スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

マーレイ、予備審問始まる

マーレーの予備審理が始まりました。
はぁ…。なんとも気が重いです。プリンス君が証言台に立つという話もあったり、今回はオルテガさんが検察側の証人として立ったんですね。元従業員も立つ予定だとか。たくさんの証人がこれからも召喚されるんでしょうか。

・「MICHAEL JACKSON/マイケル・ジャクソン」様の記事をお借りします。

ケニー・オルテガが検察側証人に

『オルテガは、2009年6月19日・・・ジャクソンが亡くなるちょうど一週間前・・・に、ジャクソンが冷え切っていて悪寒を感じており、パフォーマンスができないということを訴えていた。それはその日のリハーサルがキャンセルされたということを意味していた。

翌日の6月20日、ジャクソン家では緊急ミーティングが開かれ、オルテガ、AEGの重役たち、コンラッド・マーレー医師、そしてジャクソン自身が出席していた。そのミーティングは「激しく、騒々しく、そして議論となった」とされている。オルテガは、ツアーが差し迫っているので体をいたわるよう懇願しつつ、ジャクソンに注意を与えた。

オルテガは、ミーティング中にマーレー医師がある「とんでもないこと」を言ったと証言し、マーレー医師はマイケルに対する配慮と敬意を欠いていたということを示すと考えられている。その「とんでもないこと」はマーレーにとってダメージとなるだろう。』


++こちらは日本の記事++

■<マイケルさん急死>予備審理が始まる ― 毎日新聞 1月5日(水)11時36分配信

歌手マイケル・ジャクソンさんの急死を巡り、過失致死容疑で訴追された心臓内科医のコンラッド・マーレー容疑者(57)に対する予備審理が4日、米ロサンゼルス郡地裁で始まった。検察側は冒頭陳述で、マーレー医師が異変を9~21分間放置し、マイケルさんは救急車到着前に死亡していたと主張した。予備審理は起訴するに足る十分な証拠があるかどうかを裁判所が判断するための手続き。

■マイケル「救急車呼んだ時点で既に死亡」と検察 ―読売新聞 1月5日(水)10時52分配信

米歌手マイケル・ジャクソンさんが急死した問題で、過失致死容疑で訴追された元専属医のコンラッド・マーレイ容疑者(57)に対する予備審問が4日、カリフォルニア州ロサンゼルス地裁で始まった。この日は証人として振付師らが出廷、2009年6月にマイケルさんが死亡した当時の模様を証言した。

地元メディアによると、検察側は冒頭、マーレイ容疑者が救急車を呼んだ時点で、すでにマイケルさんは死亡しており、同容疑者は強力な麻酔薬を投与した事実を隠蔽しようとした、などと主張した。

続いて行われた証人の審問では、振付師のケニー・オルテガ氏が、マイケルさんの死の数日前、その健康状態を巡ってマーレイ容疑者と対立したと述べた。さらに、「医師は、(マイケルさんは)心身ともに良好だと言っていたが、実際はコンサートのリハーサルをこなせるような状態ではなかった」などと証言した。 (最終更新:1月5日(水)10時52分)



++私が尊敬するメゼロウ氏の言葉も++

「MICHAEL JACKSON/マイケル・ジャクソン」様 より
マーレー弁護団に対するメゼロウの厳しい言葉

『(要旨)2005年の児童虐待容疑に対してマイケル・ジャクソンを成功裏に弁護したトーマス・メゼロウ弁護士が、コンラッド・マーレー医師の弁護団に対して厳しい言葉を投げかけている。メゼロウはMSNBCに今朝登場し、他の事に交えてこう述べている。「残念ながらマーレー弁護団は、有罪である彼らのクライアントへの注目をそらそうとしてマイケル・ジャクソンを激しく非難しなければならなくなるでしょう」。

