スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

東方神起 「TONE」感想 #2

やっと曲の感想を書こうと思ったら、嬉しいニュースが入ってきましたね!

東方神起のニューアルバム『TONE』、過去最高の初動で1位 -BARKS

『東方神起の約2年半ぶりとなるオリジナルアルバム『TONE』が、9月28日にリリースされ、10月10日付のオリコンアルバムウィークリーランキングで20.5万枚の売り上げを獲得。オリジナルアルバムとして初めて1位を獲得した。さらに初週のポイントとしても、東方神起のオリジナルアルバム史上過去最高記録を更新した。』

おめでとう!ユノ&チャンミン!!
頑張ってきてよかったね!「努力は人を裏切らない」をまた証明してくれました!!


ではでは、アルバムの感想の続きを一応書いておきます。(無駄に長くなってしまった;)

1. Introduction ~magenta~

3原色を、山吹色、碧、紅紫と美しい日本語で表現した和歌のような歌詞に懐かしい日本的メロディー。
前に書いた通り、予備知識を持たないでマッサラな気持ちで聴きたかったので、曲順も敢えて見ないで聴き始めたんです。1曲目にB.U.Tだろうと思って構えていたので予想外の出だしにビックリ。これが2人が「童謡みたい」と言っていた曲なのかと。

なぜこのようなタイプの曲を最初に入れたのか、初めはちょっと「?」だった部分もありましたけど、イントロダクションとしては良い味を出していますよね。アルバム全体を包み込んでしまう優しさと、2人からのメッセージが込められているのを感じます。
アルバムの1曲目にイントロダクション的なものが入っている作品はよくありますが、短いインストだけの静かめな曲が多いような気がします。「さぁ、これからドラマが始まるよ。準備はOK?」っていう挨拶代わりで、アルバムのテーマを予感させるものが多いですね。
何回も聴くうちに、この「magenta」があることでアルバム全体の統一感が生まれていることに気付きます。
ピュアな歌い方に気を配ったと言っていた通り、何の技巧もこらさない素直な優しい歌声に癒されます。

後からわかったことなんですが、「TONE」の3色は、yellow=yunho、cyan =changmin、magenta=Bigeast(東方神起の赤)を表しているんだそうですね。だとしたらこの歌の歌詞はとても深く感動的です!
2人が日本のファンへの想いを込めて、一番最初に持ってきた曲。あぁ、感動…。愛を感じます。
歌詞カードの隠れメッセージといい、憎いことをしますねー。どれだけファンにシアワセの涙をくれるんだ!
ほんと大好き東方神起!

2. B.U.T (BE-AU-TY)

この曲については何度も書いていますが、大っ好きな曲です!
バックでずっと鳴り続けている重いビートが最高にカッコよくてクセになる!ストンプ(ありとあらゆるものを叩いたり振ったりして音を出す)のリズムを取り入れているらしいですね。ラップも超~カッコイイし、さすがに上手い!!カッコ良すぎる!!

このずっと同じリズムで鳴り続けているドラムの音を聴いて、MJの「They Don't Care About Us」をちょっと思い出しました。曲自体は似てないし、コンセプトもリズムの速さも全然違うけど、終始刻み続けている音が楽曲全体の要というか、ビシッと引き締めているところが似ていますねぇ。
だから余計に好きなのかも。こういうズンズンくるノリのいいビートが大好きです。


3. I Think U Know

キましたっ!!この曲超ヤバいです!!すっごく好きです!!好きすぎて死にそう(笑)
もう聴くたびにコーフン。ド・ストライクでありがとう!!
なんでこんなにカッコイイんですか?なんでこんな罪深い歌い方ができるの?ユノ様。
チャンミンの声にもビックリ!超カッコイイ!すごいよ、本当にすごいよ、この2人!

出だしとサビのファルセットも最高だけど、なんといっても、
『I think U know  think U do』 
以下のクールなボーカル!!エフェクトもカッコイイけど、言葉一つ一つの発音に工夫を凝らした歌い方がヤバいです。低く響くメタリックな声にゾクゾク、心臓が止まりそうです。はい、捕まえてください、って感じ(意味不明)。
前に着うたで一部聴いた時から気になって早くフルで聴きたいと思ってはいたけど、ここまでカッコイイとは!!

ユノも、「ノリやすい曲。ライブで盛り上がりたい」って言ってましたね。超~~盛り上りそう!!
会場は一気にクラブだよ!!みんなで踊りたい!!Let's dance!!


