スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

『The Giving Tree』 - シェル・シルヴァスタイン

お久しぶりです、こんにちは!!約半年ぶりの更新です。
あ~、なんかドキドキする。ちゃんと書けるかな、異次元ぽくないかな^^;(?)
自分でも、このままもうブログは書かないで終わるんじゃないかと薄々思っていたんですが、いつもコメントをくださるtearさん、親愛なる彼女のコメントを読んで、書かずにはいられない気持ちになったのです!

ご存じの通りマイケルファンである私が、あるキッカケで東方神起を知ってファンになり、特に、事ある毎にマイケルをリスペクトしていることを公言しているユノに対して勝手に親近感を抱きながら、彼らも応援しているわけですが。

でも、まぁ、話せば長くなりますが、いくつもの理由が重なって最近はブログも休止状態で、正直以前のように音楽やDVDに費やす時間が多くは取れず、言ってみれば後回し状態になっているんですね。

以前は発売前から情報収集して、首を長くしてようやくゲットした後は、何を置いてもまず聴く!見る!浸る!そして書く!みたいなことをしていましたが、ようやく真面目な主婦らしく落ち着きを取り戻したと言いますか(違う気もするが)、そこまでガツガツしなくても、後でのんびり聴いて楽しみましょ、っていう感じなんですよ。

いやー、ちょっと長々と言い訳がましいですかね。
要するに、東方神起の最新アルバム「TREE」をまだちゃんと聴いていません!(開き直り)
なので、このアルバムにまつわるエピソードに関しても全く無知でした。

そんな時、東方神起とマイケルを心底愛し、いつも素敵なコメントをくださるtearさんから(何度もお名前を出してすみません。ありがとう!)、この「TREE」というアルバムのテーマにもなっている「愛」「成長」「守るということ」「絆」の背景にあるのが 『The Giving Tree』(邦題『おおきな木』)という物語なのだと教えて頂いたのです。

驚きと、なんとも言えない懐かしさを覚えましたね。
『The Giving Tree』―実は学生時代に英語の授業で、この物語のアニメーションビデオを観ながらListeningの勉強をしたことがあるのです。その時、「無償の愛」というものに胸が熱くなり、以来忘れられない大好きな物語の一つとなっていました。
ああ、そうなんだ、あの感動的で深い意味を持った物語。そういう想いが根底に流れているアルバムなんだなと、遅まきながらあらためて強く興味を持ちました。
大きな大きな愛、なのかな。

最近の日本と韓国の不協和音。彼らが様々な批判や圧力に胸を痛めることもあるだろうことは想像に難くありません。
それでも、彼らがこうして自分達のメッセージを、音楽を通して私達に届けてくれたことはとても重く深い意味があるのだと感じます。それこそ、大きな愛がなければできなかったことに違いありませんよね。

これは、色々な事を乗り越えたからこそ辿り着いた、彼らとファンの一つの答えなのかもしれませんね。
アーティストとファンが、ここまでお互いに感謝し合える関係って、本当に素敵だなって思います。
そんなことに思いを馳せながら、アルバム『TREE』の世界を私も旅してこようと思います!

TREE (ALBUM+DVD) (Type-B)TREE (ALBUM+DVD) (Type-B)
(2014/03/05)
東方神起

商品詳細を見る


そして、上に書いた『The Giving Tree』の動画を見つけました!
そうそう、まさにこれです!作者シェル・シルヴァスタイン氏朗読による『The Giving Tree』
懐かしい~~!泣ける~~;;



ついでに見つけたこの動画、もっと泣いてしまいました。ヤバイわヤバイわ(感涙)
自分が少年(子供)の立場になって木(親)を思っても、木の立場になって少年の成長を見守っても、どちらにしても泣けます。



「与える」ということ。それは究極の愛であって、決して哀しいことではなく、むしろ無上の喜びとなるのでしょうね。
何を奪われても、「And the tree was happy」だったのです。

例えば、プレゼントをあげるという行為って、自分も嬉しいじゃないですか。相手の喜ぶ姿を想像しながら選ぶ時も幸せで、渡す時の笑顔にもまた幸せを貰って。規模は違えどそれに通じるものが根底にはあるのではないかと思うのです。

