スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

アジアのKING 「東方神起」というブランド(2)

前回の続きです。


もう一つ、思ったことがある。
それは、ファンの方々のブログ等で紹介されていた様々な有名人、著名人の方々による、東方神起のコンサートを見ての感想や言葉から感じたことだ。

まず、音楽業界にとどまらず、あらゆる業界の人達が東方神起のコンサートを観に行っていたということにも驚いたし、その一人一人が、彼らのステージ、そしてパフォーマンスの凄さに驚き、惜しみない賞賛の言葉を贈っていたことにももちろんとても感動したのだが、何よりも私が感じたのは、「東方神起現象」と言ってもいいほどの彼らへの注目度の高さだ。

私が見た限りそれは、世界的スーパースターにも匹敵するのではないかとさえ感じるほどだった。
つまり言わせていただければ、我らがマイケル・ジャクソンの来日コンサートにも近い「類」の盛り上がり、注目度を感じたのだ。もちろん規模はまだまだ遠く及ばないものの、「現象」として捉えた時に同類の心理がそこに作用していたのでないかと感じたのだった。

もう少し何が言いたいのか説明すると、世界的スーパースターがコンサート等をする時、それは一つのお祭り的様相を呈すことがある。特別ファンじゃない人達までもが、なんとなく見ておこうとか、行かなきゃ乗り遅れるかもしれない的な気分になってしまう。特に日本人にはそういう傾向が強くあると思う。

遠い昔(悲しいけど)、80年代、マイケルが全盛期に日本に来日した時には、それこそ音楽自体にはほとんど興味のない、あるいはまったく知らないという人達までもが老若男女こぞってマイケル、マイケルと大騒ぎをして、彼の一挙手一投足を追いかけまわした。それは一つの社会現象だった。(しかも世界規模の)

おそらく、私はよく知らないがその前の時代をさかのぼれば、60年代のプレスリー、70年代のビートルズもそうだっただろうし、ローリングストーンズもそういうグループの一つだと思う。

その後もたくさんのスーパースターは生まれているけれど、よく知らないという人達やファンじゃない人達までもが、見ておこう、見なければ、という気持ちに至るほどの超ド級のスーパースターとなると、なかなかいない。
思うに、そういう意味でマイケルの後を今継いでいるのは、レディ・ガガだろうか。


東方神起に話を戻すが、彼らは今、間違いなくアジアを代表するスーパースターで、実力も人気も申し分ない。
よく言われるように、まさにK-POPの、いやそこにとどまらない「王者」の称号にふさわしいグループ(デュオ)だと既に多くの人が認めている。

ただ、世界という目で眺めると、彼らが打ち破るべき壁はまだまだたくさんあるという現実は否めない。
でも、最近の彼らの注目度や人気の高さや評価を見ていて、近づいてるな、夢じゃないな、ということも感じている。そして、彼らやファンのそんな夢が現実になってほしいと、アジアの人間の一人として心から願い、応援している。


アジアでは大スターであっても、欧米で認められ活躍するには、大きなハンデがある。それは言葉や文化の違いだったり、差別だったり、地理的な問題だったりもするのだろう。
そういうものを除いて考えると、東方神起の二人には、才能も実力もルックスも十分備わっている。

何よりも、二人には大きな武器がある。それは努力を惜しまないという才能。真面目さ。
私は特にユノペンなのでユノのことを書かせてもらえば、信念を強く持って常に自分を信じ、努力を続けるということ、前向きな明るさ、いつも笑顔でいることを信条とし、決して下を向かない強さ。他人への優しさと思いやり。そういう人間性の素晴らしさが、彼らの周囲の人達の心をも動かし、それが良い方向へとどんどん繋がっていっている。
そうやって、未来も自分達の手で掴みとってほしいと思うし、そうできるに違いないと信じている。


スターにとって必要なものが何なのか、いくつか挙げることはできても、それが正解なのか、十分なのかはわからない。才能も実力も持っているはずなのに、スターになれないという人もいるし、真面目で実力さえあればスターになれるかと言えば、そうでもない部分もある。スーパースターには、破天荒で超個性的な人も多いことだし。

