スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ユノとチャンミンのインタビューから。

この頃「Why?Keep Your Head Down」のMVを毎日最低1回は見てしまうsayuです。
ほんとクセになる味。

ところで、1/13、東方神起のユノとチャンミンが、初めて公の場で一連の騒動や今の3人に対する気持ちを端的に述べた貴重なインタビューがありました。
2人の東方神起を支持する当ブログとしては、これは紹介しないわけにはいかないと思いましので、遅くなりましたが以下にいくつかの記事をリンクします。

ニュースが出てすぐにいくつかの翻訳記事を読みましたが、翻訳機を使うとどうも日本語としてはわかりづらかったり、翻訳の仕方でかなりニュアンスが違ってしまうものですよね。一つの記事で全てを網羅してはいないようなので、色々読んでみた方がいいと思いました。
最初に紹介するこちらはとても自然に読みやすい日本語に訳された抜粋記事。

◇韓国ポータルサイトDaum
東方神起・インタビュー (日本語訳)
出典:http://10.asiae.co.kr/Articles/new_view.htm?sec=news13&a_id=2011011308410132117

++その他の日本語記事++
◇中央日報
東方神起インタビュー「沈黙する理由、東方神起を守るため」(1)
東方神起インタビュー「沈黙する理由、東方神起を守るため」(2)
◇イノライフ
ユンホ「大きな傷がポジティブなマインドに」
東方神起“JYJ、早く自分の場所に帰って来てくれたら…”
◇ワウコリア
活動再開の東方神起 「2人でグループ守っていく」
◇YONHAAP NEWS
活動再開の東方神起、「2人でグループ守っていく」
◇朝日新聞
「東方神起」と「JYJ」の葛藤が深刻化 解決策はあるのか





この二人の意志は明確です。
大人で(大人なんだけど年齢以上にそう感じる)真面目で冷静で、とにかく1本ピシッと筋が通っている。
最初から最後まで全くブレていないんですね。
自分にとって大切にしなければいけないもの、自分がどうあるべきか、どうするべきかがちゃんと見えている。
たくさんの葛藤も涙も悔しさもあったんだろうけど、乗り越えたんですね。

<Daumより>

『つらかったです。』

素直に認めたユノ。こう言えることが、それをもう過去のものとして消化した証です。

『ですが、誰かに「ちょっと僕の話を聞いて欲しい」というのは大人気ない行動のような気がします。誰かを恨むというよりも、自分自身に腹が立って、とてもつらかったです。でも、恨む時間さえありませんでした。』

自分自身に腹が立つ ― 誰のせいにもしない。全て自分で責任を負う。
負けず嫌いで責任感の強い、努力家の人間がよく口にする言葉です。
こう言える人は必ず自分を更に磨いて一回り大きく成長できる人なんですよね。

そしてチャンミンもそうですね。

『僕が今まで過ごしてきた様子と性格をふりかえってみて、自分自身に対してとても堂々としていられるようになりました。とても大変でしたけど一生忘れられない時間です』

辛い時期に、自分自身を冷静に見つめ直してポジティブに変えていく。チャンミンがどれだけ大変な精神状態にいたかを以前読みましたよ。
そんなチャンミンが心配で心配でたまらず、自分も辛い状況なのに、ずっとチャンミンから目を離さずに見守っていたというユノ。事務所の仲間や友人達にも頼んで、みんなでチャンミンを守ってあげていたそうですよね。
優しい人達に囲まれて、でも結局最後は自分を信じる強さで困難を乗り越えたチャンミン。
ユノも、チャンミンが、そして仲間達がいてくれたからこそ頑張ろうと思えたんだろうし、乗り越えられたんじゃないかと思います。


<中央日報より>

― JYJにしたい話があるか。
「ない」(チャンミン)
「他の言葉はなにも言えないが一言言いたい。元気でね」(ユンホ)

― 5人だけで会おうと提案するならば受け入れる意向があるか。
「メンバーの不和に始まったことでない。会社との立場の違いで始まったことならば、会社側と整理をするのが優先だろう」(チャンミン)

― 5人の東方神起で活動した時の良かった思い出は何か。
「全部が幸せだった思い出だ。私たちが音楽を通じて純粋に愛したその思い出はすべて良かった。いろいろなデマと非難で思い出を汚されるのはこれ以上願わない」(ユンホ)

― 一度も公式な立場表明をしていないが。
「率直に話をすることもできるが今は言葉を慎みたい。真実を話さないのは東方神起が守られなければならないと考えるためだ。ずっと話せば自分の顔につばを吐くことになるだろう。東方神起というブランドの価値を落としたくない。ファンを困惑させたことは本当に申し訳ない。いつか時間が過ぎれば真実が明らかになるだろう」(ユンホ)

