スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

専属医師・マーレーだけが悪者か?

N0021280_l.jpg


マイケルさん専属医を訴追=過失致死でロス郡検察-米2月9日7時4分配信 時事通信

【ロサンゼルス時事】
「米ロサンゼルス郡検察局は8日、昨年6月に急死したマイケル・ジャクソンさん=当時(50)=の専属医だったコンラッド・マーレー医師(56)を過失致死罪でロス郡地裁に訴追した。検察によると、有罪の場合、最高で禁固4年の可能性がある。マーレー医師は同日中に弁護士を伴い地裁に出頭する予定で、報道によれば、罪状認否手続きで全面的に争う姿勢を示すとみられる。」

何が一番嫌かというと、こういう、マイケルの「死」が現実の出来事としてリアルに突き刺さってくるニュースを目にすることだった。
だから、マーレーのことにはなるべく触れないように、考えないようにして避けてきた。
その瞬間のことなんて想像したくない。事故でも事件でも、誰が逮捕されても、もうどうしたってマイケルは帰ってこないんだよ。あの日、マイケルは遠くへ行ってしまったんだ…。

だけどそれは、ファンとしての私の気持ちであって、現実問題、身近な家族だったらそういうわけにはいかないんだろう。触れたくないことも避けては通れない。マイケルの愛したジャクソン家の家族達の怒り、憎しみ、哀しみ、喪失感はあまりにも大きい。

数日前にジャーメインが、マーレー医師の告発について語った言葉からそれを強く感じた。

"I'm not happy that it has taken this long for charges to be brought against 'anybody' in the death of my brother Michael Jackson, but I'm certainly pleased the time has arrived. It is a painful and difficult time for my family, but we are strong and united in making sure we find swift justice for our brother. I thank the fans for all their undying support and for standing with our family through all the difficult times. Hopefully with the promised action that will take place in the next 48 hours, we can begin healing."

この中で、『家族にとって辛く困難な時期ですが、弟の為に迅速な正義がもたらされることを確信し、私達は強く結束しています。48時間以内に行われるであろう約束された動き(今回の追訴)により、私達が癒えるようになることを望んでいます。』
と語っているのを読んで、家族にとって「けじめ」を付けることがいかに大事で、それが少しでも傷を癒すことに繋がるんだということがよくわかった。

麻酔薬の過剰投与、それが直接的にマイケルの命を奪ったのは間違いない事実で、現実にそれがなければあの日マイケルの心臓が止まってしまうなんてことはなかった。故意か過失かが問題なのだが、ラトーヤやジョセフは「殺人罪」を望んでいるという報道もある。

ラトーヤ・ジャクソン「マーレイ医師を殺人罪にしてほしい、過失致死罪は生ぬるい」

マーレーの罪がハッキリすることが、家族にとって少しでも癒しになるのだろうし、ジャーメインが言うように確かに時間もかかり過ぎているので、迅速に進めて反省と償いをさせるべきだ。


ただ私が思うのは、マーレーだけのせいにしていいのか?それで済むのか?ということだ。
マイケルが薬物に依存せざるを得なかった元々の根本原因は?
不眠症に苦しみ、精神安定剤が必要になるほどまでに彼を追い詰めたものは?

マーレーは、もちろん専属医師である以上、適切にマイケルを薬物依存から救う義務があったにもかかわらずそれを怠り、言ってみれば患者の言いなりになってしまっていた部分もある。
しかも素人目にも異常だとわかるほどの量の薬物投与、強力な麻酔薬の投与、更に目を離したなんて言語道断。
当然医師失格で、相当の責任を負わなければならないだろう。素直に罪を認めて償い、心から謝罪するべきだ。

だが、本当の「悪」はもっと他にもあるのではないか?
彼らは自分達のしたことを反省もせず、何もなかったことのようにして、今、マーレー1人に罪を押しつけていないか?
決してマーレーの肩を持つわけではないが、1人だけを悪者にして、「全て解決」では絶対にないだろう。それではマイケルも浮かばれないと私は思う。マーレーの過失致死や殺人罪が確定すればそれで終わり?それでスッキリするのだろうか?

