スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

光を掴むか、闇と手をつなぐか。

マイケルのスーパースターとしてのパワーは、自分自身だけじゃなく、周囲の人まで明るく照らしてしまう。
しかも亡くなった今でも。
多くの人がマイケルから光をもらい、今、希望を見つけ始めている。そんな話を今までにも何度となく教えてもらい、ここでも書いてきた。


この何日かこのブログで起こっている出来事も、そんな中の一つなのではないかと感じている。
ほとんどMJオンリーのこのブログで、私はアジアの人気グループ「東方神起」を紹介した。彼らのダンスに惹かれ、そしてマイケルとの繋がりを知ったからだ。
それがきっかけで、東方神起ファンの方々と触れ合う機会を与えられ、たくさんの温かい愛や、信頼、絆、友情などについて考えさせられた。


彼らのファンのみなさんのコメントの中には、ユノ君がキッカケとなり、マイケルのDVDを買ったり初めてちゃんと歌を聴いたという嬉しいお話もあったり、ずっと以前からマイケルのファンでユノ君のファンでもあるという方々もいた。
まるで共通点などないかに見える二つの点が、マイケルという線で結ばれたこと。それが不思議で、そしてとても嬉しかった。


私が今回特にマイケルのパワーを感じたのは、ユノ・ユンホという人の存在そのものに対してだった。

ある日、深い事情など何も知らず、私はユノ君のマイケル追悼パフォーマンスを動画サイトで探していた。それはこの前書いた通り、私が東方神起というグループと、特にユノ君のダンスに惹かれた後のことだった。

あまり綺麗な映像のものは見つからず、シーンも細切れで見づらいものしか探せなかったが、なんとか大体のパフォーマンスは一通り見れたと思う。
彼はマイケルの為に歌い、踊り、心を込めて祈りを捧げてくれていた。
振り付けや演出の違い等どうしても気になってしまったが、元々彼がマイケルのインパーソネーターとして出演したわけではないのだからそれは仕方がないし、マイケルと比べる必要もない。マイケルと同じようにできる人なんてこの世に誰もいないのだから。

音も映像も悪かったので、ライブの細かい部分は伝わらないし会場の雰囲気もよくわからなかった。でも、彼の真剣さ、情熱、そしてマイケルへの想いは画面を通してしっかりと伝わってきた。
間違いなくあの瞬間、マイケルは彼と共にあの場所に居た、そう感じた。


事前のインタビューでユノは答えていた。
『(アメリカのスタッフは)楽しんでくればいいと言ってくださいました。キーが高くて難しい曲なのですごく負担になって、ちゃんと真似ようとしたんですが、お前の姿を見せればいい、それだけ出来れば問題ないよと言ってくださいました。』

U-Know Yunhoは自分のスタイルで、愛と敬意を込めて、"マイケル・ジャクソン"を追悼してくれた。その想いと努力に、私はMJファンとして心からの感謝の気持ちを伝えたい。


ところで、私はこの前の記事でその時のパフォーマンスについて、「彼は絶対に100%じゃなかったと思う。」と書いた。失礼ながら実際そう感じたし、私が初めて見て感動した時のユノ君のダンスや、他のライブ映像で見たステージングとはどこか違って見えた。これは彼本来の実力ではないのではないか?ファンの方には申し訳ないが、そんな疑問が頭をよぎったのもまた事実だ。

あれだけの実力を持った彼なら、もっともっと完成されたパフォーマンスを見せることができたはずだという気持ちを、私は期待も込めて今も持っている。
(マイケル・パフォーマンスに関しては、脳内で全てマイケル映像が細かい部分まで再生されてしまうので、どうしても見る目が必要以上に厳しくなってしまうのです。素人が偉そうにごめんなさい。)


実際にこのコンサートを観たという方々によると、生で体験したステージは本当に素晴らしかったという。
東方神起の活動休止騒動後、久々にファンの前でステージに立ったユノは、神々しいほどキラキラ輝いて見えたそうだ。
このステージにかける彼の並々ならぬ想いや気迫、バンドメンバーのパワー、そして「マイケル・ジャクソン」という存在そのものが放つ圧倒的なオーラが、会場全体を包んでいたのだろうか。

ライブとは、ステージと客席の全員が作り上げるもの。その場に居た者だけが体験することができる言葉では言い表せない「何か」は確かに存在する。幸せと感動の瞬間を分かち合えたのならそれは大成功ということなのだろう。動画サイトの粗い映像だけでユノ君のパフォーマンスを判断し、どうのこうの言う資格など私にはないのだ。


後に、ユノの体調が当日万全ではなかった、ギリギリの状態だったということが発覚したのだそうだ。
急性胃腸炎で入院、病院から会場入り、終了後も救急車で搬送。 そんな状態だったのだという。
そして更に、ユノを取り巻く現実の状況が、実はあまりにもひどく厳しいものだったということを、私は後になって知ることになる。


そして、この日のパフォーマンスについて今回私が一番書きたかったことは、それにまつわるマイケルとユノとを繋いでいた目に見えない不思議な「絆」、あるいは「縁」についてだ。
とてもショックを受け、それが感動に変わったのは、ある事実を知ったからだ。

