スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

FOOTPRINTS ~あしあと~

Merry Christmas!!
久々のブログ更新です!久々過ぎて文章を書く力もスッカリ消え失せてしまい、何をどう書いたらいいのかわからなくなってしまってますよ;

このブログもこのまま自然消滅か、と思っていた方がたくさんいらしたんじゃないですかね?
私もそう思ってました^^; 
でもそういう終わり方はあまり気持ちの良いものではないので、止める時にはきちんとそう宣言してからにしようと思ってます。

とりあえず、今日の記事は、その宣言ではありませんよ!

最近、とあるキッカケでとても感動的な詩と出会いました。
クリスマスにピッタリだと思ったので、是非ご紹介したいと思い、ギリギリですが久々に出て来ました!

ご存知の方もいるかもしれませんが、まずは読んでみてください。
「FOOTPRINTS」の和訳VER.から。

*****************************

あしあと


ある夜、わたしは夢を見た。

わたしは、主とともに、なぎさを歩いていた。

暗い夜空に、これまでのわたしの人生が映し出された。

どの光景にも、砂の上にふたりのあしあとが残されていた。

ひとつはわたしのあしあと、もう一つは主のあしあとであった。


これまでの人生の最後の光景が映し出されたとき、

わたしは、砂の上のあしあとに目を留めた。

そこには一つのあしあとしかなかった。

わたしの人生でいちばんつらく、悲しい時だった。

このことがいつもわたしの心を乱していたので、

わたしはその悩みについて主にお尋ねした。

「主よ。わたしがあなたに従うと決心したとき、

 あなたは、すべての道において、わたしとともに歩み、
 
 わたしと語り合ってくださると約束されました。
 
 それなのに、わたしの人生のいちばんつらい時、
 
 ひとりのあしあとしかなかったのです。
 
 いちばんあなたを必要としたときに、
 
 あなたが、なぜ、わたしを捨てられたのか、
 
 わたしにはわかりません。」


主は、ささやかれた。

「わたしの大切な子よ。
 
 わたしは、あなたを愛している。あなたを決して捨てたりはしない。
 
 ましてや、苦しみや試みの時に。
 
 あしあとがひとつだったとき、
 
 わたしはあなたを背負って歩いていた。」




マーガレット・F・パワーズ
translation copyright(C)1996 by Pacific Broadcasting Association

*****************************


そして、こちらが原文です。

 FOOTPRINTS

One night I dreamed a dream.
I was walking along the beach with my Lord.
Across the dark sky flashed scenes from my life.
For each scene, I noticed two sets of footprints in the sand,
one belonging to me
and one to my Lord.

When the last scene of my life shot before me
I looked back at the footprints in the sand.
There was only one set of footprints.
I realized that this was at the lowest and saddest times in my life.

This always bothered me and I questioned the Lord about my dilemma.
"Lord, you told me when I decided to follow You,
You would walk and talk with me all the way.
But I'm aware that during the most troublesome times of my life there is only one set of footprints.
I just don't understand why, when I needed You most,
You leave me."

He whispered, "My precious child,
I love you and will never leave you
never, ever, during your trials and testings.
When you saw only one set of footprints
it was then that I carried you."



copyright(C)1964 by Margaret Fishback Powers


*****************************



初めてこの詩を読んだ時、最後の一行で涙がこぼれそうになってしまいました。
私はクリスチャンでもないし、特定の宗教の熱心な信者でもありません。
でも、それでも漠然と「神」のようなものの存在を感じることはあるし、目には見えない精神世界の中の大きな可能性を信じてもいます。

ずっと、自分は一人ぼっちだと感じている人も。
誰もわかってくれない、助けてくれないと嘆いている人も。
そうじゃなかったんだと、いつも近くで見守り共に歩いてくれ、倒れそうな時には背負ってくれる「存在」が自分にもあるのだと気付けたら、その瞬間から明るい希望とパワーが胸に宿るような気がします。


