スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ジャクソン家とオプラ・ウィンフリー

とても気になること。

M・ジャクソンの子どもたち、人気トーク番組に出演へ

― 昨年急逝した米歌手マイケル・ジャクソンさんの3人の子どもが来週、米人気トーク番組「オプラ・ウィンフリー・ショー」に出演することが分かった。ジャクソンさんの子どもたちがテレビに出るのは極めてまれ。
 有名司会者オプラ・ウィンフリーの番組制作会社ハーポによると、ウィンフリー自らが3人が祖父母と一緒に暮らすロサンゼルス郊外の自宅を訪問。プリンス・マイケル(13)、パリス(12)、ブランケットの通称を持つプリンス・マイケル2世(8)の3人と祖父母にインタビューを行った。このインタビューのもようは、8日の番組で放映される。 ―

1102-oprah-jackson-ap-credit_20101104131119.jpg



このところずっと気になっていたオプラの番組。
まさか子供達まで出演するとは!?本当に驚いた。
オプラは、何を考えているんだろう?

先月10/21には、元妻リサ・マリーが出演。
これは動画で観た。
内容的には、今までにもリサ・マリーがマイケルについて話している内容ばかりだったので、特に驚くようなものではなかった。相変わらず鋭い質問や、もういいよ、と言いたくなるような質問もズバッと聞いていたオプラだったが。

マイケルとリサ・マリー、2人は世間でよく言われたように決して偽装結婚などではなく、心から愛し合っていたこと。短い期間ではあったけど、マイケルが幸せな時間を過ごせたことに対して、私はリサ・マリーに「ありがとう」という気持ちを持っている。(すっごく羨ましいけど!)

それから、特殊な環境にいたマイケルのことを理解しながらも、遂には離れていってしまった彼女が、もう少し力になってあげられたのではないかと後悔している苦しい気持ちもわかる。
マイケルの周囲の「吸血鬼達」、彼女はこの表現をよく使うけど、実際いつもそんな様子を見ていたら、普通の人間ならすぐに逃げ出してしまったかもしれない。
エルビス・プレスリーの娘だからこそ、そんなマイケルの異常な状況に多少は耐えられたんだろうし、深い孤独も理解できたんだろうな。

どうしても子供が欲しかったマイケル。もっと早く生んであげていたら、色々なことが変わっていたかもしれない。私が悔やんでもしかたないけど、間違いなく愛し合っていた2人だったからこそ、残念でたまらない。
まぁ、生まれたら生まれたで別の問題もあっただろうけどね。

それにしても、暖炉の前でひざまづいてリサにプロポーズ
あぁ、なんて素敵なんだろう、マイケル


あっ、今日の本題はそんなことではなかった!
感傷はさておき、気になることがあるのだ。
このリサ・マリーへのインタビューが行われたショーが、なんと、性的虐待を扱った2つのショーに挟まれて放映されていたという事実がある。

それから、11/8に放映が決まったというジャクソン家へのインタビューについて、以前マイケルの弟であるランディが、オプラに対する不満をぶつけていたことだ。
ランディは、自身のツィートでこう語っていた。

『オプラが僕の実家に来たってことを知った時、胃がきりきりと痛くなった。
まだその痛みは取れていない。
僕はこのインタビューがあるってことは全然知らなかった。
僕が阻止するってわかっていたから、両親は意図的に僕に知らせないようにしていたみたいなんだ。

オプラがマイケルや家族をどう思っているか僕にはわかっているし、
マイケルだって絶対にこんなインタビューしてほしくないって思うよ。
実際マイケルはオプラには自分の子供を近づけたくなかったんだ。

兄のサンタ・マリアでの裁判の陪審審議中、
彼女が小児性愛の番組を放送したことを絶対に忘れられない。
あれは偶然なんかじゃなかった。』



10/12、オプラがジャクソン家のエンシノの自宅を訪れたことを知った時の気持ちを、彼はこう語ったそうだ。
どれだけオプラを嫌っているのかがよくわかる。
ランディだけではなく、サンタマリアでの裁判の陪審審議中、つまり2005年の性的虐待疑惑の裁判の最中に、小児性愛の番組を放送したことに対して、ジャクソン家は長年オプラに不満を持っていた。

あまりにもデリカシーのない、ヒドイやり方ではないか。わざと、ですか?
オプラ側は、『偶然だ』と言っていたというが、ずいぶんタイミングのいい偶然があったものですね。


オプラのウェブサイトによれば、11/8月曜日の放映を前にした金曜日に、彼女のショーでは「性的虐待を受けた経験のある200人の男性、名乗り出る」と題されたエピソードを放映するという。
これはいったい、どう解釈したらいいんですか、オプラさん?

