スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

真の天才とは。

天才には共通点があるなぁと最近つくづく考えていた。
マイケルが亡くなってから過去の色々な記事を読み直したり、新たな追悼記事を読んだりして、彼もまた歴史に名を刻む天才の一人としてその例に漏れない人だと改めて感じていた。
その事についてブログに書こうと思っていた矢先、昨夜のテレビでスターの伝説を紹介する番組があり、マイケルの事を紹介していた。

曰く、彼は努力の人だったと。
私が感じていた天才の共通点とは、まさにその「努力」という点だったのだ。
天才天才と崇められているマイケルだが、才能に溺れることなく人並み以上の努力を自分に課していたことは、身近な人達はみんな知っていた。
ファンである私達も、いくつかのエピソードやインタビューから、マイケルが、決して誰をも寄せ付けない天賦の才能と同じ位に、努力する事においても誰も及ばない程の才能(というべきもの)を持っていたことを知っていた。
しかし努力とは陰でするものであり、周囲の人々の証言がなければ私達はそれを知り得ないのだが。

マイケルに関しての努力家エピソードは、知っているだけでもかなりたくさんある。
先ほどのテレビで紹介していたのは、滞在先のホテルの床にダンスフロアを作らせ、来日中は毎晩何時間も練習をしていたという話。
以前他の番組でも同じ話を聞いたことがあったが、そのホテルの当時の支配人は、とにかく驚いたと言っていた。掃除を依頼され部屋に入ると床は汗でびっしょり濡れているほど。それほどまでに激しい練習を繰り返していたことに本当に感心していたようだった。

これについては、この前の「世界まる見え」で少年隊の東さんも、同じくマイケルの練習量と真面目さに驚いたと話していたし、マイケルに同行し世話をしていたある人の話でも、彼はステージ前はもちろん、後にも必ず数時間の練習をしないと決して寝ない人だったと証言していた。

あれだけの才能を持った人が人並み以上の努力を重ねていたのだ。到底誰も敵うはずがないのは当たり前だと思った。

その他にも、見習うべきプロ根性に感動したエピソードはたくさんある。
映画「WIZ」にかかし役で出演したマイケルだが、撮影場所にはいつも誰よりも早く来ていたという。
もちろん全て完璧にマスターしてきていて、しかも自分の分だけでなく他の全ての役の人の歌、ダンス、セリフまでしっかりと覚えてくるんだそうだ。それがマイケルのことだから、どれだけ上手かったのかは簡単に想像できる。
その情熱、熱心さ、才能に魅せられたクインシー・ジョーンズが、マイケルのソロアルバム「オフ・ザ・ウォール」のプロデューサーを快く引き受けたというのは有名な話だ。

「スリラー」のレコーディングエピソードでも、同じような話が語られている。マイケルは、レコーディングの時に譜面を見なくてもいいように、僅かな時間しかなかったにも関わらず全ての歌詞やメロディーを頭に入れてきたのだそうだ。どんなに夜遅くまでかかっても、そういう努力は決して怠らない人だった。

完璧主義だと自分でも言っていた。
『僕は完璧が存在すると信じているんだ。何をするにも完璧を目指す。完璧な作品はありうると信じているから、たとえ99.9%の出来でも、本当に嫌になるんだ。』

彼ほどの才能を持った人が、これほどまでに完璧を求め目指していたことを知った時、私は少しだけ怖くなった。これが「畏れる」ということなんだろうと思った。
高い理想を持ち、それに向けて100%の努力ができる人、そういう人が本当に人々に畏敬の念を抱かせる真の「天才」なんだろう。

昨日の番組を全て見たわけではないが、たまたま日本の有名な歌手、美空ひばりさんのエピソードも見た。彼女も子供の頃から天才と言われていたそうだが、マイケルとの共通点を感じた。同じようにある現場では、誰よりも早く来て、しかも全て完璧に暗記していたそうだ。レコーディングでも完璧に仕上げてからやってくる。そういう努力を怠らなかった方なんだと感じた。

全くフィールドは違うが、野球のイチローのことも私はよく思う。以前このブログでも書いたように、彼のことも私は天才だと崇めているのだが、彼がいつも誰よりも早く球場に来て練習をしていることは有名な話だ。他の選手が来るころにはもうほぼ完璧に仕上がっているのだそうだ。

こういう天才と言われる人達の話を聞くと、いつもあの有名な言葉を思い出す。

<天才は1%のひらめきと99%の努力だ> byトーマス・エジソン「発明家」
Genius is one percent inspiration and ninety-nine percent perspiration.