「あれから私もやはりたくさん傷ついた。“私たちは何も間違っていない”という意味ではない。ファンに失望を与えたことに対して本当に遺憾であり申し訳ない」(チャンミン)

― 今後またひとつになればどのような話をしたいか。
「そのまま抱きしめるか、ぶん殴るかの2つにひとつだろう。もし上手く解決されるなら…」(ユンホ)→(どっちにしても素敵でございます、お兄様)


<イノライフより>

ユンホは「すでに私たちが引き止められる線を越えたよう。遠くにいる状態で3人が会社を控訴することになって、ただ今の姿がファンを混乱させてることが残念。いつかはどうかして解かれること。本来の姿を見せてくれたらいい」と語った。

また彼らは「きっかけができて和解をすることができたら再び組めるか」という質問にも「その可能性は開いておいてある」と肯定的な返答をした。「しかし会社との話し合いの時間が先行しなければならない」と立場を明確にさせた。


<ワウコリアより>

2人は、グループを去った3人に対する今の思いも率直に打ち明けてくれた。

僕たちは彼らを待っていました。でも、『東方神起』が忘れられてはならないので、5年、10年と待つことはできなかった。彼らと事務所の対立が深まり、あまりに遠くに行ってしまい、僕たちとも連絡を取らなくなって久しいです。問題が解決されるまで、誰かが東方神起を守らなければならなかったんです」(ユンホ)。

 再び5人組として活動する余地があるかとの質問には、慎重な姿勢を見せた。ユンホは「問題は3人と事務所の対立と訴訟」だと指摘する。自分の口からすべての事情を語ることはできないとしながらも、SMエンタの中で東方神起というグループが作られたのだから、3人が事務所と和解し戻ってくるべきだとの考えを示した。事務所と和解できてこそ、2人との話もスムーズに進む。「今の状況がもどかしい」と吐露した。

 「JYJ」は先のインタビューで、「過去にもこれからも東方神起」だと語っている。それに対する考えを尋ねると、チャンミンが口を開いた。

 「『東方神起』は最初からSMエンタの企画で作られたチームです。5人はたくさんのファンに愛され、楽しく活動していました。僕たち2人は東方神起の枠から外れることなく、その場所を守ってきました。群れを離れた鳥たちが『僕たちはまだ群れのなかにいる』と話すのは矛盾ではないでしょうか」


**********

― 全部が幸せだった思い出だ。私たちが音楽を通じて純粋に愛したその思い出はすべて良かった。メンバーの不和から起こった問題ではない。問題は3人と事務所の対立と訴訟。和解が出来なければ何も進まない。もう自分達がどうにかできる範囲を越えてしまった。東方神起は守らなければならない。―


不安と苦しみ、悲しみを乗り越え、冷静に自分達の問題を見つめた時、答えが出たんですね。そして一つの区切りを付け、2人共着実に、ポジティブに未来を見つめて努力を続けていた。だからこそ、今こうして東方神起第二幕が、華々しくスタートを切れたんでしょう。
インタビューからは、2人の聡明さと強さを感じますね。そして絆の強さも。

何が正しいのか、正しくないのか。
悩んで苦しんで、言葉にできないほどの葛藤を乗り越えて出した結論なんでしょう。
様々なバッシングを覚悟で彼らが出した結論は、東方神起を作り育ててくれたSMに残り、「東方神起を守り続ける」ということ。
この悲壮なまでの決意に対して、彼らを責めたり、更にバッシングを続けたりする権利が誰にあるのでしょうか?
私はこの二人の努力する姿と、悲しみや苦しみを笑顔で包んでいる様子を見ると胸が熱くなります。
2人の決意を応援したい。心からそう思うのです。


homin3.jpg

↓こんな2人も最高!

CH:『ヒョン(ユノ)が家で水を飲むときにペットボトルに口をつけて飲むとか、たまに靴を履いて家に入るとか…。僕の価値観と思想ではとても理解できませんね(笑)』
YH:『急いでいると、たまに靴を履いて忘れ物をとりに家に入ることがあるんです。』(なんとっ!?)

それで奥さんみたいなチャンミンから怒られるユノ。
片付けないとか部屋を散らかしっぱなしとか、前からよく怒られてたみたいですねー^^;
そういうところが母性本能をくすぐるんだね。
あんっなにめちゃくちゃカッコイイのに、ダメダメなところがある可愛さ!


でも実際自分のダンナが片付けなかったら超キレるけどね(爆)
チャンミンの気持ちわかるよ~~。
そんなユノをどうぞよろしくお願いします!!




なんだ、この終わり方…


スポンサーサイト
14:31 | 東方神起 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
エミネムとマイケル | top | TVXQ、アルバム売上世界チャート4位!

