スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

資料2: ユノ、チャンミン 立場表明

2009/11/2
SM側が行った記者会見の席で、ユノ・ユンホとチェガン・チャンミンが1日、自分たちの立場を込めて作成した文書も公開した。

homin_t.jpghomin2_20101126173949.jpg


※注
公開当初、この文書がSM側が2人に書くことを強要した、2人のサインが偽造だなどという憶測・デマが飛び交い、2人の真剣な心の叫びはことごとく無視され続けていた。

これを読んで、心に届くものはないのだろうか? (後で偽造ではないという見解の詳細を追記します。)



立場表明 1


こんにちは。東方神起のメンバー、チョン・ユンホ、シム・チャンミンです。

私たち東方神起の5人のメンバーは、全て同一の契約条件で契約を結び、これまでの5年間、会社と大きな夢のためにお互いを信じて活動してきました。

いろいろと申し上げるべきことがあまりにも多いのですが、今日は東方神起についてだけお話ししようと思います。

最初に、私たちは何よりも会社との信義と夢と未来を共有し、共にする契約という約束を守るつもりです。東方神起はSMエンターテイメントでつくられ、これからも私たちはSMエンターテイメントで東方神起として活動するつもりです。

また、今まで最高の企画とマネージメントをもって東方神起をつくりあげてきたSMエンターテイメント以外に、他のどこにも東方神起は存在することができないと考えます。

東方神起を最もよく知り、最高のものにつくりあげたのがSMであるということを3人のメンバーもよく解っているはずであり、私たちはどんな理由よりも信義と約束を守るためにも、SM以外の別のところで東方神起として活動する考えはありません。

私たちは、東方神起のさらに大きな未来をSMと共にするつもりです。
私たちは、これ以上東方神起の未来が不透明になる前に、来年の春から始まる韓国活動のために、遅くても6ヶ月前からは準備をしなくてはならないと考えます。

3人のメンバーが東方神起としての活動を心から望むのであれば、手遅れになる前に決断してください。


2009年 11月 1日
共同作成者
東方神起 ユンホ(印)  東方神起 チャンミン (印)




立場表明 2


東方神起のメンバー、チョン・ユンホ、シム・チャンミンです。

3人のメンバーが仮処分申請を提出してから、なぜこのような状況になったのか、多くの質問を受けました。
一言で、3人が化粧品事業を始めてからすべてのことが変わったような気がします。

私たちは世間をよく知りませんが、常識的に考えても、あの化粧品会社が正しく、正常であれば、東方神起と化粧品事業を推進するために、まずは誰もが知っている所属事務所であるSMと正式に相談をするのが当然だと思います。

ですが、所属事務所にはただの一言の相談もなくメンバー個人に近づき、便法的な方法で事業を進める化粧品会社では問題が生じることは目に見えていると考え、とてもこのような事業に参加することはできませんでした。

また、私たちが苦労し努力を重ねて作りあげてきた東方神起の名誉とイメージが、このようにイレギュラーに事業を進める化粧品会社によって崩れることを望みませんでした。

私たちは、あの化粧品会社が3人のメンバーとどのような約束をしたのか、どのような話を3人のメンバーにしたのか、あの化粧品事業でどれだけ多く稼いだのか、稼げるのか、全く知りません。

ですが、5年間同じ夢のためにみんな一緒につくりあげてきた東方神起がこのような正しくない化粧品会社と便法的な化粧品事業によって崩れるということを、私たちは納得し、受け入れることができません。


いま東方神起がこのように壊れるかもしれない、という現実があまりにも夢のようで信じられません。

なぜ、こんな化粧品会社のためにこんなふうにまでなったのか、あまりにも切なく、3人のメンバーが今からでも化粧品事業を始める前の同じ夢を持っていた頃に戻れることを願っています。


2009年 11月 1日
共同作成者
東方神起 ユンホ(印)  東方神起 チャンミン(印)


*********************


ユノとチャンミンは、ギリギリまで3人を待ち続けた。
例えどんなひどいバッシングを受けても。

※真実かどうかは、ご自身で判断してください。





スポンサーサイト
18:04 | 東方神起 | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑
625集会、化粧品事業等に関する簡単な経緯と説明 | top | 資料1: ユノ、チャンミン両父親の確認書

Comments

# 感謝と、約束と。
sayuさん、アンニョン!
いつか「何が出来るか考えてみます」と言って下さってたのは
このことだったんですね。
熱意と強い意志に圧倒されました…

この「立場表明」の2人のサインを見るとき
今でも後悔の苦い痛みが胸を刺します。
“とても率直で真っ当な文面じゃないか…”
そう感じていたのに、自分を信じることができなかった。
当時は、これが事実ならもうどこにも望みなどない気がして
2人の思いをしっかりと受け止めることができなかったのです。

もうあんな経験は二度としたくない…
事実を探して自分の頭で考え、決断することは
きちんと生きていくことに繋がりますよね。

何物にも流されず、自分を信じること。
そのために努力を惜しまないこと。
もう一度、自分に言い聞かせます。
難しい約束じゃないはずですよね!

