スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

マイケル追悼公演、本日チケット発売開始!

記:
ジャーメインとワールド・アウォード・メディアの主催によるマイケル追悼公演「The Tribute 2009」が、9月26日にウィーンの世界遺産シェーンブルン宮殿で開催される。
公演にはジャクソン一家の他、ハリウッドスターなど世界的に活躍するアーティストたちが顔を揃える見通し。今後2週間のうちにジャーメインがおよそ10組の出演者を発表する。
今月20日から8万5千枚のチケットが発売となる予定。
ワールド・アウォード・メディアのゲオルク・キンデルによると、3時間におよぶ公演の模様は世界各地に中継され、10億人が視聴する事になるという。


ということで、本日チケット発売開始です!
さっきHPに行ってみたら、カウントダウンが始まってました。
今の時点であと2時間40分を切ったところ。日本時間で17時から受付開始のようですね。
またまたスゴイことになるんでしょうか?

追悼式の時には、5億人がアクセスしたということでしたが、どうなるんでしょうね?
自分はウィーンなんて簡単に行ける場所じゃないからあきらめてるけど、もし行ける範囲に住んでいたら、今頃心臓バッコンバッコンでしょうね。
ああ~~!!行きたい!!うらやましいなあ、行ける人。
中継されるのを楽しみに待ってます

実は、ウィーンには以前行ったことがあります、モーツァルトに会いに。
シェーンブルン宮殿もものすごーく綺麗だったというのはありますが、お城の中自体は意外と1部屋1部屋こじんまりとした印象だったような。ベルサイユ宮殿もそうだったなあ。
まあそれは、あまりにも私が巨大なものを想像しすぎていたんだと思いますが。
だからあれですよね、広大なあの庭?で開催されるんでしょうね?
よくわからないけど、中じゃ85000人は無理だもんな。

「マイケルはウィーンの街を愛し、城が好きだった」とジャーメインも説明しているそうです。
ゲオルク・キンデル氏も「マイケルもここの眺望を気に入ってくれるだろう。どことなくネバーランドのようでいて、さらに広大だから」と。

音楽の都、ウィーンの美しい風景の中、マイケルの魂もきっと喜んでくれるんじゃないでしょうか?
多くの人たちのキングへの愛とともに、私も遠くから追悼したいです。
同じく天才モーツァルトも、近くに眠っていますが、一緒に音楽を奏でてくれるかもしれませんね

「収益の大部分は、ラリー・キング心臓病基金を始めとする複数のチャリティー団体へ寄付される。」ということです。生前から数多くのチャリティー活動を支援してきたマイケルにふさわしい追悼だと思います。



スポンサーサイト
14:38 | news | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
シェーンブルン宮殿、追悼の夜 | top | モリケント氏は神になれるか。

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://brightstarmoon.blog5.fc2.com/tb.php/60-5d9cecc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。