スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

アルバム「MICHAEL」と複雑な気持ち

Hold My Hand

11/22に撮影されたというMV。ファン達を含めた多数のエキストラが出演。
「symbolizing their journey into heaven」― 闇の中の光は、天国への旅を象徴しているんだそうです。


好き。最高。マイケルもたくさん出てくるね。

MJ Album -- Snippets from EVERY SINGLE New Song
こちらのリンクへ。アルバム収録曲全10曲、各30秒づつ流れる動画が見れます。-TMZ

早く全部を通して聴きたいです。なかなか好きな感じの曲が多そう!


12/15発売のニューアルバム「MICHAEL」
マイケルの声じゃない騒動に始まり、エステート、ソニー、ジャクソン家、ミュージシャン仲間達、ファン、マスコミ…、それぞれの思惑が入り乱れて発売前から大騒動を巻き起こしていますが、とりあえずアルバムを通してしっかりと聴いてみたいです。そうじゃなきゃ、良いも悪いも判断できないですからね。

何回も言ってますが、元々「マイケル・ジャクソンのニューアルバム」ではないんですよ、これは。
誰もが知っている通り、マイケルが完成させたものじゃない限り真のマイケルの作品とは言えないんです。あれだけ完璧主義者だったマイケルが、このアルバムを聴いて何と言うのか、どんな判断を下すのかは哀しいかな永遠に謎です。

それを承知の上でほとんどの人は聴くわけですよね。
これはマイケルっぽくないとか、マイケルだったらこういうアレンジはしないだろうとか、そういう部分も出てくるだろうけど、それはそれで新しい楽しみ方なのかもしれません。

もちろんマイケルの過去のアルバムと同一線上にこれを置いて聴くことはできないし、そんな比較自体がナンセンス。私は、この中に収められているマイケルの魂、その当時のマイケルの心情、様々な感情や願いに思いを馳せて、それらを感じ取りたいと思っています。
そして何よりも、常に新しい音楽を私達に届けたいと願い続けていたマイケル・ジャクソンという類まれなる才能を持ったミュージシャンの熱情を、しっかりと探して受け止めたいです。

本当なら、ロンドン公演を終えたマイケルは、ニューアルバムを引っ提げて華々しく表舞台に復活を遂げていたはず。それを叶えることができなかったマイケルの無念さを思うと、悔しくて悲しくてやりきれないです。
彼はファンをとても大切にしてくれる人でした。きっと頭の中で、ニューアルバムを手にして喜んで大騒ぎをしているファン達の笑顔を、何度も何度も思い描いていたんじゃないかな。


このアルバムのことを色々悪く言う人もいますよね。ソニーやエステートのお金目当てだけの欲望に乗せられているとか加担しているとか。まるで買わないことが本当のファンの姿勢だみたいなことまで言っている人もいますが、それはどうかな。
ジャクソン・ファミリーの中の批判的な言葉もあるので、余計にそう思うのかもしれないですけどね。
でもファミリーの言葉が100%正しいとは断言できないですよね。マイケルとファミリーの複雑な関係もあったし、一体誰の言葉を信じればいいのかわからないというのが、正直な気持ちです。

買わないことを良しとするのもファンとしての一つの選択かもしれないけど、違う受け止め方をするファンだってたくさんいます。それぞれの決断があって当然だし、一方的に考えを押し付けるのは違うと思います。
みんな複雑な思いを抱いて、マイケルがいない未来と、今後まだまだ出てくるであろう未発表曲との関わり方を今、模索しているんだと思います。

楽曲の好みにしても色々あるのは当然で、ある人にとっては最悪の音楽でも、ある人にとっては最高の場合もありますからね。
この「MICHAEL」の収録曲をどう判断するのかも人それぞれ。聴きこみもしないで「マイケルじゃない」「マイケルらしくない」って決めつけるのはもったいないなと個人的には思います。


私はマイケルの遺してくれた音楽にどういう形であっても触れることができることは嬉しいし、真のマイケル作品ではないとはいっても、音楽を作り続け届けようと頑張ってくれていたマイケルに対して、敬意を持って「ありがとう」と笑顔で伝えたい、そう思っています。

きっと、正しい答えなんてないんだろうな。


◆SONYによる「MICHAEL」ジャパン・プレミアも近づいてきました。12/12(日)詳細はこちら






スポンサーサイト
11:17 | genius & works | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
MJ TV・イベント情報! | top | グラミー賞ノミネート情報

Comments

# こんにちは。
まったく同じ気持ちです。
お互いの出した結論は、ファン同士、尊重し合うべきだと思います。
みんな、同じように涙を流し、苦しみ、そして出した結論なのですからね!

もうすぐご紹介くださった“救済…”が発売になりますね。
Michaelの真実をさらにたくさんの人に知ってもらえることは、とても嬉しいことです。
その節は本当にありがとうございました☆

寒くなってきましたね。
どうぞお体ご自愛くださいませね。
by: JJ | 2010/12/10 12:03 | URL [編集] | page top↑
# >JJさん☆
JJさん、こんにちは!

