スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

MJ 白い肌の真実-(1)

マイケルがどんどん白い肌になっていった事を不思議に思っている方々、まずはこの動画を見てください。
先入観を捨てて、マイケルの心を見つめてあげてください。





マイケルが、ゴシップ好きのマスコミによって最も中傷、批判、嘲笑されたのが、容姿の変化だ。
度重なる整形、どんどん白くなっていく肌。ファンである私も、実は初めの頃は多少困惑した。いったいマイケルに何があったのだろうかと。
だからと言って、マイケルを嫌いになったりなんていう材料には絶対になり得なかった。そんなことは、彼の才能が私達に与えてくれた数々の恩恵に比べれば全く取るに足らないことだからだ。ただ、もしもそれがマイケルの心の奥底に潜む深い闇のせいだとしたら、と余計な思いを巡らす時、彼のことが心配でしかたなかった。

噂は面白おかしく歪められ、世界中に流れていった。
一番信憑性を持って語られたのが、マイケルは黒人として誇りを持っていると発言しながらも、実は白人になりたいのだ、だから肌を白く漂白し、整形を繰り返しているのだというものだ。
漂白剤を毎日頭からかぶっているなんていうバカげた記事を載せたB級紙もあったらしい。
そうしてマイケルは変人の烙印を押され、一部の白人からも黒人からも失望されてしまうという結果を招いてしまった。

肌を漂白する ― そんなことができるのだろうか?
最初は誰もがそう思うだろう。
しかし、幸か不幸かマイケルは人並み外れたセレブで、湯水の如くお金を使ってもなくなることはないだろうと多くの人は思っていた。世界一のスーパースター=マイケル・ジャクソンなら、最先端の医学で世界一の腕を持った医者を使い、何でもできるんじゃないかと誰も疑わない。
この頃には既に、「マイケル・ジャクソン」は私達の常識では計れないことをしてしまう人、出来てしまう人、いわゆる「普通の人」ではないんだという認識を多くの人は持ってしまっていた。
そしていとも簡単に、肌を漂白して白人になろうとしているという説は、真実として世界中を駆け巡った。

マイケルは、1993年2月、オプラ・ウィンフリーのTVショーに出演し、肌が白くなったのは「尋常性白斑」という病気のせいだと初めて公に告白した。自身がとても苦しんでいることも。
しかし、その後もマイケルへの中傷や嘲笑は止まなかった。

2005年の冤罪による裁判の中でも、マイケルが「尋常性白斑」を患い、色素が抜ける症状に苦しんでいたことが、医師の診断書により証明されている。そういう大事な部分は全くと言っていいほど報道されないこともあり、なんと未だに嘘だと言い張る人々は多い。


「現代思想」のMJ追悼号の中で、ピーター・バラカン氏がこんなことを言っている。一部省略するが、『ジャパン・タイムズに面白い記事がある。六本木のクリニックの院長は4回マイケルを診ている。肌を白くする為に薬を飲んでいる、とマイケルに言われた。理由は聞かなかったが、体の一部には黒い部分もあり、皮膚を移植したような痕もあったようだ。』と。
ここでバラカン氏は、おそらくそのままを素直に受け取り、とにかく白くなりたいという願望があったのでしょうね、と繋いでいる。こういう誤認発言をそのままに本を出版することこそがおかしい。とても悔しくて残念だし、マイケルに対してあまりにも失礼だ。

こういう記事を読めば、やっぱりそうなのかと思ってしまうだろう。
しかし、この医師の証言から真実を探ろうとすれば、マイケルが決して嘘をついていたのではないということが余計にハッキリするのだ。

上の動画を見ていただけば分るとおり、マイケルの白斑は重いもので、全身に広がっていった。
確かオフ・ザ・ウォールの頃はまだ白い部分の方が少なかったので、黒いファンデーションを塗って隠していたと聞いたことがあるが、その通りなのだろう。

だんだんと白い部分が増えてきて、逆に白いファンデーションを塗って隠すようになったのだが、同時に治療の一つとして肌全体を均一の白い色にしていく為に薬を飲んだり、できる限りの方法を試したりしたのだろう。

