スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

生き続けるマイケルのダンス

昨日の夜、子供が見ていたテレビ番組でいきなりマイケル映像が出てきて驚いた。
一時期、また?っていう位取り上げていたケント・モリさんのことを紹介していたんですね。

ケントさんも「またこの話題ですか?」なんて思ってないでしょうか?
『マドンナとマイケルが取り合った日本人ダンサー』っていうフレーズはもうあまりにも有名なので、今更そういう紹介は抜きでいいんじゃないって思ったけど、でもやっぱりインパクトはありますよね。何度聞いても夢みたいな話。

ケントさんのダンスには東洋的な「舞」が感じられるから、マイケルもマドンナも惹かれたのではないか?なんて、全く畑違いの先生がおっしゃってましたけど。いわゆる「スリ足」ですね、能で見られるような。
マイケルのムーンウォークは「スリ足」からヒントを得たものではないですが(笑)、2人が禅などの東洋的なものに興味を持っていたことは確かなので、ケントさんにも何かそういうエッセンスを感じたのかな?それはあるかもしれないなとは思いました。

私がなによりも感じるのは、ケントさんのダンスには魂があるということ。
それもものすごーく熱い魂。
特におじい様に捧げたダンスの映像はすごかった。感情をあそこまで体で、ダンスで表現できるなんて。
見ているものがグッと引き込まれてしまうような本当に熱いダンス。
マイケルの前であれを見せたなら、そりゃあマイケルも感動しただろうと思います。
その気迫に涙が出そうになりましたよ。

それから、あの7月のマドンナのロンドン公演でのマイケル追悼ダンス。
前にも書いたけど、やっぱり何度見ても涙が出ます。
マイケルが絶対にあの場所にいるって感じるんですよね…。
ケントさんのマイケルへの愛、感謝、憧れ、そして哀しみ。色々な感情が込められた、最高のダンスでした。


多くの人達の目標であり夢であった「マイケル・ジャクソン」という存在の大きさ。
ケントさんも、それから東方神起のユノもほぼ同世代ですが、ちょうどマイケルがBADを発売した頃には、まだ生まれたばかりの赤ちゃんだったような彼らの世代の若いダンサー達のほとんどが、マイケルに憧れマイケルのようになりたいと言って必死に頑張ってきたんですよね。
そして、実際に彼らは私達に今、夢を届けてくれています。
マイケルのように、ステージの上からパワーをわけてくれています。

もちろん、本当の意味でマイケルの代わりになれる人なんて、もう出てこないかもしれません。
彼らにとってもマイケルというのは、きっと永遠に手の届かないずっと高い所にいる存在なのかもしれません。

だけど、そういう彼らの中にマイケルが生きているのを、私は感じるんです。
マイケルを心からリスペクトして、目標にして頑張ってきた彼らのパフォーマンスの中にマイケルのエッセンスを見つけた時、私はとても嬉しくて幸せな気持ちになるんですよね。

あ、マイケルだっていう感覚。思わず、ニコッとしてしまうような瞬間。


マイケルは、こうやってたくさんのアーティスト達の中にも、そしてそれを見る私達の中にも、ずっと生き続けていくんだろうな。


スポンサーサイト
13:17 | MJ&me - 日々のMJ語り | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
東方神起は2人なんです。 | top | 東方神起・SMT&シングル本日発売!

Comments

# いよいよ…
まもなく一年ぶりの日本のTV画面に登場する東方の神…
頼むからちゃんと撮ってください。
お願いしますv-406
ところで
今朝の小倉さんのコメントに拍手喝采を贈りたい。
ユノが 何より欲しかっただろう評価

 2人であの完成度…
 2人であのクオリティー
 2人であのパワー

カムバ後の東方神起の映像
どれを観ても

 「周囲の方たちが僕らに向ける心配そうな視線。
  それを何が何でも振り払うために頑張ったんです。」

研ぎ澄まされた持ち前の感性に
さらに ユノのそんな言葉を裏付けるかのような
激しい情熱と気迫を加え
ダンスにも歌にも圧倒されてしまう。

SMTの会場の空気を大きく揺るがした2人の
登場シーンはやっぱり別格だった。
彼らそのものが 神であり 芸術であり スターと呼ぶに相応しい… 
なるべくしてなったのだと 認めざるを得ない存在感。 

いくら鈍感な人間でも
このオーラに気づかないわけがない。
一年前に理不尽な扱いをされたこの日本に
これこそが パフォーマンスだと 
俺たちは最高なんだと
いやというほど見せ付けて…
ぶちかませぇぇぇぇ~!!!
ユンホ~!チャンミ~ン!

by: midomido | 2011/01/28 19:39 | URL [編集] | page top↑
# Re: midomidoさん☆
> midomidoさん
いやー、Mステ見ましたよ!!本当に素晴らしかった!!
気迫、決意。2人の気持ちが手に取るように伝わってきてこちらまで緊張しましたけど、ものすごい完成度でしたね!!もう完璧でした。
ものすごいオーラでしたよ!!