思いを共有して頂いて、とても嬉しいです☆なんとなく寂しかったので;
本音は誰だって同じ―マイケルがOKを出したアルバムを聴きたかった、ですよね。

色々と複雑な思いはたくさんありますが、全てがお金や名声の為ではなく、マイケルへの愛と敬意が絶対に根底には流れていると私は信じたいです。
マイケルの愛と才能を埋もれさせることだけはしたくないんです。
早く全部を聴きたいな♪


それから「救済」もいよいよですね!その節はありがとうございました!

マイケルへの誤解が、一日も早く消えることを願っています。


JJさんも風邪などには気を付けて下さいね。
また遊びに行きますね!
ありがとうございました\(^O^)/



by: sayu | 2010/12/10 21:28 | URL [編集] | page top↑
# 今は楽しみに待っています!
sayuさん、JJさん、こんにちは!

私も同じ気持ちです。文才のない私はいつもすごいなあと、何か気持ちを代弁していただいてるようで感謝です。

ファンのみんな、マイケルを想う気持ちに違いはないと思いますが、複雑ですよね(T_T)
でも、色々考えはしましたが、私もこのアルバムは、マイケルのアルバムとはとらえていません。本人不在ですから、悲しいことに永遠に・・・

これは、マイケルを愛する人々がマイケルの曲を基にしてアルバムにしたものと考えることにしましたが、それで合ってますかね?

私は、お金のことはもう仕方ないと思っています。商売なのでしょうから・・・
それに私はマイケルと付き合いもないわけですから、それぞれの言い分のどれが正しいとも言えません。
マイケルへの愛と思えば、どちらも正しいのかもしれません。
これからもリリースされていくんでしょうから難しいです。

MICHAEL もうまもなく手元に来ますね(*^_^*)
私もじっくり聴きたいです!


PS. sayuさん、ユノとチャンミンの二人の東方神起も、一緒に応援しましょうね!
きっとユノは、マイケルから光を受けていると思います。

困難を乗り越え力に変えた二人は、どんな未来が待っているんだろう!!
違いますね、切り開いていくんだろう・・・ですかね?

わくわくしますね(*^_^*)
私も全力でサポートしたいです!!
by: ぱこ | 2010/12/11 16:01 | URL [編集] | page top↑
# >ぱこさん☆
ぱこさん、こんにちは!
先日は拍手コメントもくださいましたよね?ありがとうございます(^0^) 拍手の方はレスできないので、すみません;

マイケルのアルバムについては、それぞれが判断することですからね。誰にも強制する権利なんてないんだし、買うことについては自分の意思と感性を大事にするべきだと私は思ってます!

ざっと聴いてみた感じ、バラエティに富んでいるところが、あらゆる可能性を追求し続けたマイケルっぽい気がしなくもないです。
アルバム全体の統一感やコンセプトはないかもしれないけど、作った年代もバラバラですからね。
マイケルの未発表曲集であってマイケルの作品ではないので、それは贅沢言ってもしょうがないと思います☆

とりあえず、とても楽しみです♪

ところで、東方神起も応援してるんですね!ユノが大好きです。彼のダンスはマイケルとは違う魅力がありますね。

今後の新生東方神起のパフォーマンスが楽しみでしかたないです!応援していきましょうね(^-^)b
ありがとうございました!
by: sayu | 2010/12/11 21:55 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2010/12/12 09:32 | URL [編集] | page top↑
# >非公開・b***さん☆
b***さん、こんにちは。

そんな風にこのブログを見ていてくださったなんて、とても嬉しいです!
書いていてよかったなと思います。

音楽は一つ!マイケルがいつも言っていたように、あらゆる差別も偏見もなく、いろいろなジャンルの音楽もアーティストも応援しながら楽しんでいきたいなと思います!

まだまだマイケルに対して偏見を持っている人はいるんですよね。でも、少しづつですが理解してくれる人が増えているのも実感しています。
本当に、テレビの力というのは良くも悪くも大きいので、何気なくつけたテレビから、マイケルの「THIS IS IT」に引かれ、魅了されていく人達が増えてくれたら嬉しいですよね♪

キャプテンEOもそうですね。署名の件、私も気にはしていていつか書こうと思っていたんですが、ついつい日にちが経ち…;ここでひとこと声を掛けていただいてよかったです!^^
b***さんの行動が、確実にマイケルの為に、そして世界平和の為に貢献したと思いますよ~!!^^
ありがとうございました☆

by: sayu | 2010/12/13 11:13 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://brightstarmoon.blog5.fc2.com/tb.php/299-f55a98f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。