でもたった一度だけ、「but not really」という言葉が入ります。自分の幹でボートを造り、少年が遠くへ旅立ってしまった時のこと。
寂しかったんですね。役に立って幸せだと思う反面、寂しかったんですよ、木は。
なんていうか、子離れしなければならないとわかっていながら、もう子供が大人になって自分から離れていってしまうことを認めたくないというか。
うんうん、よーくわかる・・・。複雑なんだよなぁ・・・。


最後、年老いてボロボロになった少年は、また木のところに戻ってきますね。
同じように、もう何も残っておらず切り株だけになってしまった木。それでも木は、少年に休息する場所だけは与えることができた。そして少年も、木を寂しさから解放し、安らぎを与えることができたのです。

一方的に奪うばかりに見える少年ですが、私はそうは思いません。木は、本当に心から幸せだったんですよ。与えることは喜び。与えさせてくれて「ありがとう」と。

見返りを期待しちゃダメなんだろうな。そんなものを期待した途端、不安や憎しみや嫉妬が生まれる。結局自分の気持ちが不幸に染まってしまう。
まだまだ修行中の身の人間にとって、それはとても難しいことだけれど、このGiving Treeを見習って、真の幸せというものに辿り着きたいものです。


マイケルの庭にあった、GIving Tree。
マイケルはこの木の上によじ登って、枝に座って、天から降りてくるメロディーを私達に届けてくれました。
「Will You Be There」も「Heal The World」も。

givingtree_1.jpg


マイケルは、与える愛を実践した人でしたね。でも周りには奪うことと見返りを期待する人ばかりだった。
そんなマイケルを癒してくれたのが、いつも見守って癒してくれた、あの大きな木だったのでしょう。

マイケルがこの物語を知っていたのかどうか、ハッキリとしたことはわかっていないようです。
でも、「Giving Tree」と呼んでいたことを考えると、知っていたのではないかと私は思います。有名なお話ですし、読書家だったマイケルですし。
それに、無償の愛というのは、マイケルに重なりますもんね。

今、マイケルの木は、どうなっているのかな。


「Heal The World」のこと、マイケルの新曲のこと。
この続きはまた今度書きたいと思います。

スポンサーサイト
15:47 | MJ&U-Know | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑
++ お知らせ ++ | top | 2014年初!

Comments

# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2014/06/12 00:43 | URL [編集] | page top↑
# お久しぶりで~す^^
あ~久々にお邪魔してよかったぁ^^
期待せずに(ごめんなさい)覗いてみたんですよ。
そしたら更新されてて、tearさんに感謝です。

こうしてお話を伺っていると、マイケルとユノ、そして私たちファンの縁が感じられて嬉しいです。

いろんな想い、それぞれの愛の形があると思いますが、与えることは喜び、という言葉で思い出したことがあります。

以前の職場のお客様でお料理が得意な方や、手芸の得意な方がいらして、季節を感じられるお料理や、おしゃれなコサージュや小物入れなどを手作りして下さるんです。
ある時いつも頂くばかりで申し訳ないといったら、作る事が好きな者にとって、貰ってくれる人がいることが嬉しいものなのよ、と言われました。
その言葉を聞いて心が温かくなった事を思い出しました。

そしてその時もうひとつ教えられた事がありました。
その方達もお仕事を持っていらして、とても忙しい毎日を送っておられました。
なので、手間暇のかかる事がよくできますね。大変でしょうと尋ねたんです。
そしたら、時間は作るものよ、と答えがかえってきました。
何かができない時に、忙しい事を言い訳にしてはダメなんだな、と教えられました。
勿論限界はあると思いますが・・・

あ、関係ない事を延々とごめんなさい。
久しぶりの更新が嬉しかった事と、懐かしい出来事を思い出して興奮してしまいました。

また更新される日を楽しみにしてます^^
by: ななし | 2014/06/12 16:30 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2014/06/12 17:40 | URL [編集] | page top↑
# 無償の愛
sayuさん、
こんにちは(*∵*)

