スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

まずは自分から変えよう、というメッセージ

2009年6月25日。マイケルはこの地上から姿を消してしまった。
私は、死んだとか亡くなったとかいう言葉を使いたくない。
でも、どうしても文章にする時には「亡くなった後~」等という表現を使ってしまう。それは状態を表す言葉としてわかりやすいからというだけであって、本当はマイケルがいなくなったなんて思っていない。
マイケルはただ私達が生きているこの地上から姿を、目に見える肉体を消してしまっただけで、彼の魂も精神も愛も言葉も、ずっと今までと変わらず、同じ場所にあると信じている。

その証拠に、彼のメッセージは今も尚、より多くの人に届き始めている。そして、そんな彼のメッセージや生き方そのものに救われたり、新しい何かを受け取った人達がどんどん増えている。
そういうものを目にした時、マイケルはやっぱり特別な人であり、多くの人が言うように「神様からのギフト」であり、つまりは「天使」だったのかな、なんて思うのだ。


インタビュー嫌いだった彼は、その時々の自分の思いを、何分間かの詞やメロディーに籠めて私達に届けてくれた。
その中でも特にメッセージ性の強い曲というのが何曲かある。
「We are the world」以降、マイケルの平和や救済への思いはより一層強くなっていったと言われているが、アルバム「BAD」の中の1曲「Man In The Mirror」を聴いた時、それを強く感じた。

この歌は、歌詞も曲もマイケル作ではない。「BAD」では全11曲中9曲がマイケルの自作なのだが、この曲とスティービーとのデュエット曲「Just Good Friends」だけは違うのだ。

マイケルは、「スリラー」の異常ともいえるセールスの後、そのスーパーなプレッシャーの中で次のアルバム「BAD」の制作に取りかかった。あの完璧主義者のマイケルが、こだわりにこだわって約5年もの歳月をかけて作り上げたアルバムの中の11曲。
いつも何百曲という候補作の中から選んでいたらしいが、そうしてマイケル自らが納得して選んだ曲には、いくら自作曲ではないとはいえ、マイケルの強い思いとメッセージが重ねられている。
映画「This is it」でも見せたように、曲の微妙なニュアンス、リズムの一つ一つにまでこだわってマイケルの気持ちが籠められているのは間違いなく、彼のその後の生き方と共に、ものすごく胸を打つ作品になっている。

アルバム「BAD」の中でも私は特にこの曲が好きで、昔から誰かに聴かせる時には必ず「7曲目のマン・イン・ザ・ミラーって曲、すごくいいよ!」と自慢げに言っていたことを思い出す。


I'm Starting With The Man In The Mirror
I'm Asking Him To Change His Ways
And No Message Could Have Been Any Clearer
If You Wanna Make The World A Better Place
(If You Wanna Make The World A Better Place)
Take A Look At Yourself, And Then Make A Change


僕は鏡の中の自分から始めるよ。
鏡の彼に変われと言うんだ。
これより明確なメッセージは他にない。
世の中をより良い場所にしたいなら、
自分自身を見つめ、自分を変えることさ。



(訳:大西恒樹氏 ※下にお借りした動画内の訳者の方とは異なります。)




前にも書いたが、オバマ大統領の、"Change!" を聞いた時、マイケルのこの叫びがまず浮かんだ。
黒人としての壁をいくつも壊し、世界を大きく変えた功労者の一人には、間違いなく"Michael Jackson"の名前が輝いているはず。

どんなに自分が傷付けられても、最期まで、愛と平和を訴え続けたマイケルのメッセージを、絶対に忘れてはいけないし、伝え続けなければいけない。

We always love you,Michael.


バッド(紙ジャケット仕様)バッド(紙ジャケット仕様)
(2009/07/08)
マイケル・ジャクソンクインシー・ジョーンズ

商品詳細を見る





Man In The Mirror


僕は変化を起こすんだ。
僕の人生で、一度きりのね。
さぞいい気分だろう。
違いを生み出すのさ。
正しいことをするんだよ。

お気に入りの冬のコートの
襟を立てても
風が心に吹き込んで来る
十分な食べ物もない
路上の子ども達を見て
見ないふりをする僕は何者なんだ?
助けが必要なのに気づかないふりをして。


