スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

MJ 白い肌の真実-(2) 

なるべく暗い話題は避けたいし、素敵なマイケルに癒されながら静かに彼の魂を悼みたいんです。
が、マイケルが誤解をされたままなのは絶対に嫌だし、苦しみ続けたマイケルの為に何かをしたいということで、亡くなった後、MJメインブログとしてやっていくことに決めたので、こういう話題は不可欠なのです。
今後も不定期で、色々書いていきます。
本当のマイケルを知らず、ただの「変人」だと思っていたという人達に、特に知ってほしいと思います。

8/21に書いた記事、MJ 白い肌の真実-(1)の追記。違う動画を貼ります。





前の動画では一部しかなかったオプラのマイケルへのインタビューが、少し長めにある。
この悲しげな表情。辛すぎる。
だけど、誤解している多くの人達に真実を知ってほしいので、私も苦しさを堪えて紹介します。

マイケルにしては珍しく、かなりエキサイトして必死に話している部分があるけれど、それがまた辛い。胸が痛い。彼の悲しみが痛いほど伝わってくる。これを聞いてもまだ彼が出まかせを言っているなどと誰が言えるだろう?

『(黒人であるという)ありのままの自分を嫌っているというあらぬ噂には、本当に傷付きます。』

オプラさん、時間の関係だか上層部に言われてるのか知らないけど、せっかくマイケルが自分の心情を丁寧に説明しようとしている良いところで水を差し、話を切ってしまうところが腹が立つ。特にミケランジェロの魂がどーのこーのっていう話、もっとよく聞きたかったのに。マイケルが尊敬するミケランジェロへの想いは、彼の考え方を理解する上ではとても大事な部分だったはず。

こういう中途半端な聞き方で、更に編集したりされちゃうと、マイケルの真意が全て伝わらないところがあると思う。それがマスコミ報道の怖いところだ。編集の仕方によっては、更に誤解を招きかねない。
それでも、マイケルが勇気を持って番組に出演してよかった。
まともな人間なら、彼が嘘などついていない、心からわかってほしいと訴えているというのが理解できるはずだ。


注目は、マイケルの心の奥底の考え方があらわれているところ。
肌の色や外見の変化にばかりこだわり、執拗に詮索し続けるのはおかしいと力説してる。

私的にマイケルの主張を解釈すると。
病気で白くなった。それは事実。だけど例えば、万が一、自分が好きで白くしたとして(黒人が嫌という理由ではなくもっと芸術的、あるいは好みの問題で)、それは悪いことなのか?
世の中には、黒くなりたくて肌を焼く人もいるし、髪の色を変えたり整形したり、自由な発想で楽しみながら生きている人々はたくさんる。それはもちろん好きでやっているのだから自由だし誰からも文句を言われる筋合いはないだろう。肌の色なんて同じように重要な問題ではなく、些細なことだ。
なのに、自分だけがしつこくこの事で追及されるのはなんでだ?
何故みんな、外見が白いとか黒いとか、そういうことにばかりこんなにもこだわるのだろう?
もっと大事なのは、内面だろう?

そういう強い想いが、マイケルの中に激しく渦巻いているのを感じる。
まさに、「Black or White」での彼のメッセージが貫かれているんだと思う。
整形を繰り返したことも、そういう考え方から来ているんだと思うが、それについてはまた書きます。


マイケルは芸術家肌の感受性を持ち、よく哲学的な表現をする。
そんな彼だから、私にはこういう考え方も言い分も、よくわかる。
だけど、そういうのって普通はなかなか伝わりにくいし理解されにくい。
インタビューもほとんど受けない人だったから余計に、不思議な人だと思われる方向に行ってしまったのかもしれない。

もう一度ハッキリと言わなければならない。マイケルが、白人になりたくて肌の漂白をしたなんて全くのバカげた嘘。
肌が白くなったのは、父方の遺伝による、尋常性白斑という重い病気のせいだ。
マイケル自身とても悩んでいるし苦しんでいる。病はどんどん進行し、メイクで隠すのも大変だ。

それが唯一の真実。

イジメ反対!!



