スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

今年もありがとうございました!!

去年の12/16に、「MJからのクリスマス・メッセージ」という記事を書きました。
もうクリスマスは過ぎてしまいましたが、1年が終わろうとするこの時期、私はマイケルのこのメッセージを思い出します。

2002年、マイケルからドイツの子供達へ贈られたクリスマスメッセージにもう一度耳を傾けてみてください。
きっと優しい気持ちで、新しい年を迎えられるんじゃないかな。

「MJからのクリスマス・メッセージ」

今回はニコ動じゃなくてyoutubeを貼りますね。
アルバム「Invincible」の中の「The Lost Children」が流れた後、3'04"辺りからマイケルからドイツの子供達へのクリスマスメッセージがあります。

日本語訳は以下に。



『この動画を、決して子供の心を失わなかったひとりの美しい男性に捧げます。その人の名はMichael Joseph Jackson。至上最も偉大なエンターテイナーであると同時に、人を愛し愛されたいと望んだ、私たちと同じひとりの人間です。子供時代、彼にはクリスマスも誕生日もありませんでした。輝かしいその栄光の代償に子供としての幸せを犠牲にした彼は、だからこそ生涯に渡り世界中で子供達を救うための活動を休むことなく続けました。実行の人です。不断の愛で、全てを行動に移した人です。そんな彼のメッセージを大事に受け取り、私達みんなで彼が夢見た世界に少しでも近づける努力をしませんか?どんなに小さな事でもいいんです。まずは、そばにいる人を愛する事から始めよう。
Michael Jackson Forever』- 動画説明分より。(thaks to 19700623kaka様)

**********

子供達のみなさん、こんばんは、そしてメリークリスマス。

音楽を創るとき、僕がいつも祈っていることがあります。
それは僕の音楽が沢山の人々に喜びを与えられるといいな、ということです。

もしそうだったとしたら、僕はとても幸せです。
誰かに喜びを与える事で、人は幸せになれるのです。
でも残念なことに、世界には幸せでない子供達が大勢います。
ここ、ドイツでも、他の国々でも。

クリスマスは、そのような子供達にとって、特別に辛いものです。
なぜなら、クリスマスこそ自分が持てないものに気づく時だからです。
ある子供達にとってはささやかなプレゼントだったり、温かい食事だったり、
家族だったりするでしょう。
そして、またある子供達にとってはほんの少しの愛かもしれません。

だからこそ、君たちの助けが必要なのです。
僕らと一緒に、どうかそんな子供達を助けてほしいのです。
ひとりぼっちで寂しい思いをしている子供達のもとへ行き、
彼らに「君は一人じゃないよ」と言ってください
LET US ALL TELL THEM : “YOU ARE NOT ALONE”

今年は僕だけが、君たちドイツの子供達にお話をして、ほんの少しばかりの贈り物をしていますが、
もし君たちが僕を助けてくれるなら、来年は、僕らみんなでもっと多くの国の子供達のために
同じことができるようになります。
僕たちは一緒に話をしたり、歌をうたったり、贈り物をしたり出来るようになります。
どうかこの事を大きく考えてください。
僕らと一緒に頑張れる人を、たくさん見つけよう。
ここ、ヨーロッパ全域で、また世界中の全ての場所で。僕らならできる。

そして大人の皆さんに言いたいことがあります。
私たち大人にとっては大切なことがたくさんあって、
時々、大切なのは自分たちだと考えてしまいますが、それは違います。
私たちの子供よりも大事なものはありません。
彼らは未来であり、世界を癒すことが出来るのは彼らなのです。

子供達を支えるのは、私たち大人の責務なのです。
彼らにいい助言をし、励まし、助け、そして愛してください。
彼らが夢に向かって進めるように勇気付けてください。
そして親として、友人として、親しいものとして、彼らが素敵な夢を持てるよう手助けをしてください。


新しい年を、僕はとても楽しみにしています。
君たち子供達と一緒に、他の子供達も助けられる運動ができることを。
僕は君たちに約束します。君たちが一緒にここに来てくれたら、
いい気持ちになって、とっても楽しい時間を過ごせることを。

メリー・クリスマス、心から君たちの事を愛しています。


**********

マイケルの遺志を継いで、やらなければならないことが、まだまだたくさんあります。
マイケル、相変わらず不幸な子供達は減ってはいないし、世界も争いばかりです。
でも、あなたが教えてくれたように、決してあきらめてはいけませんよね。
『僕らならできる』― そう信じて、これからも何ができるか考えながら行動していこうと思っています。

HEAL THE WORLD  そして、 HOLD MY HAND
大切なメッセージは決して色褪せることはありません。
All for LOVE !!

