スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

625集会、化粧品事業等に関する簡単な経緯と説明

まだほんの一部ですが、東方神起騒動の経過を調べた範囲で簡単にまとめたので参考にしてください。
追々、なるべく詳細に加筆・修正していきます。

※ホミンバッシングの原因といわれている「625集会」については、音源流出によりその内容の全文が明らかになっています。この時の話の内容は、受け取る側によって解釈の仕方に多少の違いがあるようです。
特に韓国語を日本語に訳す段階で微妙なニュアンスの違いが生じ、それによって好意的に聞こえるものと、悪意があるように聞こえるものとがあります。
その点を考慮に入れて判断してください。

この日の集会でのチョンジェス側のご家族の発言が、ホミンへのバッシングを促していると取れるかどうかは人それぞれだと思います。
「促した」云々は、言ったor言わないの世界になってしまい、水かけ論で結論は出ないかもしれません。

しかし、現実問題としてこの集会後に激しいホミンバッシングが起きたのです。つまり、チョンジェスファンは、そう解釈したということになります。そこがなによりも問題となるべき部分です。先に「ホミンバッシング」という事実ありきなのです。今も尚続くこの悲しい事実だけは弁解のしようがないはずです。





ユノとチャンミン(以下ホミン)へのバッシングが始まったのは、2009年の6月頃。
「625事件」とも呼ばれているある集会が大きなキッカケだったと言われている。
これについては参加した人物が後に録音テープの音源を流出させたことにより、その内容が明らかになっている。

主催者は、ユチョン、ジェジュン、ジュンス(以下チョンジェス)の親御さん、姉。本人達に頼まれたので、と話す。
集められた参加者は、チョンジェス個人ファンサイトのオーナー達。

ここで主催側が意図したことは、まず3人が事務所SMを訴え出て行くことに対して、ファンや世間のバッシングが起きないように抑えること。
通して主張している内容は、SMの契約はひど過ぎる。最初は5人で一緒に事務所を出るつもりだったが、ギリギリになってホミンが心変わりをした。出来れば5人で一緒にやることが理想的なのだが、というもの。
そしてSM側が主張している3人側の化粧品事業進出と肖像権の問題などは全く関係ないということ。
これらをブログ等を通じて流し、チョンジェスに批判が起きないように上手くやってほしいと言葉を濁す。

この集会後、ホミンが3人を裏切った、SMと2人のせいで東方神起が解散してしまう、ホミン=裏切り者、という噂が大きく広まってしまう。
更に尾ひれが付き、ホミンはSMに優遇されてドラマやCMの仕事をもらったから辞めないのだ、ユノの父親がSMに借金をしているからだ、などの根も葉もない噂はどんどん大きくなり、バッシングは激しさを増し、ホミンと家族は外へも出られないほどの状態が長い間続く。


以下箇条書きで。

◆確かに所属事務所SMエンターテインメントの労働条件はかなり過酷だった。
SMに限らず韓国の芸能事務所の契約は日本のそれとは大きく異なる。レッスン生時代を含んでの長期契約が多く、日本と単純比較はできない。
東方神起の5人は、睡眠時間も休暇もほとんどない状態で、怪我をしても病気でも休むこともできず、アジア各国を行き来しながら仕事をしていた。

◆当初から世界を目指す「ドリーム・チーム」の名の下に結成された。故に長期の契約延長、並びにハードな労働条件も夢の実現の為ならしかたがないという意識を持ちながら、活動を頑張っていた。

◆契約更改、条件の見直し等も過去5回行われ、メンバーと親御さんはその度に納得してサインしている。

◆2009年1月、ジュンス、ユチョン、ジェジュンの3人の化粧品事業開始。
3人のメンバーとジュンスの父と兄は、オフを利用し北京某百貨店で行なわれたクレビュ化粧品の中国法人投資説明会に出席し、挨拶をし、写真を撮って景品イベントに参加。取締役の肩書の名刺も持っていた。

◆単純な投資ということだけではなく、その後更に活発化する3人と家族の化粧品事業は、広告に使用した名前やジャケット写真、グッズを付けて販売したことなどから肖像権侵害等の問題が起こり、SMと確執が生じる。

◆ホミンとホミン両父はこの化粧品事業には反対。何度となく誘われたが断っている。会社自体の信用性も商品に対する安全性も信じられなかった為。しかもマルチ商法の疑いやインサイダー取引を匂わすような誘いまであった。
これらは東方神起の名前を著しく汚す危険もあるし、「東方神起」というブランドはSMのものという立場である。東方神起はこのような商売をする為にあるのではない。

2009/11/2、SMの記者会見の席で示された2人の「立場表明」でも、3人のメンバーが参加した化粧品事業へ同席しなかった理由として「所属事務所との協議なしにメンバー個人へ接近し、進められている化粧品事業ということで、今後問題になると判断したため出席しなかった」と説明している。

◆2009年5月、エイベックスは、3人の化粧品事業に関して日本のファンから「詐欺行為では?」との苦情を受けた。その後SMは、エイベックスから、化粧品事業に関して公式的な事実確認要請を受けた。