以上。






スポンサーサイト
19:51 | struggle-誤解・冤罪・裁判 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑
追悼コンサート延期へ! | top | 真の天才とは。

Comments

# お初にお邪魔します m(__)m
 お初にカキコをさせていただきます。突然お邪魔してごめんなさい。
 マイケルが本物のお星様になってから、彼の魅力に改めて魅かれて
早二ヶ月経つ者です。

 マイケルの存在を強く意識したのは、やはり80年代です。
当時は、SF(PV)は、「小映画」なんて訳されてました(!)
 当時の記憶を掘り起こすと(後付けの記憶もあるかもしれませんが^^;;)、
BADツアーのマイケルフィーバーの頃、テレビでマイケルのPVを見る機会が
随分あり、本当にカッコイイ人だと一時憧れた思い出があります。

 しかし、なんせ当時は小学校低学年、男性歌手が好きだなんて言うと、
恥ずかしかった年頃で、友達の間では、あえて「私はジャネットのほうが
好き~」なんて言ってました。ごめんなさい、典型的なツンデレ小学生でした^^;
(あ、勿論、ジャネットも本当に好きでしたよ。)

前置きがえらく長くなってすみません m(__)m
 オプラさんのインタビューも、動画サイトで見たのですが、
ここで初めて、私もsayu様と同じような、マイケルの本当の真意に触れた気がするのです。
 病気の事を知らずに彼をバッシングした人もいるし、私も病気と思いもせずに、かれを酷く誤解していた一人です。本当にごめんなさい。
オプラさんとのインタビューで、マイケルはこう言っている様に聞こえました。
 「病気の事を知らない人たちは責めないよ。
だから僕もこうして病気の事を公表しているんだ。
でもね、少し考えてみてよ、僕はこう思うんだ・・・(ここに、sayu様の
解釈通りの マイケルの想いが続く)」
と言っているように見えました。
責めない、なんて、本当に私の身勝手な想いなんですけどね。
病気を知らなかった、じゃ、済まされないことなんですけどね。
本当にマイケル、ごめんなさい。
by: あぎゃ | 2009/09/17 12:06 | URL [編集] | page top↑
# >あぎゃさん☆
はじめまして。コメントありがとうございます。
マイケルのことを、亡くなってから改めて見直して好きになったっていう方々、とても多いですね。嬉しいことだなあと思います!
BADツアーの頃小学生だなんて、お若くて羨ましいです^^;

動画の件です。
マイケルはたくさんの辛い経験をしてきて、それを乗り越えて成功してきた人です。だから、私達には考えられないくらい、強く逞しく、そして慈悲の心も持った人だと思うんです。
あぎゃさんがおっしゃるとおり、病気のことを知らない人たちのことを責めたりはしないはずです。だけど誤解を招くのなら、公表しなければいけないと考えたんでしょうね。同じ病気で苦しんでいるたくさんの人達の為にも。

マイケルも私達も一番悲しいと思うのは、、病気だという事実を一切無視し(嘘や言い訳としか取らず)、黒人であること自体を嫌がっているかのごとく報道され続けたことです。面白半分に漂泊漂白と騒がれ続けた彼の気持ちを思うと、やりきれないです。

人にとって大事なのは中身だという以前に、そこのところは絶対にハッキリしなければいけないという思いが、マイケルの中で強くなっていったんでしょうね、きっと。

私も、いつもマイケルには謝ってます。ハッキリ言って、マイケルが一番辛かった時期に、何故か彼の強さと才能を絶対的に信頼していたこともあって、ほとんど何もせず見て見ぬふりをしてきたようなものなんですから。昨日書いたマドンナのスピーチにもあった通りのことを、多くの人がしてきてしまったんですよね…。

今はただ、マイケルに心安らかにお眠りくださいということしかできません。

それと、長いコメントも熱いメッセージも大歓迎ですよ!
どうぞいつでもお待ちしています!

続きは次のコメントに(レスします笑)




by: sayu | 2009/09/17 15:15 | URL [編集] | page top↑
# その通り!
過去記事から読ませていただき、ここまで来ました。
この後はまたあとで・・・

マイケルに申し訳ない思いを抱いて、変わらなくてはいけない 「make a change」と思った人は大勢いるんでしょうね!
私もその一人ですから・・・

sayuさんは本当に頭のいい人なんでしょうね。
自分の考えや思いをわかりやすく文章に出来る、才能ですかね?

そうだそうだ sayuさん!私もそう思うよ!とりとめのない私の思いを代弁してもらっているようです。ありがとうございます(*^^)v

過去記事にコメントしていますが、レスは気にしないでくださいね。
どの記事に残したか私も控えていませんから・・・いただいても見れないと思いますので・・はは(笑)

全部読み終わったら、また前向きにコメントしますので、宜しくお願いします。
by: ぱこ | 2010/12/19 12:29 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://brightstarmoon.blog5.fc2.com/tb.php/89-fd277dc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。