上にも書いたように、何人ものユノファンの方々が、あの日のマイケル追悼コンサートでの彼の姿が、どれだけ嬉しかったか、誇らしかったかを書いてくださっていた。
それはなぜか?
私はその背景と真実を知り、奇跡的な巡り合わせに驚き、感動した。そして、ユノの人間としての素晴らしい姿勢に、心からの拍手を送ったのだ。


以下、一部その方々の言葉を引用させて頂きながら書いていく。

今、世間を一部で騒がせている東方神起の活動休止問題というのがある。
私はまだ詳しくないのでなるべく細かいことには触れないでおくが、昨年か、あるいはもっと以前から所属会社や家族までを巻き込んで韓国中で大騒ぎになっていた問題だ。


5人のメンバーが、進むべき方向と価値観の違いから2人と3人の二組に分かれてしまった。
それぞれの言い分があり、こういう問題は複雑な法律的要素や利害関係も絡み合っているので、どちらが正しいとか悪いとか、何も知らない素人の第三者が簡単に判断できるものではないはずだ。

しかしそれにもかかわらず、去年のある日、ある噂(2人側を陥れようとする意図的なデマだった)がキッカケとなり、一方的に2人側=ユノとチャンミンが悪い、2人は裏切り者だという方向に世論全体が大きく傾いてしまったのだ。奇しくもその噂の元凶となった日は、2009年6月25日(625事件と呼ばれている)。MJが天に召された日だ。不思議な繋がりを感じずにはいられない。

それからの2人に対する激しいバッシングは、壮絶なものだったらしい。
外に出れば唾を吐かれ、ゴミを投げつけられ、死ね、帰れという横断幕、出演するドラマを見てはいけないという運動、チケットの不買運動…。そしてそれらは家族にまでおよび、外出もできない状態が続いていた。

更に日本側事務所からの2人に対する冷淡な措置により、ユノとチャンミンの2人は、心身ともにボロボロになり、昨年の暮れにはファンが正視できない程変わり果てた姿になってしまっていたのだという。


その状態はまさに、マドンナをして言わしめた、『魔女狩りにあったマイケル』。
そして、バシールのくだらない偽番組の放送後、世界中が一夜にしてマイケルを「犯罪者」「変人」扱いし始めたあの日のできごとそのものではないか?
なぜ、証拠もないのにそこまで人を罵倒することができるのだろう?


ユノとチャンミンの2人はそれでも必死に耐えた。声高に叫ぶことも、言い返すこともせず、ただ黙って耐えていた。信念を捨てず、自分と未来を信じ、愛する人達の為に。


そんな時に、ユノのところへ届いたのが、マイケル追悼公演出演のオファーだったのだ。
それは、真っ暗闇の中に射しこんだ一筋の希望の光だったに違いない。

肉体的にも精神的にもボロボロだったユノは、この大役に大きなプレッシャーと不安を感じながらも精一杯自分の持てる力をぶつけようと決意する。
大好きな歌、ダンス、ステージの上。そここそが自分の場所だと知っていたのだろう。


精神状態が不安定なままのタイトな現地リハーサル、活動もなく何ヶ月も人前で歌っていない状況で、マイケルのスタッフと大観衆を前に、あのスーパースター=マイケル・ジャクソンを演じることへのプレッシャー…。
それら全てを必死に乗り越え、彼はあの日、ステージに立ったのだ。そしてみごとにやり遂げたのだ。


ステージの上、最後にユノはこう挨拶した。

『僕の心の英雄のマイケルジャクソンさん、僕にこんな風にチャンスをくれてありがとうございます。とてもプレッシャーを感じた時もありましたが、こんなに寒い中、ミュージシャンの方々、ダンサーの方々、そしてここにいらっしゃるみなさんのお陰で、無事に公演を終えることができました。天国にいらっしゃるマイケルジャクソンさんもきっと喜んでくださっていると思います。』


その時参加した方々のいくつかのコメントを。

『気迫とオーラがものすごくて。まさに神でした。』
『ユノはキラキラと輝くオーラに包まれていました。』
『マイケルの音楽と会場全体が一つになり、とても神秘的で楽しい時間を過ごすことができました。』
『マイケルが、あの会場にいてくれたような気がします。』


これらの話を聞き、私は思った。
あの日、マイケルがユノに手を差し伸べたのだと。
光を注ぎ、彼を包み込み、エールを送ったのだと。
まっすぐな心で頑張っている心優しき努力家の彼に、マイケルは絶対に力を貸したのだと思う。
そして、ずっとユノを愛し応援し続けてきたファン達の目には、ハッキリとそれが見えたに違いない。

― 僕にこんな風にチャンスをくれてありがとうございます。―

ユノ自身も、それに気づいていたのだろう。マイケルという大きな存在が、自分に与えてくれた光の意味を。

同じような苦難に直面した者だけにしかわからない苦しみと葛藤。
そして、それが意味するもの。

『乗り越えられない苦難を神様は与えない』

『どんなに苦しくても下を向いたら駄目。まずは笑ってみよう。
僕はいつもそうしています。』


― By Yunho



若いのに、スゴイ人だな。

これほどの逆境の中でも、弱音を吐かず笑顔で日々努力している。
人を思いやる気持ちをいつも忘れない。
彼が、人間としても多くのファン達に尊敬され続けている理由が、よくわかった。