4. Duet

2曲続けて東方神起のこれでもかというカッコよさを見せつけたところで、アコースティックで穏やかな音で始まるこの曲。胸が熱くなるラブソングですね。甘いだけじゃなくて、真っ直ぐで静かで涙が出るほど切ない愛。

『複雑な現実も 予想できない筋書きも ふたりでいればちっとも 怖くなんかないから』
『暗く長く 寒い夜も ふたりで明日を照らすんだ だからさぁ もっと側においで』

究極のプロポーズソング。素敵だなぁ。言われてみたいよ(ユノに! *^^*)。
ユノとチャンミン、2人の心境にも聞こえて余計に胸がキュンとします。

初めて聴いた時、スマップの「らいおんハート」っぽい名曲だなと思いました。そうしたら偶然、昨夜のスマスマで罰ゲームとして2人が「らいおんハート」をちょっとだけ歌ってくれましたね!本当にちょっと過ぎて残念だったけど^^; スマップが「コンサートで歌えば?」みたいなことを言ってくれてたので、許可済みということで是非お願いしたいです!2人の名曲カバーいろいろ聴いてみたいな。


5. Thank you my girl

CMでサビだけ少し流れていましたが、出だしのイメージがサビと違って結構重厚な感じだったので意外でした。で、サビの部分はバイオリンの音などが入り(冒頭部分にもオケっぽい音が入ってますが)、クラシカル調の壮大な広がりのある曲になるんですよね。その繰り返しが面白いです。
この曲も胸が熱くなる歌詞とメロディーで、感謝とか愛とか、温かい気持ちになるメッセージが溢れていて感動的。
ユノとチャンミンの声が重なり合う部分がすごく魅力的で、duoならではの良さが生かされていると思いました!


6. Telephone

これは、ものすごい名曲ですね。綺麗で心に沁みるメロディに聴き入ってしまいます。
優しく切ないアコースティックギターの音色と心に響く落ち着いたベース音、2人の囁くような甘くてどこか物悲しいボーカル。聴いているだけで胸の奥が熱ーくなってくる。
本当は相当甘いラブソングなんだけど、その奥にある孤独とか寂しさとか、誰かに甘えたい、側にいてほしい、1人は嫌だ、っていうような心の叫びが、メロディーとボーカルからグッと伝わって胸に迫ってくるんですよ。
特に、
『そのうち休み取って ふたりでどこか出かけよう 
遠くがいいな 言葉も通じないくらい 遠く 遠く』

この部分のユノはヤバいです・・・。泣かせますねぇ。
ユノの声でこんな歌は、反則だと思う。

それから、
『そういつだって 信じてて 大事な人は 君だけだって』からの部分、♪信じてて~ ♪君だけだって~ ♪アイシテルって~ の個所の2人の抑えた優しいハーモニーがとても綺麗で素敵。うっとりします。

本当に胸キュンで涙ものの名曲です。


7. Back to Tomorrow

メナードのCMに使われた曲。
歌詞といい、徐々に盛り上がっていくドラマティックな展開といい、本当に感動的な曲です。

『きっと明日は輝くから back back back
今は back back back with me
必ずまた輝くから back back back
一緒に back back back with you』

『思い出してあの日の空 step by step
今は step by step with me
笑い声が響くように step by step
一緒に step by step with you』

東方神起の2人からファンへの力強く希望に満ちたメッセージ。
それだけじゃなく、この曲は全ての人達に希望を与えてくれる曲だと感じました。震災や台風で被害に遭われたたくさんの方々に対する、優しくて温かい希望のメッセージ。夢をあきらめないで一緒に頑張ろうっていう応援歌にも聞こえましたね。

― 健気に咲いた一輪の花 儚く誇らしく
生きてく力に 満ちてる君を見て 涙があふれ出した 
もう一度最初から 永い道を歩こう ―

ユノ、チャンミン。
君たち2人が健気に頑張る姿に 希望をもらった人がたくさんいるんだよ。
だから「ありがとう」って伝えたくなりました。



さぁ、そしてこの後に、怒涛の4曲連続「ザ・東方神起」!!
大ヒット曲、知っている曲がズラッと並んでいて、ここでまた一気に盛り上がります!

8. Why? [Keep Your Head Down]
9. MAXIMUM
10. I Don’t Know
11. Superstar

改めて新生・東方神起の素晴らしさを感じさせるハイ・クオリティな楽曲達ですね。
シングル曲をただ並べただけなはずなのに、全く違和感がないどころかアルバムの中にバッチリ嵌っているのが不思議。それぞれがタイプの違うエンターテインメント性を高レベルで兼ね備えているからだと思う。
もう書いたことがあるので細かい感想は省きますが、4曲とも何度聴いても飽きないクセになる面白さを持っている曲だからかな。

特に「Superstar」のスルメsong具合には驚いてます。第一印象は「I Don’t Know」の方が自分的には完全に勝っていて、何でこっちがメインじゃないの?と思ってましたが、今やふと気付くと「スーパスター スーパスター♪」と家事しながら口ずさんでいる日々。息子の学校の友達(男子)も「スーパスター スーパスター♪」って歌ってるそうです!^^
それ以外の3曲に関しては、もはや何も言うことはありません。
Why? [Keep Your Head Down]は今後もずっと東方神起を代表する曲だろうし、個性的な楽曲とダンスの素晴らしさに圧倒されてしまう曲ばかりです。


12. シアワセ色の花

壮大な正統派バラード。美しい美しい「愛」の歌。聴きこむ毎に胸に沁みる、本当にこれも名曲ですね。

『信じていた未来が 何色に変わって行っても
シアワセ色の花が舞う様に』
の部分のユノの歌い方があまりにも素敵です。ファルセットがとても綺麗で優しくて引き込まれてしまう。
詞とメロディの美しさを引き立てる静かで穏やかなボーカルが、胸に切なく響きます。