夏の忘れ物、
壊れた瓶の頭
そして孤独な人の魂
どれも風に吹かれ、
互いについて流されるだけ
彼らは自らの意志で行くあてがないから
だから知って欲しいんだ。

僕は鏡の中の自分から始めるよ。
鏡の彼に変われと言うんだ。
これより明確なメッセージは他にない。
世の中をより良い場所にしたいなら、
自分自身を見つめ、自分を変えることさ。


僕は自分勝手な愛に
とらわれていた。
もうそろそろ気づくべきなんだ
家もない人たちがいて
5セントも借りられない人がいるのに
誰かが助けるから大丈夫だなんて、
思い込もうとしているのが本当の自分なのか?って

深く傷ついた柳の樹、
誰かの傷ついた心、
そして敗れ去った夢
どれも、決まりきった風の流れに
ただ吹かれ、揺れているだけ。
だって彼らは、自分の居場所すらわからない。
だから僕は自分から始めるのさ。


僕は鏡の中の自分から始めるよ。
鏡の彼に変われと言うんだ。
これより明確なメッセージは他にない。
世の中をより良い場所にしたいなら、
自分自身を見て、自分を変えることさ。



(訳:大西恒樹氏より抜粋)





スポンサーサイト
16:28 | genius & works | comments (7) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ご連絡☆ | top | 「真実」とは。

Comments

# Make A Change .
sayuさん、アンニョン!

この曲はもちろん何度も聞いてきたのに…
今ほど心に沁みた事はありませんでした。
動画のマイケルの神々しいほどの美しさに
言葉を失っちゃった。
人は、相手を変えることはできないけれど
自分が変わる事はいつでもできる。
誰にだってそれはできる…
諦めちゃいけないですね、色んな事を。

それと、ありがとう。
心と体と言うのは、やっぱり不可分ではないんだね…
何もかも取ろうとするのは止めて
出来る事を誠実にやっていけばいい…と
思えるようになりました。
sayuさんのおかげです<(_ _)>
by: るにるに | 2010/10/23 00:25 | URL [編集] | page top↑
# 一言お礼を申し上げたくて。。。
突然コメする失礼をお許しください。
Sayuさまが、ユノの事を書いて下さった記事を読み、一言お礼を申し上げたくて。
随分遅ればせながらで、恥ずかしいのですが。。。

マイケルジャクソンというアーテイストは、他の誰かと比べられる人ではなくて、もう唯一無二の存在で、
彼を超える人は出てこないと思います。

ユノにとっては、とても近ずくことなどできない、雲の上以上の存在、崇拝の対象です。
でもああいうパフォーマンスができる人が、この世に存在し得るんだ、という事実は、ユノにとっては自身を叱咤激励し、傷付いた心を支える原動力になっていると思います。

Sayuさんの今回の記事の通り、今もマイケルさんは、多くの人を救ってくれています。
今年の3月、まだ苦しみの中でもがいていたユノも、マイケルさんに救っていただいた一人です。

ご存知のように東方神起は今活動休止中です。
その中で、ファンも大変苦しみ心がささくれ立った状態です。

でも、本来のユノという人は、こういうギスギスした争いから最も遠い所にいる人なんです。
ステージに上がったとたん、その魂に何かが宿ったかのようにカリスマ溢れるアーテイストに豹変するのですが。
普段は、とてもおっとりして、ちょっと抜けてて、SKY(スーパー空気読めない)なんていわれてます。
そしてとても慈愛に満ちた、あったかく優しい心の持ち主です。

「不器用」という文字に洋服着せたらユノの出来上がり。と言うくらいに、要領よく、上手く立ち回ったりできなくて、本当に真っ直ぐにしか歩けない人です。
道の真ん中に大きな岩がころがっていたら、その脇のすきまを通り抜ければ楽なのに、わざわざその岩を登って前に進むような人。
生き方が下手です。

今回の事ではSM事務所に残った2人、特にリーダーのユノは凄まじいバッシングを受けました。
でもユノとチャンミンは一言も言い訳をせず沈黙を通してくれました。
ファンの間ではいろいろありますが、少なくともメンバー同士が表立って泥沼の言い争いにならずにすんでいるのは、2人が沈黙を貫いてくれたおかげです。

あまりに酷い誹謗中傷で、芸能人としても人としても、社会から抹殺されてしまうんじゃないかというくらいの恐怖があったはずなのに、ほんとに愛して大切にしてきた東方神起の名誉を守る為に、泣き言の一つも言わずにここまでがんばってきてくれて、ホミンの2人には本当に感謝しています。
長々と取り留めの無い文章で申し訳ありませんでした。