加えてメゼロウは、ジャクソンが自殺をするような、あるいは自滅的行動をとるような人ではないとし、マーレーの弁護がうまくいかないことを望むと語った。』


**********

マイケルの死に直接関係した、コンラッド・マーレー医師に対して、私は今までほとんど書いてきませんでした。

二つの理由があります。
一つは、リアルな「死」に向かい合いたくないから。
一つは、よくわからないから。
私は今の時点では、マイケルがいわゆる「薬物中毒」といわれる状態になってしまったことを、死の原因としてより重視しています。だからこそ、二つの大きな少年虐待疑惑とその騒動の原因になった人物達の方を、多く取り上げ批判してきました。
特にこの二つの事件がマイケルに多大な精神的ストレスを与え、あのような状態にまで彼を陥れてしまったことは多くの証言から証明されています。

しかし、あの悪夢の日、実際に部屋では何が行われていたのか。直接的にマイケルを死に至らしめてしまった原因はなんだったのか。そのことが重要でないはずはない。マーレーに過失があったのかなかったのか。当然、医師としての義務を怠ったのならその責任を逃れることはできないですし、償わなければならない。自分の身を守る為に偽証を企んでいるとしたら絶対に許してはならないことです。

メゼロウ氏が危惧しているように、マーレーの弁護団がマーレーを守ろうとするがゆえにマイケルを激しく非難するようなことがあるとしたら…。言語道断!亡くなっているのをいいことに、都合よく事を運ぶなんて許せるはずがない。マイケルを冒涜するようなことは絶対にあってはならないことです!

それにしても、『実際はコンサートのリハーサルをこなせるような状態ではなかった』なんて…。
6月23日と24日(亡くなる前日)、体調がすっかり回復し、若いバックダンサーたちや、彼の歌やダンスに居合わせた者達を感動させたんですよね?TIIでもその元気な姿を見ることができるのに…。

いったい誰が悪いんだろう?

未だに決着していないこの問題。いつになったら真相が明らかになるのでしょうか。マイケルと家族の安らかな日が一日も早く訪れることを願ってやみません。


続報は追記します。





スポンサーサイト
14:05 | コンラッド・マーレー裁判関連 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
東方の神、ついに帰還!! | top | ファンの団結が実を結ぶ!

Comments

# 早く安らかに・・
こんばんは(*^_^*)

また更新始まりましたね。
返信レスも読みましたよ!!私の勝手なコメなのに励ましになったとすればありがたいです。

予備審問 私も他所ですが、次々の証言読ませていただいてました。

この行方見守っていき、何か出来ることがあれば行動に移していきますね!

でもいつまで続くんでしょうか?
そして、また、マイケルのプライバシーを根掘り葉掘りと法廷にさらけ出されるのでしょうか?
真実だけでなく、嘘も出てくるんでしょうね・・・マーレー医師の弁護の中でなんて想像すると、なんかつらいです。

早くマイケルに安息を与えて欲しい!!
そして家族も穏やかな生活を・・仲よく暮らしていただきたいと願います。

でもはっきりさせることは大事なことなんでしょうね。
それはわかりますし、しなくてはならないとは思います。


by: ぱこ | 2011/01/05 20:59 | URL [編集] | page top↑
# >ぱこさん☆
>ぱこさん

本当にこのニュースは気が重くなりますね。マーレー側はマイケル自らが薬物を投与したとか、マイケル自身の過失の可能性を訴えて出るんじゃないかと言われてますね。

今や本人がいないんですから、マーレーや関係者にはとにかく胸に手を当てて、真実を明かして欲しいです。
どうであれ、結論は早くきっちりと出してほしい。そうじゃなきゃマイケルも家族も気の毒です。

裁判の公正で迅速な進展を願うのみです;

私としては、キャサママ達も訴えていたように、やっぱりAEGにも責任があったのではないかと感じてます。
オルテガさんの証言を聞いて更に、やっぱりなぁと。

イヤだイヤだ(>ε<)


by: sayu | 2011/01/06 01:00 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://brightstarmoon.blog5.fc2.com/tb.php/312-10da2f79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。