「歌の解釈がチャンミンと違った気がして、全て録り終えた後だったけど頼んでもう一度歌い直した。」― そう言っていたユノのひたむきな思いが伝わってくる、心のこもった歌ですね。
本当にいつも全力で努力家で完璧主義者なユノ。このエピソードは、マイケルを思い起こさせます。

『何度も足を止めて』からのチャンミンの声の素敵さ!
大人の抑えたボーカルで、全然違う声の魅力で聴かせてくれますね。
ユノも言っていたように、他の曲でラップにも本格的に挑戦したり、こういう素敵な声でしっとりと聴かせてくれたり、チャンミンの新しい面がどんどん大きく広がっているように感じました。一つの曲の中でも色々な声で感情を表現して成長を見せてくれてますねー、チャンミン。
ユノが目を細めながらチャンミンの成長を喜んで話す姿が微笑ましい^^

それぞれ個性的なボーカリストである2人の声が、ハーモニーになるとピッタリと合うんですよね。綺麗で、主張しすぎていなくて。
ハイパートとローパート担当だったからその差が大きかった、埋めるのに苦労した、と言ってましたけど、ユノもチャンミンも音域が広いんですね。それに声質が意外に似ているし。だからすごく聴いていてホッとするハーモニーになってます。だてに8年間一緒に暮らして、仕事してるわけじゃない、ってことかな。

それにしてもバラードの時のユノの声と歌は、本当に素敵。魔法使ってるの?
『あなたを愛してるよ』の低音ボイスには瞬殺です。ラップでドヤっている人と同一人物とは思えない。
素晴らしいです。


13. Easy Mind

この曲、ホント大っ好きです!!すっごく楽しくて前向きで踊りたくなる!
相当工夫を凝らした構成(3部?)なのに流れが良くて楽しさが途切れない。
名曲です!誰からも愛されるタイプの曲だと思うな。

『好きに 好きで 好きだ ~ 』からのサビが最高!胸がキュンキュンします♪
ラップも相変わらずカッコイイしね!
爽やかな清涼飲料水か何かのCMに、ぜひ使ってください!^^

なんと言っても最後の口笛!(笑)
チャンミンに騙されてユノが入れたという、思った以上に 下手で 癒される口笛!そしてその後の楽しそうな照れ笑い!もう可愛すぎますね。こっちまで幸せになる。
そうやってずっと笑っていてね!ってファン皆が思ったはずだよ。


14. Weep

なんて良い曲なんだろう。2人からファンへの、究極の愛のメッセージという気がしますね。

『君が泣いたから僕も泣いたけど 悲しいからじゃないんだよ
君が来てくれた それが嬉しくて 涙が溢れだすんだよ』

『君が見てるから 僕は歌うんだ
何かのためじゃないんだよ
君がいるだけで そこにいるだけで
想いがあふれ出すんだよ』

もう充分ですよね、こんな歌をプレゼントされたら。
ただただもう感動で、「weep」です・・・。


lalala・・・ は、絶対にコンサートで大合唱なんだろうな。



15. Somebody To Love -2011 Ver.-

ラストがこの曲。
東方神起としての思い出がたくさんたくさん詰まったこの曲。

『僕はここにいるよ 刻みはじめる 新しい時間を』

色々な葛藤を乗り越えて戻ってきてくれた2人が、この曲をステージで歌い、そしてアルバムに収録したということ。その想いを深く噛みしめながら聴きました。
長年のファンではない私でさえ、2人の歩んできた道を思うと、涙なしでは聴くことができなかった。


『がっかりさせたくないから、頑張っていきたい。』と言っていた2人。

がっかりなんて全然しなかったよ。
感動で涙が出たよ。
ありがとう。
ずっと応援していくよ。
君たちの想いが、みんなに届くといいね。みんなに伝わるといいね。


TONE―
2人が届けてくれた最高の贈り物。ファンの宝物。繰り返し何度も何度も聴きたくなってしまいます。
聴き終えた後に、これほどまでに胸が熱くなって、幸せな気持ちになるアルバムを聴いたのは、何年ぶりだろう?
ここまで人を感動させることができるのは、彼らの歌に魂がこもっているからだと思うんです。
見せかけだけじゃない、本物の「愛」が伝わってくるんですよね。
それは、彼らが多くの苦しみを乗り越えてきたことと決して無関係じゃないと思います。
涙があったから、人の痛みや愛を知って、更に魅力的な2人に成長したんだろうな、きっと。

1人でも多くの人に聴いてみてほしいです。
そして、「音楽の力」「歌の力」というものを、もう一度感じ取ってもらいたいです。

このアルバムを通して伝わってきた、2人の温かく優しい愛と感謝と希望。そして熱くて強い決意。
大切にしていかなきゃいけないと思います。

彼らが届けたいメッセージは、決して憎しみや怒りや悲しみじゃない。
そのことをしっかり受け止めて、彼らの想いを無駄にしてはいけないと思いました。

みんな、幸せになろう~~!!