今もまだまだ不安定な彼らの周囲、不安もたくさんあるだろうが、彼を見ていると大丈夫だろうって思える。
きっと乗り越えられる。そして更に大きくなった姿を見せてくれるに違いないと信じている。
強い人。優しさと強さは、やっぱり比例するものなんだね。


私も彼を、尊敬します。
こんな素敵な人がいたんだなぁ。



*****************


真実はどこにあるのか。今、彼らとファン達はそれを探している。

ただ言えることは、見たくないものから眼を背けていては、何も解決しないということ。
苦しくても、辛くても、それに真正面から向き合わなければならない時があり、そうしてはじめて、明るい光が見えてくるんだと思う。

「大切なもの」を見失ったままの日々なんて虚しいだけだ。逃げてばかりでは、絶対に幸せになんてなれない。
誰かのせいではなく、自分自身で全てを負う覚悟が必要だと思う。

心の平安は、正しい場所にしかない。
誰もが心から笑える日が来ることを、最近彼らの一ファンになった者として願っている。


どうか、明るい未来を。






拍手、コメント、たくさんありがとうございます。
今はお言葉に甘えて、こういう形でのレスになってしまいます。落ち着いたら、またゆっくりと皆さんともお話したいです。いろいろ教えてくださいね!

文章を引用して使わせていただいた方々に感謝を。

みなさんの温かい愛にも。





スポンサーサイト
17:45 | MJ&U-Know | comments (43) | trackbacks (0) | edit | page top↑
You Are Not Alone | top | ファンの想い。そしてMJ

Comments

# MJとユノと東方神起
sayuさん 今日は二回目ですが~語らせて下さい! MJは 唯一の存在です!彼のような天才は 現れないでしょう~! 完璧主義者 努力の人!音楽に妥協を許さない! 様々なバッシングの時も 私は家族に 彼の音楽を聴いたら~彼がどんな人か分かるでしょう と言いました! ユノは MJを尊敬し 目標としてます! でも ユノは 東方神起の中で 最高に 輝く人物と 感じています!
私には 事務所がどうの家族が~こうのは 関係ないのです! 彼らが 自由に愛する歌を 歌える事! 愛するファンの前で! 理想は5人で ダンス~ ハーモニー です!
その日まで それぞれに応援し 見守る事が 今の私に できる事です!
sayuさんありがとうございます!
by: yuki | 2010/09/22 19:36 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2010/09/22 20:58 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2010/09/22 21:21 | URL [編集] | page top↑
# sayuさん ありがとう…
また 鳥肌 & 涙です…v-406
私が 世界中の方に(←大げさ^^;)訴えたいことのすべてを
ここで お伝えいただけたような気がします。
ありがとうございます。
Michael Jackson が Yunhoを 見守り 導き 
そして 彼から偉大なパワーをいただけたこと…もう疑う余地がありません。
信じてきてよかった。
私は間違ってなかった。
Michael Jacksonさんにも ユノにも sayuさんにも
感謝の想いでいっぱいです。

To Michael Jackson in the heaven

 Please defend our Precious Yunho by your big love.

 We also pray for the success and the happiness of Yunho.
    
 And, we always hope his smile.

 I wish always to express my gratitude to you.


また サイトで紹介させていただきますね(^_-)
いつも ありがとうございますv-352
by: midomido | 2010/09/22 21:49 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2010/09/22 22:12 | URL [編集] | page top↑
# 祈り
sayuさん、素敵な記事をありがとうございます。拝読して今一度、号泣いたしました。胸が一杯で言葉が見つかりません。ただただお礼を申し上げたくて、コメントさせて頂きました。マイケルさん、感謝を込めて日々の祈りをあなたに捧げています。どうかどうかこれからも、茨の道を歩みながらそれでも人々に笑いかけるユノさんを見守ってくださいますよう、よろしくお願いいたします。本当にありがとうございます。心を込めて‥
by: tear | 2010/09/22 22:19 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2010/09/22 22:24 | URL [編集] | page top↑
# ありがとうございます
何度も繰り返し読ませていただきました
昨年から続く理不尽な流れに苦しむユノを見てきた私には本当に嬉しい記事…(>_<)
書いては消し、うまく言えないのですが…sayuさま本当にありがとうございます。
by: yuuumi | 2010/09/22 23:06 | URL [編集] | page top↑
# はじめまして
midomidoさんからの紹介で、コメントにやってまいりました^^
いくつか、読ませていただいて、マイケルに対して違う感じでとらえていたこともあるのに気が付きました。
やはり、報道のコワサは変わらないものですね。

MTV世代で(笑)どちらかというとプリンス派でしたが、あの頃知らない人でも知っているマイケルでしたね。
ユノが、トリビュート公演をすることになるなんて、感慨深かったです。まだまだ伸びていくであろう彼を応援するのは、とても楽しみであり、またいつかマイケルを再演してくれる日もあるかも♪
これからも、ユノの活躍を見ていただければ嬉しいです。
by: lisa | 2010/09/22 23:13 | URL [編集] | page top↑
# 天国のマイケルへ・・・
涙が止まりません・・・
久しぶりに声を上げて泣いています。

マイケルがユノを救ってくれたんですね。
今、ユノがあんなに素敵な笑顔でいられるのはマイケルが
手を差し伸べてくれたからなんですね・・・

あんな辛い時期にマイケル追悼公演のオファーがあるなんて
マイケルの仕業しかないですよね。。。

私もあの場にいてプレッシャーと戦いながら
輝いているユノを見ました。
昨年の暮れに見た引きつった顔、
浮腫んだ身体のユノとは別人でした。

ユノはマイケルから前に進む力を貰ったんですね。

Michael Jackson

ユノを助けてくれてありがとう!
ユノに笑顔を戻してくれてありがとう!
ユノにダンスの喜びをくれてありがとう!