2人でもすごい。いやむしろ、2人の方がすごい、と私は感じたんですよね。
きっと小倉さんにもそれが伝わったんじゃないのかな。彼らの気持ちと共に。

普通の感性を持っていれば、あの2人のパフォーマンスから発散されるハンパない気迫には気付くと思う。
その理由はファンは知っているけれど、もうそんなことなんて一切関係なく、とにかく彼らの仕事に対する情熱と生き方そのものの真っ直ぐさが全てを通して伝わってきて、言葉もなく圧倒されてしまうと思います。

背負っているものをしっかりと受け止めて愛と努力で応えようとする姿には、もう感動するしかありませんよね。
なんだか、本当にあの2人はすごい。つくづくそう思っています。
人間としても大きいですね、あの2人は。心底参りました!!^^
by: sayu | 2011/01/30 13:00 | URL [編集] | page top↑
# ダンスボーカル
sayuさん あんにょん

ユノの「マイケルトリビュート」の時に
「所詮、ユノはマイケルの真似をしただけだ」みたいなことを書かれた記事があったので、
マイケルに対しても、ユノに対しても、すごく失礼な書き方だと憤慨した事がありました。

マイケルを真似る以上のパフォーマンスが出来る人なんて今はまだいないでしょう?と思うのと同時に
準備期間が少なく、気象条件も悪く、相当なプレッシャーの中、
それでも、堂々とパフォーマンスを見せてくれたユノは恥じることはないって思いました。

何と言っても、
歌いながらダンスをするというパフォーマンスが好きな私は、
両方をこなしてしまうところが本当に魅力なんです。

「呪文」を見た時の衝撃は今でも忘れられないですし、
「Why」も同様ですね。
相当なテクニックがいるダンスに加えて、早いラップを日本語でも
しっかり歌っていますしね。

正直、日本のダンスボーカルグループでも同じ様に感動させてくれるパフォーマンスを見せて欲しいなぁと思っています。
by: ゆ~の☆ | 2011/01/30 15:22 | URL [編集] | page top↑
# >ゆ~の☆さん☆
>ゆ~の☆さん☆
すみませんっ!
確かこの記事にコメントを頂いていましたよね?
一度承認した後、ついさっき見直した時に携帯から間違ってボタンを押してしまったみたいで、誤って消してしまったみたいなんです;

本当にごめんなさい。せっかく書いて頂いたのに~(ToT)
後でパソコンから確認してみますが、復旧できなかったら申し訳ないです。
こんなドジ初めて;

とりあえず、ご報告しますね!また後ほどコメントします。

<2/1追記>

復元できました!どうもすみません;お騒がせしました。

マイケルのダンスは、全てのダンサーの憧れと言ってもいいと思います。
印象に残っているのが、スリラーのメイキングで振り付け師さんが言っていた言葉です。
『生まれながらの天才が目の前で踊っているのを見るのは本当に楽しい』― プロのダンサー達が何時間もかけて練習して身に付けたダンスを、マイケルはちょっと見ただけですぐに同等かそれ以上に上手く踊ってしまうんだ。― 
そんなことを言ってました。
もちろん陰の努力が人一倍であることも有名ですが、元々の素養がそれですからね、それで人一倍の努力を更にするわけですから、誰も手が届かない場所にいるのは多くの人が認めるところです。

だから、比べることなんて無理だと思うし、それは最初からするべきではないと私は思ってるんですよ。
マイケルへの追悼ダンスは、なによりも彼への感謝の気持ちを捧げることが一番大切なことだと思います。

ユノにそんなことを言う人がいたとは残念ですね。その言い方は本当に失礼だと思います。私は動画で見ただけですけど、彼の気持ちは伝わってきましたよ。
体調が悪い中精いっぱいダンスしてくれたであろうユノには、MJファンとして心から感謝していますし、色々なことを考えると胸が熱くなります。

ただ、やはりベストコンディションではなく、いつものユノとは明らかに全然違いましたね。それが本当にもったいなかったと思います。
だから、そんなことを言う人もいたのかもしれないと思うと悔しいですよね。
本気のユノはあんなものじゃなかったはず。
あれからずっとユノのダンスに注目してますが、日々進化してるし、特に去年のSMTで久々にファンの前でチャンミンと2人でパフォーマンスを披露した映像を見た時には、これがこの人の本気の実力なんだろうなと感動しましたよ。一段と洗練されたダンスには見惚れました☆

ユノ自身もリベンジしたいという思いはあるんじゃないのかな?その時には、熱くキレのあるユノらしいダンスをぜひ見せてほしいなと思います!

「WHY!」も本当に素晴らしいです!
歌とダンスをあれだけ完璧に見せてくれて、しかもあれだけ美しいヴィジュアルを兼ね備えたスターはなかなかいません!
ファンの方も大切に育てていかなければいけない存在だとつくづく思いました!

それでは、お騒がせしました^^;
またよろしくお願いいたします!

by: sayu | 2011/01/30 18:10 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://brightstarmoon.blog5.fc2.com/tb.php/328-29d0161f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。