スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ソロ30周年記念ライブ

2001年、マディソン・スクエアガーデンで行われたマイケルのソロデビュー30周年記念ライブをBSで観た。

豪華なゲストもたくさんで、さすがスーパースターのアニバーサリーは違った。
彼の偉大さを見せつけられた。
もちろんゲストもとても素晴らしかったのだが、早くマイケル本人が出て来ないかとかなり待ち遠しい前半だった。

観客席からステージを見ていたマイケルは、心なしか病的に見えた。ていうかあまり元気がない…。
確かあの時はかなり体調が悪かったんだよね。
それにしても、あの頃からかなり危険な兆候があったことは多くの人が感じていたと思う。
もっと適切な治療や、何より精神的なケア、世界一のスーパースターの計り知れない重圧をなんとか支えてくれる誰かがもっと近くにいたら、とどうしても考えてしまう。

時間を戻してマイケルを救うことができたら、こんな悲しい結末にはならなかったかもしれないのに。
…もう考えるのはやめよう。
そういう苦しみとひきかえに私達を楽しませてくれたマイケルを、心からリスペクトする。
他の人がどうやっても手にできない程の富や名声を手に入れたマイケルは、やっぱり幸せだったと思いたい。


ひとたびステージに立てば、マイケルは何も変わっていなかった。
ライブパフォーマンスが始まると、一気に見る者を引きつけてしまうマジックはさすが。
ダンスも最高で観客の興奮が伝わって来てこっちまでドキドキしてきた。
あのオーラ、カリスマ性こそ誰も真似のできない天性のもの。
参りました、本当に。

兄弟達との共演、ジャクソンズには感動した。涙が出そうだった。
色々あったけど、あの日、久々に同じステージに立ったんだよね。
マイケルがちびっ子時代を思い出して楽しんでいるようで、生き生きして見える。
いつも孤独の影を背負っていた彼だけど、やっぱり兄弟達と一緒にいる姿を見るとホッとする。

家族の絆、兄弟の絆。本当の意味で、心から信じ合えて安らぎを感じられる関係を取り戻せていたと信じたい。


それにしても素晴らしいパフォーマンス。
やっぱりマイケルは神なんだ。
誰がなんと言おうと、最高の、唯一無二のエンターティナーでありスーパースターなんだ。
あらためてそう確信した。

もっともっとあなたのライブを見たかったし、新曲も聴きたかった。
私がいつか天国へ行けたら、マイケルのライブを観ることができるかな?


スポンサーサイト
09:38 | media | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
荒れ果てた「ネバーランド」で。 | top | マイケル特番

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://brightstarmoon.blog5.fc2.com/tb.php/44-d057eede
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。