オプラ・ウィンフリーは、アメリカではとても影響力を持った人気司会者であり、女優などもやっている才能の持ち主。一説によると年収が336億円ともいわれるほどのものすごい女傑。
歯に衣着せぬ語りが人気なんだろうが、好き嫌いはあると思う。
私は、昔、マイケルがオプラのインタビューを受けた時から、正直あんまり好きではなかった。
前に記事にも書いたが、マイケルの話を真摯に聞こうという姿勢よりも、テレビ的に受ける話、視聴率、話題性の方にばかりに気を使っているように見えたからだ。


11/3 TMZでは、MJファンのこんなトピックをあげている。
MJ Fans: Oprah's Molestation Show Is No 'Coincidence'
「オプラの性的虐待番組は偶然の一致ではない!」
yes or no を投票できるようになっている。


11/8の放映が、心配でしかたない。
ジョーパパもキャサママも、なぜ子供達を出すことまで許可してしまったんだろうか?
マイケルが、悲しんでいないといいんだけど…。
そういう結果にだけは絶対になってほしくない。


スポンサーサイト
12:45 | struggle-誤解・冤罪・裁判 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
救済-マイケルと家族とファンの願い | top | Redemption:救済 ― 翻訳本の裏話

Comments

# リニューアル~\(^o^)/
凄く素敵ですv-352
幻想的で…
神秘的で…
コメント書いてても なんだか気持ちいいです。
特別な場所にいるみたい…

ところで…
絶句です…
亡くなった後もまだこんなことで悩まされるなんて。
酷い!
そっとしておいて欲しいです。
なんで 悪意の塊どもは
美しく無垢で汚れのないものたちを私欲のためだけに
利用し、傷つけるんだろう。
マイケル亡き後も こうやって
重箱のスミをつっつくみたいに
何からでも掘り起こしてやろうといういやらしい下心丸見え!
これは… 心配です。
何よりも、子どもさんたちが…
マイケルの命なのに…

マイケル…
そばにいて守ってあげてね。
守らなければならないことばかりで
いつまでも ゆっくり休めないけど…

sayuさん また何かあったら知らせてね。
私にはせめて折ることぐらいしかできないけれど
いまや、マイケルさんのことも
他人事ではないもの…
祈りまくるよ~v-355
by: midomido | 2010/11/05 00:33 | URL [編集] | page top↑
# >midomidoさん☆
おはようございます!

久々に変えてみました!宇宙好きなので、このテンプレは一目ぼれですw
神秘な謎話もしたいですね!
特別な場所?いいですねー、恥じないような内容にしなければっ!(笑)
星座がたくさんあるけど、ペガサスはいないかなぁ?ポセイドンは魚座の守護神だったかな?

ところで、ヒドイ話でしょ!
金、金、金、ですよ。マイケルの周囲はいつもそればっかりだった。それが今でもずっと続いているんですよ。
ゆっくり休ませてあげたいのに、マイケル、かわいそう;
人を守ることがマイケルの宿命みたいなものだけど、私達もマイケルを守らなければと強く思います!!

ありがとうございます!!
マイケルの為に祈ってください。絶対に大きな力になります!
Yunhoとみなさんにも感謝を。
God bless you !!!

by: sayu | 2010/11/05 09:49 | URL [編集] | page top↑
# きれい・・・
sayuさん。こんにちわ!
宇宙・好きです。吸い込まれていくような感覚になります。(^^)

心配ですね!今度は子供さんにまで・・・
ニュ-スで見た事があるのですが、子供さんもマイケルさんと同じ様にボランティアなどをされてるんですよね?
それを見た時に「とても愛されて育ったのだな」と思ったのを覚えてます。
悔しくてたまりません。
守らなければいけない人物・守って欲しい人物を汚されていくのは・・・
どうかこの番組が、そんな内容で無い事を願っています。

今「マイケルの歌声」に癒されてます。sayuさん、ありがとうございました。

私も、この素晴らしいマイケルさんの為に祈らせて下さい。
by: こゆっち | 2010/11/05 11:24 | URL [編集] | page top↑
# >こゆっちさん☆
こゆっちさん、こんにちは!

宇宙好きですか?同じです~w 大好きなんですよ!いくらでも語れる!

ところで、そうなんです。マイケルは子供達をとても大切に愛していましたよ。
世間ではそのことに対しても色々と憶測で批判する人もいたけど、全ては子供達のことを思ってのことだったし、子供達もダディ・マイケルをとてもとても大好きで、愛していたというエピソードがたくさん伝わってきています。

今度はそんな子供達が、マスゴミのターゲットになって苦しまないといいんだけど;何よりもそのことをマイケルは一番心配していたから。
ありがとうございます!どうか祈ってください。マイケルは幸せだけを与えてくれた、そして今でも与え続けてくれていますもんね。

マイケルの歌声、素晴らしいでしょ~~!!!ありがとうございました!!
by: sayu | 2010/11/05 14:41 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://brightstarmoon.blog5.fc2.com/tb.php/282-d1c78e78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。