―『白斑症に明確な治療法はありません。処置の最終目標は皮膚の機能を回復させ、患者の見た目を向上させることです。Depigmentation(脱色のような意味)は治療効果の現れない人や体の50%以上が白斑になった人に勧められる治療法です。これは白くなった部分と調和させる為に体の色素を抑える効果を含みます。(漂白ではありません)』―
とある。
白人になりたかったからではない。
病気で汚くなった肌を隠すために、白くするしかなかったのだ。

「Black or White」の中でマイケルは、『黒か白かなんて関係ない』と歌っている。それを聴いた一部の人々は、白に変えたくせに矛盾していると笑ったというバカげた話があるが、そうではないのだ、マイケルの真意は。
例え肌の色が変わっても、人間に変わりはない。誰だって肌の色だけで判断するのは間違っていると歌っているのに。心ならずも肌の色が変わってしまった自分だが何も変わっていないんだという、心からの訴えだったのではないだろうか。

世界を一つにしたい、理不尽な人種差別を失くしたいと心から願ったマイケルだからこそ、神はこのような病気を彼に与えたのかもしれないと思った。
そして、肌の色が変わっても心は変わらない、みんな同じ人間だ、と歌わせたのかもしれない。


白い肌のことも整形のことも、すぐに「白人になりたかった」と結びつけるのはあまりにもエゴイスティックで、人種差別は相変わらず根深いのだなと思ってしまう。
世界中に、このマイケルと同じ病気で苦しんでいる方々がいる。外見の変化ばかりではなく、それに対する周囲の視線、自己との葛藤など精神的にもとても辛い病気なのだ。マイケルも、本当に悩んで苦しんで、様々な葛藤を乗り越え、あらゆる前向きな方法で克服しようとしていた。

なぜマイケルの言葉を、心からの訴えを、多くの人々は信じてあげられないのだろう?長年のマスコミによる「変人」という刷り込みが、真実から遠ざけているようだ。
本人の心からの訴えよりも、マスコミ、友人もどき、ただの知り合い、にわか親類の言葉の方が信じられるのか?


この動画を見て、何を感じるかは人それぞれだと思う。
しかし私は、マイケルの言葉を信じている者の一人だ。何を言っても信じてもらえず裏切られ続けた彼の魂を、心から慰めてあげたいと思っている。
そして、どんな状況でも負けずに強く戦い続けた彼を、心から尊敬しているし、これからもそれは変わらない。




スポンサーサイト
17:59 | struggle-誤解・冤罪・裁判 | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑
マイケル色々。 | top | シェーンブルン宮殿、追悼の夜

Comments

# 長くなります
アップありがとうございます。
私も見たことがあったんですけど、その時は日本語字幕がなかったので今回より詳しく知ることができて感謝しています。
病気のことを「わけがわからない」と語った時、マイケルの心からの声が聞こえたように感じました。
肌の色を均一にする治療を受けていたのなら、その決断をした時どんな思いだったのだろうと思いました。
私も病気のことを知り、マイケルの音楽や人間性に触れるほど、神様はよりによってどうしてマイケルにこの病気を与えたのだろう。。。
なんて意地悪で残酷なんだ。。。と思いました。
でもきっと、神様はマイケルだからこそこの病気を与えたのだろう。。。そう思うようになりました。
少し前の私のように真実を知らなかった人、まだ知らずにいる人、沢山いると思います。
そんな方には是非見て頂きたい映像です。特に後者の方々には。。
この映像には真実があります。
それだけは決して動きません。
by: あっき | 2009/08/22 02:33 | URL [編集] | page top↑
# はじめまして
こんばんは。

>皮膚を移植したような痕
撮影中の事故で大火傷をして皮膚移植をした。
(この治療の時に鎮痛剤中毒となる。)

>肌を白くする為に薬
一般の治療法が期待できない進行性の白斑症の場合、
ホワイトニングクリームを使って肌の色を均一に近づける治療法が紹介される。
(マイケルの皮膚科医によると症状が全身に広がっていた。)

皮膚移植、漂白、言葉がひとり歩きしてしまったのかもしれませんね。
MJの場合、
話の前後をカットされてゴシップされる(誤解される)ことが多いような気がします。
こうやってMJファンの方々が熱心に調べてくださると、ありがたいです。

これからもブログ楽しみにしております。では。
by: ロッキー | 2009/08/22 19:48 | URL [編集] | page top↑
# レスです!遅くなりました;
>あっきさん☆
ありがとうございます♪
真実を知らないで、報道を鵜呑みにしてる人ってたくさんいるんですよね。うちの家族だってそうなんですから!私が必死に違うと言っても、『でもテレビで言ってた』って…。
あまりにもマイケルがかわいそうですよね。そういうマスコミに殺されたようなものです!