記事リンクさせていただきました。
sayuさん、いつもありがとう。
by: るにるに | 2010/11/27 22:41 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2010/11/28 22:53 | URL [編集] | page top↑
# なかなか表にコメしませんが・・・
コンスタントにこちらに伺って更新を楽しみにするようになったひとりです。今回また東方神起のことを深くとりあげてくださってありがとうございます。
声明文、去年の11月2日に読んだときは自分のことではないのに絶望的な気分になりしばらくたちなおれませんでした。この数日前に仮判決が出、同じ日にユノは顔面痙攣をおこし撮影が中断されてました。そして10日まつといった二人や事務所の声明をまったく無視する三人の行動。どうしようもない亀裂はあきらかでした。
でも東方神起のファンはちゃんと見ようとしないんですよ。それらをうまく利用するJYJサイドの方法は正直虫唾がはしります。
なぜだろう?この一年、大衆扇動にあらゆるものをたくみに利用したナチスのゲッペルス空将のことが何回も頭にうかびました。JYJサイドの弁護士がそれらの効用をすべて知って支持したのかどうかは不確かですが、ネットを使用した情報統制とイメージづくり、わざとながされる誹謗中傷とそれにつづくわざとではないそれらの情報の伝聞による拡散など知らないうちに巻き込まれる扇動等々・・恐ろしいですが、この一年本当に考えさせられました。一度発せられた言葉はインパクトが強いほど、悪意のない人もまきこんで拡散されてしまい、新たなイメージ付けをされてしまう。
こうしたことをみていると、本当に今の世の中は他人のことは省みずただ自分の権利・意見ばかりを大きな声で主張する人が生き残っていくのかなとなんともやりきれない気持ちになります。
一度思い込んだ人間のイメージを払拭するのがどんなにむつかしいか!
本当に今回のことではいろんな勉強をさせてもらいました。
司法関係者はネットを使ったこうした誹謗中傷、本気で司法で取り締まることを考えてほしいです。悪質な犯罪です。
長々とまとまりなく書きましたが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
by: toriko | 2010/11/29 00:45 | URL [編集] | page top↑
# 大丈夫ですか?
何度もすみません。
sayuさんのレスの様子からあまり歓迎できない現状が推測され
胸が痛いです。
ご自分の身の安全をなげうち
東方神起 ユンホとチャンミンの想い
そして ホミンペンの想いを伝え、
体を張って 二人を守ってくださろうとしているsayuさんに
ただ ただ 感謝です…。

また、マイケルジャクソンさんのファンのみなさま
いつも神聖なるこの場所をお借りして
ユンホを語らせていただき ありがとうございます。
こちらはマイケルさんとsayuさんの空間であるにもかかわらず
現在のざわついた様子…
今回の件で 不快に感じられているのではありませんか?
もしそうであれば たいへん申しわけありません。
この場をお借りいたしまして お詫びを申し上げます。

今後 これ以上こちらが騒がしくなりませんように…
みなさま どうかよろしくお願いいたします。
再度申しますが
ここは ~Michael Jackson in clover days~
MJの真実を伝える大切で美しい場所であることを
よろしくご理解いただきますようお願いいたします。

by: midomido | 2010/11/29 02:52 | URL [編集] | page top↑
# 改めまして
sayu様 こんばんは。
先日、表の記事の方に コメントさせていただきました。

今年の1月から3月ぐらいまで 3人のファンの友人から
「リーダーなんだから 東方神起を守りたいなら ユノがSMにハッキリ言って、ユノもSMから出ればいいんだ。そしたら すぐに解決するのに」って言われていました。
ユノは 全然悪くないのに、なんだか「ごめんね」と言ってしまった 当時の私を 恥じています。
誰にも何も話せなくなって、でも、ずっとずっと ユノの言葉と 行動を 信じて今日まで来ました。
真実は 絶対に汚されないですよね。
どんなに隠されていても、神様は ちゃんと 見ていてくれますよね。

マイケルを愛する方たちが集う、sayu様のお城に、入り込んでしまって、すいません。でも、sayu様の 他の記事も読ませていただきながら
真実と真正面から向き合い、強い気持ちを持とうと思いました。
これからも ずっと ユノを愛し続ける! と改めて思いました。
sayu様 ありがとうございました。  
by: あんゆ | 2010/11/29 22:24 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://brightstarmoon.blog5.fc2.com/tb.php/292-9b291641
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。