**********

今年も色々なことがありました。
ブログでは、思うことの半分も記事にできなかったのが心残りですが、今の自分の状況ではこれが精一杯。

無理をせず、気長にマイペースで、来年も続けて行けたらいいなと思っています。
もう少し、自分の生活とブログとの付き合い方を上手くコントロールできるようになりたいな。

そんな中でも今年、このブログ上で大きかった事件(?)は、新しい出会いがあったことです!
ブログの中にも何回も登場させた「東方神起」というグループと、特にユノ・ユンホという人。
彼に出会えたことで、また新たなジャンルの音楽を知り、ダンスの魅力に改めて気付き、人と人との繋がりの素晴らしさまで教えてもらうことができたことは、大きな財産になりました!
マイケルを通して、ユノの素晴らしさも知り、またマイケルの偉大さを痛感した、そんな1年でしたね。

それから、いつも支えてくださる温かいMJ仲間のみなさんの他にも、ユノを通して東方神起ファンの素敵なみなさんと出会えたこと、本当に幸せでした!
みなさんの愛や熱意に、たくさんのことを教えて頂きました!優しさにも心から感謝しています。

結局のところ、私の中心にはマイケルが変わることなく存在しているのですが、マイケルが与えてくれた、こういったたくさんの幸せに感謝しながら、新しい年も希望を持って迎えたいなと思っています。

マイケル、ユノ、そして彼らのファンのみなさん、このブログを訪問してくださった全てのみなさんに感謝しています。本当にありがとうございました!
みなさんの上に、たくさんの幸せの光が降り注ぎますように!

来年もまた、どうぞよろしくお願いいたします!!

今年どうしてもできなかった、自分なりの「アース・ソング」プロジェクト。
来年こそはこれに力を入れて行きたいなと思っています!!

Michael、頑張るよ!!


ちょっと早いけど、みなさん、良いお年を!!




スポンサーサイト
14:02 | MJ&me - 日々のMJ語り | comments (12) | trackbacks (0) | edit | page top↑
新年に届いたメッセージ | top | 言葉はいらない ― 「神」の才能

Comments

# sayuさん
こんばんは☆
このメッセージ、大好きなんです。
人柄が表れているというか…
やさしくて強くて愛に溢れるMichael。

今年はsayuさんとお話できて嬉しかったです^^
来年もお邪魔させてくださいね☆
お互いムリなく末永く続けて参りましょう!!
(“ムリなく”ってなかなか難しいのですが^^;)

それではsayuさん、よいお年を…
by: JJ | 2010/12/28 23:08 | URL [編集] | page top↑
# Re:JJさん☆
> JJさん

こんにちは!
素敵ですよねー、マイケル♪
マイケルのメッセージは、どれも本当に心を打ちます。
あの穏やかな声で語りかけられると、スッと入ってくるんですよね。

こちらこそ、JJさんとお話できてとても嬉しかったです☆
私は最近ほとんどニュースを追いかけきれなくて、関係ないところで色々書いていますが、JJさんはタイムリーに記事を更新されているので、ホント尊敬です!!
これからも、心温まる、そしてユーモアあふれたJJさんのブログ、楽しみにしています!
また来年も遊びに行かせて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします^^

素敵な年になりますように…☆


by: sayu | 2010/12/29 14:47 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2010/12/30 17:43 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2010/12/30 18:03 | URL [編集] | page top↑
# 良いお年を!
sayuさん、心のこもったお返事と、他所でのご丁寧なご挨拶をありがとうございます*^^* 今年も後、数時間を残す所になりました。本当に東方神起ユノさん、そして私達に温かな応援をくださり、ありがとうございました! ここの所毎日のように朝夕、ラジオからマイケルさんの曲が流れています。昨日も、「Black Or White」で目覚めました。「KING OF POP」 ‥‥ 様々な悪意に苦しめられたかもしれませんが、マイケルさんは音楽を愛する心ある人間に、愛されていらっしゃると思います。だからきっと天国で笑っていらっしゃると思うのです。マイケルさんの代表曲しか知らない私でしたが、今年ユノさんのステージを観て「Smooth Crminal」を、そして「You Are Not Alone」を知り、フェイバリットになりました。こんなに素晴らしい曲を歌っていらっしゃったのですね。そんな風にユノさんを通じて素敵な出会いがあり、今年私は色んな意味で改めて、マイケルさんと出会ったような気持ちです。温かく心を動かされました。sayuさん、どうかこれからもよろしくお願いいたしますね*^^* 新たな年2011年が、マイケルさんsayuさん、ユノさんチャンミンさんにとって、素晴らしいものでありますように‥ 心からお祈りしています。本当にありがとうございました!
by: tear | 2010/12/31 20:56 | URL [編集] | page top↑
# 明けましておめでとうございます!
旧年中は本当にお世話になりました。
sayuさんの深く力強い言葉に、どれだけ勇気を頂いたことか…

