スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

「BREAKING NEWS」騒動の結末は?

REAKING NEWS


ニューアルバムや新曲のこと、オプラの番組のこと、次から次へと書きたいことはたくさんあるんだけど、時間がなくて追いつきません!
まぁ、ずいぶん前から、「新しいニュースは全て追いかけきれない」とあきらめ宣言済みだし、詳しく書いてくださっている素晴らしいMJサイト&ブログ様が他にたくさんあるのでお任せすることにして(丸投げ)。

いつものように、とりあえず書ける時に感想込みで書いて行きますね。
まずは新曲「BREAKING NEWS」について。
既にみなさん、もう何度も聴いたでしょうけど、大変な騒ぎになってますね。
マイケルの声か否か。
世界中のファンやマスコミの間で意見が真っ二つに分かれてる状態。

この曲はシングルとして発売されるものではないということですが、ティーザーとして発表された途端のこの騒動ですよ。予想外の展開にビックリ!
わーい新曲だー、ニューアルバムだー、って能天気に浮かれてばかりじゃいられないっていう、この哀しいMJファンの性…。

私はね、素直な性格だから(?)、はじめ聴いた時にはところどころ声が違うようにも聴こえたけど、ほとんどの部分をマイケルが歌ってるって疑いませんでしたよ。ヴィヴラートとか絶対でしょ。
コーラスや叫び声が違って聞こえる部分もあるような気もするけど。
かなり好きなタイプの曲だし、いいな~♪って思ってた。
Dangerousっぽい感じもしたし、歌詞や曲の感じからしてもInvincible時代っぽいなあなんて思ったりして。
マイケルじゃないっていう疑いが出た後も何回か聴いたけど、そう言われれば違う気もするけど、やっぱりマイケルじゃない?っていう方が強いかなあ。あんまり違う違うって言われるとだんだん自信はなくなってきたけど、マイケルだと思うよ。
そうであってほしいという気持ちがありますしね、かなりそれはね。

今更ですが様々な情報を簡単に整理してみます!
甥っ子のタジ&タリルは否定派で、マイケルの声や息遣いをサンプリングやMIXで騙していると。
(なぜか)カレン・フェイなんかもマイケルの声ではないと言っているらしい。
ラトーヤも、「マイケルの声には聴こえない」とコメント。

ロジャー・フリードマンは、Showbiz411でこの件に関して何度も記事を書いてますが、一貫して『これらの曲がマイケルのボーカルであることに疑いの余地はない。』という主張です。

フリードマンの記事からいくつか抜粋して訳してみました。大事だと思うところだけ載せます。
◆10/19の記事から。
Michael Jackson Album of New Songs In Limbo

『2007年、ニュージャージーでのエディ・カシオとのセッションが、ニューアルバムのベスト素材だ。その中の何曲かは兄のフランク・カシオによって書かれ、既に Bobby Ewingというローカル歌手と共にdemoとして録音済み。
マイケルは滞在中に、その上に自分のヴォーカルを重ねた。
テディ・ライリーと他に二人のプロデューサーが、リリースに向けてカシオ・トラックを仕上げる為に仕事をしている。』

demo段階でのBobby Ewingとかいう人の声が、まさか混ざっているわけじゃないですよね?結局、マイケルがどこまで編集に携わったんだろう?声を重ねただけなのか?

◆11/8
Michael Jackson Sings About Himself on New Single, “Breaking News”

コメント欄に多くのレスポンスがあり、ロジャーが「マイケルだ!」と断言しているのに対して、yes or no がたくさん書きこまれてます。その中にジャッキーを発見!ジャッキーは、こう言ってます。
Jackie Jackson Says: November 8th, 2010 at 2:18 am
it is my brother, period. no matter what other family members say. i’ve got nothing more to say.

『これは僕の弟だ、以上。家族の他の誰かが何と言おうとね。それ以上何も言うことはない。』

ジャッキーは、家族との窓口としてエステートに雇われていて、共同執行人で家族の長年の友人でもあるジョン・マクレーンと共にこのアルバムに取り組んでいるという記事があったので、そういう立場なんでしょうね。
この中でエイコンも1~2曲取り組んでいると言われていたので、フリードマンが言っていた実際の新曲になる“Hold My Hand”がそうなのかな。
cf.(9/7)
Michael Jackson’s New Album: So Close And Yet, So Far Away

◆(11/9)
Michael Jackson Producers Rejected Burt Bacharach Arrangement for New Song

it really is Michael singing on that song. The finished version on the album may sound more like him. Part of the problem may have been in the uploading to the website.
“Breaking News” only streams through Sunday. On Monday, the first actual single is released–with Akon–called “Hold My Hand.”
I’ve heard a lot of the tracks, and I can tell you–they are by Michael.Michael’s nephew, Taryll Jackson, knows that, too.
Despite his campaign to discredit the album, Taryll was around when the tracks were being put together. More will come out about this soon.