ただ、自分が思うように未来は動いていく、という言葉を私は信じている。ユノやチャンミンが、これから先どんな夢を描いて、どんな自分を見ているのか。それはわからないが、せっかく特別な才能や美しい容姿を神様からもらったのだから、遠慮せず、大きな夢を持ったまま前へ突き進んで行ってほしいな。


私の夢は、マディソン・スクエア・ガーデンでの、東方神起の単独ライブを観に行くこと!
その前にマイケルが眠る墓地を訪ねて、『これから、あなたを敬愛してやまないアジアの大スターのアメリカ公演を見に行ってきます!』と報告して、成功をお願いして。

なんだか現実になるような気がしません?
私自身も、超前向きだからな~^^


マイケルブログだった私のこのブログが、ある日、ユノに出会い、東方神起のこともたくさん書くようになった。
マイケルが亡くなってしまった寂しさや色々な悔しさで、ちょっと荒んでいた私の気持ちが、時とともに確実に平安を取り戻して来ているのを感じている。

ユノはマイケルのことを尊敬していて大好きで。
ことあるごとに、『マイケル・ジャクソンのように永遠に記憶に残る歌手になりたい』と言う。
そういう言葉を聞くたびに、私の心は幸せで満たされる。マイケルがたくさんの人の心の中に永遠に生き続けていることを感じられる。

ユノと、ユノの大切な大切な相棒=チャンミンには、言葉にできないほどの感謝と愛を感じている。
彼らに出会えて本当によかった。


今回のツアーで感じた私の予感が本物で、それが更に大きくなって、より多くの人が東方神起の素晴らしさを、その本物の力と眩しいほどのオーラ、スーパースターだけが持つ特別な輝きを知ってくれることを願っている。


私はダンスと音楽が大好きで、常に良いものはないかなーと探しているけれど、東方神起は最近の一番の特大ホームランであることは間違いなく。
今後、他にも素晴らしいアーティストにも出会うかもしれないけれど、マイケルやスティングやクイーン等と同じように永遠に私のスーパースターでアイドルであり続ける存在、それが、我らがアジアのKING = 東方神起なのです!



新曲がとにかく楽しみ!!
ダンス曲とか?どうしよう♪



スポンサーサイト
16:26 | 東方神起 | comments (14) | trackbacks (1) | edit | page top↑
BAD 25周年記念 | top | アジアのKING 「東方神起」というブランド(1)

Comments

# 素晴らしいです。
sayuさん。お久しぶりです。
SMTをみても・・・ユノのアメリカに対する想いは相当な物だと感じましたよ^^

彼らは間違いなく前を見据え、今まで以上に努力して行ってくれるでしょうね!
そんな彼らを応援出来て、本当に幸せです。

私も未だに「TONEツア-」から抜け出せず(苦笑)
CDを聴いては、「もうこの素晴らしい楽曲達を生で聴ける事は無いのかな?」と少し寂しくなってしまうくらい(汗)

彼らが前を向いてるのだから、私も自分の人生、前を向いてしっかり歩いて行こう・・・
そう思わせて貰ってます。

いつも素敵な言葉・ありがとうございます。
by: こゆっち | 2012/05/26 00:16 | URL [編集] | page top↑
# 希望の光
sayuさん、こんにちは^^  素敵な記事をありがとうございます!  胸がいっぱいで涙がこぼれました。  sayuさんが仰る通りです!  お二人の歌やパフォーマンスには手抜きは勿論のこと、自己満足、そして余計な自己顕示欲のような不純物がないんですよね…  だからとてもとても美しい。  私もTONEツアーがいつまでも心に温かく灯をともしてくれています。  愛に溢れていて温かく、力強く、本当に本当に幸せな時間でした。  このツアーはユノさんチャンミンさんにとっても、私たちにとっても、これから生きて行く希望と勇気になったのではないかと思っています。  私もいつかユノさんとチャンミンさんがマジソンスクエアガーデンのステージに単独で立つのを観たいです。  お二人ならきっとそれは夢じゃないですよね^^  マイケルさんも見守っていてくださるでしょうね…  本当に素敵な記事をありがとうございました。  sayuさんのお部屋に伺うとホッとさせて頂きます。  いつも感謝しています。  お忙しいようですから、どうぞ呉々もお身体ご自愛なさってくださいね*^^*
by: tear | 2012/05/26 03:32 | URL [編集] | page top↑
# あっ更新されてるぅ^^
久々の更新で、嬉しいっす(^^♪