Man in the Mirror,私も大好きです。
マイケルさんがライブで歌う映像観た時、胸が一杯になって思わず泣いてしまいました。
いつかユノがライブができるようになったら、ユノに歌ってもらうのが夢です。
by: homin | 2010/10/23 20:58 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2010/10/23 21:54 | URL [編集] | page top↑
# なんと~!!!
もう二度も更新されていたとは…
『ポセイドン』情報やらなんやらかんやら
翻弄されてる間にすっかり遅れを取ってしまった。
 
一つ前の 『真実』とは。の記事…
ありがとうございます。
今の私たちの心境に答えてくださったんですよね。
優しいです。
温かいです。
もったいないです。

  >でも、自分にとって大切な人や事柄に関する問題ならば、    
   せめてそう思う人達だけでも、本気で、
   それこそ必死になって真実を探し求めるべきだと思うのだ。
   そうしなければ、                      
   思いもよらないところで、今この瞬間にも、         
   誰かが傷付き泣いているかもしれない。            
   誰かが、助けを求めて叫んでいるかもしれない。       
   そして、命まで危険にさらされていることが、絶対にないとは言えないのだ。


   表面的なことだけで、知ったかぶりなどしていてはいけない。
   そのことで傷ついている人を、見て見ぬフリなどしていてはいけない。
   正直者がバカを見る世界なんてウンザリだ。


   奥深くに巣食っている悪魔を退治しなければ、本当の笑顔には決して出会えない。
   なぜ、目を背けようとする人達がいるのだろう?
   私にはそれがわからない。
   そういう愛ってエゴなんじゃないのかな?


ありがとうございます(T_T)

それと

   Man In The Mirror

マイケルの曲の中でお気に入りベスト5に入りますv-353
(ユノに歌ってほしい…)

先日、SMTソウル公演にて初めて
U-know & MAX の 「Maximum」を聴き和訳を見た時
すぐに思い浮かんだのが 「Man In The Mirror」でした。
曲調は全く違うのに なぜかそう感じたんです。
このメッセージ感 胸に来ますよね。
歌詞も曲調も
Man In The Mirrorは ちょっと切なくもあり
Maximum は パワフルなんだけど
伝えたいことは限りなく近いんじゃないかなって。

ありがとう。
いろいろ 助けていただいてます。
これからも 見守っててね。
マイケルと一緒に…


by: midomido | 2010/10/23 22:26 | URL [編集] | page top↑
# >るにるにさん☆
るにるにさん、こんにちは!

前回のレスからまた日にちが経ってしまいました;ごめんなさい!
「Man In The MIrror」は本当に名曲で、何度聴いても心に沁みわたるー。
私も今回、またしてもマイケルのこの動画を見て泣いちゃいましたよ~;マイケル~~~e-263

このメッセージは深いですよね。マイケルは、世界の平和にしても地球環境にしても、変わるのを待つのではなく、まず自分が変わろうと訴えてました。そういうことってなかなか気付かないものですよね?ついつい周りのせいにしてしまったりして。
自分が変わることで、いつのまにか周囲も大きく変わっていく。そうですよね、あきらめないで努力することで、きっと道は開けてくるんだと思います!
自分が変わるっていうことが、ものすごく難しいんですけどね^^
強さと優しさを持った「彼」は、きっと大丈夫ですね☆


そうそう、体調は少しは戻りましたか?絶対に無理は禁物!
休まないと頭も回らないし、ストレスもたまってきちゃうでしょ?ストレス解消の為のブログが本末転倒になっちゃいますもんね。細く長くがいいのかもw

いえいえ、私なんて何のお役にも立っておりませんが、手抜き具合は見習っちゃってください!(笑)

また落ち着いたら遊びに行きますね!疲れをためないようにお互いに楽しくがんばりましょう!!
良いニュースも楽しみにしてます^^

それでは、ありがとうございました!!

by: sayu | 2010/10/27 14:50 | URL [編集] | page top↑
# >hominさん☆
hominさん、はじめまして!レスがとても遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。

ユノへの愛にあふれたコメントを、しっかりと拝見させていただきました。
私もつい最近東方神起のファンになったばかりなのですが、今のこの不本意な状況について、自分なりに調べて、色々な物を読んだり話を聞いたりしました。
それは、あまりにももったいないと思ったからです。彼ら5人のグループが、本当に衝撃的なほど素晴らしかったからこそ、なぜ、という思いが強かったからです。