Michael Jackson 、本当にありがとう。
  
by: green | 2010/09/22 23:19 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2010/09/22 23:22 | URL [編集] | page top↑
# 祈り…
心の平穏は正しい場所にしかない…
おっしゃる通りですね。
何が正しくて何がそうでないか。
裁くのは、結局は自分自身なのだと思います。
世界中が敵に回ってしまったかのような闇の中でも
心に信じるものがあれば、必ず光が当たる。
愛するユノ・ユンホに手を差し伸べてくれた偉大なアーティストに
深い感謝と祈りを捧げます。
素晴らしい記事をありがとうございます。
ブログで紹介する事をお許し下さいませ。
by: るにるに | 2010/09/22 23:37 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2010/09/23 00:57 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2010/09/23 01:14 | URL [編集] | page top↑
# ただただありがとうございますの一言です。
一言一言が心に染み渡りました。
こちらのブログは世界中の東方神起ファンが訳すまでになっています。韓国の東方神起ファン・ユンホファンもとても感動していました。

私はマイケルのエンターテイナーとしての姿勢がとても好きです。とかくアーティストを語る人はひとつ間違うと自己満足に陥りやすいものです。マイケルのステージにしろMVにしろ今からみてもマイケルは表現者として自己満足にとどまる人ではなかった。常に観客の存在を考え置き去りにすることなく、唯一無二の自己表現でひとつ上の世界に連れて行ってくれる人だったのだなと思います。アーティストとよばれるミュージシャンは多々いるけれど、エンターテイナでアーティストのミュージシャンであるマイケルのような人は、いままでのところ他にいないのではないでしょうか?(マドンナやガガはそういう分類にはいるのだろうか?)

私がユノがすごいと思うところは、マイケルに通じる徹底したエンターテイナーとしての意識です。日常でどんなことがおこっていようが、微塵もそうしたものはみせず、常に東方神起としてのプロとしてのプライドをもって高いレベルのパフォーマンスをお客さんのためにみせる。そうした意識と常に謙虚でいよう努力をしよう普通でいようとする精神力でしょうか?本人は尊敬する人はマイケルジャクソンといっているので、もしかするとそうしたメンタルな部分も知らず知らすにプロ意識の高いマイケルをめざしているのかもしれませんね。
残念ながらマイケルのときはとまってしまったけれど、こうして後に続こうとする人がいるということは、マイケル本人のしらないところでつながっていく人間の縁の不思議を思います。
まだまだユノにとって東方神起にとっていろいろな苦難があるようですが、ぜひ夢にむかって切磋琢磨していってほしいです。私のようなファンはそうした姿からまた元気をもらってます。これも不思議な人間の縁ですね。

こちらのブログを知ることができたのも不思議な縁。これからもよろしくおねがいいたします。長文失礼しました。
by: toriko | 2010/09/23 01:25 | URL [編集] | page top↑
#
先日はコメントに返信をして下さってありがとうございました!

ここ数日間の出来事~ユノファンの来訪~に驚いていらっしゃる
かと思いますが、今色々と世間が騒がしい時期にsayuさまの記事
に出会えたことが、ユノファンにとって本当に一筋の光に思えた
のではないでしょうか。

MJファンの方にユノを評価して頂けた喜びと、きっと皆が探し
求めていたことの答えが、sayuさまの記事の中にあったような
気がします。

sayuさまのMichaelへの思いも拝見して、ファンのあり方について
気づかされたと同時に、これからもユノがステージで輝き続ける
ことができるよう、いちファンとして支えていきたいと
あらためて思いました。ありがとうございました。
by: さとりょう | 2010/09/23 01:36 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2010/09/23 02:35 | URL [編集] | page top↑
# ありがとうございます
sayuさん、こんばんは

今回のタイトル、ドキッとしました。
普段私が考え続けてきた事だったからです。
輝けば輝く程に、その影は深く濃くなっていく。
光と闇は常に背中合わせです。
マイケルや東方神起があまりに輝いていたから、避けきれない程の強い闇が襲ってきたのだと思っています。
その闇は誰かから見れば一見ひどく優しく、楽で甘いけど、恐ろしいしっぺ返しが待っている。一方他の誰かから見れば嘘で塗り固められている。