直接的に死に至らしめたであろうマーレーが罪になるのは当然だ。できるなら時間を戻してマイケルを私達の元へ帰してと彼を怒鳴りつけたい。

でも、何かが違う。マイケルを追い詰めたことに対して謝罪するべき人が他にもたくさんいるはずだ。
自分達を棚に上げて、専属医師だけが悪者だと騒ぐのはちょっと違う気がするのだ。
いつかの時のように逮捕して大騒ぎ?自分達はマイケルがあれほど苦しんでいた事に、もう一切無関係ないの?

ジャクソン家と検察側が今回望んでいることに対しては何も言うことはない。
ただ、今、マーレーを追いかけて騒いでいるマスコミに対して、私はどうしても不信感と嫌悪感を拭いきれない。


"Who's BAD?"

それをハッキリさせることが、偉大なるスーパースターの「死」を無駄にしないということではないだろうか?
彼がずっと訴え続けていたこと、彼が『私もただの1人の人間です。』と心から叫び、細い体で必死に耐えていかなければならなかった状況を生み出してしまったものは、いったい何だったのだろうか?


マイケルの死は、終わらない。
彼の清らかな魂が教えてくれていることを、情報の波に飲み込まれて見失わないように。
同じことを決して繰り返してはいけない。彼の悲しみを無駄にしてはいけないのだ。




にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
11:27 | コンラッド・マーレー裁判関連 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
続・マーレー訴追 誰が本物のBADか? | top | 「白い肌」が教えてくれたこと

Comments

# こんにちわ
私も今朝のニュースを見て また涙した一人です
マイケルが 慢性的な薬物依存で有ったかどうか 私には正確にはわかりません
またあの日 あの医者が何であんなにも薬物を投与したのか?素人目にもアレは投与しすぎ 良心有る医者なら
断るべきだ!と憤慨してました
それともマイケルが断れないようにどうにか出たのか?それも解りません
色んなケースを考えても やっぱりあの医者は 良心有る医者と思えない 
訴追することで一つの区切りとなるのか?私が遺族だったら やはりそうしただろう・・・とか考えもしました

でも、やっぱり もう帰って来ないんですよね
何をしても帰って来ない そんな虚しさがば==んと胸の内でふくらむ・・・・・・でも、でも・・・マイケルはファンの心の中に生き続けてるんだからと自分に言い聞かせている所です また泣いてしまう自分をどうしていいやら手こずってます(涙)
by: 涼(りょう) | 2010/02/09 16:22 | URL [編集] | page top↑
# 初めまして
ずっと読ませて頂いてます。
今回の訴追に関しては、私も冷静にニュースを追っていました。
マイケルの死の直接の原因は彼かも知れないけど、間接的には?マイケルを傷つけてきた人達、他にいなかった?
そんな思いで、ただむなしいだけでした。

ところが、今日の夕刊の記事で、マイケルとマレー医師が処方箋に使ったいくつかの偽名の中に「ビル・ブレイ」を見つけた時から、もう涙が止まりません。
マイケルがどれだけ切羽詰まった状況にいたのか。
「THIS IS IT」を見ながら、マイケルやっぱりカッコいい~、最高~なんて呑気に思ってる私はなんて単純なんだろう。
ビルの名前を偽の処方箋に使うなんて、余りに悲し過ぎます!
コアなファンの方は既にご存じだったのでしょうか?
私はさっき初めて知り、その現実に打ちのめされてます。
by: ソフィア | 2010/02/09 21:15 | URL [編集] | page top↑
# Love
genuine love for humanity.
日経エンタテイメント!マイケルジャクソン
THIS IS IT
特集号 未公開映像でわかる50の秘密
の雑誌の中より抜粋。オルテガとマイケルが最後に交わした言葉は「SEE YOU TOMORROW」だったそうだ。この言葉は、明日への約束です。マイケルが約束を守らない等とは、考えられない。Why? Why? と、マイケルの声が聞こえてくるような気がしまて…。悲しすぎます。いかなる事がこれからわかったとしても、もう、マイケルに会う事は出来ない。しかし、マイケルを愛する人々の心にマイケルは住んでくれるはずです。優しい、あの澄んだ声で「愛は世界で一番大切にものだ」「助け合おう 僕らみんなで」「マイケルという名の意味は、最も神に近い存在のことだよ。(中略)謙虚さが大切だ。神様は傲慢な人間の宝物を奪うんだよ。だから謙虚でいたい。マイケルという名前を持つ自分たちは一緒に与えられた力を生かして他の人が宝物を探す手助けをすべきだ。(マイケル・ベアデンに語った言葉)が聞こえてくるようです。私たちもマイケルと一緒に、美しい星、青く輝く地球を愛する思いを行動に、移さないといけないのですね。
by: mimi | 2010/02/10 06:08 | URL [編集] | page top↑
# >涼さん☆
こんにちは!
できるなら触れたくないというか、思い出したくないことですよね。
でも、実際あのマーレーのいい加減な対処のせいでマイケルは…。
「無罪」なんていうのはムシが良すぎますよ。そりゃあ、元々の原因が他にあるとしてもねぇ。それなりの罰を受けて、医師としてマイケルを救えなかったことを謝罪してほしいです。