それから。
2人が、「ファンへのプレゼント」と言っている通り、ずっと応援して待っていてくれたファンへの感謝の贈り物という意味合いはもちろん強くあるとは思います。
が、このアルバムは何度も言いますが、曲といいボーカルといい構成といい、本当に素晴らしく聴き応えのある良質なアルバムだと思うんですよ。
だから、ファン以外の人にもどんどん聴いてほしいなと思います。
とてもハイ・レベルなお勧めアルバムだと断言できます!

やっぱり、東方神起のレベルってスゴイ。アジアを股にかけて活躍している「本物」のスターは違う。
才能も実力も絶え間ない努力も、全然違う、「別格」なんだなっということを改めて実感しました。



余談ですが、色の三原色。
magenta #FF00FF / yellow #FFFF00 / cyan #00FFFF

以前HP等を作成していた時に、色見本を見ながらタグに好みの色を打ち込んだりしていたんですね。
RGB値というもので色を表すと、「TONE」のジャケットに使われた三原色は↑こうなります。
「red」「green」「blue」という基本の3色が、「magenta」では赤と青、「yellow」では赤と緑、「cyan」では緑と青が最大限に重なって出来上がった色だということがわかるんですけど、これを見て面白いなあと思ったんですよ。

つまり、ユノとチャンミン2人が持つそれぞれの色が、最大限の所(F)で2つづつ重なり合ってこそ生まれた色、というのを表現したかったのかな、なんて深読みしちゃいました。2色以外はゼロ(0)なんですよ。この潔さ。たった2色で、でも2色だからこそ生まれた美しい3色。2人で原点に返って生みだした音楽。それを見てほしいという意味もあるのかなと。

2人は「TONE」の意味について、『音楽の色、声の色、声のバランス、感情、そういうものを操って表現し、色々なもの(色)をみなさんに見せてあげたいと思った。』と語っています。
その目論見は大成功したと言えますね!!

良いアルバムをありがとう。ユノ&チャンミン。




スポンサーサイト
13:13 | 東方神起 | comments (25) | trackbacks (0) | edit | page top↑
新曲に写真集に単独コンに!そしてユノケル☆ | top | 東方神起 「TONE」感想 #1

Comments

#
sayuさん 素敵なレビューありがとうございます!
本当にさまざまなTONEの曲ばかりですね。二人の今の実力を見せるために作られたアルバムだという気がします。
二人もスタッフも本気で作ったことがよくわかりました。

たった2色で、でも2色だからこそ生まれた美しい3色。2人で原点に返って生みだした音楽・・・sayuさんの言葉、しっくりきます。
それにしてもオリコン初登場にしてウィークリー20万枚突破か~うん、よくやった!すごいと韓国の二人に言ってあげたいです^^
by: ナイジェル | 2011/10/05 00:45 | URL [編集] | page top↑
# sayuさんっ!
書いて下さるのを待ってました。
感激で泣きそうです。
読みごたえのある素晴らしいレビューをありがとうございます。
何度もリピしてますが、聴くたびに新たな発見があり
魅力を見つける…
どんどん好きになるアルバムです。

ずっと昔、浜省がライブMCで言ってました。
「アルバム買っても一曲だけ、とかね。
俺はアーティストはライブでもアルバムでも
ファンが払ってくれる金額以上のモノを提供すべきだと思ってる」

それがアーティストのプライドであり愛なんでしょうね。

SSがスルメソング…ウケました!
ほんとそうですね~…
なんでIDNじゃないの~?って私も思いましたもん。
そのIDNも実は第一印象はさほどでもなく…
でも今じゃ大好き。
ユノのファルセットと危ない感じのラップがたまりません。
I Think U Know…
私も異常に好きです!
そう…ユノはこんな声が出せる。
エフェクトに馴染むデジタルっぽい低音ですよね。
(この声でラップやったりします)
なのにセクシーで…
でもってファルセットは艶っぽくて。
エモーショナルなチャミのシャウトがまたカッコいい。

バラードについては…
何も言うことはないです。
心を込め、魂を込めるとはこういうことなんだと思います。

ユノペンの気持ちとしては
シンガーとして頑張るユノの努力と可能性をずっとずっと信じてきたので
こうして力を付け、評価されるのが本当に嬉しいです。

ありがとうございました。
また来ますね。

あ、今度こちらの記事リンクさせていただいていいですか?
よろしくお願いいたします<(_ _)>
by: るにるに | 2011/10/05 01:45 | URL [編集] | page top↑
# sayu様っ!
sayu様こんにちは。
るにるに姉さんもいらっしゃっていて感激です!
素敵なレビューありがとうございます!
そうなの!そうなの!って全く同感で もう嬉しくて嬉しくてコメしちゃいました!
 
「I Think U Know」私も嵌ってるんです!
あのユノはやばいですね~
「I Don’t Know」然り 私こんな風にユノに攻められるのに弱いんだわぁ♡
しかもチャンミンまで攻めてくるし(笑)
チャンミンのシャウトには も~うゾクゾクとシビレます!

