スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

言葉はいらない ― 「神」の才能

『人生はつらいだろう。前向きになれる何かを探してたんだ。
人生に意味を見つけたかった。信じられる何かを。
それがこれだ。― THIS IS IT !』
 
― 映画「THIS IS IT」より、MJ最後のロンドン公演ダンサーの言葉 


前記事は、暗ーい感じで失礼しました;24日の「THIS IS IT」を見ながらね;
どうしてもあの映画を見ると激しい喪失感に襲われてしまうんですよね;
映画の終盤に近付くにつれて、胸が苦しくて涙が自然とこぼれてきてしまうんです。

でも、これだけは言えます。最後に残る思いは間違いなく「愛」で。
そして溢れ出る言葉は心からのマイケルへの感謝の言葉、『ありがとう。』しかないと。

地上波で初めて放送されたこの映画の中のマイケルから、たくさんの人がそれを受け止めてくださっていたら幸せです。マイケルもきっと、喜んでいるに違いないです。

「THIS IS IT」は、マイケルの溢れ出る才能と大きな愛を私達に教えてくれる、素晴らしい映画です。
真実の姿を撮った映像には言葉はいらない。そう思いますね。
私達が言葉を尽くしてマイケルの凄さや素晴らしさを語ることの何倍も何十倍も、映像は彼という人の内側までも語ってくれています。

この映画を見て初めて、マイケル・ジャクソンてこんなにスゴイ人だったんだということを知ったという人を、たくさん知っています。
私の周囲にもいるし、実はこのブログを訪問してくださった方の多くがそういう方達だったということをメッセージから知ったものです。

それは驚きと同時に、本当に嬉しい現実でした。
生前のマイケルを取り巻く環境を思うと、その違いに戸惑い複雑な気持ちになることもたくさんありましたが、やっぱり、彼の真の姿を知り、認めてくれる人が増えていることは心からの喜びです。

「THIS IS IT」もそうですが、マイケルといえば宇宙一のパフォーマー、エンターティナーですからね。
それからMVの歴史を変えた人、音楽で人種の壁をいくつも壊してきた人ですから、その彼が遺した歌とダンスの映像は、人類の宝に違いありません。
MV集、ライブ映像、これらを見てもらうことが真の「マイケル」を知るには一番ですね!

マイケル・ジャクソン VISION【完全生産限定盤】 [DVD]マイケル・ジャクソン VISION【完全生産限定盤】 [DVD]
(2010/11/24)
マイケル・ジャクソン

商品詳細を見る
ライヴ・イン・ブカレスト [DVD]ライヴ・イン・ブカレスト [DVD]
(2005/12/07)
マイケル・ジャクソン

商品詳細を見る



「神」に出会うことで人生が変わる。映画の中にもそんな若いダンサー、アーティスト達がたくさん登場しましたが、若い人達はもちろん、誰にとっても何か大切なことを教えてくれる、それが真の「天才」の生き方なんだなとつくづく感じます。



しかし、あの日の日テレ特番はちょーっと残念でした。
私は映画の部分から見始めて、前半部分は録画して後でゆっくり見ようと楽しみにしてたんですが、その前半部分は、なんとか24連発とかいって、ちょっとくだらないおふざけ番組でしたね。
まあ、マイケルの天才的逸話をわかりやすくまとめたんでしょうけど。知らない人にとってはよかったのかな?どうなんだろう?
私的にはいらなかったですね。その代わり、もっと肝心のイベントの様子を見せて欲しかった!!行けなかったからものすごーく楽しみにしてたのに。

トラヴィスがダンサー達と見せてくれたパフォーマンスは最高だったけど、実際はもっと長くやったんでしょう?観に行った方の話だと1時間近くあったとか。それに、オリアンティの歌う「ヒール・ザ・ワールド」がすごくよかったと聞いていたので楽しみにしてたんだけど、オリたん、本当にちょっと出ただけじゃん。
これを放送する為に4時間も枠を取ったのだと思っていたので、かなり落胆でしたよ。
また別の機会でもいいから、放送してくれないでしょうかね?ぜひお願いしたいです!!


**********


たくさん溜めてしまったコメントの返信(12/14以降かな←曖昧)を、やっと終えました!遅れてスミマセンでした;
はじめ、どこまで書いたかわからなくなってしまったんですが、たぶん合ってる(と思う。)。抜けてたり、返信くれ!という人がいましたら、もう一度コメントください^^

「拍手コメント」もたくさんありがとうございます!こちらは基本返信はしていないのですが、ありがたーく受け取っています☆

それから、携帯から昔の記事を見てて気付いたんですが、携帯からだと途中で切れて読めなくなってるものもあるんですよね(汗)
長いのって分けないとダメなんだな。ここで切れるってわかればいいんだけど。

東方神起関連で最近書いたもののいくつかが切れている事を発見したので、来年(?)時間のある時にでも直すつもりです。もしも「これ切れてるよ!」って気付いた方で、お優しい方がいらっしゃいましたら、ひとこと教えて頂けたらありがたいです!(←自分で調べろ)


ではまた☆

スポンサーサイト
12:00 | media | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
今年もありがとうございました!! | top | MY GOD FOREVER…

Comments

# あけましておめでとうございます<( _ _ )>"
いつもコメントを寄せている訳ではないので
突然のコメント、スミマセン↓↓ビックリされないで下さいね^^;)

「言葉はいらない」思わず東方神起の曲名かと反応してしまいました^^;)
しかし、本当ですね、私も、年末の特番を見て、言葉をなくしました。
感動の渦にのまれ、ただただ涙を流すだけ…(前半部分、残念でしたよね↓)

マイケルの素晴しいパフォーマンスを見ながら恐れ多くもユノの事を
思わずにはいられませんでした。
いつかユノも、、いえ、ユノはユノらしく
信じた道を進んでくれればいいですね^^

いつもありがとうございます。
sayuさんの愛に溢れた言葉は、私の心を強くしてくれます^^
by: たZ | 2011/01/07 02:43 | URL [編集] | page top↑
# Re: たZさん☆

> たZさん
こんにちは!いつでもお気軽にどうぞ。ビックリなんてしませんよ^^

「言葉はいらない」― ごめんなさい、勉強不足で。そういう曲があるんですね?知りませんでした。
ていうか、聴いたことはあるかもしれませんが、タイトルと曲がまだ全て一致してないんですよ。

ありがとうございます!マイケルの素晴らしさは言葉になんてできません。絶対に神様がこの人の上に降りてきてるんだろうなって、いつも思います。ただただ感動して、呆然と見つめてしまうという感じですよね。

全てのダンサーの(歌ももちろんですが)憧れの頂点に君臨し続けているのがマイケル。
THIS IS ITで選ばれたダンサー達は世界でも屈指の実力を誇るダンサー達ですが、彼らを含めて、マイケルを超える人は未だ誰も見たことがないですね。
日本人で選ばれた(辞退したけど)ケント・モリさんも、『とにかく一番スゴイ人』と言ってましたけど、本当にスゴイとしか言いようがないです。

そういう高い目標があるからこそ、みんな必死に頑張るんでしょうね。もちろんユノもそうだと思います。
理想をめざしてこれからも進化していくんでしょう、ユノも。
ユノは、自分を信じて努力が出来る人。そこがマイケルと重なります。
ぜひ世界を目指して頑張ってほしいと思ってます!楽しみに応援し続けましょうね☆
by: sayu | 2011/01/07 11:22 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://brightstarmoon.blog5.fc2.com/tb.php/308-d3ae82af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。