けれど真実の輝きはどんな闇にも飲み込まれる事はない。
そして、今回sayuさんという方が一つの闇を白日の下にさらして下さったおかげで、また少しユノを覆う闇が薄くなった気がします。ユノペンの気持ちが軽くなれば、ユノの気持ちも軽くなると思うんです。ファンは自分の鏡であると言ってくれた人だから。
今回の記事、何度読んでも涙が止まりません。
闇は負の感情を生み、光は正の感情を生む。
生きている限りどちらからも逃れられないもので、
光はどうしたって闇を呼び寄せてしまうけど、
仰る通り、心の平安は正しい所にしか存在できないと思います。

sayuさんへ。ありがとう。
マイケルへ。いつも家族でMVを見ています。何度見てもすごすぎて口ぽかーんと開いたまま。天国でどうか幸せで。ユノに手を差し伸べてくれてありがとう。きっとユノはあなたの遺志を継ぎ、その想いはまた誰かに継がれていくんだと思います。
ユノへ。愛しています。傷ついても相手を責めず、弱きを助け、立ち止まる事なく努力し続けるあなたに幸多からん事を。
長くなってしまいすみませんでした。
by: しろくろ | 2010/09/23 04:37 | URL [編集] | page top↑
# ありがとうございます
ユノが尊敬するマイケル・ジャクソン‥、そしてそのマイケルのファンである方がこんなにユノを理解し見守って下さっている事が本当に嬉しくて ありがたくて、胸が熱くなりました。
素晴らしい記事をありがとうございました。

私も、マイケルがユノを救い導いてくれたのだと感じます。マイケルに感謝と祈りを捧げたいです。
すべての事には意味があるのだと感じています。
by: shiy | 2010/09/23 04:48 | URL [編集] | page top↑
# はじめまして・・・・
ユノを心から愛するファンのひとりです。

なんか嬉しいのと感動と・・・・
言葉では言い尽くせない感謝の気持ちでいっぱいです

本当に 本当に ありがとうございます

心をこめて・・・・
by: namy | 2010/09/23 17:22 | URL [編集] | page top↑
# 感謝です
sayu様、また涙しながら読ませていただきました。
ユノへの思いはいっぱいあるけれど、なかなか言葉にしたり文章にすることが難しくて、いつももどかしく思っていましたが、
sayu様がユノペンの思いを代弁してくださったようでとても嬉しいです。ありがとうございました。


by: bakopa | 2010/09/23 18:20 | URL [編集] | page top↑
# ありがとうございます
sayuさん、はじめまして

私はユノファンです。
マイケルのことは何も、ほんとに何も知りませんでした。
なんとか顔がわかる程度でした。

ユノがマイケルの追悼コンサートに参加するということで、マイケルのDVDをみたり、CDを聴いたりして勉強しました。初めてのマイケルの声、ダンスにビックリしたのを覚えてます。
ずいぶん前の曲だろうに、とても新鮮で、すごい曲ばっかりで、今でもよく聴いているんですよ♪
DVDで、マイケルが登場して、ただ立ってるだけなのに、興奮して、失神してどんどん運ばれていくファンの姿を見て、私もユノケルであんな風になったらどうしよう~・・と、心配したものです(笑)
マイケルの曲を歌って踊るユノは、本当に輝いてました。
輝きすぎて、やっぱりユノは、手の届かない、遠い存在・・ってのを思い知らされて、少し淋しくなりました。それぐらい輝いてたんです☆

マイケル、本当にありがとう。
sayuさん、感動の記事をありがとうございます。
何回読んでも、涙、涙です。
ユノペンはもちろん、世界中の人に読んで欲しいと思います。

マイケルとsayuさんに感謝します。
by: ゆのるん | 2010/09/23 23:46 | URL [編集] | page top↑
# はじめまして
 東方神ファンの方のブログから着ました。
sayuさん、ユノのこと、東方神起のこと、取り上げてくださってありがとうございます。
 そうか、マイケルがユノに手をさしのべてくれたのね・・・
 それなら、なんだかもういろいろ大丈夫な気がしてきました^^
 なんだか、書くことがまとまりませんが
とにかく!sayuさんの記事に感動して、ありがたくて、涙がでて・・・思わずコメントさせていただいた次第です。
これからも、ユノのことも見ていてくださいね。
by: riko | 2010/09/24 07:02 | URL [編集] | page top↑
# ありがとう
今日も素敵な記事をありがとうございます。
そしてマイケルにもありがとうといいたい。

私も、ユノのマイケル追悼講演を見に行きました。参加された方みなさんの言葉通り、本当にオーラが凄かったんです!いろいろ辛い状況を目の当たりにしてきて、ファンも心を痛めていた矢先にあのステージを見て、逆にユノに励まされてしまいました。

ユノにはマイケルが背中を押してくれているように感じたのかもしれませんね。そんなユノの姿が見れて感動でした。
by: なのん | 2010/09/24 12:20 | URL [編集] | page top↑
# ありがとう・・・
本当にありがとうございます。
改めて涙が出てきました・・・

マイケルがユノを救ってくれた・・・本当にそうだと思います。
ユノに出会えてユノを好きになって良かったと思います。
そしてユノのおかげてマイケルという人の人柄も知ることができました。

本当にありがとうございます。また紹介させてくださいね(*^_^*)
by: ゆのまこ | 2010/09/24 22:52 | URL [編集] | page top↑
# はじめまして
Sayuさま、ユノブログからこちらに参りました。
私みたいなユノファンが多数訪問して、さぞかし驚かれていることと思います。
今回の記事は、途中で涙で読めなくなり、ひとしきり泣いてまた読み返させていただきました。
もう、宝物のようにずっと大切に持っていたい記事です!
私はMJの踊りが大好きで、小さい頃からMoon walkや、BEAT ITのダンスを真似したりしておりました(もちろん上手く踊れませんでしたが…)
ユノを好きになったのもダンスを観てからなんです。
Sayuさんがおっしゃってくださったように、MJが天国からユノに手を差し伸べてくれたんですね!
絶対そうです!

