スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

Real「BAD」

ブログの更新は久しぶりですね!ご無沙汰してます!
しばらくはこんな調子かもしれません。夏休み中だし、なんか色々と落ち着きません。
みなさんは楽しい毎日を過ごしてますか?

それにしても、酷暑のせいか、はたまた単なる寿命なのか・・・。
うちの家電が続々と故障しはじめて焦ってます;
家電て、なぜか続けて故障するよね?なんで?
そんなわけで、このところは電器屋さん巡りに明け暮れ、納品、設置工事、掃除や家具の並べ替えなどに追われてます。参るなあ。暑いよ~~


買い物ツアーの車中のBGMの定番は、もちろん一番はMJ、それからクイーン、ポリス&スティング、コステロ、リンキンパーク、80's、その他色々の懐かしロック系(私の趣味)や、Green Day、Zebrahead、Sum 41(子供達の趣味)など洋楽がほとんどなんですが、たまに邦楽も聴きます。

スピッツ、スガシカオ、バンプなどが、わりと季節に関係なく不変の家族共通のお気に入りなんですけど、この前久々に久保田利伸の懐かしのアルバム「THE BADDEST」を聴いて、夏!!って感じを味わいました!
私にとっては夏の思い出タップリなのでそういうイメージがあるんだけど、やっぱりいいわ、久保田♪ このファンキーさ!歌の上手さ!

THE BADDESTTHE BADDEST
(1989/10/08)
久保田利伸

商品詳細を見る


80年代後半当時、マイケルの「BAD」とこの「THE BADDEST」をウォークマンで交互に聴いていた思い出があります。
あの頃はまだウォークマンで聴く為にはカセットテープにダビングしなければならなくて、60分テープとかに1枚のアルバムをダビングして、一々それを入れ替えて聴いていたわけですよ。今じゃ考えられない程不便だったんですが、あの頃は特別面倒だとは思っていなかったなあ。
それからすぐにMDやHD時代に突入したんですが、媒体は変わっても音楽そのものの良さは変わりませんね。良いものはいつどんな状況で聴いても良いものです!

この久保田の「THE BADDEST」というタイトルは、ベスト版なのに敢えて「THE BEST」にせずにこういうタイトルを付けたともいわれてますが、マイケルファンの久保田だったので、どこかで「BAD」を意識してたんじゃないかなと私は考えてました。どうなんでしょうね?

因みに「bad」という単語には、俗語、主に黒人英語では「すばらしい、いかす」という意味もあるらしいので、この場合はそっちの意味合いで使われてるのかな。つまり最高!!ってことですね。


ここでマイケルの「BAD」に話は変わりますが。(結局マイケル)
この曲は、『誰が本物のワルか』という解釈で音楽もSFの方も作られています。でもマイケルが言いたかったことは、誰かを力づくで打ちのめしたり、弱いものを暴力で打ち負かそうとするのはカッコイイことではないということでした。
だからここでの「BAD」=ワルも、誰が本当にクールでカッコイイ?という意味合いも含んでいるんだと私は思います。
虚勢を張ってカッコつけて弱い者いじめすることのどこがカッコイイんだい?本当の強さって、そういうものじゃないだろ?そんなものはクールなBADじゃない。本当に「BAD=いかす」のはどっちだ?っていうことですね。


「BEAT IT」の中でも同様のことを歌ってました。この曲の中でマイケルが訴えたかったのは、『暴力は避けるべきだというメッセージだ』とマイケルは言っています。
真の勇気とは、暴力をふるわずに難しい問題を解決できたり、実現可能な解決を引き出すだけの知恵を持っていることだと。
壁まで追いつめられ逃げ場がない時以外は、暴力沙汰になる前に逃げ出す勇気を持てということ。
戦っても殺されてしまえば何ひとつ得ることなく全てを失ってしまう。戦いに敗れるのは君だけではなく、君を愛していた人々もまた敗者になってしまうのだから、と。


これらの考え方を、マイケルは終始貫いた人だったんですね。
間違っていること、自分の信念に反することに対して、ギリギリまで我慢しても最後に言うべきことはハッキリと言える本当の強さを持った人でしたが、それ以外は、なるべく自分も他人も傷付けないようにと、いつも気を使っていたんだなということが、彼の言動を通して見えていました。

そして、最期まで訴え続けた「平和」と「共生」のメッセージ。
戦争、環境破壊、自然への虐待=最大の暴力。ここにもマイケルの信念が貫かれていました。

「BEAT IT」も「BAD」も、ものすごくカッコイイ曲で、もちろんSFも最高で、世界中の人々を釘付けにしてしまうほど音楽とエンターテインメント性に優れ、最高峰の成功を収めた作品ですが、その中に籠められたマイケルの思いを胸にあらためて聴き直すと、また違った深い味わいを感じることができると思います。


全てのくだらない、醜い戦いの中、最後に勝ったのは、マイケル、間違いなくあなたです。
「信念を貫く」ことの大切さも、マイケルがいつも言っていたポリシーでありマイケルそのものでしたが、本当にカッコイイ生き方をした人だと、私は心から思います。

Keep the Faith !!


バッド(紙ジャケット仕様)バッド(紙ジャケット仕様)
(2009/07/08)
マイケル・ジャクソンクインシー・ジョーンズ

商品詳細を見る



デンジャラスデンジャラス
(2010/06/23)
マイケル・ジャクソン

商品詳細を見る





スポンサーサイト
13:16 | genius & works | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ニューアルバム、今秋リリース情報について | top | MJ Birthdayの夏 - WOWOW

Comments

# やっぱり良い
ブログ拝見させてもらいました!
BADにそのような意味合いがあるなんて初めて知りました(^^ゞ
それを考えると本当に深いなぁと…遅まきながら実感しました。。
by: ギター | 2010/08/05 15:54 | URL [編集] | page top↑
# >ギターさん☆
はじめまして!管理人のsayuです。

マイケルは、アルバム「BAD」以降は特に、歌詞の中に自分の考えや主張を取り入れてきましたよね。それがどんどん深くグローバルになっていき、平和や平等を強く訴えるものが多くなってきて。

BADみたいな一見ただのワルの歌と思いきや実はマイケルらしい思いが溢れていて、やっぱりマイケルって良いなぁって本当に思いますよね(^0^)
だから最高なんですよね!

コメント、ありがとうございました!
これからもマイケルの素晴らしさをたくさん伝えていきたいです☆
by: sayu | 2010/08/06 21:21 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://brightstarmoon.blog5.fc2.com/tb.php/254-205ddcdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。