遅いかもしれないけれど誤解は解かなければと思います。
あっきさんも是非身近な人から教えてあげてください。
動画もできるだけたくさんの人に紹介できたらいいなぁと思ってます。
私では力不足ですがマイケルの為にガンバリます!!
ありがとうございました


>ロッキーさん☆
コメントありがとうございます!

皮膚の移植は私が知っている限りでは頭部のヤケドの時ですよね。
他に移植したとしたらやっぱりそういう治療法も試したんですかね?大変そうですが頑張ってたんでしょうねマイケル…。ホワイトニングクリームなんかも使ってたんですね、きっと。

確かにマスコミは都合よくカットしますよね、視聴率や売り上げの為なら。許せません!

これからもできる限りの情報をかき集めて、誤解している人達に伝えていけたらなーと思ってます!
素敵なマイケルのこと
by: sayu | 2009/08/24 00:47 | URL [編集] | page top↑
# 追記
さっきロッキーさんへのレスが途中で切れちゃいました;

続きは―
素敵なマイケルのことたくさんの人達に伝えていけたらなーと思ってます。

エールありがとうございました♪またお待ちしています!
by: sayu | 2009/08/24 00:55 | URL [編集] | page top↑
#
こんばんは。

私の書き方が下手だったみたいで・・・

火傷の治療(皮膚移植)と白斑症の治療(お薬)、
全く別の話が混ざって、ひとり歩きしてしまって、
残念な噂が流れてしまったみたいですね。
もし私がアーチストで白人になりたくて肌の色を変えたとしたら、
ベストアルバムの表紙に昔の写真を使ってないです。(笑)

お返事ありがとうございました☆
by: ロッキー | 2009/08/26 19:42 | URL [編集] | page top↑
# ロッキーさん☆
ロッキーさん、おはようございます!
わざわざありがとうございました。いえ、私の方が他の部分の移植痕のことかと勘違いしていたようです。

そうそう!マイケルは黒人であることに誇りを持ち続けてた。その言葉に嘘はないと信じてます!!バカな人もいるもんですね。マイケル最高v-344
by: sayu | 2009/08/27 08:07 | URL [編集] | page top↑
# はじめまして
初めてコメントさせていただきます♪
先日こちらのブログを拝見させていただき、とてもショックでした。。。
このような真実も知らずにいました。でも、知ることが出来て本当によかった。
マイケルの音楽は大好きでも、こういったマスコミが騒ぐゴシップなどは嫌で、マイケルが苦悩し戦っている真実も、自ら知ろうとしなかった部分もあったかも。。。
貴重な動画もあって、私ももっとたくさんの方に知ってほしいと思いました!

私もブログにもこちらの記事を紹介させていただきました。
もし差し支えがあったら削除しますので・・・
では、これからもマイケル情報楽しみにしています!
今日はマイケルを想って、バースデーを祝いたいと思います♪
by: jumi | 2009/08/29 14:43 | URL [編集] | page top↑
# 嬉しいです♪
jumiさん、はじめまして☆コメントを読んでとても嬉しく思いました。

マイケルは人類史上最高のスーパースターであることと引き換えに、とても大きな敵と戦ってきました。多くの誤解をされ、それを弁解する機会さえ奪われてしまった今、少しでもマイケルの為に力になりたいと思い記事を書いています。

是非たくさんの人に伝えて下さい、真実を。
マイケルの誕生日に、嬉しく心強いお言葉を聞けて感動しました。書いて良かったです。KINGもきっと喜んでくれてるはず!

今度ブログにお邪魔しますね♪今携帯からなんで…;

どうもありがとうございました!!
by: sayu | 2009/08/29 16:48 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://brightstarmoon.blog5.fc2.com/tb.php/62-0681ece0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。