急に寒くなりましたが、お風邪など召しませんように!
これからも、ちょくちょく訪問させていただきます。
素敵な記事ありがとうございました!
by: ユノリエ | 2010/09/24 23:12 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2010/09/25 13:18 | URL [編集] | page top↑
# 涙
はじめましてsayuさん!
ユノブログで いつもコメント下さる方から『ぜひ読んで!』と紹介されました
最後まで読めないほど 涙がでました(ToT)

私達は 全身全霊をかけてこれからもユノを 東方神起を応援し 守っていくつもりだけど やっぱり心ない人達の言葉や行動に ユノ達が 傷つくと 悲しくて気持ちが なえてしまう時が あります

でも こんなふうに思って下さる人がいる! それだけで 頑張れます!

本当にありがとうございます!

ユノ達本人に このブログ みせてあげたいです↑↑↑
by: ゆのこ | 2010/09/25 19:01 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2010/09/26 01:30 | URL [編集] | page top↑
# >ユノユノさん☆
こんにちは。コメント拝見しましたが、一部来訪者の方々を不快にする内容がありますので、私の判断で非承認とさせて頂きますことをお許しください。

内容についてですが、中高生の頃からずっとマイケルファンでいる者として、おっしゃることはよく理解できます。ライブで見た感動は忘れることなどできません。唯一無二のマイケルのパフォーマンスは絶対に誰にも真似できないものだし、それが神の領域であることは、見た者は誰しも疑う余地なく認めるところであり、このブログでもずっとそのことを書き続けています。
今更言うまでもなくその思いは変わることなどありえません。マイケルを超える人など今まで見たことないし、これから先もおそらくずっと現れないでしょう。

そしてそんなことは、既に世界中の誰もが承知していることですよね。ファンとかファンじゃないとか関係なく。比べること自体が、無意味なんです。

もちろん、ユノ君のファンの方々だってマイケルが特別だということなんてわかってると思いますよ?
その上で、また別の次元で、それぞれの思い入れがあり、ユノ君のオーラを感じ、感動したのでしょう。
それぞれの感性に対して、他人が「それは違う」と判断するのはおかしいと思います。感じ方は人それぞれですからね。誉め方の表現だって自由なはずだし、いちいち大げさに反応するような問題じゃないと思いますが。
今の時代、ちょっとしたことでも「神」と形容するのが普通に流行ってますから。


それから、「簡単に誉める」なんていわれるのは、甚だ心外です。
そうではないことは、一連の記事の流れを通して読んでいただければおわかりいただけると思うのですが。
私の文章力の欠如かもしれませんが、そんなつもりは一切ありません。

「呪文」などを通して彼らの才能を知り、素晴らしいと思い、もっともっと活躍するべき人達だと思いました。
そして、意外なところでマイケルと繋がりがあったりして調べていくうちに、特にユノ君の人間性にも惹かれました。その上で、彼の才能や姿勢を素晴らしいと書いているんです。

追悼コンサートでの出来に関しては、初めて東方神起のことを取り上げた最初の記事からずっと、あれは本来の出来じゃない、と書いています。
残念ながら全然違うことは見ればすぐにわかりますよ。

それでも、ある事実を知り、感動し、彼に感謝し評価したいという想いから書いた記事です。
その辺りのことについては、単なる思い込みだと感じる人もいるかもしれませんが、自分の感じたことを書くのは自由ですからね。


というわけで、私は自分の信念を持って書いているのであり、いい加減に「簡単に」誉めたつもりなど全くありませし、その点は譲れません。

マイケルの素晴らしさを知ると、何を見ても厳しくなってしまうのはマイケルファンの性でしょうが、私はこれからも自分好みの才能ある人達を見つけ応援し続けていきたいです。

ユノ君のダンスには人を惹きつけるものがあります。あれは彼の持つ特別な才能だと思います。私は大好きだし、彼の未来には期待しています。


それでは、ご意見ありがとうございました。
by: sayu | 2010/09/27 11:51 | URL [編集] | page top↑
# >VICKさん☆
こんにちは。

教えて頂いた記事、読ませていただきました。
驚きましたよ、あそこまでヒドイ環境だったとは!
何年間もよく耐えましたよね、彼ら。会社のやり方は絶対に普通じゃないと思いました。

でもなぜ、彼らは分かれてしまったんでしょうね?同じ目的で同じ相手を対象に闘うことができなかった大きな理由、原因があるんですよね?
きっと、それこそが大事な部分だと思うのですが、今はまだ真実が全てはわかっていない状況なんですよね。