『あの曲を歌っているのは本当にマイケルだ。完成バージョンはより彼らしく聴こえるだろう。ウェブサイトにアップロードする時、何かの問題が起こったのかもしれない。
「Breaking News」」は日曜日までのみ流される。月曜日には、本当の最初のシングル、エイコンとの曲“Hold My Hand”が公開される。

私はたくさんトラックを聴いたが、それらはマイケルによるものだということができる。マイケルの甥のタリル・ジャクソンもそのことは知っている。このアルバムの評判を落とすような運動にもかかわらず、タリルはそれらの曲が編集されている時近くにいたのだ。これに関する更なる事実はすぐに明らかになるだろう。』

タリルを非難してますね;

◆11/9
Michael Jackson Producer Teddy Riley Blames Singer’s Co-Executor for Bad Press

一方、プロデューサーとして名前のあがっているテディ・ライリーは、John McClainを批判?
かなり無理矢理に利用された感じがしているのかな。
契約書もなしに“Breaking News”のremix をたったの5時間でやらなければならなかったとか?


そしてまた新しい記事が。
◆11/10
Michael Jackson: There Is Concrete Proof He Sang the New Songs

Michaelは“guide”vocalsを提供した。けれども、通常のレコーディングのように美しく仕上げる為のバックヴォーカルなどは録音していなかった。プロデューサーがバックコーラスや楽器を付け加えて仕上げた。

“This Is It”もそうだったと言ってますね。
確かにその通り。

**********

この調子でいくと、今後もしばらくはあーだこーだと続きそうだけど、結局は結論が出るんでしょうか?
いずれにしても、マイケルが納得してOKを出した今までのような作品ではないことだけは確か。
それは作品が気に入っても気に入らなくても、受け入れるしかないんですよね。
ただ、マイケルのエッセンスが少しでも入っているのなら、ありがたく聴きたいなという気持ちです。

前にウィル・アイ・アムの話の時にも書いたように、(ニューアルバム、今秋リリース情報について)マイケルは不本意だとは思いますよ?
それはよくわかってる!色々注文を付けたくなるのはよーくわかってるよ。
だけど、お願いマイケル、聴かせてね!っていう気持ちかな。

曲の詳細はハッキリと教えて欲しいです。
何年何月に、作詞・作曲・編曲、ヴォーカル、バックヴォーカルのどこをマイケルが担当したのかっていうところは、ちゃんと知りたいな。そうじゃないと不安;

楽しみなのに、なんだか…。
マイケルがいないとダメなんだよ、なにもかもがね。



スポンサーサイト
16:30 | news | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
HOLD MY HAND & 「MICHAEL」 | top | 待望のニュー・アルバム『MICHAEL』、12月15日発売決定!

Comments

# でも、素敵です。
sayuさん、アンニョン!
ニューアルバムのニュースが出た時に、ひょっとして今後こんな話が出てくるんじゃないかな~…とは思ってました。

こちらに毎日のようにお邪魔して、記事を読みながら聴いてます。
確かに叫び声はなんか違う…と感じました。
でもビブラートはもうっ!
ひゃあ~~~…って毎回トリハダですよ。
実は最近、少し共通した話題に関わってまして…
検証することにそれほど意味があるとは思えないんですよね。
あたしはマイケルからのプレゼントだと思って聴きたいし
とても楽しみにしています。
ウチの彼もそうなんじゃないかな~…と思ってますよ!
by: るにるに | 2010/11/14 09:58 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2010/11/14 13:21 | URL [編集] | page top↑
# >るにるにさん☆
るにるにさん、こんにちは!
レスが遅くなってごめんなさい;

ニューアルバムの騒ぎはたしかに想定内ですよね^^;
本人がいないんだから、本当のところは誰にもわからないってことになってしまうんだろうけど、私も楽しみにしていますよ!素材自体はマイケルが遺してくれたものには違いないんだから。
マイケルの声は間違いなく聴こえますもんねw あの独特な発声、発音の仕方はマイケル~~♪

え?うちの彼?どなたでしたっけ?なーんてw わかってますよ、彼ね!あのパーフェクト・ガイでしょ?
きっと聴いてくれるでしょうね、彼も!

この頃一段とブログをさぼり気味なので、せっかく来ていただいても何も新しいものがなくてスミマセン。
ぼちぼち頑張ります!
ありがとうございました!!
by: sayu | 2010/11/16 09:39 | URL [編集] | page top↑
# >非公開・ゆ*****さん(11/14)☆
こんにちは!コメントありがとうございます。

そうですよね、いつになったらマイケルは休めるのでしょうか?
やきもきしながらこの騒動を見ているのかな?ごめんね、マイケル;;

マイケルの声、聴きたいです、会いたいです。
心をピュアにして耳を傾けてみれば、きっと本当のマイケルの声が聴こえてくると思うんですよね。
そういうことをマイケルも望んでいるんだろうなと思います。
by: sayu | 2010/11/16 09:45 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://brightstarmoon.blog5.fc2.com/tb.php/285-b9ef1e6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。