「Easy Mind」もスコーンと明るくって大好きです。
なんていってもユノの口笛と笑い声にユノペンは皆やられますよ。(笑)

バラードはるにるに姉さんもおっしゃっていましたが気持ちや魂のこもったものは人に伝わりますよね。毎回 感涙です。(運転中は非常に困る ^^;)

本当に「TONE」というタイトルらしく 音や声・表現に彩があって楽しめるアルバムです。
そして愛がた~くさん詰まっている とにかく温かいアルバムですね!
ふたりには「ありがとう!」という言葉しかありません。
もう一度sayu様にも 素敵なレビューありがとうございました。

by: RURU | 2011/10/05 13:07 | URL [編集] | page top↑
# Re: ナイジェルさん☆
> ナイジェルさん
はい!ユノとチャンミンと、そしてずっと2人と共に「東方神起」を守り続けてくれているスタッフの方々の本気を感じさせてくれる最高のアルバムだと思います!
2人には、周囲をやる気にさせてしまう「才能」と「オーラ」と、何といっても「人柄」ですよね、これがあるからこそ生まれた作品なんじゃないですかね。

2人だからこその、新しい音楽だという気がします。未来に向かって前進してる姿を証明してくれたことがファンにとって何よりも嬉しいプレゼントですよね!

そうですね!立派な1位!!おめでとう~~!!!!
このままどんどん記録を伸ばしていってほしいです^^
by: sayu | 2011/10/06 10:25 | URL [編集] | page top↑
# Re: るにるにさん☆
> るにるにさん
こんにちは!
本当に名曲揃いで、2人の「歌」の実力を堪能できる美味しいアルバムですよね~^^
ユノペンにとっては、ユノの声をじっくりと聴けて浸ることができる最高のアルバム!
過去の作品ではどうしても縁の下の力持ち的位置だったので、あの魅惑的な声をフルに生かすことができなかったのが本当に勿体ない。優しくて甘くてセクシーなユノ・ボイスは、独特な魅力のあるシンガーとしての武器だと思います!

しかもモノマネで見せてくれたみたいに(笑)、すっごく器用で色々な声を出せるんですよね!(動物モノマネはプロ級!?)
木のぬくもりのような、木管楽器のような声を出したかと思えば、メタリックな声に変わったり、悪魔のような(大好物)声を出したかと思えばお子ちゃまみたいな可愛い声を出したり。うん、1人何役もこなす、人間シンセサイザーか!!
しかも、ファルセットもビブラートも綺麗で、情感のある歌唱力。いったい天は、何物を彼に与えたんでしょうか!愛されてますよね、神様に☆

あ、ユノのことになると私も止まらなくなります^^; もちろん、るにるにさんの足元にも及びませんけどね(笑)

それから、チャンミンの進化も素晴らしいと思いました。彼は高音のシャウトボイスが昔からフィーチャーされていたようですが、低音が素晴らしく魅力的だと思います。今回、そういう魅力も存分に出せていますよね。
2人だからこそ、こうやって色々なことに挑戦して新しい才能と魅力を発見できたのかなと思いますし、そういう意味でも、「災いを転じて福となす」(渋ッ)と言いますか、人生、頑張って生きてれば絶対に良いことがある!としみじみ思います!(すいません、なんか年寄りじみてて;)

あ、遅くなりましたが、リンクの件、ありがとうございます!どうぞどうぞです^^
こちらこそまたよろしくお願いいたします!!
また遊びに行かせてくださいね~♪

by: sayu | 2011/10/06 11:08 | URL [編集] | page top↑
# Re: RURUさん☆
> RURUさん
こんにちは!
先日は、るにるにさんの所で謎の言葉を残してしまいスイマセン^^;
うちによく遊びに来てくださっているというコメをチラッと見かけたので、お礼を申し上げたかったのです!

ところで、攻めユノ!!これはヤバイですよね?
やっぱり彼には俺様ユノがよくお似合いで!!
ああいう超~~カッコイイ歌は元気が出るし、女性ホルモンの分泌も高まるみたいで(また謎)良いですね!!

「Easy Mind」が大のお気に入りです!このアルバムは全部名曲なので順位は付けられないのですが、すっごく爽やかで前向きな明るさが、ユノとチャンミン年相応の曲だという気がして大好きです!
本当はこの曲みたいに、難しいことに振り回されないで、2人にはいつも無邪気に笑っていてほしいなっていう願いもあるので、この曲を聴くと楽しいながらもジーンときちゃうんですよ。
ベスト3に入るほど好きな曲です!

とにかく多彩で、感情を揺さぶられる名曲&名歌唱揃いですよね。全ての曲が、決してマイナスの感情をまとっていないので、こんなにも温かく優しい気持ちになれるんだと思います。
何度も言ってますが、聴き終えた後の満足感が幸せをくれます。

そうですね、2人には「ありがとう」という言葉しかありません!!

by: sayu | 2011/10/06 11:29 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2011/10/06 21:04 | URL [編集] | page top↑
# Sayu殿!
はじめまして、るに家を常宿にしているあんクリームです!
今回、はじめてコメ入れさせていただきます!
なぜならば、やはりSayu様の一曲づつの感想があまりにもわたしとピッタッシだったもので、なんか嬉しくって、感動しちゃって!!
と思ったらみんなやはり感じる事は同じなんですね。