調べたところ、この詩は長い間「作者不詳」になっていたようなのですが、現在ではこのマーガレット・F・パワーズさんの原作、松代恵美さんの日本語翻訳共に著作権が認められているそうです。
しかし他にも、メアリー・スティーブンソンという人の作という説もあったり、作者不詳で、「私」ではなく「彼」が主体になっているものがあったり、けっこう複雑な道を歩んでいる詩のようです。

作者マーガレット・F・パワーズさんについてや、この詩の背景、著作権問題の経緯については、 マーガレット・F・パワーズ(松代恵美 訳)、『あしあと<Footprints>-多くの人々を感動させた詩の背後にある物語-』(財)太平洋放送協会<PBA>(1996年、1000円) に全て書かれているそうです。


私がこの詩に出会ったのは、最近母親にプレゼントした本、曽野綾子氏著「老いの才覚」の中ででした。
一時期「老人力」という言葉が流行りましたが、私は母親にちょっと変わってほしいなと思うところがあって、何か良い本はないかと本屋で立ち読みをしてたんです。
その時にベストセラーになっていたこの本が目に留まり、まぁ悪くないかもという程度の気持ちでしたが、とりあえず買って帰りました。
老いの才覚 (ベスト新書)老いの才覚 (ベスト新書)
(2010/09/09)
曽野 綾子

商品詳細を見る


母親に渡す前にまず自分が読み始めたのですが、実のところ、この本自体は多少期待外れな部分が多くて、どうかなぁという感じだったのですが、最後の最後に紹介されていた詩があまりにも素晴らしくて・・・、という経緯です。
曽野綾子氏の本では、この詩はブラジルの詩人アデマール・デ・パロスのものと紹介されていて、「彼」が主体になっているバージョンでした。

「老いの才覚」の評価と詩のことが気になって、アマゾンでこの本のレビューをいくつか読んでみたら、色々な感想が出てきて面白かったのですが、とにかく私が今まで全然知らなかったこの「FOOTPRINTS」という詩の素晴らしさだけは、やはり多くの人の心を打っているようですね。
クリスチャンの方なら多くの人がご存じの詩だったようです。


12月25日、クリスマス。
God Bless You...

Michael、あなたも決して一人じゃなかったんだよね・・・。


++++++++++


今年も残りわずかですね!
この1年はほとんど開店休業状態のサボりブログでしたが、そんな中でも読んでくださったり、コメントをくださったみなさん、本当にありがとうございました!
みなさんお一人お一人の上に、幸せが訪れますように・・・。

たぶん年内はもう来れないと思います。
また来年、お会いしましょう!!



17:03 | 徒然日記 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ヤバイ!

1ヶ月以上更新していなくて久々に今日来たら、ブログのTOPにスポンサー広告が表示されてしまっていた!
もうどれだけ放置状態だったかわかりますね

ブログのことはもちろん気にはなっていたけど、それ以上に気になること、やるべきことがたくさんで、なかなか手が回りませんでした!
時間というのは待ってくれないし、また取り戻せるものでもないので、 その日その時に一番やらなければならないことは何なのか、それをしっかり見極めて優先順位をつけて日々を過ごしていこうというのが最近の私の決意です。

今、仕事や家族や生き甲斐についてあらためて思いを巡らし、それに対して自分ができる精一杯のことは何なのかを日々考えながら過ごしています。

それはとても刺激的で充実した毎日でもあり、いくつになってもあきらめないで挑戦すること、夢を見続けることって大切だなとしみじみ感じています!

そういうことを教えてくれたのが、ある意味ではブログを書くという作業であり、訪問して言葉をくださった皆さんの存在であり、そして何よりも生き方そのもので強いメッセージを与え続けてくれる偉大なるマイケルと、その真摯で清々しいまでの真面目さで、夢を掴むとはどういうことなのかを体現してくれている東方神起の二人との出会いがあったからこそなのだと思うのです。


大切なものには、ずっと変わらずに傍にいてほしいと思います。
できるなら、自分も彼らと同じように、夢を追いかけていつも楽しく充実した毎日を過ごせたらなぁ。
いや、過ごそう!
そう思っています!


