スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

取り戻すべきもの

10日以上前に話題になったこのニュースの話。
「ソニー、マイケル遺産管理団体と2億5000万ドルの契約」― AFP

マイケルの遺産管理団体とSonyが、契約金2億5000万ドル(約225億円)、契約期間7年の音楽業界の記録を塗り替える契約を結んだというこのビッグなニュースに、改めてマイケルの凄さを知り驚いた人も多かったそうです。確かにスケールが違います。

でも私はこれを聞いた時、フン、と鼻で笑いたい気分でした。
マイケルのような特別な才能を持つ稀有な存在のアーティストに対してなら、決して驚くような金額ではないはずです。
近年の彼が、あまりにも不当な評価と扱いに苦しんでいた事を考えれば、何を今更って感じです。

このような評価のせめて何分の一かでも、マイケルが生きている間に示せなかったでしょうか?
亡くなった今になって、本来なら生涯ずっと受けて然るべきだった尊敬や愛や評価をようやく少しづつ取り戻しつつあるという皮肉な事実に、どうしても悔しさや悲しさを先に感じてしまうのです。

マイケルとソニーの(というかほぼトミー・モトーラとの)確執が原因で、マイケルの魂と人生を感じさせる素晴らしいアルバム「Invincible」はろくなプロモーションもされず、シングルカットもほとんどなしで正当な評価を受けることなく時が過ぎ、また、9.11テロ被害者救済の為に真っ先に動いたマイケルによる「What more can I give?」という名曲も、正式にCDとしてリリースされていません。

もう過去のことではあっても、当時のマイケルの怒りとストレスはかなりのものでしたからね。
これらは人種差別が原因で、過去にも偉大なる黒人アーティストはずっと不当な扱いを受けていたとマイケルは訴えていました。
真実はどうあれ、両者の関係がこじれていた事は確かです。


亡くなってから、TIIをはじめマイケルの過去の作品の爆発的な売れ行きにより、ソニーは多額の利益を得ましたよね。
やっぱり、今なら確実に「儲かる」って踏んだから、今更破格の契約ですか?って話ですよ。
ひねくれてるかもしれないけど、「遅いよっ!」とひとこと言いたくもなります。


とはいえ、マイケルが信頼する人達が頑張った結果の話だし、様々な負債と言われるものもなくなって、子供達やファミリーが安心して暮らせることになるのなら喜ぶべきビジネスなのだと思いたいです。
なにより、未発表音源や映像が新たにリリースされるというのは、ファンとしては嬉しいしすごく楽しみでもあります。

マイケルが、この決定に喜んで満足してくれているといいなと思います。それが一番大切なことです。
もう新しいSFでマイケルのダンスする姿が見られないなんて信じられないし、とても寂しくて残念だけど、ファン想いのマイケルのことだから、私達が喜べばマイケルもきっと満足してくれるはずですよね?

空の上で、ムーンウォークしていてほしい。そしてそれを見ることができたらいいのに。


今は、マイケルが愛した素敵な作品が、再び届けられる日を楽しみに待ちたいと思います。


マイケル、ありがとう。




スポンサーサイト
11:09 | news | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
「We Are The World」の新事実! | top | マイケルの「都市伝説」

Comments

#
sayuちゃんおかえりv-350って…だいぶ
遅いねi-203なかなか来れなくてごめんね↓↓

あたしもこの契約話、最近知ったんやけど
何か複雑よなぁって思う。。。
未発表曲もそう、リリース出来なかった作品もあった
訳だし、本当に今更何を?!?!って思うけどファンとしてはやっぱり見たいし。。。
でも何よりMICHAELがいなくなってから発売される物が
多くてちょっと悲しいのも事実かな><
by: ゆってぃ | 2010/03/26 13:52 | URL [編集] | page top↑
#
Sayuさん、こんばんは。
「LVH」の時は大変お世話になり、ありがとうございました。

前回のブログを読んだ時は、Sayuさんと一緒に涙しました。でも、なんてコメしていいかも言葉が見つからず・・・。

そして今回のブログ、「SONY」のこと・・。本当にマイケルの意思を継いだものを出してくれるのか・・・ととても複雑な思いです。それに・・・それに・・・ここのとこマイケルを冒瀆する本の発売や映画・・。そしてマイケルを死に追いやった理由の様々な説、色んなもので読んだりして、やり切れない思いでいっぱいになってしまいます。
関西で少し前にやっていた追悼番組でカビラさんが「マイケルジャクソンは時代の十字架を背負っていた。アメリカの過剰な部分を独りで背負ったんじゃないか・・・。やっぱりこんな形になってしまうのか・・。」と言った言葉が忘れられません・・・。
「マイケルが世界にしてくれていたこと、これからしようとしてくれていたこと、真実の姿、愛」が悪に負けることなく、正しく伝えられるように心から願います。
Sayuさん、これからもブログ応援しています。
by: MJh | 2010/03/28 23:13 | URL [編集] | page top↑
# >ゆってぃちゃん☆
こんにちは!
いやいや、ホントこっちこそいつもありがとう♪なかなか遊びにも行けなくてゴメンナサイ;
だいたい最近は週一ペースで更新できればいい方かなって感じでi-229

ファンとしては複雑な気持ちになることばっかりだよねー。これがマイケルが生きている間だったら、どんなに嬉しかったかなと思う。私達もマイケルも。
手のひら返しまくりの連中に対しては、呆れてしまう…。

未発表曲が発売されるにしても、マイケルに愛を持った人達にちゃんと手がけて欲しいなと思う。そうじゃないと納得できない気がする。
でも、早く聴きたい気持ちももちろんあるし!
こんな気持ちはいつまで続くんでしょうかねぇ?

気持ち切り替えて、楽しみに待つしかないねっ!!あまり考え過ぎると頭痛がするし(笑)
マイケルの才能に癒されましょう!!

ではでは、またね☆いつもありがとうございます!


by: sayu | 2010/04/02 15:20 | URL [編集] | page top↑
# >MJhさん☆
こんにちは!お久しぶりです。コメントありがとうございますw

>「ここのとこマイケルを冒瀆する本の発売や映画」―
っていうのはなんですかねぇ?最近また何かそんなトンデモナイやつが発売されたんですか?
このところ全てをチェックしきれていないので、気になります…。

でも、真実は一つです。そういう悪意ある報道に負けずに、私達ファンは真実を伝え続けなければいけないと思いますね。マイケルがくれた愛に対して、彼を信じて愛を返し続けることが何よりも大切なんだと改めて思います。

私も、マーレーに関するニュースや新たに出てくる耳をふさぎたくなる報道には参ってしまって、どうしても避けたくなる気持ちが大きくなってしまいます。
でも、マイケルの為にも、こんなことじゃいけないって思うようにしてます。マイケルはこれ以上の地獄にずっと耐え続けてきたんですからね。

わかってくれている人もたくさんいます。マイケルの背負っていた(というか選ばれて負わされた)十字架は確かに重すぎたのだと思います。決して無駄にしてはいけない重さですよね。
少しづつでも、マイケルの真の姿を知ってくれる人が増えてくれることを願っています。

私も頑張ります!応援ありがとうございました!!


by: sayu | 2010/04/02 15:34 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://brightstarmoon.blog5.fc2.com/tb.php/207-5fb9e089
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。