巡り合わせてくれた不思議な力はどこから来たんだろう。
マイケル・ジャクソンという人。
ユノ・ユンホという人。
一生懸命生きること。
分けあって生きること…
永遠の守護者、与える者であり続ける2人のことを思うと
ただただ胸が熱くなります。
これからも変わることなく友人でいて下さったらありがたく思います。

自分の生活と、ブログとの付き合い方かぁ~…
そうですね~…
この課題はまた新年に持ち越しです。
わかっちゃいるけど、なかなか難しいものですよね。
今年もよろしくお願いいたします<(_ _)>
by: るにるに | 2011/01/01 14:58 | URL [編集] | page top↑
# 明けましておめでとうございます
sayuさん、JJさん、tearさん、るにるにさん、みなさま 明けましておめでとうございます。
昨年は出会えてうれしかったです。

今年もよろしくお願いします。

ブログのこと、私はやっていないので的外れかもしれませんが、読ませていただいている立場として言わせていただけば・・・

私思うんですよね。
色々あってそれで良い!違っていて当たり前。
みんな同じじゃつまらない!

情報が欲しいだけじゃないんですよね!
その人の考え方や書く文章に惹かれるというか、ただ読みたいと思う。
それはタイムリーでなくてもいい。
何か出来ごとがあって、自分はこう思った。思っているが、ではsayuさんはどうかな?とか 後から読んでもああ一緒だとか、ああこういう考えもあるのかとか・・とか 発見があったり、自分を向上させてくれたり・・・

私はマイケル亡くなってから、情報が欲しくて欲しくて、ブログやYouTube ニコ動など マイケルに申し訳なくてでも知りたくて・・本当にマイケルづけになっていた時期があります。でもブログにコメント残すことはなかったです。
ただ1回、「マイケルの遺した言葉 マイケル訳詞集」にお礼のコメントを・・

でもやっとブログの中で気持ちを分かち合いたいと思えるようになったのは、2人の東方神起とるにるに家のみなさんのおかげかな?と思っています。
るにるにさん、tearさん、みなさんありがとうございました。
(この場でお礼はどうか?と思うけど、話の流れで sayuさんお貸しくださいねm(__)m)

東方神起応援したいけど、ひとりでは淋しいと思った。この人たちと一緒に応援したいと思った!自分の思いに驚きました!!

自分の思いを文章にする難しさ、気持ちが伝わるのだろうか?の不安感、本当に勇気がいりました。
そしてsayuさんとも巡り合えてコメントさせていただくようになるとは、ほんと出会いと人と人とのつながりの不思議さを痛感しています。

私にとって sayuさんのブログは 今(一応全部読みました)時々来て、更新してなければ 忙しいんだな!また来よう♡ 
乙更新してる どれどれ 読むぞう(^_-)-☆みたいな感じですが これじゃ駄目ですか?

sayuさんなりの「アース・ソング」プロジェクト
楽しみです。
では、また来ます(*^_^*)

by: ぱこ | 2011/01/03 02:18 | URL [編集] | page top↑
# タイトル
あっそうそうクリスマスメッセージのコメントし忘れました。
これは動画私も観ました。
日本語訳がついていて内容もわかりました。

いろんな噂があっても、疑いをかけられても、一貫したこのメッセージ
生涯通じて変わることなかったんですよね!素晴らしすぎます!!(T_T)

この動画マイケルが発光していて本当に神の使いに見えました!

また、2001年オックスフォード大学での講演
「Michael Jackson Oxford Speech The Kids 」 のスピーチも素晴らしかったです。

愛されない子どもたちに手を差し伸べよう。
両親にネグレクトされた子供たちにその両親達に赦しを与えてほしいという講義だそうです。

ではまた
by: ぱこ | 2011/01/03 02:40 | URL [編集] | page top↑
# Re: tearさん☆
tearさん、こんにちは!
相変わらず返信が遅くてごめんなさい;
良いお年を、と言われてから、新年になってしまいましたね。
あけましておめでとうございます!今年もどうぞよろしくお願い致します!

tearさんの思いやり溢れる言葉には、ここでも他所でもいつも大きな癒しを頂いています!
いつも気にかけてくださることに感謝しています。本当にありがとうございます。