そうなんですよ、I Think U Knowがもう、想像以上にすばらしくてビックリしている次第で・・・
CMなどでちらっと聞いてた時は、あんまり好きな曲ではないな~~なんて思っていたのに、フルで聞いたらその完成度の高さにぐうの音も出ない衝撃を受けました!
ユノとチャミの得意分野をガチ対決させたような見事な融合ていうか、とにかく二人ともそれぞれの魅力がいかんなく発揮してる逸品ですよね~~

私の友人も、韓国の5集があまりにも素敵すぎてあの世界が好きだったので、TONEを聞くのが怖かったって。
期待を裏切られたらどうしよ・・て
恐る恐る聞いたらそんな心配まったく必要なかったって、そしてTelephoneが好きすぎてそこらか先になかなか進めないとも・・・

わたしも、Sayu様同様、誰かがどの曲好きだと言っても「わかる~~」ていちいちハグしにいきそうです♡

はじめての、コメで慣れ慣れしくて、すいません(*_*)
るに家のお仲間ということで、ついつい・・・すみません
by: あんクリーム | 2011/10/06 22:55 | URL [編集] | page top↑
#
初めまして。(*^_^*)
るにるにさんのブログにリンクされてる記事を通してきました。
記事、本当にありがとうございます。
ユノのペンで、歌声で褒められるのは、何より嬉しいです。
sayu様の記事をよみながら、曲をききました。
自分が気づいて無かった所も、sayu様の文章をよみながらきいたら、あ、そうか、と納得しながら、また新たな魅力を感じました。
温かい記事、本当に、ありがとうございます。m(_ _)m
by: Dizjaki | 2011/10/07 01:41 | URL [編集] | page top↑
# Re: 非公開・ゆ***さん☆
> ゆ***さん
わかりますよ~。とにかく泣けるアルバムですよね!
決して暗いマイナスイメージの涙じゃなくて、感動と感謝の涙!
一編の爽やかで温かい映画を観終わった後の様な、心地良い感動に包まれてしまうんです!

ホミンの広報担当?いいですねーw やりますよ!!良い仕事しますよ!!(笑)

そうですか!よかった!おめでとうございます!!
私の友達、ビギもセブン関係も全部落選してしまいました;;東方神起の人気の凄さを物語っていますよね。
あきらめずに次のチャンスを狙ってますけど、一目会うのがこんなに大変だなんて。ユノ~~~
もしかして追加公演とかあるかなあ?

まだまだ先だけど、早くユノ&チャミと一緒に歌って踊りたいです~~!!(踊る気マンマン!)
楽しみに待ちましょう!!
一緒に盛り上がれたら良いですね!

by: sayu | 2011/10/07 12:19 | URL [編集] | page top↑
# Re: あんクリームさん☆
> あんクリーム殿(←真似っこ)
はじめまして!ようこそ~~♪
なんだか、るに家のみなさんに色々な呼び方で声を掛けていただきまして^^
知っておりますよ、有名な「あんクリ」さんですよね!^^お越しいただいてありがとうございます!!

そうですか!感想がピッタリ?
趣味は人それぞれ色々あると思いますが、似たような好みの人もいっぱいいるんですね!良かった♪
どれもこれもお世辞抜きで良い曲揃いで、こんなアルバムも珍しいなと思うんですよ。
その中でも、モロ自分好みのものと、馴染みの薄かった分野なのにこんなに素敵だなんて!と感動してしまう曲もあったりで、ホント聴き惚れてしまいますよね~。

I Think U Knowの予想以上のカッコよさ!!心臓掴まれましたよね!
あとTelephoneは、なんでしょうか、あの雰囲気に包まれて、ユノじゃないけどとこか遠くへ行ってしまいそうですよ。上手く言えないけど、優しい風と物憂げな光の中でまどろんでいる感じ。本当に素敵な名曲ですよねぇ。

5集といいTONEといい、2人の東方神起は次のステージに確実に昇ったなと確信しました!
たくさんの人に聴いてほしいですよね!!

いえいえ、気にしないで馴れ馴れしくしてください^^
またどうぞよろしく!あんクリさん!(笑)

by: sayu | 2011/10/07 12:42 | URL [編集] | page top↑
# Re: Dizjaki さん☆
> Dizjakiさん
はじめまして!

ユノペンさんはよくそうおっしゃいますよね!
ユノはね、あまりにもダンスパフォーマンスが素晴らし過ぎるんですよ!だからどうしてもみんなの注目がそこへ行ってしまい、歌についてはつい二の次みたいになってしまっていたかもしれませんね。本当に勿体ない!

過去には5人もいたし、メインボーカル担当が他にいたので役割分担上そうなってしまったのでしょうけど、2人になってメインも担当することになり、ユノの歌の魅力が前面に出てきましたよね。歌手としては本人もやりがいもあるだろうし嬉しいだろうなと思います^^ ペンとしても嬉しいですよね!

ユノの声、とても好きです!特徴のあるちょっと鼻にかかったような甘いハスキーヴォイスですよね。
色々な声が出せるし、ファルセットもビブラートも優しくて綺麗。上手いなあと思います!