昨夜は東方神起の広島公演初日の情報を追うことに一杯で、
携帯の電源もなく、
せっかくの記事にコメントできなくて失礼しました。

お忙しいところ、心温まる素敵な記事をありがとうございます(*^_^*)

sayuさんがご紹介してくださった2つ目の動画は携帯では表示されなくて見られないのですが、
シェル・シルヴァスタイン氏朗読の動画は探して見て来ました。

このGiving Treeはsayuさんにとっても、思い出深い作品だったのですね^^

朗読と素朴なハーモニカの音色が絵本の絵とマッチして、
静かに胸を打つ動画でした。

この本からは無償の愛と与える喜びを教えてもらいますね…

ご自身がお母さまでいらっしゃるsayuさんのお話も、
コメントされているななしさんのお話も、
とても優しい気持ちにさせて頂くお話で、
私は自分を省みて学ばせて頂きます。

無償の愛で与えることに喜びを見いだせる人は、それだけで幸せですね…

木は本当に幸せだったのでしょうね^^


マイケルさんにとってネバーランドのGiving Treeは、この絵本のように友達のようであり、神さまに抱かれる癒やしのような、そんな存在だったのでしょうね…

大切な友達を失った今、
ネバーランドのGiving Treeも寂しい思いをしているでしょうね…

でも、もしかしたら天国で、
マイケルさんは神さまの元、Giving Treeの上で曲を作ったり歌を歌っているかもしれませんね^^


sayuさんの記事はいつも心が温かくなります。

sayuさんがこの先記事をお書きになれなくなったとしても、
このお部屋にはマイケルさんの記事が沢山あって、教えて頂くことが一杯あります。

それにここにはマイケルさんの魂があるような気がするんです^^

だからこの温かなお部屋は私にとって宝物です(*^_^*)
本当にいつも感謝しています。

お仕事とご家庭、
さぞかし毎日お忙しいのではないかと思いますから、どうぞお身体ご自愛なさってくださいね^^

今日も優しい気持ちをありがとうございました。

ハンサン ヘンボッカセヨ*
by: tear(*∵*) | 2014/06/12 21:12 | URL [編集] | page top↑
# 祈りの日
sayuさん、
日付変わって今日は6月25日ですね…

マイケルさんが天に召された日であり、
東方神起625、
ユノとチャンミンにとって壮絶なバッシングの始まりの日。

マイケルさんが天に召されたのは、日本時間の6月26日午前6時26分と聞いていますので、
また改めて明日伺いますね。


神さま、
どうかマイケルさんの魂をお救いくださいますよう、
ユノとチャンミンをお守りくださいますよう、
よろしくお願いいたします。


by: tear | 2014/06/25 00:42 | URL [編集] | page top↑
# R.I.P Michael
sayuさん、
今日はマイケルさんの日でしたね…

マザーテレサが、
「祈りは日々の仕事をしながらでもできます。
祈るように仕事をすればよいのです。」
と仰っていたので、

昨日は家の用事をしながら、1日マイケルさんへ祈りを捧げました。


マイケルの苦しみはどれだけ壮絶だっただろう、
どれだけ孤独だっただろう、

屈託なく笑っていたマイケルをある日突然襲った物、

マイケルを思うと5年が経った今でも胸が焼けるような痛みを覚えます。


それでも、
今日は世界各地で、個人、団体、様々な人たちが、
マイケルをダンスや歌で追悼しようとイベントが催されています。

Twitterを見ると
「ありがとう、マイケル!」
と、ありがとうの言葉と共にマイケルへの愛が沢山寄せられていました。


sayuさん、
ありがとうございます。
私はsayuさんのおかげでマイケルの苦しみを知ることができました。
そして素晴らしさを知ることができました。

マイケルさんが天に召された後ですが、
どうか許してくださいね…


優しい愛の人マイケル。

マイケルさん、
私たちに素晴らしい歌と大切なメッセージをありがとうございます。

私は遅れて来た人間ですが、
これからも一つ一つ、マイケルさんが残してくださった歌やメッセージを大切に辿って行きますね。

どうかマイケルさんを愛する皆さんを見守っていてくださいね。


敬愛なるマイケル
そして大好きなsayuさんへ

感謝を込めて…

by: tear | 2014/06/26 21:42 | URL [編集] | page top↑
# Re: お久しぶりで~す^^
>ななしさん=ruiさん☆

こんにちは!お久しぶりです!いつもなかなか返信できなくてすみません。
ななしさんがruiさんだってこと、大体予測できましたよ^^ 前にもありましたもんね!(笑)

与えることが喜びになるということ。それって心に余裕がないと感じられないことかもしれませんね。
義務感や苦痛の方が上回ってしまうことも、現実的には多いような気もします。
相手に対する愛の強さにもよるのかもしれないなって思ったり・・・。
いずれにしても、自分のことばかりじゃなくて他人のことを思いやれる位の心の余裕がほしいですね!