一般のニュースでも、暴力団がどうとか、化粧品会社がどうとか騒がれていますが、何か闇の奥深い、危険な匂いがプンプンとしてきますね・・・。

彼ら5人はそれぞれが才能のある、夢を持った青年達なのに、なぜ彼らの未来がこんなことになってしまったのか。それを考えると、一音楽ファンとしてとても残念で悔しくてなりません。
全てがクリアになって、彼らが笑顔でやり直せる日が来てくれることを、今は見守るしかないのでしょうか。

バッシングも、ユノ君とチャンミン君ばかりではないというのは知っていますし、世の中そういうものですよね。どちらにも言い分があり、どちらにも反対派と賛成派がいる。
真実を知らされない限り、不毛な争いは終わらないのでしょう。
本来なら、ファン達は対立するべきではないと思います。それは理想論なのでしょうが。

根本的にハッキリと悪いと分かっている原因そのものが、非を認め、謝罪し、心を入れ替えない限りは、解決の道はないように思えます。それは誰で、そしてその気はあるんでしょうか?

事務所側に残った二人、出ていった三人、それぞれが連係プレーで上手いこと解決してくれないでしょうかね?

私自身も、東方神起という5人の素晴らしいグループを知ったことが嬉しかったので、今現在その存在がないという現実がなによりも残念です。
これから先も、事態を見守っていきたいなと思っています。

いろいろな情報、ありがとうございました!
またよろしくお願い致します。


by: sayu | 2010/09/27 12:45 | URL [編集] | page top↑
# この記事を紹介させていただきます
かちかじゃの掲示板でこちらの記事を知り、読ませていただいています。
今日は、この記事を私のブログで紹介させていただきました。
よろしくお願いいたします。
by: サラ | 2010/10/29 11:59 | URL [編集] | page top↑
# >サラさん☆
サラさん、こんにちは。

読んでいただきありがとうございます!ブログでの紹介も了解いたしました。
サラさんがお書きになった韓国語のニュース記事を、私も使わせていただき、感謝しています。
こちらこそ、今後ともどうぞよろしくお願い致します!

それではまた☆
by: sayu | 2010/11/01 09:55 | URL [編集] | page top↑
# ありがとうございます
初めまして。
検索で辿りつき、拝見しました。

涙が出て、ありがとうという言葉しか思い浮かびませんでした。
いろんな複雑な状況の中で、ファンは荒んでしまいました。。。
とてもとても疲れています。

この記事に出会って、MJのファンの方がユノをそのように感じてくれたことに感謝し、泣いてばかりいてはいけないと、あらためて大切な事を思い出しました。

私のブログでも、是非この記事を紹介させてください。。。
お願いいたします。


by: Jeane | 2010/11/02 11:27 | URL [編集] | page top↑
# >Jeaneさん☆
はじめまして!

彼らと出会い、才能と実力を知り、私はすっかり彼らのファンになりました。
ところが、よくよく調べてみると、彼らは既にとんでもない状況に陥っていたんですね。
ずっとファンだった方々の比ではないと思いますが、私もショックでしたよ。
本当にもったいないし、なぜこんなことになっているんだろうと気になって色々と調べてみたりしています。

そうして今、ユノを応援したい気持ちでいっぱいです。
元々、彼の魅力的なダンスパフォーマンスに心臓を射抜かれたのですが、その後色々明らかになっていく事実の中で、より一層その気持ちが強くなりました。

この記事に書いた通り、ユノは必ず光を掴むに違いないと信じています。苦難にも中傷にも負けずに前を向いて頑張っている姿がマイケルと重なり、本当に素敵だなあと思います!

記事の紹介の件は、了解です!コメントもありがとうございました☆
by: sayu | 2010/11/02 13:41 | URL [編集] | page top↑
# ありがとうございます
 私はユノペンです。いろんな方の色々なご意見や記事、全部とは言い切れませんが読ませていただいてます。
マイケルは、私のまさに青春時代で素晴らしいアーティスト、素晴らしいダンサーそしてとても優しいガラスの様な心の人物だと想っています。
 ユノがマイケルを尊敬している事はみんなが知っている事でしたが、本当にあのつらい時期に・・・彼にとっても、私たちファンにとってもどんなにありがたかったか。まさに一筋の光でした。正しい生き方をしていれば、報われる、まだ若い彼の生き方に教えられたようなきがします。
 そしてSayuさま、素晴らしい記事を読ませていただき涙、涙がとまりませんでした。本当にありがとうございます。コメントも全てよみました。
 みんなが、1日も早く幸せになる日が来るようにと願っています。
by: mey06 | 2010/11/03 10:27 | URL [編集] | page top↑
# >mey06さん☆
こんにちは。

ユノという人がMJをどの位尊敬しているのか、私は全く知りませんでした。
追悼コンサートに出演するのが東方神起のメンバーだと聞いた時も、当時はまったく興味も感じなかったんですよね。全ては、ユノを知った後からでした。

若いダンサーのルーツを辿っていくと、ほとんど全てといっていいほどMJに繋がっていくので、ダンスがあれほど上手なユノも、マイケルを尊敬していないはずはないなとは思いましたが、これほどまでにマイケルの存在が大げさに言えば彼の人生に影響を与えていたことは驚きでしたし、胸が痛くなるほどに感動しました。

私は、ユノに出会えてよかったと心から思っています。彼を通してまた、マイケルの存在の大きさを日々実感しています。
ずっと素敵な笑顔が見ていられるように、応援していきますよ!
コメントありがとうございました☆

by: sayu | 2010/11/04 09:56 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2011/10/08 23:55 | URL [編集] | page top↑
# Re: 非公開・ち**さん☆
> ち**さん
はじめまして。MJファンだった方がユノファンに!私と同じですね!