今のユノやチャンミンが置かれている状況は、理不尽すぎますね。
彼ら5人が、過去何年間か日本で必死に頑張った結果ようやく掴んだドーム公演も、5人の夢だった世界デビューも、なぜか今年3人だけで行われたそうですね。どう考えたって、おかしいし、可哀そうだと思うのが普通です。

もちろん二人は前を向いて立派に色々な仕事をこなしてはいるようですが、本来ならもっともっと自分の夢に向かって突き進んでいたはずじゃないですか?何も悪いことをしていない彼らが、なぜその「場所」を取られなければいけないのか。
そういう状況って、どうしても許せないし放っておけない性分なんですよ、私^^;
マイケルにも、ある意味似たような、いわれのないバッシングや理不尽な批判がたくさんあったので、余計にユノ達のことは他人ごとではないような気がしています。知ってしまった以上は。

今もまだ調べている最中ですが、当初に比べてかなり隠されていた情報などが明らかになってきているようですね。
真実というものは、誰が何と言おうと一つです。こればっかりは、好きだろうが嫌いだろうが、聞きたかろうが聞きたくなかろうが、そんなことには関係なく、認めないわけにはいかないものです。
どんな情報操作や偽情報が出回っても、いずれ全てがはっきりするでしょう。
その日を信じて、ユノとチャンミンはがんばっているんでしょうね。

おっしゃるように、二人が何があっても沈黙を貫いている強さは尊敬に値しますし、二人のファンだけではなく全てのファンがそのことに感謝するべきだと思います。


ユノという人は、いくつもの顔、ギャップを持っている人なんですね☆
知っていくほどに、彼の魅力には驚かされます!^^
あそこまでの人って、なかなかいませんよねー。みなさんが夢中になる気持ちがよーくわかりました!!

それから、もう一つのコメントで教えて頂いたところにも、今度ぜひ伺ってみたいと思います。
いろいろと詳しくありがとうございました!!
いつか、ユノにもまたマイケルの歌を歌ってほしいですね☆聴いてみたいなあ~♪


それでは、ついつい私も語ってしまい長くなってしまいました;
ぜひまた遊びに来てくださいね!ありがとうございました!


by: sayu | 2010/10/27 15:37 | URL [編集] | page top↑
# >midomidoさん☆
midomidoさん、こんにちは!
遅くなってごめんなさい!何度もコメント頂いちゃって、ありがとうございました☆

「真実」とは。― 私の正直な気持ちです。
おかしな事がいっぱいありますよね。だけど、いずれ必ず、真実は明らかになる時が来ますよ!
今は、本当に辛くて苦しいかもしれないけど、自分は間違っていないという信念があるからこそ、彼らは上を向いてあんなに頑張っているんですね。その姿には本当に胸を打たれます。心から応援したくなるんです!

それから、求めなければ得られないものっていうのが世の中にはたくさんあるんだなって、つくづく思うんです。その努力もしないであきらめたり、途中で投げ出してるのに終わった気になっているのは、ダメだなと。

自分が損するだけならいいですよ?そんなこと知ったこっちゃないわ。だけど、誰かがそのことで大変な目に遭っているかもしれないという、そこまで気付いていながら求めない、見ないフリをする。結果、本当に傷付いている人を余計に傷付けていくという行為に、もしかしたら自分が加担しているかもしれないという危機感や疑問は持つべきですよね。
少なくとも自分が彼らのファンであり、もう一度昔に戻ってほしい等と願っているなら尚のことです。もっと必死になって、彼ら両方の立場を見つめてあげるべきだと思います。それが愛だと思うんだけどなぁ。

あぁ、また語ってしまった;


「Man In The Mirror 」は、素晴らしいですっ!自分を顧みるキッカケになるような大切なメッセージですね。
ユノが歌うところ、確かに聴いてみたい!
いつか実現するといいですね♪ お願いしておこう!!

あとDVDのこと!
楽しみですよねーw
そうなんだ!全部持ってるんですね、U-Knowは!!
語り合いたいな、マイケルのこと☆ダンス付きでねっ^^


それでは、またでーす!
by: sayu | 2010/10/27 16:10 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://brightstarmoon.blog5.fc2.com/tb.php/276-28a7bdaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。