スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

キムタク、ありがとう。

巨人のコーチに今シーズン就任したばかりだった木村拓也コーチが、37歳という若さで亡くなりました。あまりにも突然のことに信じられない思いです。心からご冥福をお祈りします。

この3~4年は巨人ファンの息子を連れて、東京ドームへよく試合観戦に行っていました。実は私自身は、昔は広島と阪神のファンで、あまり巨人は好きじゃなかった。でも最近は一野球ファンであって特に個別の球団にこだわりがなくなっていたので、ドームに行けば子供と一緒に普通に巨人を応援していました。


木村拓也選手。無邪気さを感じさせる優しい笑顔が大好きでした。
観客席から「キムタクー!」と子供と一緒に叫び、打席に入るあなたを応援した日のことを覚えています。
どんなインタビューでも、いつも明るくて楽しくて、真面目で一生懸命で。引退前に、選手として崖っぷちに立たされた状況の中でも、チームの為に精一杯がむしゃらに頑張っていた姿に、真の強さと誇りを見ました。素晴らしい選手だなあと思い、現役引退もとても寂しい気がしたものです。


私が好きだった広島と巨人、両方のチームに在籍していたキムタク。そのどちらのファンにも、いや、全ての野球ファンから、選手としても人間としても愛され、尊敬され、慕われていたんだということが、亡くなった後改めてよくわかりました。
とても残念です。悲しくて寂しくて悔しいです。
でもきっと、本人が一番悔しかったでしょうね。


キムタク、ありがとうございました。
そして、お疲れ様でした。私達は、あなたという素敵な選手がいたことを決して忘れません。

奥様と3人のお子さんには、強く生きて行ってほしいです。
立派なお父さんのこと、子供達は絶対に忘れないし、誇りに思い続けるはずです。


追記:
3人の子供達。長男、長女、二男。
MJと同じだな…。順番まで。特に一番下のお子さんは、まだ小さくて死というものがよくわからなくて、「お父さん、いつ起きるんだろうね?」と言っていたそうです;
ブランケットもそんな感じの部分あったなあ…。

突然の死、明るい未来を楽しみにしていた矢先の別れ。最後に家族と言葉を交わし合うこともできなかった唐突な別れ。
そういう部分でどうしてもマイケルと重ねてしまいました。
立派な父親のことを、誇りに思って、前を向いて強く明るく生きて行ってほしい。子供達に対して、そのことだけを願います。
合掌。
スポンサーサイト
15:42 | 徒然日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
MOONWALKER- 月を歩く至宝 | top | KING OF 空耳!

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://brightstarmoon.blog5.fc2.com/tb.php/212-25adeb82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。