ほんとうに、素晴らしいLiveだった。
3時間強があっという間に過ぎてしまって・・・

ユノのダンスって、どんな動きをしても、全く軸がブレない、中心がしっかりしてて安定してる。
きっと陰ですごい努力してるんだろうな。

26歳になっても純粋で初心を忘れず、常に感謝の気持ちを持ち、耐えるべきは耐え、前を向いて努力を惜しまない。
周りに振り回されず、自分自身を保てるってすごい事ですよね。

元々ユノは芯がしっかりしてて、懐の深い子だなぁと思ってましたが、一段と男らしく深みのある人間になって帰ってきてくれました。
カムバックを知った時は悲鳴をあげて喜んだのを覚えてます。

憧れのマイケルと同じステージに立てて嬉しいって言ってましたね。
心の中で、次の目標はここで単独LIVEをって思ったんじゃないかな。

デジタルフォト、選ぶのが大変そう、全部欲しい(^^♪
by: rui | 2012/05/26 20:30 | URL [編集] | page top↑
# sayuさん、ありがとう
sayuさん、こんにちは!ひさしぶりのコメントになります。
久々の記事更新嬉しいです。TONEのツアーが終わって、これで気持ち的には落ち着くかな~と思ってましたが、先日もアメリカでの二公演のパフォーマンスを見て、あまりの素晴らしさにまたも惹き付けられ、その上新曲ダンスチューン情報まで上がり、まあ、しばらくは観念して追い続けようとあらためて覚悟していたところでした(笑)
おそらく同世代であろうかと思われるsayuさんの記事にとてもとても共感します。マイケルとユノを結びつけてくれたことに心から感謝!また記事楽しみにしています!
by: ナイジェル | 2012/05/27 13:05 | URL [編集] | page top↑
# Re:こゆっちさん☆
> こゆっちさん

本当にお久しぶりですね!って全て私のせいなんですが・・・^^;
ごめんねー。お元気そうでなにより♪

ところでアメリカでのSMTの映像、まだ見てないんですよ~(涙)
こゆっちさんのその言葉を聞いて早く見なければと焦ってますけど、見るなら見るでしっかりと集中したいので、中途半端になりそうな時には見ないんです。だから余計に遅れるのね;

ユノには、本気の本気の本気モードを切望します!!絶対にいける!!これでもかという位の大きな夢を持ち続けてほしいな。もっともっと輝いているユノを見たいですよね!(今以上輝いたら確実にサングラスが必要^^)

彼らを見ていると、自分の頑張りは足りないなって思わされますよ。
お互い、二人をお手本にして毎日を大切にしていきましょう!!

どうもありがとうございました!!また☆
by: sayu | 2012/06/01 15:18 | URL [編集] | page top↑
# Re: tearさん☆
> tearさん

こんにちは!
いやー、毎度のことながら私が書く話題は、遅すぎて遅すぎて^^;
世間では今は何が東方神起の一番の旬ですか?やっぱり新曲ですか?DVDですか?ファンミですか?
映画もSMTもa-nationも写真集もあるんですよね?(一応これ位は聞きかじってます;)

でもやっぱりほとんどの皆さんが、私と同じようにいまだにTONEツアーの夢心地から抜け出さないでいらっしゃるようで^^ 永遠に忘れられない素晴らしい記憶を、彼らは私達にプレゼントしてくれましたよね♪

本当に、MSGでの東方神起二人での単独ライブ!これが実現したら最高です!!
彼らならできるし、きっといつものように想像をはるかに超えたレベルのものを見せてくれると思うんですよ。
その日を楽しみに待ちながら、これからも二人を応援していきましょうね!!

これからもマイペースでブログも彼らの応援も頑張っていきたいと思います!
いつもこんな感じですが、嬉しいお言葉をありがとうございます!!
tearさんもお体には気をつけて☆
それではまた!

by: sayu | 2012/06/01 15:30 | URL [編集] | page top↑
# Re: ruiさん☆
> ruiさん

こんにちは!ほんと、忘れた頃の更新ですよ!^^

私もユノのダンスに惚れている者の一人として、今回のツアーで見せてくれた自信に満ち溢れた美しくセクシーで完璧なダンスが目に焼き付いて離れません!
と言っても、よく見えない部分もたくさんあったから早くDVDが欲しいっ!!

