スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

映画邦題『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』

邦題が決定したそうです!
つーか普通です・・・。前に名前が入っただけ…。わかりやすくてよろしいですね(笑)

『マイケル・ジャクソンの劇場公開作品の邦題が『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』に決定!
10月28日(水)より2週間限定で、丸の内ピカデリーほか全世界同時公開!! 

去る6月25日に急逝したマイケル・ジャクソンが、ロンドンで実施予定だったコンサート”THIS IS IT”の何百時間にも及ぶリハーサルとビハインド・ザ・シーンの映像を使用した劇場映画『THIS IS IT』の邦題が「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」に決定し、公開日も全世界10月28日(水)と以前の発表より2日早まりました。

この映画は、いまだに謎の残るその死の直前まで、マイケルが行っていた猛特訓風景とその素顔を収めた貴重な映像の数々を基に構成されます。映画は、クオリティの高いデジタル・サウンドとHD画像で収録され、あたかも観客が、実現されなかったロンドンコンサートの最前列にいるかのような臨場感を味わえます。

歴史的な記録映像を劇場映画にまとめあげる本作の監督は、コンサート“THIS IS IT”のクリエイティブ・パートナーであったケニー・オルテガ(『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』監督・振り付け)。舞台上の振り付けから照明、美術、ステージの背景となるビデオ映像の細部にいたるまで、マイケルのステージに対する深いこだわりぶりも観られます。また、ケニー・オルテガ監督は「これはマイケル・ジャクソン・ファンへのプレゼントだ。非常にプライベートで、天才のクリエイティブな世界をみせることになる」と語っています。

映画『THIS IS IT』は10月28日に全世界同時公開され、日本でも同10月28日(水)から、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント配給により丸の内ピカデリー他にて2週間限定で全国公開されます。』



この文章の中の、「~HD画像で収録され、あたかも観客が、実現されなかったロンドンコンサートの最前列にいるかのような臨場感を味わえます。」の部分ですが、当初言っていた3Dではなくなったとどこかで見た(どこだったっけなあ?探してみる)ので、ビミョーだと思います。



「自身最後のショーを創造し作り上げるマイケルの、歌手・ダンサー・映像作家・建築家・天才としての特別かつプライベートな一面を、観客は目の当たりにするでしょう」とソニーは語る。
また、この作品の監督を務めるケニー・オルテガも「この映画はマイケルからファンへの贈り物です。映像を編集し始めたら、我々は特別なものを記録していたんだと気づかされました。創造の天才の世界を、特別に垣間見る事ができるのです。『This Is It』は、それまで誰も観た事がなかった最高のコンサートとして名を残すと思います。自身の最高傑作となったであろう、最後のカーテンコールに向けて準備を進めるマイケルの、貴重な人物像がそこにはあるのです」と述べている。



とにかく楽しみです
あとはチケットゲットするのみ。
2週間ということだから、競争率激しいのかな?
座席指定で買えるといいんだけど。
並ぶの大嫌いなんだよねー。
マイケル様の為なら頑張るけどさ



スポンサーサイト
13:26 | news | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
InterFM MJ特集 | top | お台場ヴィーナスフォート他MJ情報

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://brightstarmoon.blog5.fc2.com/tb.php/69-294d947f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。