スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

救済-マイケルと家族とファンの願い

前記事にも追記済みですが、ここでも紹介します。
先日お知らせしたジョー・ジャクソンから邦訳本へのメッセージです。
(2010/11/1付け)

日本の皆さまへ

『救済 ― マイケル・ジャクソン児童性的虐待疑惑(1993年)の真相』
(邦訳版)が発行されることになり、日本の皆さまにこの偽証に関する真相について
知っていただけることを心より嬉しく思います。

私を含めてジャクソン家一同、ヒューズ女史による本書をお薦めしています。
この偽証の裏にあった恐喝の企みについて知っていただくことは、
マイケルだけでなく、マイケルの子供たち、ジャクソン家一同、そして
ファンや支援してくださっているすべての方にとって、
非常に重要なことなのです。

今は亡きマイケルに代わり、本書を手に取ってくださった皆さまに
心より深くお礼申し上げます。

愛を込めて
ジョセフ・W・ジャクソン
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
『救済-マイケル・ジャクソン児童性的虐待疑惑(1993年)の真相』

redemption.jpg


Medical Perspectives社 Web予約販売(15%オフ):11月1日~11月30日まで(ただし、クレジットカード払いのみ)
価格  "¥1,700"(国内発送料無料)
◆Amazon予約開始:12月初旬予定
◆書店販売開始:2011年1月11日予定

長い間埋もれてしまっていたこの真実の本が、邦訳版としてようやく出版されることの深い意味を、ジョーの言葉からも感じることができます。
この短いストレートな文章に、マイケルと家族の苦悩、そして未だに続く苦しみと不安が凝縮されています。

『奴は信じられないくらいの屈辱を受けることになる。
まだわかってないんだ。自分の身にどんなことが起こるのか。
これは奴の人生にとって最低の悪夢なんだ。奴はもう一枚もレコードを売ることが出来ない。』

― イヴァンチャンドラーの言葉。(93年、マイケルを訴えた少年の実父。2番目の父・シュワルツに恐喝計画を打ち明けた際、シュワルツによって留守番電話に録音された。:西寺郷太「マイケル・ジャクソン」より)

『おれは見つけられる中から、最も下劣なロクデナシの弁護士を選んだのさ。奴は出来るだけ早く、どでかく、たくさんの人間に屈辱を与えるんだ。ずる賢くて、売名に飢えている男さ。』
― 同上


マイケルは何もしていない。
信じていたある家族に裏切られ、最低最悪の罠に嵌められてしまっただけ。
マイケルを利用し汚い野望を叶えることができなかった一人の男が、その腹いせに息子への性的虐待をでっちあげ、マイケルから金を奪い取ろうとしていた。
その被害者であるマイケルが、いまでも「性犯罪者」というイメージを一部では持たれたままであるという屈辱を、決してそのままにしていてはいけない。
決してそれを許してはいけない。
全ての人に真実を知ってほしい。

是非、この本を読んでください。
そして私達を愛し癒し続けてくれたマイケルを、癒してあげてください。

マイケルの大切な命を奪った元凶ともいえるこの93年の事件の真相は、何があっても伝えなければならないと思っています。
今も尚、マイケルや家族を取り囲む黒い野望、汚れた悪魔や吸血鬼達に、絶対に負けるわけにはいかないのです。


スポンサーサイト
14:11 | struggle-誤解・冤罪・裁判 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑
待望のニュー・アルバム『MICHAEL』、12月15日発売決定! | top | ジャクソン家とオプラ・ウィンフリー

Comments

# こんな前の記事にm(__)m
東方神起の記事にコメントしようと思いましたが、どんどん遡って読ませていただき、我慢出来ずにコメントいたします。

sayuさんの言葉は、太陽の日差しみたいにわたしを暖めてくれます。


マイケル‥
偽りの情報でのバッシング、本当にどんなに、苦しんだかと思うと・・
ユノとチャンミンに重ねて(マイケルは、もっと世界中だったから、比較なんてしちゃいけないでしょうが)胸が苦しくなります。

悲しいのは、間違った情報を信じてしまう人達です。
自分もマスコミに踊らされることがあるので、気をつけてはいるのですが。

一日も早く、マイケルの真実の姿を、世界中の人に知って欲しい。
ユネスコの方の言葉は、マイケルの飾らない、本当に素晴らしい人間性が伝わります。

人間は、何故、相手よりも優位に立ちたいと思うのでしょう。
種の保存本能でしょうか。
差別も戦争も無い世界‥

先ずは、隣の人と手を繋ぐ。
千里の道も一本から、ですね。

すみません、ダラダラと(¨;)
by: みけまる | 2010/11/27 11:18 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://brightstarmoon.blog5.fc2.com/tb.php/283-a623bea6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。