スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ただ今休暇中

10日ほど前から夏休み旅行中で、あと数日で帰る予定です!

ずっと放置状態でスミマセン。
拍手やコメントなどありがとうございます。後ほどまとめてレス致しますので☆


旅行中にも色々な場所でマイケルを感じることができたので、その話はまたいつか。


相変わらずマイケルは、私も含めてたくさんの人々に勇気や力を与えてくれてますよ(^O^)v



スポンサーサイト
15:34 | MJ&me - 日々のMJ語り | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
MJが願った平和と音楽 | top | 「北風と太陽」のように

Comments

# マイケルの、温もり。
ひまわり の花畑の上に、等身大のマイケルが迎えてくれる。

ここは、六本木ヒルズumu。

「遺品」と言う二文字が余りにも切ないと思いながら、会場に入り、小さな息で、マイケルの温もりを探す。

マイケルが亡くなった後、メモリアルとして数々のDVDが発売され本が出版されました。
その中で、悲し気な顔、向日葵のように微笑む顔、神々しい程の慈悲に満ちた神の顔、男性とも女性とも言える顔、マイケルの様々な顔。

神の舞と言われるマイケルの、宙に浮いているのかと、錯覚させられる程のダンスや、パホマーを思い浮かべながら、マイケルのステージ衣装、楽屋用ガウン、ペプシコーラCMの時に着た衣装、私物、マイケルの手書きのビリージーンの歌詞等。
生前の思い出が展示された会場で、マイケルを辿る哀しみの時間を後に外に出ると、ひまわり のようなキラキラと輝く太陽が、私を迎えてくれました。
私は大きく息を吸い込んで、もう一度マイケルの笑顔を見て、会場を後にしました。

マイケルの温もりは物から伝わる事は無く、自分の心の中に住む、マイケルへの愛が与えてくれ、決して目でみることの出来ない心で感じると言う、大切な事と知りました。

自然と涙が流れ、が滲んでひまわりの花のように見えました。

マイケル、貴方を愛してやまない全ての人々に、天国から、愛の御加護を。

sayuさん、貴女にも愛を…。
私からも感謝の愛を届けたい…。

追伸

マイケルのファンに、リサマリーンが、マイケルのお墓をシルクフラワーの向日葵で、埋め尽くしてあげて欲しい…とメッセージを書いています。

リサマリーンがマイケルの大好きだった向日葵の花を持ってお墓に行ったそうですが、向日葵の花で、お墓を埋め尽くしてあげる程は持ってず、ファンに託したようです。

二人が一緒だった頃、向日葵の花が大好きだったマイケルの部屋を、向日葵の花で埋め尽くしていた…と、リサマリーンは書いていました。

マイケルは、向日葵の花が放つ、力強いエネルギーに励まされ、感謝していたそうです。
by: みみ | 2010/08/24 14:32 | URL [編集] | page top↑
# >みみさん☆
こんにちは!

前回の分と合わせてこちらにレスしますね!
花火の中にマイケルの横顔が見えたり、マイケルの遺品のぬくもりに愛を感じたり。
とても素敵な体験ですよね。みみさんは、本当に心からマイケルを愛してくれていて、彼にシンパシーを感じている。だからこそそういう神秘的な体験もたくさんしているんだと思います!

マイケルは今、幸せですよ。そうに違いないです。彼を悪く言う人の何千倍も何万倍も、いやもっともっと彼を愛している人がたくさんいるということが絶対に見えているはずですから。

それにしても、マイケルという人がどれだけたくさんの人に、愛やぬくもりや希望や夢を与えてくれていたのか、つくづく感じますね。
いまだに私達はそういうものを日々感じているんですもんね。やっぱりスゴイ人です!それしか言えません。

リサ・マリーのヒマワリの話は、ブログに書く時間がなかったので書きませんでしたが、今年の5月ごろにそんな話がありましたよね。その後は、たくさんのヒマワリでいっぱいになったと聞きました。
でも、あれからまた日にちが経ってしまったので、今はどうなのかな?
生花を何千本もすぐに届けた人もいたようですが、リサ・マリーも言っていたように、シルクフラワーなどの方が長持ちするのでいいのかもしれませんけど、そういえば今どうなっているのかちょっと気になります。

お誕生日が近いので、溢れるほどのお花で埋もれさせてあげたいですよねw
あぁ~、近かったらなあー。


畏れ多いほどのお言葉をありがとうございます。
なんだか恐縮してしまいますが、これからも共にマイケルを応援し続けましょう!!
彼の素晴らしさを伝え続けることが自分の使命だと、勝手に思ってます!
それがマイケルへのお礼なのです。

今後ともマイケルともども(図々しい;)よろしくお願いいたします!


by: sayu | 2010/08/25 10:16 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://brightstarmoon.blog5.fc2.com/tb.php/257-e6aa2a9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。