この言葉を聞いた記者が美談にするために、努力を強調した記事を掲載したと言われていて、エジソンはのちに、1%のひらめきがあれば99%の努力ができる、との意味で発言したと伝えてるそうだ。

凡人は、1%のインスピレーションも特別な才能もないので、99%の努力もできないということになってしまうとなるととても悲しいのだが。

発言の真意はどうあれ、努力ができるというそのこと自体が、既に特別な才能なのだということは昔からひしひしと感じていた。
自分が天才になったことはないのでわからないが、もしも1%のひらめき、才能を持っていたら、その自分の才能を信じて努力することはとても素晴らしくやり甲斐があり、楽しくもあるかもしれない。

マイケルのような天才は、神から授けられた1%の才能(私には才能も100%だったと思える)を幼い頃から自覚していたんだろうと思う。誰もがその才能に気付き賞賛していたのだし、自分自身もよくわかっていたと思う。
それを裏切らない為に、自分自身も傷付かない為に。絶え間ない努力を続けた。
もちろん、もっと上を目指したいという限りない欲求も芽生えただろう。なにせ自分にはやれば何でもできてしまったのだから。

そうして、彼はいくつもの、天才だけが成し得た偉業を遺した。
永遠に色褪せない、素晴らしい歌とダンスと映像を。

結局は彼の完璧主義が自分自身をも追い詰めてしまったのではないかと感じる部分もなくはない。
でも、それがマイケル・ジャクソンだったのだ。
だからこそ、あれだけのことができたのだ。
そして私達は、彼が身を削って楽しませ、感動させてくれた全てに対して、彼が存在したという素晴らしさに対して、ただただ感謝している。


天才って、すごい。
凡人にはきっと天才を生きられない。
お疲れ様でした。何度言っても足りないくらいの「ありがとう」をマイケルに…。

スポンサーサイト
12:15 | genius & works | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
MJ 白い肌の真実-(2)  | top | The Official Michael Jackson Opus と「THIS IS IT!」ポスター!!

Comments

# すごいですよね
こんにちは!いつも興味深い記事をありがとうございます。
天才の何がすごいって・・・努力できることなんですよね。
私もそのような言葉を本で読みました。
そのものに対する情熱がハンパじゃない。
そうなれることが“才能”なんですね・・・。
完璧主義、高いプロ意識、自分が持っている要素、もともとの性格とかもあるんでしょうけど・・・全てにおいてパワフルな人が努力を惜しまないんですね。
“好きなことだから”こその努力と向上心が、生きていくうえでもう使命みたいな。
いつのまにか怠けてしまう自分はやっぱり気持ちが弱いなぁと思いますが・・・
(到底比べられませんが)本当に尊敬しまくります!!
そこまで思えなくても、何かを成し遂げたいなとは思いますね・・・。

9月末に予定されてたマイケルの追悼コンサートが、来年の6月に延期になったそうですね。遠っ!行けないけど・・・DVDにはなりますよね!?(泣)


by: jumi | 2009/09/12 14:33 | URL [編集] | page top↑
# >jumiさん☆
jumiさん、こんばんは
天才って憧れるんですよ私。自称天才ウォッチャー(笑)

「全てにおいてパワフルな人が…」― その通りですよね。素晴らしい分析ありがとうございます!
そのパワーが、なかなか持続しないのが分かれ目なのかな?でもマイケルのように完璧な人はそうはいないですね。そういう人って見ているだけで夢と希望を貰える、そんな気がしませんか?選ばれた人なんだとつくづく思います(o^-^o)

追悼式、延期ですね!ネットニュースで知ってビックリしましたよ。jumiさん情報早っ!行きたいな~。ホントせめてDVDが出るといいですね☆

歌の練習頑張って下さいね~♪
ありがとうございました!

by: sayu | 2009/09/12 20:24 | URL [編集] | page top↑
# 初めまして
初めまして。
昨日検索で辿り着き、マイケルの記事を順に拝見させていただいています。どの記事もとても興味深くて、また、長年ずっとマイケルを応援されていた愛の深さを感じて感動しています(>_<

エジソンの「1%のひらめきがあれば99%の努力ができる」という言葉、びっくりしました。私も有名な逆の言い方しか知らなかったのですが、この順序だと意味が違いますね…!
なんだか、「1%のひらめき」というのは、「努力すればその先にはゴールがあるということを信じられる力」なのかな、と思いました。そして「天才」というのは、「ゴールに到達するまで、努力を続ける源になる自分への信頼を持ち続けられる人」なのかな、と。
一方的に思ったこと書かせて頂いてしまってすみません。

またお邪魔させてください。
by: P | 2009/12/06 21:10 | URL [編集] | page top↑
# >Pさん
はじめまして!ようこそv-290
もしかして拍手もたくさん頂いたようで☆ とても嬉しいです。どうもありがとうございます!

エジソンの言葉は奥深いですよね。確かに、「信じる力」を含めてなのかもしれないです。
とにかく信じられないくらいの努力だでき、夢を成し遂げてしまう力がなんといってもスゴイ!それが凡人にはなかなかできないんです(涙)
マイケルも「自分をし信じられなくてどうする」と言ってました!だから彼は偉業を成し遂げたんですよね。

と、マイケルへの愛が異常に強すぎるこんなブログですが、よかったらまたいつでも遊びに来てくださいね!お待ちしていますvv
by: sayu | 2009/12/07 11:13 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://brightstarmoon.blog5.fc2.com/tb.php/88-1192cebd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。