努力家で完璧主義者なところは本当にマイケルにそっくりで!理想を高く持っているからこそ、それができるんでしょうね。高い目標を持つことの大事さを思い知らされますよ。ユノには教わることばかり!!

MSGでの単独ライブが実現したら、何をおいても生で見たい!!どうかお金と時間の自由がその日にはありますようにと、今から必死でお願いしておきましょ♪

デジタルフォト!そうそう、そういうのありましたよね!間に合うのか自分!?
それよりも、麗しいユノを選ぶことなんてできなそう・・・。
みんな嬉しい悲鳴かな!

それではありがとうございました!!
by: sayu | 2012/06/01 15:41 | URL [編集] | page top↑
# Re: ナイジェルさん☆
> ナイジェルさん

こんにちは!お久しぶりのコメントをありがとうございます!

なかなか更新できなくてごめんなさい。そのうち皆さんに忘れられちゃうだろうなーと思いつつ、たまーにどうしても愛や感動を叫びたくて来ています!^^

アメリカでのパフォーマンスは、とても素晴らしかったみたいですね。
私、まだ見ていないので、なんとかして早く見たいです!!大丈夫かな?まだ見れるかなぁ?お願いっ!!

東方神起のライブを見てしまうと、もう抜け出さないと思います!これが本物のエンターテインメント、プロのステージだという気合を見せつけてくれますもんね!
私はマイケルと同じように、ユノのパフォーマンスからはもう目が離せないんです。これから先も楽しみですよね♪

同世代ですか!?(笑)もしかして、マイケルやクイーンやポリス(スティング)に浸りまくっていた世代?
あの頃の音楽を語りだすと止まらなくなりそうなんですが、まさかこんなに若い二人にここまで魅了されてしまうとは思ってもいませんでしたよ!
良い宝物を見つけた気分です!!

更新はまだなかなかできないんですけど、時々は音楽やダンスを語りに来たいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします!!
それでは、嬉しいお言葉をありがとうございました!!

by: sayu | 2012/06/01 15:55 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2012/06/05 16:07 | URL [編集] | page top↑
# Re: 非公開・け**さん☆
> け**さん

はじめまして!勇気を持ってのコメント、ありがとうございました!(笑)

ユノのWhy?のパフォーマンスに一瞬にして堕ちた、ということですね^^
そういう方、たっくさーんいらっしゃるんですよ!
私もそうだったんですが(MIROTICでしたけど)、その「一瞬」ていうのが、まさにこれ以上ない位のスピードでやって来て、ハートを射抜かれてしまいました^^ 
よくドラマや映画で見る1シーンのように、わざとらしい位に突然来るんですよね!手に持っていた煎餅(なぜに煎餅)やジュースをハラっと床に落としてしまうような、そんな衝撃でしたよ!忘れられないです。

MTVで育ったというのは私と一緒ですね!MTVの登場が音楽シーンを大きく変えたと言われている通り、あの頃から私達は音楽というものを、聴覚だけではなく視覚でも楽しむ喜びを知ったのでしたね。

マイケルはMTVと共にスーパースターへの階段を駆け上り、新しいスタイルを確立し、そのお陰で私達は今でも素敵な音楽と共にダンスをまで楽しめる。ユノのような、マイケルを尊敬し目指しているスターが、こうしてドキドキするような夢を与え続けてくれていることはとても幸せで、頑張ってくれているユノと出会わせてくれた神様に感謝です!!

アメリカでのお話、とても興味深いです。
マイケルの人生は、振りかえれば差別との戦いだったのだと思います。何をしてもWhiteから、時にはblackからも逆差別をされ。存在が大きかっただけに、その反動も想像以上に大きく、夢や希望を与えたい、幸せになりたいって思っていただけなのに、なぜそれが簡単にいかないのか、苦しみ続けていたマイケルでした。
もちろん、あれほどファンに愛された人ですから、十分幸せだったことは間違いないと思ってますけどね^^

そうですねー。世界に出るには大きな壁はありますよね。でも、おっしゃるように結局必要なのは有無を言わせぬ実力だと思ってます。どんなに偏見を持っていても認めざるを得ない確かなもの。それを持っていさえすれば、自分を信じられるだろうし、人々も自然に集まって来るに違いないと私も思います!