このブログについては一応一区切りはついたかなとも思っているのですが、イコール辞めるということではなく、第一段階はとりあえず終了して次の新しい世界へ、っていうのも面白いかな~なんて。

それにしても、ネットで時間をムダに使って後々後悔することだけはしたくないと痛切に感じる今日この頃。
楽しく上手く利用して、素敵なコミュニケーションを続けたいものですね。


※非公開コメントをくださった方々、ありがとうございます!
また後ほど返信しますね☆



23:38 | 徒然日記 | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑

やっと返信しました!

溜めてしまっていたコメントへの返信を今まとめて完了しました!
あきれるほど遅くなってしまった方々、どうもすみません;
1か月以上も前の話題だと必然的に時差が;;全然旬じゃなくなってしまいましたが、笑ってお許しください!
もしも抜けていたら連絡ください。

私事ですが、2、3、4月と自分の環境の変化(転職含め)や子供の受験関係、それからずっと前から定期的に行っている断捨離、家の小さな改修工事等々で、ブログに関われる時間がほとんどありませんでした。

と同時に、敢えてネット環境から遠ざかっていたという部分もあります。
そうでもしないと、なかなか先へ進めなくなりそうなので。自分の性格はよーくわかってます^^;

だいぶ、落ち着いてはきたんですけどねー。
面倒なことって多いですね、まったく。
楽しいこともたくさんあるけど!^^

そんな感じで、更新もコメ返もまだコンスタントにはいかないと思いますが、時間のある時にはみなさんと感動や笑いを共有したいと思いますので、今後もよろしくお願いいたします!


時間を有効に使う!
ボーっとする時間も遊ぶ時間も含めて、後悔しない時の過ごし方をするのが当面の目標です!


14:16 | 徒然日記 | comments (0) | trackbacks (1) | edit | page top↑

署名のご協力、ありがとうございます!

2/7に、「脱原発1000万人署名」の紹介記事を書きましたが、署名に協力してくださったみなさん、本当にありがとうございました!

記事のリンクをしてくださった方、用紙をダウンロードして郵送してくださった方、ネットから署名をしてくださった方。ご報告ありがとうございました。
お返事ができなくてごめんなさい; もう少しお待ちくださいませ~^^;
私達の思いが、ぜひ届くといいですね。いや、そうじゃないな、絶対に届けなければいけない!そう思います。

「さようなら原発 1000万人アクション」

こちらのサイトの2・27付の記事には、「郵便と宅配便で朝からひっきりなしに署名が届いている。午前中だけで段ボールが10箱以上、封書も1000通くらいある」と嬉しいことが書かれています。

同じ思いの人がこれだけたくさんいる。本当はもっともっとたくさんいるはずですよね。
ただ活動を知らなかったり、なかなか行動に移せないという人もいるんじゃないかと思うんです。

2/23付けで、上記サイトに「1000万人署名継続のお知らせ」が発表されました。一部転載させて頂きます。

『最終締め切り日を2月28日に予定していた、「さようなら原発1000万人署名」は、5月末日まで締め切りを延期し、署名活動を継続することが決定いたしました。
 これは、現在署名数が目標に達していないこともあり、継続を希望する皆様からのたくさんの声をいただいていることや、今夏にかけて、国のエネルギー政策が議論される情勢を受けたことによります。』

これはよかったなと思います!
とりあえず2/28に締め切った分については先行して提出することを検討されているようですが、目標の1000万達成は実現したいですよね。


こんな地震大国に原発は危険すぎる。
福島と同じ恐ろしい状況が、今日、今、また起きても何ら不思議ではないのです。
本当に「原発」はこのままでいいのでしょうか?

