたかわかるっていう。
自分も将来そういう親になれるといいんですけどね(*'ー')
by: アシュリー | 2010/02/02 21:45 | URL [編集] | page top↑
# >涼さん☆
泣けますよね~、健気で…。
一生懸命頑張ってるんだな、と思うと切なくなります。
母親も父親もそばにいなくなっちゃったんですもんね。
でも、ジャクソンファミリーみんなが見守ってくれてるので、その辺は安心だと思いたいです。

本当に、ヒドイことしたら絶対にマスコミ許さんっ!!マイケルだけで充分だろう?ですよ。
とにかく遠くからでも応援していてあげたいです。マイケル、よろしく!!
by: sayu | 2010/02/03 08:12 | URL [編集] | page top↑
# >アシュリーさん☆
> あーあーあーーーあーあーあーーああーーーあーーーー!
> うーうーうーーーうーうーうーーううーーーうーーーー!

↑最初、何を苦しんでるんだ、アシュリーさん!?と思っちゃいましたよ!(笑)

アースソングね、本当に感動しました。
私もマイケルの写真ばっかり見て、声もマイケルになるとより一層感動して、やっぱりマイケルがいないとダメだなあなんて実感しましたよ;

そうなんですよ!子供を通して親が見える!マイケルの父親としての素晴らしさって、追悼式のパリスちゃんのスピーチもそうだったけど、亡くなって以降ハッキリと証明されましたね。マイケル、頑張ってたんだなあ…。
私も見習わなければと思います!!
by: sayu | 2010/02/03 08:19 | URL [編集] | page top↑
# マイコー!!!
マイケルの愛はファンに、そして彼の愛する子どもたちにしっかりと受け継がれていますよね!
この毅然としたプリンス君のスピーチが全てを物語っていると思いました。
パリスちゃんも本当に聡明な子・・・そう感じます。
マイコーの誇りである子どもたちの立派な凛とした姿に感動しました(T_T)
by: あっき | 2010/02/03 23:46 | URL [編集] | page top↑
# >あっきさん☆
こんにちは!遅くなりました。

マイケルがいかに愛を持った素敵な人であったか、良いパパであったか、それが全て子供達の態度や言葉から証明された気がしますよね。
ものすごーく感動して、もうなんていったらいいか言葉では言い表せない気持ち。
マイケルが、隣に立っていたんじゃないかなあ、あの時…。
二人のことをそっと抱きしめていた気がする。あ、もちろん、あの場には来れなかったブランケット君のことも抱っこしていたんじゃyないかなと思いますvv
素敵なプレゼントを、私達ファンに、またしてもくれましたね、マイケル☆
by: sayu | 2010/02/05 12:33 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://brightstarmoon.blog5.fc2.com/tb.php/190-1a7369f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。