最近東方神起ファンになったということですが、とても嬉しいです。
彼らの圧倒的なパフォーマンスと謙虚で努力家な姿勢には驚かされることばかりで、本当に素晴らしい人達だなと思っています!必然的にファンが増えていくんでしょうね。

> 頭の中が混乱している―

よくわかります。私も未だに混乱していますよ。
双方のファンの言い分も望んでいることも全く違うので、いったい何が本当のことなのかわかりませんよね。
私もファンになりたての頃から今まで、色々な情報を調べたりしましたが、どんどん深みにはまるばかりです(苦笑)もうお手あげ状態です^^;

ファンにできることは応援することだけ!他のことはもう専門家に任せて、頑張っている彼らをひたすら応援すること、それが一番彼らが喜ぶ事だと思うし、支持しているということを良い形で伝えられる最良の方法だと思っています!

マイケルの裁判が今行われている最中ですが、私の結論としては、どちらの問題もあまりにも複雑過ぎて、当人たちでさえ、ましてやファンになど手に負えるはずがない「とんでもない」問題であるということです。
それほど奥深い欲や思惑が周囲に渦巻いているということです。

だから、とにかくこの事態についてファンが一緒になって騒いだり事を荒立てるような行動は絶対にすべきではないと、今まで見てきてそう考えています。
ファンによる行き過ぎたバッシング合戦や、贔屓の人を愛するあまりの過剰な行動が事態を悪化させ、余計に彼らを苦しめ、事態を混乱させてしまったという面は間違いなくあると思います。

ち**さんも、落ち着いて静観なさることをおすすめします!そして、頑張っている東方神起を温かく見守り応援してあげて下さい!
彼らが、ファンやお世話になっている人達、そして自分自身の夢の為に健気に頑張っていることだけは疑いのない事実なのですから!!^^

この記事はもう1年ほど前に書いたものですが、ユノがバッシングに苦しんでいたこと、マイケルに救われたこと、そして必死に努力して何とか前向きに頑張っていこうとしていた彼の真摯な姿を知って、感動して、そんなユノをずっと応援していきたいなという気持ちから書いたものです。
賛同していただけて、とても嬉しいです。

色々な噂や心ないバッシングがあっても、ユノは、そしてチャンミンも何も間違ったことはしていない。そのことは自信を持って言えます。
どうかこれからも、2人を応援してあげて下さいね!!よろしくお願いいたします。
彼らのような才能に出会えたことに私は感謝していますし、ち**さんにもそうであってほしいと思います^^

ユノの素晴らしさを、どうかお友達にも紹介してあげてください!!
ということで、もちろん「OK」です!!

よろしくお願いします!!ありがとうございました^^

by: sayu | 2011/10/09 10:34 | URL [編集] | page top↑
# とんちわ~
過去記事にコメしてごめんなさ~い(-_-;)

また泣いてしまいました・・・
by: rui | 2012/02/04 16:04 | URL [編集] | page top↑
# Re: ruiさん☆
> ruiさん

とんちわ~~♪(笑)

過去記事にまでコメしていただいて嬉しいです!ありがとうございます。
こういう日々があって、今の輝いているユノがいるんですね。
忘れられない大切な思い出。
私にとっても、ユノとマイケルを繋いでいる大切な記憶です。

by: sayu | 2012/02/06 12:59 | URL [編集] | page top↑
# 初めての…
初めまして。ton関係のブログより辿り着きました。この記事を読ませて頂き、泣いたら鼻血が出ちゃった(≧∇≦)! MJは、私が生まれて初めて買ったCDです(♪ビリジン)。レコードから切替わった時代です。初代ウォークマンの発売と同時に買いました。とても縁を感じます。一方、東方神起は5人時代には特に関心を持たなかったのですが、2人になって再STARTしたときの気迫にヤられました。日本のアイドルには無いパワーです。MJも、当時中学生の私には衝撃でした。PVはメッチャ観ました…懐かしい。今更デスが、記事を読んで懐かしく想い出に浸れましたので御礼まで…ありがtonございました❤。
by: ジェイソン | 2015/03/27 23:06 | URL [編集] | page top↑
# Re: ジェイソンさん
ジェイソンさんへ

こんにちは。コメントありがとうございました!
5ヶ月後の返信・・・、遅すぎて忘れてますよね、きっと;

MJも東方神起も素晴らしいですよね!
人生を賭けて真剣に取り組む姿って、なんて人の心を打つのでしょう!
記事を読んで喜んでいただけて、嬉しいです。
これからも音楽を愛していきましょう! ありがとうございました!!
by: sayu | 2015/08/28 11:44 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://brightstarmoon.blog5.fc2.com/tb.php/268-dc5ffd58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。