スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

マイケルと阪神大震災(2)with ジャニーズ

ちょっとしたキッカケで、今年の1月に書いた「マイケルと阪神大震災」の記事を見直していて、貼ってあった動画のリンク切れを見つけたので新しく貼り直しました(チャッカリ;)。

削除はよくあることなんですけどね;大体、動画サイトには違法なのを承知でUPしているものがほとんどで、見ている方もそれを承知の上で楽しんでる。それを更にブログ上に貼っているなんて本当にイケナイことなんだろうけど・・・。どうしても貴重な映像が多いので、消されるまでの間に紹介しちゃおうという気持ちになってしまうんですよねー。
ま、その話はとりあえず置いといて。


あらためて、マイケルが阪神大震災のチャリティーに協力して、J-Friendsに提供した曲を聴いてみたんですが、やっぱり良い曲ですよね~。
ただ、どうしてもマイケル本人が歌ったヴァージョンも聴いてみたかったなと思ってしまう。

歌詞を、繰り返し部分は除いて書いてみたので紹介します。(これも本当はイケナイんだけど)
まずは、2ndシングルとして発売され前にも紹介したこの曲。

「People Of The World」 (阪神大震災から4年後、1999/1/13発売)




君と出会って 愛する意味を 僕は教えられた
かけがえのない君の全てを 守りたいと思う
人は誰も生まれた時から みんなで生きてる

People all over the world
どこかで誰かが 何か始めて愛になる
君の為に僕は歌いたい 愛のこの歌を

君がどこかで涙流せば 僕の胸は痛む
きっと世界の誰の涙も 同じ痛みだろう
肩を抱いて心を近づけ 皆で歌おう

People all over the world
君が微笑めば 僕も微笑み愛になる
いつの日にか きっと世界中 笑顔だけになる

People all over the world
愛が聞こえるよ 

People all over the world
People from country to country・・・




素敵ですねぇ。
マイケルから電話で直接歌の指導を受けた、という羨ましい話を前にも書きましたが、メンバーの堂本剛くんが当時ラジオで語っていた話を見つけました!

01.03.14  ニッポン放送「Super! Music Stadium」

マイケル・ジャクソンから電話で受けたアドバイスについて。
『ブレスとか息を吐くのとかも活かしつつ、ちゃんとリズムを刻んで歌っていけば、君はもっといい歌い方ができるはずだというアドバイスをいただいたりとかで、それでもう一回マイケル・ジャクソンさんが歌っているテープを聞いて、レコーディングではそれが完成したという感じですけどね』

うぅっ、とにかくウラヤマシス・・・


次はこちら。
実はJ-Friendsの1stシングルのCDにもマイケルは楽曲提供していて、日本語の訳詞は松井五郎さんがしているそうです。「明日が聴こえる」という曲のCPになるのかな。

それが、これ。
「Children's Holiday チルドレンズ・ホリデイ」 98/1/21発売





小さな手が触れるもの 輝きが溢れている
そう 子供たちの為に何かできることが
きっとあるはずだね

愛を はじめよう
今 心から
Children's Holiday
はじまりの時
一緒に叶えよう 僕たちの夢
子供たちがずっと 輝くように

透き通る眼差しが この星を変えていく
そう 彼らはまだ言わないけれど
待つことはない 君にできるから

未来の扉は 今ここにある
子供たちの手で 開かれてゆく

新しい夢は 今ここにある
子供たちの手で 描かれていく

小さな手はいつだって 幸せを探している
そう 忘れないでどんな時も 

夢を かなえよう
今 ひとつづつ
君が できること
それが はじまり

今 本当にできる
ララ 皆でできる
ララ 愛を始めよう



どちらもマイケルらしい歌詞ですよね。純粋な未来ある子供達の為に、今、何かをしなければ、というメッセージと、温かくて深い愛がわかりやすい詞の中に込められています。
ぜひぜひ原詞が読みたい!


それから、これはチャリティーソングではないんですが、上記のJ-Friendsに楽曲提供するよりも前に、マイケルがTOKIOの長瀬くんに協力している曲がありました。
それが、「Eternal Flame / Tomoya with 3T」1997/8/13発売

この「エターナル・フレーム(Eternal flame)」という曲は、1989年に全米で第1位となったバングルスのヒット曲。邦題は「胸いっぱいの愛」。日本では結婚式のBGMなどでよく使われているそうです。- wikipediaより。

その日本語カヴァー曲を、「Tomoya With 3T」名義でマイケルがプロデュース。ティトの息子達をマイケルは「3T」としてプロデュースしていましたが、その3Tと長瀬くんとのコラボなんですねー。これは日本テレビ系ドラマ『D×D』の主題歌にもなりましたが私は見てませんでした。




良い曲ですねー。てか3Tが微かにバックに聴こえる程度?もっと前面に出しても良かった気もしますが、まあ状況から考えて無理だったんでしょうね。―
→と思っていたけど。
じっくり聴いてみたら、3Tのバックコーラスの良さがものすごく光っていて、この曲の美しいメロディーを更に引き立てているのがよくわかってきました!ギターの音と共にクライマックスに向かうアレンジがすごく良いです!!これがマイケルの力なんだろうなあ。さすがです!最高!
それにしても良い曲。CD欲しくなってきました!


マイケルは、日本と日本のファンを、とても大切にしてくれましたよね。もちろん日本だけじゃないのは言うまでもないんですが、日本を大好きだと言ってくれていたマイケルを私達日本人も大好きでしたよ、マイケル!

マイケルとジャニーズって、一見合わないような意外な気がするんですが、少年隊の東さんとも仲良しだったり、こういうコラボもあったり、スマスマにも出てくれたりと、こうして考えると結構繋がりがあったんですね。
レコード会社の関係とか単にビジネスライクな部分もあったんでしょうけど、マイケルが、遠く離れた日本という国を、日本人を、身近に感じてくれ、親しみを持って愛を与えてくれたことがとても嬉しかったです。

今思うと、すごく貴重なものなのにあまり表に出ていない気がして、残念だし勿体ない気がするなぁ。
とにかく、マイケルが歌ったデモと英語の原詞を知りたいです!
今後、何かの形で届けてもらえないでしょうかね?
そういう貴重なお宝が、まだまだ眠っているんだろうな。
MJエステートに頑張ってもらうしかないか!期待して待つことにします!





スポンサーサイト
14:50 | love & peace | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
MJ Birthdayの夏 - WOWOW | top | 遺品展、2回目!

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://brightstarmoon.blog5.fc2.com/tb.php/252-a4b378e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。