何回聴いても新しい発見があって、また魅力を発見して繰り返し聴きたくなってしまう、そんなアルバムですね。私の感想が参考になるなんて恥ずかしいですけど、読んで頂けて嬉しいです^^
ユノとチャンミンの声が時々ものすごく似ているので、あれ?と思うことがあります。
ユノだと思っている部分が、チャミだったりして・・・^^;たぶん合ってると思いますが、何か気が付いたら教えてくださいね!(ビブラードとタ行の発音の違いがわかりやすい気がしてます!)

コメントありがとうございました!!
by: sayu | 2011/10/07 13:02 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2011/10/07 18:13 | URL [編集] | page top↑
# >非公開・ア******さん☆
>ア******さん
こんにちは!
先日は本当にありがとうございました。感謝しています♪(o^-^o)

ところで、B.U.Tもほんとクセになりますよね。超カッコイイ高速ラップはかなり難しい!
なんとか覚えてユノと歌いたいな(#^.^#)もちろんダンスも練習中!(?)

そうですよねぇ、以前はユノの声を探さなければならなかったんですよね;
それを考えるとTONEは神!どこを取っても癒しとトキメキのユノボイス満載ですもんね!私も同じく幸せです♪
コンサートは既に相当なチケット争奪戦が繰り広げられているようで、私の周辺でも全部外れた人がいますよ;追加公演期待しましょうか?
ライブでたくさんユノチャミに会いたいです!早く生歌聴きたいなぁ。


リンクの件はご自由にどうぞ!
いつもありがとうございます!

by: sayu | 2011/10/08 11:20 | URL [編集] | page top↑
# sayuさん。^^
先日はお恥ずかしい所に来て頂いてありがとうございました。

私ではどうしても「カッコイイ~泣ける~凄い~ユノの口からその言葉は罪よ~」ぐらいの感想しか書けない為、1曲1曲の感じた想いを言葉にする事が出来なくて・・・

素敵なレビュ-ありがとうございます。

いきなりで申し訳ありませんが、ブログ内で紹介させて頂いてもよろしいでしょうか?
よろしくお願い致します。
by: こゆっち | 2011/10/09 01:52 | URL [編集] | page top↑
# Re: こゆっちさん☆
> こゆっちさん
いや~、素晴らしく居心地の良い、ユノ愛にあふれた場所でしたよ!!
これからも頻繁に行かせてもらいますよ~♪ なかなかコメは残せないかもしれないけど^^;

レビューというほどのものじゃないですけど、どうぞご自由に使って頂いて結構です^^
ものすごーく感動したので、どんどん書きたいことが出てきちゃうんですよね。なんだか無駄にダラダラと書いてしまっただけみたいな感想ですが、実はまだ全然書き足りていないという感じ・・・(笑)

究極の感想は、「カッコイイ~~」「泣ける~」「凄い~」ですよ!!もうそれしかないと思う!!
そう、本当に罪深い男=ユンホ。あの人に弱点はないのだろうか?(ダメダメな可愛いところも長所にしてしまう男!)

最近のテレビで、一段とフェロモンを露出していて、その美しさやカッコよさに恐ろしささえ感じている私です!!こゆっちさんの狂い加減が目に浮かぶわ~~~(笑)
お互い気絶しないようにしようね♪

by: sayu | 2011/10/09 10:42 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2011/10/09 10:42 | URL [編集] | page top↑
# Re: 非公開・o****さん☆
> o****さん
はじめまして!
マイケルへのお言葉、ありがとうございます!
マイケルは、たくさんの悪意の犠牲になってしまいました。でも、彼の純粋さや願いは永遠に残るし、受け継いでいかなければと思うんですよね。
もっとたくさんの人に、マイケルの本当の姿を知ってほしいなと思いブログを続けています。

最近は東方神起の嬉しいニュースが多すぎて、そっちに偏り気味ですが^^;
でも、私にとって全ての基本はマイケル!マイケルが音楽やダンスの素晴らしさを教えてくれたし、マイケルがいなければユノもいなかった、と思っています^^

「TONE」がここまで素晴らしいアルバムに仕上がったのは、2人の実力ももちろんですが、何よりも心と愛がたくさんこもっているからだと思います!
色々と辛いことを経験して、それは今も続いているかもしれない。でも、このアルバムを聴くと、そんな経験を乗り越えたからこそ彼らが学んだもの、受け取ったものの大きさを感じることができますよね。

試練をマイナスにしかできない人と、プラスに変えることができる人がいますが、2人は後者で、しかもお釣りがたっくさん!なんて素晴らしい人達なんだろうって、つくづく思います。
本当に心があったかーくなる2人からのプレゼント!彼らのファンになって本当に良かったなと幸せをかみしめています!!

私の感想もまだまだ書き足りないんですが、誉めて頂いて嬉しいです^^
これからも彼らへの期待は高まるばかりです♪

by: sayu | 2011/10/11 12:09 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2011/10/12 02:28 | URL [編集] | page top↑
# Re: 非公開・h******さん☆
> h******さん
はじめまして!
お名前は某所でよくお見かけしておりますよ!^^
ユノを愛するお仲間ですね!