しかし3人はSM側からの、化粧品会社との間の契約書を東方神起の肖像権や立場を確認する為に見せて欲しい旨の要求を拒否。



◆2009年6月6日、SMは5人のメンバーの親を招集。キム・ヨンミン社長との話し合いの場を設けた。
この席で、特に3人側ジュンスの父とSM側は、化粧品事業の契約書を見せる見せないで言い争いが生じた。
ユンホの父は事業に参加していないので仲裁する中で、ジュンスの父と言い争いが生じた。

結局その時ジュンスの父は、『ジュンスはもうこれ以上SMと仕事をしない。ユチョンもジェジュンも同じ立場だ』と言ってその場を去った。

◆2009/6/24、チョンジェスがSMに対し【専属契約無効通知および資料の提出の要求】(グループ脱退関連と言われる)というタイトルの内容証明を提出。

◆2009年6月25日、バプテスト教会での集会。(625集会。ホミンバッシングの始まりと言われる。)
3人の依頼によって(3人の親御さんの言葉)、3人のファンサイトオーナーが招集された。ここで、事実とは違う情報が言及される。以下は、その時の音声の録音テープの内容の一部。

―* 今、日本での収益分配が9:1にしかならない(SMが9:東方神起が1)。1を5人で分ける。
―* 13年契約があるし、SMは話し合いにも応じないので辛い。
―* 5人で事務所を出ることを合意していた。がその1時間後にホミン2人は急に話を変え、事務所に残ると言いだした。

※その後契約書が公開され、国外活動の収益はSM純利益の7割が東方神起に配分されていたことが判明した。

―* ホミンの2人がSMに優遇されCFやドラマの仕事を始めた。それでSMに残ると言いだした。
―* SMは、2人が残ることを契約上悪く言われたくないので、化粧品事業を否定している。それなら化粧品事業はしないから一緒に5人で出ようと言っても、ホミンはSMに残ると言った。だから化粧品事業とSMを出ることは何も関係ないのに、SMがそう噂を出したので3人だけがひどい悪者になった。
とにかくホミンは何を言っても聞き入れないので3人だけが非常に大変な思いをしている。

※実際には2008年から5人の個人活動は計画され公知されており、5人ともその後それぞれ個人活動を行っている。
2人は優遇されてもいないし、SMが化粧品事業を問題にしているのは当然そんな理由ではない。

―* この集会を持ったのは、先にホミンのご両親がこのような場を持ち、3人が攻撃されてしまっているからだ。

※ホミンのご両親がファンサイトのオーナーを招集した事実は全くない。

―* SMは5人を分離する準備を進めていて、3人がSMを出れば今後日本で活動することになる。エイベックスがどちらかと手を結ぶ。

※前日に一方的にSMに内容証明を送り付けたばかりなのに、そこまでSMが準備をしているはずがない。どういう意味だろうか?

―* 3人は死にそうだと言って苦しんでいる。ユンホのサイトのマスター等から多くの悪口を言われ毎日辛く苦しんでいる。

※3人ばかりが辛い、苦しんでいるを連発している。これではユンホへのバッシングが起きないわけがない。

―* SMの契約は納得できない

※これまでに5度に渡り契約更新があり全員が同意の上サインしている。

―* サイトマスターたちとの質疑応答があり、ブログ等を通じて3人を守るように賢明にやってほしいと頼んだ。

※オーナーたちは、ファンサイトに載せると問題だから、個人のブログ等を通じて活動すること、自分達がやれるだけのことはやろうと話し合った。


◎問題とされるこの「625集会」の後からホミンバッシングはずっと続くことになる。
「5人で行動を共にする約束を2人が裏切った」「有利な条件を与えられSMに寝返った」「悪いのは全てSM、SMに残った2人は裏切り者」という誤った解釈が広まった為。

◎625集会はなかったものとされ、知っている全てのファンは見て見ぬふりを続けた。それはメンバーの親御さんを非難することになるからだと言われている。
しかし、後に録音されていた音声ファイルが流出しこの事実が明るみに出た。


◆2009年6月26日、【フォーエバー事件】
フォーエバーと名乗る人物による謎の文章のポスティング。
東方神起を離脱した3メンバーがCJに移籍することが既に約束されていた、というような具体的な内容の様々な裏話を書いた文章がユノペンサイトにポスティングされた。
これがユンホの父によるものだと誤解され、3人を中傷していると受け取った3人のファンは、ホミンへの激しいバッシングを続けることになる。

◆2009年7月、『5人が揃って事務所を離れようとしたが、SMがホミンにドラマを与え仲たがいをさせ、2人は個人活動の為に裏切り行為をした』という内容のルーマーが、Daum、ソウルドレッサー及びその他のコミュニティーサイト掲示板に散布される。

◆2009年7月31日、チョンジェス、ソウル中央地方裁判所に、所属事務所SMエンターテイメントに対しての《専属契約効力停止仮処分申請》を提出

◆2009年8月1日
再度様々なコミュニティーサイトの掲示板に「ホミンはSMから個人活動の餌を与えられてチョンジェスを裏切った」というルーマーが書き込まれる。
訴訟を起こした3人を支持し、2人に対して歪曲した噂を流す。




以下追記予定



スポンサーサイト
19:02 | 東方神起 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
パソコンが! | top | 資料2: ユノ、チャンミン 立場表明

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://brightstarmoon.blog5.fc2.com/tb.php/324-a302d09f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。