ユノにはずーっと長生きしてもらって、マイケルが成し得なかったことにも挑戦してほしいですよね!
おじいちゃんになっても絶対に素敵に違いないし!!
・・・ていうかその時自分が生きているかどうかなんですけど^^;
これからも進化していく姿をしっかりと見届けながら応援していきたいです!!


素敵なお話をありがとうございました!更新がなかなかできなくて申し訳ないのですが、またよろしくお願いします^^

by: sayu | 2012/06/08 13:14 | URL [編集] | page top↑
# お久しぶりです。
TONE最終日の感動をコメントした者です。コメント有難うございます。
再び失礼します☆
ああー最近㌧欠(笑)と、こちらのブログに久しぶりにお邪魔したところ更新されていて嬉しかったです☆

本当にそうですね、マディソンスクエアガーデンで単独コンサート、あり得ます!
可能性ありありだと思っています♪わくわく、絶対に行きます!
そして最後の下りの『私はダンスと音楽が・・・マイケルやスティングやクイーン等と同じように永遠に私のスーパースターでアイドルであり続ける存在、それが、我らがアジアのKING = 東方神起なのです!』
同感そのものです!!!
歌とダンスの実力に十分なルックスに努力と誠実さを兼ね備えたスーパースターなんですよね。もっともっと世間に世界にも認められていくと信じていいます☆
さらに私もユノペンでもあるので追加させて頂くと、彼のルックスに声色は本当に唯一無二といいますか、素晴らしく素敵なんです☆
プラスあの人柄(ため息)・・ご両親をはじめ周りの環境も良かったのでしょうかね、それにも感謝です。
そして努力が大きいのはもちろんですが、歌&ダンスに才能があってもルックスが伴わない場合もあるでしょうし・・・とにかく恵まれている部分もかなりあり選び抜かれたと言いましょうか、彼は奇跡・・かな(笑)
話がミーハーになって申し訳ありませんが
、スターになるにはある程度の手足の長さにプラスして首が長い&綺麗が必須と勝手に思っております。ユノは横顔に首筋に100点満点を超えています。ああ、ユノを語るとついつい長くなりますね。。
勝手ながらまた時々覗かせて頂きますね。
有難うございました~
by: きちじょう | 2012/06/12 22:54 | URL [編集] | page top↑
# マイケルの志を継ぐユノ
sayuさん、こんにちは^^        SMEの映画「I AM.」を観て参りました。  sayuさんはご覧になられたでしょうか?            この映画の中で私が一番感動したのはSMTからの流れで、少年ユノと今現在のユノとの共演でした。                 これは既にYouTubeに流れていて、目にはしていましたがそれでも大画面で見たこのシーンに私は深く感動しました。                  懸命に踊る少年ユノ。 それにエールを送るユノが、まるでマイケルジャクソンのような立ち姿で、胸が一杯になり泣けて仕方がなかったです。              ユノがどれ程までにマイケルに憧れているか、マイケルのダンスと志を受け継いでいるか、時を越えて見える感動的な場面でした。                 それは不安な中を歩くかつての自分に対する「大丈夫だよ!」という、様々な苦難を乗り越えて来た未来の自分からの、何より力強いエールだと思いました。            私は劇場の画面に映るユノとチャンミン二人を一瞬たりとも見逃したくなくて、目を見開き、まばたきもせず、息を殺して泣きながら観ました。          それまで何も語らなかった二人からの答えは、全てステージの上にこそありました。                        これまで色んな方々の映画の感想を拝見しましたが、少年ユノと現在のユノの場面で誰もマイケルのことにふれていらっしゃらず、私はsayuさんならどんな風にご覧になっただろうと思いました。                          今年も、もう6月になりましたね…    先日雨の街をマイケルさんのことやsayuさんのことを想って、泣きながら歩きました。   本当はsayuさんのお気持ちを考えると、胸が詰まってかけて差し上げる言葉が私には見つかりません。    それでも、マイケルさんを笑顔で包んで差し上げたくて、私はコメントを書かせて頂いて来ました。                   でも、マイケルさん、安心なさってくださいね… ユノさんはあなたの志を受け継いでいらっしゃいますからね…   マイケルさん、ユノさんに力をくださりありがとうございます。     25日、また伺わせて頂きますね。               sayuさん、今日もお話させて頂きありがとうございました。
by: tear | 2012/06/12 23:02 | URL [編集] | page top↑
# Re:きちじょうさん☆
> きちじょうさん