私が初めてこのブログでユノのことに触れたのが、去年の9/16の記事、
「MJ繋がり - 東方神起・U-KNOWとアジアの音楽」http://brightstarmoon.blog5.fc2.com/blog-entry-264.html
なんですけど、あちら様とはその時からお付き合いさせて頂いております!
現管理人のお一人に紹介して頂いたんですけど、いつもあちらの情報量の多さには助けられています!

あのコーナーには感激しましたよ!!
もっと頑張らなくちゃ~と思ってます!^^;

「WEEP」は名曲ですよねー。歌詞じゃないけど、もうそのまんま。
♪なみだが 溢れだすんだよ~  ♪かなしいからじゃないんだよ~
ですよね!ユノも歌詞が大好きだって言ってましたけど、彼らとファンの共通の思いが込められている感じですよね。お互いを思い合う、ラブレターソングみたいだな☆

素晴らしいアルバムだと思います!韓国でのアルバムとはまた全然違う魅力で、等身大の2人のもう一つの顔を見せてくれている気がして、優しい気持ちになれますよね。
心はもうコンサート会場!!^^

ありがとうございます!
更新は気まぐれなので、たまーに覗いてみてください!

by: sayu | 2011/10/12 11:52 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2011/10/12 21:21 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2011/10/14 12:27 | URL [編集] | page top↑
# Magenta
sayuさん 

お久しぶりです。
sayuさんの文章って、優しくてやっぱり好きですv-352素敵なコメントありがとうございます!!

『TONE』は本当にユノとチャンミンからの贈りものだって心から感じることのできるアルバムですよね。私も大好きです。
ダンサー心を熱くさせるBUTやI Think U Know、2人の絆を思わせるようなDuetやユノの思い入れの強いシアワセ色の花、そしてファンへの贈りものであろうWeep…。もちろん全曲どれをとっても2人の努力と愛情がたくさん詰まってすよね。
色の3原則と言われる3色のカラー。YunhoのYellow、ChangminのCyan、そして情熱の赤Magenta。多くのファンが感じているようにこのMagentaはBigeast(トンペン)の赤だと感じています。それだけに、最初のIntroduction~Magenta~はまさにユノ(山吹色)とチャンミン(碧)、そしてファン(紅紫)の絆を表した曲のように聴こえて、短い曲だけどとても美しくて深いものを感じました…。
そしてこのアルバムを聴いてユノの声がますます好きになりました。かなり惚れ直し…。しかも高音になるとチャンミンに似てる…(笑)
ファンだけじゃなくて、たくさんの一般の方にも聴いてほしい1枚です!!!
by: Jeane | 2011/10/15 23:16 | URL [編集] | page top↑
# Re: 非公開・り*****さん☆
> り*****さん
お久しぶりです!
そうですか?感想喜んでいただけてよかったです!

ユノの声には色気がありますよね。
声だけじゃなくて、発声とか発音に個性があって、それが甘くて色っぽいんです。
ああいう特徴を生かせる楽曲が特にバラードだと思うんですけど、今回のアルバムにはそれが秀逸に配置されていて、さすがの彼らのことを知り尽くしたプロ達の仕事だと感心しています。

本人の努力は言うまでもないですよね。自分に望まれていること、課せられた課題を、期待以上に達成してみせる。いつも自分に厳しくて努力を惜しまない姿勢が、こうやって私達を感動させる結果に確実に結びついている。本当に彼らには頭が下がります。

ユノがマイケルのことを話すとき、私はとても幸せな気持ちになります。
こういう人達がマイケルの遺志を受け継いで、歌やダンスの素晴らしさを通して人々を幸せにしたり、大切なことを教えてくれてるんだなって。
本当に頼もしい存在です!
ユノのお陰で、マイケルのことを思いだしてまた思ってくれる人達もたくさんいるんですよね。
そういう意味でも愛おしい人です!

ユノのような崇高な精神を持っている人なら、何があってもきっと大丈夫。
マイケルのように誰からも尊敬され、憧れられ、永遠に愛され続けるスーパースターに絶対になれる!(もう既に)
私はそれを確信しています!

by: sayu | 2011/10/17 09:02 | URL [編集] | page top↑
# Re: Jeaneさん☆
> Jeaneさん
お久しぶりです!どうもありがとうございます^^

> YunhoのYellow、ChangminのCyan、そして情熱の赤Magenta。多くのファンが感じているようにこのMagentaはBigeast(トンペン)の赤だと感じています。

ユノもそう言っていたようですね!3つの深い繋がりと絆を、このアルバムを通して表現して、ファンに伝えてくれたんですね。彼らは、自分達が苦しんだのと同じようにファンも苦しんだことを十分知っていて、感謝と愛と希望をプレゼントにして届けてくれた。
その誠意が心に深く響くから、こんなにも感動できる素晴らしいアルバムに仕上がったんだと思います。
Magentaには深~い意味があるんだと考えながら聴くと、余計に感動します!

音楽ってやっぱり人の心を打ちますねー。このアルバムはもう溺れそうな位の愛がたっぷりで!
ユノの声には私も惹きこまれてしまいます。チャンミンの魅力も再確認できたし!
本当に、たくさんの人に聴いてみてほしいです!!


by: sayu | 2011/10/17 11:48 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://brightstarmoon.blog5.fc2.com/tb.php/411-9c9ddb45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。