Comments

# あんにょん(^^ゞ
ユノは
「僕が責任を持って面倒を見ます。」
そう言ったそうです。
ともすれば 自分が危うかった。
しかし
彼を立ち直らせた
彼が 何が何でも立ち直らなければならなかった理由がここにもあります。
弟を守ること。
こうして2人は同じ戦場を戦ってきた。
チャンミンが言った「優しい気持ちよりも憎らしい気持ち」
この「憎らしい」は
“心が通った限りなく近い存在の相手に対して抱く
好きも憎いもすべて受け入れ乗り越えた状態の想い”
この2人のどうしようもなく切ないほどの心の絆を感じてしまいます。
私たちが想像だにできない状況を生きてきた二人。
どんな雑音にももう動じない。
何が襲いかかろうとも寄せ付けない。
ある意味
今の現状につなげてくれてありがとうと
あえて私はお礼を述べたいくらいです。
言いたければ言うがいい。
やれるもんならやってみろ!
もう東方の神たちは止まらないよ。

あとは日本カムバックです。
この日本でも
2人にてっぺん立たせてあげたい!
きっともう近いよね!
がんばれ~
東方神起!!!



by: midomido | 2011/01/18 20:33 | URL [編集] | page top↑
# ふ~・・・やっぱり感動
sayuさん。また記事にして下さってありがとうございます。
やっぱりユノは、思ってた通り・・・憎しみも苦しみも更に自分を向上させてく材料にさえしてしまう!!(泣)
でもどれ程の苦しみだったかは、私達には想像も出来ないでしょう。
だからこそ、こうやって立ちあがって来てくれた2人を誇りに思い、そしてこれからもズ~っと応援して行くしかないんだろうな。(もう逃げられません)??追っかけてももらえませんね~そういえば・・・でも私は追い続けます!!
だって「ユノ!凄すぎる☆☆」

ユノとチャミの関係も嬉しくって!乗り越えて来たからこその2人の『絆』
チャミの歌に負けない様努力するユノ!
ユノのダンスに負けない様努力するチャミ!
ダイヤモンドの2人だからこそ・・・

日本カムバック!!絶対素敵な物にしてあげたい!!
そしたら・・・踊りましょうね(^^)/
by: こゆっち | 2011/01/18 23:51 | URL [編集] | page top↑
# Re: midomidoさん☆
> midomidoさん
「僕が責任を持って面倒を見ます。」
かっこいいですね。自分自身も不安定な精神状態だったのに、ものすごい責任感と、そして強い愛情があったんだろうな。
そんな中でマイケルの追悼コンサートもあったんだなって思うと、今更ながら感動と感謝の気持ちでいっぱいになりますよ。本当にもう一度、今の充実した状態でのMJパフォーマンスを見たいなあ^^

2人の東方神起のパワーとオーラのすごさには、私も驚いた!想像以上のものを作り上げてきましたよね!
こういうのが見たかった!って思ったし、本当に今後の2人が楽しみだなって思います!!
これは運命だったのかな。ユノはもっとメインで目立つべきだったんですよね!

あと少しで日本でもカムバックですね!!ファンも増えてるみたいだし本当に楽しみ~~!
てっぺん立つでしょう!!精いっぱい応援します!!

by: sayu | 2011/01/19 10:33 | URL [編集] | page top↑
# Re: こゆっちさん☆
> こゆっちさん
ユノって、一見(黙ってると^^)、ものすごく紳士的で落ち着いた人にも見えません?
私、本当に全然東方神起を知らない時、この一番端に立ってる人、大人っぽくて理知的で落ち着いてるなっていうイメージだけは、なんとなく持っていたような。
あんなにすごいパフォーマンスをする人だって知らなかったし、更にあんなに熱くてパワフルで明るくて元気な人だって知らなかった!知ってたらもっと早く好きになってたのに、どこ見てたんだろうね?
だいたいね、東方神起のイメージが全然違ってたから。バラードを中心に歌うグループだと思ってたのが間違いの始まり。ユノを中心にしたダンスが最高だったのにっ!!!

精神的にも本当に熱くて前向きでエネルギッシュな人なんですね、ユノって。
どれだけ辛い思いをしたのか、あの元気で明るいユノが、ファンが見ているのも辛いほどに精神的にも肉体的にも参っていた時期があったんですよね?でも、最終的には全てポジティブに受け止めて、こうやって元気にカムバックして。
やっぱり彼は強い人だね。こゆっちさんが言うように、全てを自分を向上させる材料にしてしまう人。
エライ!!スゴイ!!こんなありふれた言葉でしか表現できないけど、とにかく素敵です!

日本での活躍も早く見たいね~~☆
たくさんのプレゼントをお返ししたいです!!
もちろん一緒にdancin'だよ~~~^^♪ U-Know Time!!

by: sayu | 2011/01/19 10:52 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://brightstarmoon.blog5.fc2.com/tb.php/321-74fd2cb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。