悪夢の3.11から1年が過ぎようとしています。
あの日の恐怖、原発事故の被害の大きさ、フクシマや周辺のみなさんの悲しみを決して忘れてはいけない。繰り返してはいけない。

その為にできることは、きっとあるはず。

まだまだ間に合います!引き続き、出来る範囲で声を掛けたり、この活動をお知らせしたりして、同じ考えを持つみなさんと力を合わせていけたらと思います。


※出来る方は、ブログやツイートでこの署名活動をぜひ広めてください!
このブログの関連記事のリンクはフリーでにしますのでご自由にどうぞ!


関連記事は、今後も追記していきます。




11:52 | 徒然日記 | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑

脱・原発のこと(追記あり)

さようなら原発1000万人アクション
~脱原発・持続可能で平和な社会をめざして~


突然ですが、
脱原発を実現し、自然エネルギー中心の社会を求める全国署名 へのご協力のお願いです。
1000万人署名は大江健三郎さんをはじめ、内橋克人さん、落合恵子さん、鎌田 慧さん、坂本龍一さん、澤地久枝さん、瀬戸内寂聴さん、辻井 喬さん、鶴見俊輔さんら9人の著名な方々が呼びかけている信頼できる活動です。


あと6,000,000
目標の1000万にはまだまだ足りません!
署名ページはこちらから
http://sayonara-nukes.org/shomei/

上記ページから署名用紙をダウンロードしてお使いください。
日本語pdf版、WORD版の他、5種類の言語版がダウンロードできます。

・署名用紙(pdf)
http://sayonara-nukes.heteml.jp/nn/wp-content/uploads/2011/11/1114sayonara_genpatu.pdf

『自筆署名は1枚の署名用紙に、10人の方のお名前がお書きいただけます。1人でも多くの方に署名していただくためにも、署名用紙での署名をお勧めしています。署名用紙の拡散をよろしくお願い致します。』
とのことです。
その他の詳細や注意事項、用紙の送付先なども上記サイトをご確認ください。

以下の↓「チラシ」を署名を呼び掛ける際などに使うといいと思います。
「さようなら原発1000万人署名に参加しよう~1000万人が動けばかえられる」(pdf)

オンライン署名もできますので、趣旨をよく読み、ご賛同いただける方はぜひご協力をお願いいたします。
http://sayonara-nukes.org/shomei/pttn_frm_j/
(申し訳ありませんが、携帯からではオンライン署名はできないようです。)

※最終締め切りは、2012年2月28日です。それまでにお送りください。

::問い合わせ先::
「さようなら原発1000万人アクション」実行委員会
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11 総評会館1F 原水爆禁止日本国民会議 気付
 tel.03-5289-8224 fax.03-5289-8223

::送付先::
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11
総評会館1階 原水禁気付
「さようなら原発」一千万人署名 市民の会
電話03-5289-8224/8222  FAX03-5289-8223



脱原発を実現し、自然エネルギー中心の社会を求める署名
【趣旨】 
 東京電力福島第一原子力発電所での連続爆発、炉心溶融(メルトダウン)事故によって、海も大気も大地も汚染され、これから被曝者が大量にでることが予想されます。

 わたしたちは、広島、長崎被爆者の問題を未解決のまま、原発の被害者であり、加害者であるという立場にたたされました。

 いまの子どもたちばかりか、まだ生まれてこない子どもたちにも、計り知れない悪影響を与えるとの不安に駆られています。人間は核とは共存できないのです。

 父も母もきょうだいも、幼い子たちになにを食べさせ、どこへ避難させるべきか悩んでいます。答えはありません。わたしたちは未来の命のために、自然を傷つけ、エネルギーをあさって浪費する生活を見直し、あらゆる生物と共存する、「持続可能で平和な社会」を希求します。