時間の作り方のお話も、まさにその通りです!
やり方によってはもっと有効に使うことができるはずだと、そう思うことはしょっちゅうです^^;
ただ、やっぱり時間には限りがあるということも事実で、自分の中で優先順位を決めてやっていかないと、後々ツケが回って来るなということを、この何年かでものすごーく実感したんですよね。

どうしても好きなことを優先的にしてしまうと、実はもっと大切にしなければいけなかったことをいい加減にしていたり、見て見ぬふりしてきてしまったことがたくさんあったんですよ。
それで、反省することも多かったですねー。

今本当にやるべきこと、やりたいことは何なのか。
それは自分にとって、そして家族や大切な人達にとってプラスになることなのか。
それをまず第一に考えながら、楽しくやっていきたいなと思います!

貴重なお話もありがとうございました!
私はなーんにも気にしていませんので、余計な心配は御無用ですよ!
いつも温かいお言葉をありがとうございます。感謝しています!!^^
それでは、また☆
by: sayu | 2014/07/07 12:09 | URL [編集] | page top↑
# Re: tearさん☆
> tearさん☆

何度もコメントをくださっているのに、私の方はたまーにしか返信できずにすみません。
tearさんの優しさに甘えさせてもらってます!^^

6/25、マイケルの5度目の命日でしたね。
あれから5年。あっという間に過ぎたような、でも遠い昔の出来事のような・・・。
私にとって、まだマイケルはどこかで生きているような気がしているので、毎年巡って来る忌まわしい日は、いつも悲しい現実に引き戻されてしまう日になっています。

毎年世界中で追悼イベントが開かれたり、メッセージが寄せられたり、相変わらずマイケルは世界のトップアーティストとして愛され続けていますね。
生きている間に、もう一度それを彼に実感させてあげたかったな。

tearさんのようなfanの存在を、なによりもマイケルは喜んでいると思います!
少しでもこのブログがその助けになっているのなら、私は心から幸せです。

マイケルの歌は、かっこよくてセクシーでダンスも最高!!
それに、本当に大切で必要なメッセージが込められている曲もたくさんありますよね。
これからもずっーと、世界中の人達に愛され続けていくに違いありません!

マイケルを地球に遣わせてくださった神様に感謝です。
マイケルはやっぱり、自分でもそういう自覚があったと言われていますが、Michael=大天使ミカエルだったんでしょうね!!
by: sayu | 2014/07/07 12:45 | URL [編集] | page top↑
# こんにちは~
お忙しい中のご返信、ありがとうございま~す^^
ここ暫く心がささくれ立つことが多くて・・
ご返信頂けて嬉しかったですm(__)m

余談ですが・・
こんにちは、こんにちわ、どちらが正しいのか、
日本語が理解できなくなってゆくruiです。
大丈夫か、おい・・(∵)
by: rui | 2014/07/11 15:33 | URL [編集] | page top↑
# ネバーランドを守りたい
sayuさん~♪
お忙しい中、わざわざお返事ありがとうございます(*∵*)

先日、ネバーランドが売りに出された話を聞きました。

Twitter情報でマイケルのファンの方々が何とかしようという動きがあると読みましたが、
どんな小さなことでも自分にできることがあれば力になりたいと思っていますd^____^b

もうすぐマイケルさんのお誕生日ですね!
またその頃にお祝いを言わせてくださいね(^_.^)


私はただsayuさんにお話するのが好きでコメントさせて頂いているだけですから、お返事はお気になさらないでくださいね^^*

暑さ厳しい折、
どうぞお身体ご自愛なさってくださいませ*
by: tear | 2014/08/11 00:13 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://brightstarmoon.blog5.fc2.com/tb.php/483-c15fd408
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。