マイケルの素晴らしさは、決して汚い悪意になんて負けるものではなく、亡くなった今でもこうして新しいファンの方々が増え、マイケルを愛してくださっていることがそれを証明していますよね。
ユノを通して、マイケルを改めて愛してくださったこと、そういう方々にたくさん出会えたことが、私の去年の大収穫でした!ユノには心から感謝しなければ!!^^

今年は東方神起も大活躍ですね!いよいよ本格的な活動が見れるのを私も楽しみにしています♪
精いっぱい応援していきますよっ!!
今後ともどうぞよろしくお願いします☆ 
by: sayu | 2011/01/04 12:50 | URL [編集] | page top↑
# Re: るにるにさん☆
るにるにさん

あけましておめでとうございます!
去年は(もう去年なんですね、不思議)、こちらこそ楽しく意義深い交流を持てたことに感謝しています。

いつも胸に深く残る言葉でユノを見守っているるにるにさんと、そこに集っている皆さん達。
本当にたくさんのことを教えてもらえたなあと思っています!
出会いというのはいつも不思議ですよね。
だけど絶対に何か意味があることなのは間違いなく。
私は「人生に無駄なものは一つもない」という言葉をよく思うんですが、やっぱり全ての出会いも偶然を装った必然で、その時に必要な何かを教えてくれているんだと思うんですよね。

ユノとマイケル、2人のアーティストに引き合わされた私達ですね^^
これは、いい加減なことをしたらバチが当たりそう!(笑)

そうなんですよー、ブログも大事だけど他のことも。時間が何倍も欲しいですよね;
お互い無理をせずに続けていきましょう!
東方神起とユノ、最高にカッコいいカムバックを見せてくれましたね!超楽しみw

こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いしますね~☆

by: sayu | 2011/01/04 13:15 | URL [編集] | page top↑
# Re: ぱこさん☆
> ぱこさん

あけましておめでとうございます!
去年はたくさんのエールを頂き、とても心強く嬉しかったです。こちらこそ今年もどうぞよろしくお願い致します♪

ブログのこと、意見を聞かせて頂けて参考になりました^^
まあ、いくら自分が書きたいと思ってもどうしても物理的に難しいことがあって、これはもうどうしようもないと思ってます。いつか思い通りになる時も来るんだと思い、今は出来る範囲でマイペースでいくしかないなと。

こんなブログでも、読みたいと思ってくださって、本当にありがたく思っています!
自分なりの思いを書いて、共感して頂ける方々が少しでもいるということが、続けていく原動力になっています。書かなくなるとずーっとお休み状態ということが今後も頻繁にあると思いますが、時々はのぞいて頂けたら幸せです☆

うちのブログのコメント欄は、るにるにさんのところのように盛り上がらなくてスイマセン^^;
なにせ管理人がこんなヤツで、るにるにさんのように面倒見が良くないので、coolな感じでずーっときてますもので;
みなさん同士の交流の場として使っていただけることは、全然OKですよ!遠慮なくお使いくださいね!
でも、あまり人が集まりませんが…ww 本当に申し訳ない。それでもよろしければどうぞお気軽に^^

ぱこさん、目が痛くなるほどブログを全部読んでいただけたことに、心から感謝と感動です!
これからもボチボチ頑張りますので、どうぞよろしく!!
「アースソング」プロジェクト!!そうそう、今年こそっ!!(謎)

マイケル&ユノ、永遠に応援していきましょう!!

by: sayu | 2011/01/05 10:29 | URL [編集] | page top↑
# Re:ぱこさん☆
> ぱこさん

こちらにもコメントをありがとうございます!

マイケルのメッセージは、いつも「愛」でしたねー。
子供達への優しいまなざし、心がこちらまで清められていくようで、大切なことをいつも思い出させてくれる人ですね。

オックスフォード大でのスピーチも、素晴らしいと思います。
マイケルの考え方、親への思い、子供達への思い。自分の経験を踏まえた上での真の訴えには、本当に強く心を揺さぶられました。マイケルってすごいなあって、あの講演を聞いた時あらためて尊敬したものです。

このスピーチのことは、記事の中でマイケルの言葉として時々書いた記憶があるんですが、まだこのブログでちゃんと紹介していないんですよね。ずーっと書きたいと思っている中の一つです。ついつい機会を逸してます。
近いうちにちゃんと紹介したいです。
書きたいことが次から次へと増えてくるので、追いつきませんよー^^

by: sayu | 2011/01/05 10:38 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://brightstarmoon.blog5.fc2.com/tb.php/309-99402381
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。