こんにちは!
そうなんですよ、忘れた頃に更新するこのブログ^^; いつまで続くことやら、なんですが。

人間、限界を決めちゃいけないと思うんですよ!ユノがどこまで貪欲に世界を目指しているのか私にはわかりませんけど、あれだけの才能やルックスをもっともっと生かしてほしいと思うんですよね。
色々な制約や難しさもあるでしょうけど、更にビッグになって世界のスーパースターになれ~~!!
それがユノの夢ならば、精一杯応援したいですね!

きちじょうさんのユノの褒めっぷりが最高です!(笑)
本当にあらゆる面で完璧な人だと私も思いますよ。時にちょっとヌケていたりツッコミどころが満載な面も含めて、なんて素晴らしく愛すべきバランスの持ち主なんだろうと思いますよね^^

落差がめっちゃ好きです!オラオラのドヤ顔でみんなを失神させたかと思いきや、『ポクはぁ…』って可愛く喋ったり、子供たちに優しい視線を投げかける一方で、正義感が強く言いたいことは言う男らしいリーダーシップの持ち主。
ほんと、ユノを語ると止まらなくなりますね!^^

更新はなかなかできませんが、ユノを応援する気持ちは変わっていません!
また時間のある時には何か書けるかなと思います^^;
コメントありがとうございました!!
by: sayu | 2012/06/18 11:29 | URL [編集] | page top↑
# Re: tearさん☆
> tearさん

こんにちは!いつもコメントをありがとうございます!
それなのに毎度毎度返信が遅くて、本当に申し訳ないです^^;

実はまだ「I AM.」は見てないんですよ~
どうしようかなと思っていたのですが、tearさんのお話を聞いてとても見たくなってきました!
まだ見れるんでしたっけ?間に合わなかったらDVDかなぁ?(汗)

tearさんの説明の文章が素晴らしいので、見てもいないのにまるでそのシーンを自分も体験したような気持ちになり、ものすごく感動してしまいました。
なるほどなー、きっと二人がずっと持ち続けていた思いというのは、言葉にしなくてもその生きざまや行動、姿から、全て伝わってくるんでしょうね。

ユノの姿からマイケルを思う。それは私も今までに何度となく経験しましたよ・・・
少年の頃からまっすぐな気持ちで夢を追いかけていたユノの視線の先には、いつもマイケルが立っていたんでしょうね。ユノがダンスの合間に見せるちょっとした仕草や表情や、もちろん振りつけにも、マイケルが見えるんですよね。ああ、本当にマイケルが大好きなんだなって、それを見るたびに思うんですよ。
最高の夢を目指して、これからも頑張ってほしいなっていつも思っています。


tearさん。本当にお優しい方ですね。私の胸にも熱いものがこみ上げてきます。
毎年この時期になると、なんともいえない気持ちになってしまいます。忘れようとしても忘れられない、あの衝撃の日。ニュースを知った瞬間。正直に言うと、私にはまだ現実とは思えないんです。絶対にいないなんてあり得ない、おかしい、って。
マイケルの子供達も大きくなって、周囲の環境も変わって、マイケルの大切な人達も少しづつ亡くなったりしてしまい、時は確実に流れているんだということは実感できるんですけどね。

でも、マイケルは作品や記憶や憧れの中に、今でも生き続けているんですよね!
だから私も、なるべく哀しいことは考えずに前を向いていこうと思ってます。そういうことを一番にマイケルから教わったから、恥ずかしくない様にしなきゃ!^^

ユノもそうですけど、尊敬する人はいつも前向きで行動的です!そうすることで自分だけじゃなくて周囲の人たちをも幸せにしてしまうんですよね。
6月25日には、感謝をしながら、笑顔で「ありがとう」と伝えたいです。


本当に素敵な言葉をどうもありがとうございました!!tearさんにも心からの感謝を・・・。

by: sayu | 2012/06/18 11:57 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。