 まず、原発廃止に向けて政治のカジを切り、核エネルギー政策からの大転換を強く訴え、以下のことを要請します。

【要請事項】
1.原子力発電所の新規計画を中止し、浜岡をはじめとした、既存の原子力発電所の計画的な廃炉を実施することを求めます。
2.もっとも危険なプルトニウムを利用する、高速増殖炉「もんじゅ」および核燃料再処理工場を運転せず、廃棄することを求めます。
3.省エネルギー・自然エネルギーを中心に据えた、エネルギー政策への転換を早急に始めることを求めます。

(「さようなら原発1000万人アクション」より)



各界の方々の賛同メッセージも読んでみてください。
私達一人一人が自分の問題として真剣に考える時が来ているのです。
未来の子供達の為に、今できることに向き合いたいと思います。

【賛同メッセージ】http://sayonara-nukes.org/sandou/


*********************

この署名は、マイケルを通して知り合った方から教えて頂いたものです。

私は、3.11の大地震により現在のような状況に直面するまで、原子力発電というものを真剣に考えてみたこともなかったし、何の疑問も持たずに日々を過ごしていました。
当たり前のように何でも電化され、楽で便利で綺麗な生活。愚かにも、それをただただ、文明の発達した良い時代に生まれてよかったとしか考えていなかったのです。

ところが、地震大国であるこの日本で、以前からいつか起こるといわれていた大地震が起こった際の原発に対する万全な対策も処理能力も実はなかったのだという現実を、目の当たりにしてしまいました。
私達の便利な生活は、こんなにも恐ろしいものの上に成り立っていたんだという事実を、目の前に突きつけられたのです。

あらゆる生命が奪われてしまう、目に見えない恐怖。脅威の力。
もしかしたらもう二度と、思い出のたくさん詰まった愛する町へ戻れないかもしれない。それでも懸命に未来を信じて闘っていらっしゃる福島や周辺の方々。
誰も近づけなくなってしまった荒れ果てた地上で、わけもわからず食べ物を求めてさまよい歩く痩せこけた動物達。枯れていく木々や草花。

地震は止めることはできないけれど、原発による被害はくい止めることができたはず。
人間が、この地球を確実に蝕んでいっている。そう感じました。

もちろん、政府や電力会社等の対策の甘さは指摘されている通りだと思います。でも、誰かに責任を押し付けているだけでは未来は何も変わらないと思うのです。
今まで原子力発電によりたくさんの幸せを享受してきたという側面も確かにある私達自身が、考え方を変え、生活を変え、安心できる環境の実現に向けて何かをしなければいけないと、今、痛切に感じています。


この署名により、すぐに原発の全面停止を求めているというものではありません。
上記の趣旨や要請事項にあるように、こんな状態の上に更に新規の発電所を設ける等という計画を中止し、廃止に向けての政策転換と共に自然エネルギーを中心とした社会への実現を目指しましょう、ということです。


『日本が脱原発を世界に先駆けて宣言し、代替エネルギーの技術先進国になるべく邁進せずにどうするの?と言いたいのです。日本にはそれができるはずですし、一番得意な分野のはずですよね!』

その方の言葉をお借りしました。まさにその通り!だと思います。
Never give up !!
原発の代わりになる安全で安心できるエネルギーを!!この機会を前向きに捉えて、動き出したいものです!
今、あらゆる意味で元気のない日本ですが、もしかしたらこんな時だからこそ、日本の底力を見せることができるのかもしれません!!


とにかく一日も早く取り組まなければならない問題です。
賛同できる方は、ご協力をお願いいたします!


最後に、もう何度も紹介していますが、マイケル・ジャクソン「Earth Song」

僕らは地球に何をしてきただろう?
僕らがしたことを見てごらん

君は一度でも気づこうと立ち止まったのか?
戦争で死んだ全ての子供達のことを

君は一度でも気づこうと立ち止まったのか?
泣き叫ぶ地球、すすり泣く海岸を




12:03 | 徒然日記 | comments (11) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。