色々言われてますが、マイケルが今はもう苦しみから解放されて安らかにいることを信じています。こんな嫌な話は早く忘れて、マイケルの素晴らしい才能だけに浸っていたいです。
私達も元気を出しましょうねー!!ちょっとキツイけど…;;頑張ろう!!

by: sayu | 2010/02/10 09:23 | URL [編集] | page top↑
# >ソフィアさん☆
はじめまして!コメントありがとうございます!

切羽詰まった状態にいたことは、哀しいことですが間違いないみたいです。
家族や友人達も、マイケルが薬に依存し過ぎていることをとても心配していたけど、マイケル自身が認めなかったとか、忠告を聞き入れようとしなかったなんていう話も耳にしたことがあります。でもそれは、私はまだちゃんと確かめたわけじゃないので100%確かかどうかはハッキリしませんけど…。

ソフィアさんのコメントを読んで、私も急いで夕刊を見ました。朝日でしたか?同じ記事を見つけましたよ。偽名の中に、たしかに「ビル・ブレイ」もありましたし、キャサリンママの旧姓「スクルーズ」も使ってましたね…(涙)
記事に書いたように、私は直接の死に関するニュースはどうしても聞くに堪えなくて、そういう話題になると急いでテレビを消したり、ネットニュースもあまり読まない様にしていたので、詳しくは知りませんでした。でも、通常は手に入れられないものを偽名などを使って申請していたということは知っていました。認めたくないけど、そこまでマイケルは苦しんでいたのだということは、確かなのかもしれないですよね。

だけどソフィアさん!映画を見て、カッコイイとか最高とかって喜ぶことは、絶対に悪い事じゃないし間違ってなんかいないんですよ!マイケルは、そのことの為に頑張ってくれたんですから。ファンを喜ばせることが彼の幸せだったんです。だから、それは素直に楽しんでマイケルに感謝しましょうよ☆

とにかく、早くすっきり解決してもらうことが、私達にとっても一つの区切りになるのだと思います。見守っていましょうね。

by: sayu | 2010/02/10 09:44 | URL [編集] | page top↑
# >mimiさん☆
こんにちは!いつもコメントありがとうございます!

日経エンタ、私も読みました!マイケルへの愛がたっぷりの良い本でしたよね。
そして、マイケルという人の人間性の素晴らしさが、良く伝わる内容でした。
特に、書いてくださったマイケルの言葉の素晴らしいことっ!!
私は感動して、自分の小ささが恥ずかしくなりましたよ;

どうしてあんな宝物のような人が、突然天へ召されてしまったのか、悔しくてたまりません。考えれば考えるほど、マイケルがかわいそうになってしまいます。やり残したことは、本当にたくさんあったはずですから。
もうどうしようもないことですが、せめて、遺された家族や私達ファンが納得のいく形で、真実が暴かれるべきなのかもしれません。本音は、もう何も聞きたくないんですけどね;

そうですね、マイケルの魂を慰める為に彼の遺志を継ぐことが、ただ一つ私達にできるマイケルへの恩返しだと私も思います。
寂しいけど、マイケルを思って進まなきゃいけないんですよね☆
by: sayu | 2010/02/10 10:07 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://brightstarmoon.blog5.fc2.com/tb.php/193-ca688b61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。